2017年 04月 01日



配信開始しました。ちぇけら!

 
TAGS : イラスト
≪メッセージもどうぞ。
2017年 03月 27日
ケガで運ばれてきたバンドが3人ともゲーム病に感染していると分かり、早速追いかけて変身する永夢。バイクを持ってないから走ってるのか……一応、レーザーのガシャットを使えばバイクは呼び出せたはずだが…心情的に乗りたくないのかもしれん。
と、そこにシシレッドが参戦。どうやって来たんだという気がしてなりませんが、これ両番組の描写を永夢の主観で見ると、戦っている時に時々現れる赤いお助けキャラみたいな感じになってそうですね。
ロックマンXのゼロかな?

バンドメンバーの対立に頭を抱える患者の女性に、シンパシーを覚える永夢。脳裏に浮かぶライダーたち。違う人間同士で一緒に物事を進めるのは大変なのです。

一方、ゲンムコーポレーションでは新たな社長が登場。やけに濃いキャラの新社長は突如、諏訪部ボイスで話だしてポッピーを篭絡。実はパラド達の仲間と分かります。敵か味方か分らんぞというコトもなく、早々に敵と分かるのか。ゲンムコーポレーションの人事はどうなっているのか。
名前とこの能力、諏訪部ボイスという点から、恋愛ゲームのバグスターではという推測がもう出されていますが…。

ポッピーを連れ出しグラファイトを復活させ、これで全てのバグスターが揃い、遂に仮面ライダークロニクルが完成する。元社長があんなに苦労して、永夢達が必死で阻止していたというのに、こんなにもあっさりと叶えてしまう。

といったわけで、新キャラ登場に新展開が始まるぞという新章突入回。
永夢らの方はそれに対して、3人のライダーが以前より信頼感増しているというコトが描かれ、新展開に対してこれまでをまとめているという印象でしょうか。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 03月 27日
ジャークマターのダイカーン・トゥーミーさんは、誕生日を奪う能力を持っている。何ともしょうもない能力のようですが、人が生まれて祝い、喜ぶ機会を奪うという外道なのです。しかも、誕生日限定にしか現れないので、捕まえるのがとても厄介。
そこで、ちょうど誕生日だというバランスさんに囮となってもらい、トゥーミーさんを倒そうと画策するのです。

バランスの誕生日って製造日ってこと? といったツッコミをする者は誰も無く、優しい世界。
ですが、トゥーミーさんの他にイカーゲン、マーダッコさんもやって来ると手に負えない。ロンポーもこの二人に出会ったら逃げろと言う。
エリードロンも「9人揃うまでは勝てない!」とその強さを強調する幹部でしたが、もしイカタコ組がそこと同等の強さを持っているなら、キュウレンジャーが18人いないと勝てないというコトになります。
強敵という意味では分かり易い。そして、イカタコに勝てるようになった時はキュウレンジャーが2倍の強さになったのだと分かり易く感じられることでしょう。

奪われた誕生日を取り戻し、バランスさんの誕生パーティーではナーガが喜びの感情を見せてくれる。これで怒りと喜びの感情を手に入れたナーガさん。
誕生日というチビッコに分かり易いモチーフで喜びの感情を描いている。誰かが喜ぶという事は、周りの誰かも嬉しいのだと。

あとエグゼイドさんがキュータマで呼び出されていましたね。
あんなキュータマもあるのか…。プレバン?

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 03月 26日
2017年 03月 20日
ゾンビの能力を強化しゲンム・コーポレーションに戻って来た元社長。
CRは元社長を逃がした事から追い詰められ、このままではドライバーも募集されてしまいかねない。というわけで元社長との最終決戦に挑む。

リプログラミングの技術を応用し、バグスターの遺伝子を改造してしまう能力のガシャット。これを使えるのは全てのバグスターウイルスの基礎となったウイルスに感染している永夢のみだと信じ、飛彩は永夢にガシャットを託す。

幼い頃に新たなゲームのアイディアを考えていた永夢。そのアイディア力があってマイティブラザーズXXのガシャットは生まれたという。元社長も嫉妬するその能力がガシャットを生み出す力になる。
つまり、永夢は元社長や作さんと同等のゲームクリエイト力を持っているという事か。

永夢は貴利矢の遺したドライバーを使い、マキシマムマイティマックスXのガシャットを生み出し、レベル99に変身。
ゲンムからリプログラミングで不死身の能力を奪い取るも、医者として命は取れない。
命を奪うもやむなしという闇医者に、ラスボスを倒してこそゲームだと誘うパラド。しかし、永夢も飛彩もあくまで医者は命を奪わないと跳ねのける。この辺が現・医者と闇医者との違いなのか。ブラックジャックでありキリコでもあるような。

パラドによって元社長は消されてしまったわけで、永夢達の本意ではないながらも勝利を掴む。
第2章とも言える貴利矢の死から始まった元社長との確執は、貴利矢の残した研究によって決着がつけられる。

永夢は貴利矢の死に苦しみ、ゲンムは不死身の能力で何度も襲ってきた。
つまり、永夢が医者として「死」という存在に立ち向かう姿そのものが、この第2章でのストーリーにもなっていた。

医者は人の死を乗り越えていかねばならない。
医者の仕事をしている描写は相変わらず、あまり無いんだけど、永夢は「死」を受け止めたことで医者として成長したコトが今回で提示されるのです。
貴利矢のドライバーを使うのも、死というモノを背負って医者を続ける表れなのだ。

といったわけで元社長が亡くなってしまった。
この後は誰が敵キャラになるのかという疑念もありますが、今回も見ていて、やはり衛生省は怪しく見えてしまう。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 03月 20日
キュウレンジャーも9人揃い、リーダーでも決めようかという話題が盛り上がる。立候補するハミィ、ガル、ラッキー他。
そこで次の出撃で最も活躍した者がリーダーとなる事に決められる。
リーダーの座をハミィとガルが争っている中、ラッキーはペガサスキュータマのペガさんの手綱を引くのに絶賛奮闘中。
そして、これはもうダンスしかない!(?)という当然の帰結により、みんなでダンスを踊ることに。

ハミィがリーダーになりたいのはラッキーに率いられたくないからという対抗心から。幸運なだけでチームを仕切られては堪らないという至極当然のツッコミが入るが、ガルさんやロンポーはただ幸運なだけではなく、ひたすらに前向きな男なのだと諭す。

宇宙イチ幸運を自称するラッキーさんですが、今までの事を思い返すと確かにラッキーもあるけど、アンラッキーな事も結構多いのです。第1話では2度もバイクが落ちている。
それでも宇宙イチ幸運であると言い切れる、その物事の捉え方、前向きさに幸運が呼び寄せられるのだという。

いつも能天気そうなハミィさんがラッキーに対して対抗心を燃やしていたという意外な面が現れるのですが、確かに初期3人の中で「私は努力してきたのにアイツは運だけじゃん」というツッコミを入れられるのはハミィさんだけだなというのも分かる。一人はロボットだし、一人は料理人だし。

ダンスをするというのはチームワークとか楽しむ事だとか、ジャークマターという組織とキュウレンジャーというチームの違いを見せるコトでもありました。
また、EDダンスを踊ることで本編の重要要素に取り込んでしまっているのも楽しい。OP主題歌なんかは本編中に流れる事はよくありますが、EDはなかなか本編と融合しませんからね。嬉しい事です。

結局、スーパースターの集まったキュウレンジャーにリーダーはいらんだろうという結論となり、今まで通りに。まぁ司令官はいるんですけども。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 03月 19日
2017年 03月 17日
本日放送は「迷子のパオパオ」でした。

裏山で発見した謎の生物パオパオを飼う事にしたのび太。その出会いから別れまでのお話。
ママにも認められ、自分たちでエサのバナナを育てたりしましたが、パオパオが宇宙からやって来たと分かる。母星へ返してやろうというドラえもんに対し、離れたくないのび太。しかし、やはり返してやろうと宇宙救命ボートを使う事に。
オリジナルエピソードですが、ベースは仔象を見つけて世話して、母親に返すまでを描いた原作の話に沿っているような気がします。
公開中の映画で出番の多いパオパオ。いわばその紹介のエピソードなのですが、元を辿れば「宇宙開拓史」…ではなく、「ジャングル黒べえ」に登場するキャラクター。「宇宙開拓史」自体がスターシステムによる登場だから、別の映画やエピソードで登場してもOKなのかもしれない。でも、映画や今回のエピソードでも、それとなく「宇宙開拓史」との繋がりは見せてくれている。
今年の映画はいわゆる「泣き」の要素は少ないのですが、もし入れるとしたらパオパオあるいはドラえもんとの友情部分だったのかもしれない。そういう意味で、テレビでは映画やっていないパオパオとの友情エピソードを描くことが出来たのだと、そう解釈しうる。
≪メッセージもどうぞ。
2017年 03月 13日
仮面ライダークロニクルがまもなく完成するとご機嫌な元社長の元に、衛生省が査察にやって来て、元社長も拘束されそうになる。しかし、あわやというところでゲーム病が発症し、永夢は憎き元社長を治療することに。
てゆか、あのアジト(昔のゲンムコーポレーション事務所)の場所、衛生省にバレとったんかいというのが、なかなか衝撃。何で今まで捕まえんかったんかと考えると、やはり衛生省も信用出来ないのではと思えてくる。

元社長は今まで酷い事ばかりしてきたのに治療をしてくれる永夢に泣いて感謝し、これまでの経緯を話して聞かせる。
2000年にバグスターウイルスを発見した元社長は、中学生ながらに天才ゲームクリエイターであったが、幼い永夢から届いた手紙に書かれていたゲームのアイディアに嫉妬し、嫌がらせと実験を兼ねてバグスターウイルスを送り付けてやったとの事。
今起きているバグスターウイルスによるゲーム病も、大量に人間が消えたゼロデイも、永夢が感染したのも、全ての元凶は元社長にあるというのです。
しかも、動機は嫉妬です。何とせまこい…子どもの頃とは言え。

物語の起源が2000年というのは、作中は2000年問題に絡めて語られていますが、「クウガ」の始まった2000年はメタ的に見ても“仮面ライダークロニクル(年代記)始まりの年”と読み解けますね。

そして案の定、元社長は改心なんぞしておりませなんだ。前回の予告でみんな知ってました。
計画を遂行する為、衛生省から逃げてしばし時間稼ぎをするためだったとか。つまり衛生省にガサ入れされたのはマジで計画に無かったのです。あら~。

元社長はゲンムの能力を強化し、ゲンムコーポレーションのビルを乗っ取り、再び社長室の椅子に戻る。この世の春を謳歌する。

一方、飛彩と大我は貴利矢の残したデータから、遺伝子を書き換えるリプログラミングによってバグスターウイルスに対抗する術を見つける。人とバグスターと、どっちの遺伝子を書き換えるのだろう…うむむ。

元社長の犯行動機と経緯が語られ、いよいよ元社長も最後かなという雰囲気が高まる。予告にも凄いエグゼイドが出てきて、高岩さんが大変そう。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 03月 13日
8人まで揃ったキュウレンジャー。
残りの一人スティンガーをどうするのかという問題と、本当に地球の解放から行った方がいいのかという問題点が持ち上がる。
前回、地球人が希望を失い解放を願っていないように見えたことも、ラッキーにとっては引っかかる。地元住民にやる気がないのに解放など出来るのかと。

今週もクジで決まった5人が出撃。ラッキーは運がいいので今週も入っています。というか、たぶん毎回出てくる。
ラッキー達は、幼い兄弟がジャークマターに反抗する姿を目にする。地球にもそういう気概のある奴が残っているのだとラッキーも元気づけられる。

ジャークマターは宇宙を征服して、人々の自由を奪う悪漢なわけですが、キュウレンジャーがジャークマターを追いやるのであれば、まずはそこに暮らす人々がそれを臨むのか否かというのは、とても大事。
ヒーローは正義ではなく、正義を成すものの味方をするだけ、「正義の味方」でしかないのだという川内康範イズムを思い起こします。

エリードロンさんに捕まった兄弟は、キュウレンジャーを誘い出す人質となってしまう。しかし、スティンガーさんの機転によって救出される。なんとスティンガーさんはロンポーが差し向けたスパイだったのだと。なんでそれ言わへんねん…!

かくしてスティンガーさんは悪人ではないと分かり、9人の救世主が揃う。「9人揃ってキュウレンジャー!」その言葉が聞きたかった。

となるとチャンプの博士を殺した犯人は…と考えが及び、当然のように第一容疑者となるのはスティンガーさんが探しているというお兄さん。現在はジャークマターの殺し屋となっているのだとか。
物凄い状況証拠が積み重なっている容疑者ですが、真実はまだ分からない。
貴虎兄さんだって、後半は味方になったでしょうに…。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。