2009年 08月 25日
今回放送は「恋するドラえもん」でした。

ドラえもんがブルジョアリーなネコさんに一目惚れしてしまうお話。
まぁ、ときどきあるいつものパターンですよ(ちょ)。

原作では、ペルシャネコさんを外に連れ出し黒ネコに会わせてしまってからすんなり決着が着く展開でしたが、今回のアニメでは対決姿勢を強めて、ドラえもんもそう簡単に引かない男になっている。
原作のペースだと、好きだ好きだと言う割にペルシャさんがライバルを好きと分かると、サッと身を引く物分かりのよい人になってしまっているんですよね。
今回はその辺りの部分で、ドラえもんにもちゃんとあきらめるだけの理由がある事が分かる作りになっている。色々と策を講じて気を引こうとベストを尽くしたけれども、やっぱりライバルには敵わないんだ、という理解しうるだけの理由が。
あそこで迷わず川に飛び込めるか否かが分岐点なのか。

原作だとラストはワンニャン王国に二人を連れて行ってましたけれど、現時点でそのお話はやっていない為、二匹の逃避行先は南国へと変更された模様。黒ネコさんはイイけど、ペルシャさんはあの毛並みなだけに暑くて死にそうになりやしないかと若干心配もあるんだけどなぁ…。

それにしても何故リアという名前だったんだろう…。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :