2009年 07月 12日

え―――ッ!! そ、そんな!?

四人目のプリキュアがせつなだったなんて…!
て、てっきり…ミユキさんなのだと信じて他に疑う余地なんて1ミクロンも無かったのに…。
な、なんてカンペキに計算されたミスリードなんだろう。

これは視聴者の大半が騙されても仕方ないですよねー…うん。


ふぅ。


■エブリバディ、パッション♪

映画のCMで当たり前のように混じりながら「気をつけて!」とか言ってる東さんがおかしくて仕方がありません。やっぱり腹黒くないせつなさんは何かが足りない…(え)。

前回イースさんが自分の正体を暴いたおかげで、ラビリンスの前線基地が占い館であるとバレてしまいました。
分かった以上はすぐにでもカチ込むぜ!という美希たんが勇ましい。何気に最もヒーローとしての使命感に忠実な人だったのかなぁ…蒼いスペードだもんな(ん?)。

せつながイースだと知り、どうしたらいいのかと町を彷徨う桃園さん。
そこでカオルちゃんから言葉を貰う、罪を憎んで人を憎まず…。
…鬼平?

相変わらずカオルちゃんは便利過ぎるキャラですね。バックグラウンドが見えない分、とてつもない経験値をもとにラブたちに助言を与えてくれているのではないか、とこっちの想像を掻き立てる余白がありますから。
前川さんの回では活躍も多いし、結構なチートキャラですよねぇ…。美味しいなぁ…。

せつなを取り戻す為に、イースと拳をぶつけるピーチ。

泣きながら殴り合う姿が五代雄介を思い出させますね。
このままじゃラブが青空になって最終回は海外ロケで一条さんのネクタイが金色で…。
アルティメットピーチ…究極の桃…(おい)。

殴り合いをしながら言葉をぶつけ合い、最後は和解してしまうふたり。

イース「いつもバカみたいに笑っているお前が…うらやましいと思った!」

遂に自分の率直な気持ちを吐露するイースさんの言葉は、結構感動的でした。
今までずっと抱いてきた思いは怒りや憎しみではなく、実は相手への羨望で、自分も幸せになりたいと思う一つの願いだったのだと。

頭が痛くて腹黒くて可愛そうな少女だって、月並みに幸せを願う普通の女の子だったのですよ。
そう…すごく残念なことですが、せつなさんはラブ達と同じ普通の女の子だったのです(え)。

ラブとイースは良しとして、美希たんとブッキーのせつなへの思いはどうするのかと思っていましたが、あんな壮絶バトルを目の前にしたら認めるというか許さざるを得ないというか…そんな心境に陥るのも納得ですね。
ラブは美希やブッキーの分まで拳を振るっていたんですものね…ほら、心を鬼平にして(ちょ)。

にしても、この少年漫画展開…。みんなやたらと男前ですよね。
拳で分かり合おうとするラブとイース。
あえてラブに厳しいコトを言ってみせる美希。
手を汚しすぎたと去っていくパッション。

何でそんな昭和のハードボイルドみたいなカッコ好さなんだ、お前ら…。


■イースが死んだ! せつなも死んだ!

ラビリンスの国民はその寿命までがメビウス様によって管理されている。
イースもまた例外でなく、その日を伝える素っ気無い知らせだけが届き、やがてその通りに、絶命する…。

以前もラビリンスは寿命までも管理しているという、そういった描写はありましたけど、具体的にこのように描かれると何とも生々しい。個人の生き死にをメビウス様の気持ち一つで、自分の意思に沿うか沿わぬかで決めてしまうという見事なまでの強権独裁管理。
純粋にひどいわ!と思わせてくれますもんねー。

しかしその時、シフォンの叫びに応える様にアカルンがイースの身体に飛び込む!
せつなはアカルンの力を得て、キュアパッションへと復活する!

相変わらずサイボーグ001…じゃなくてシフォンの力はチートだ…。
アイツが覚醒したら他のサイボーグは必要ないんだぜ、マジで(え)。

てゆか、アカルンとの融合のくだりがもはやウルトラマンにしか見えないのはボクだけですか…?
やっぱりウルトラマンは既に古典、現代の必読書と言える存在になっていると見て相違ないんじゃなかろうか。いや、そうに違いない。そう決めた。今決めた。
最終回はアカルンの上司が命を二つ持って来るんだよ、うん。

一度死んで甦る――

それはゴルゴダの丘で死んだはずのキリストが、再びもって甦ったとされる復活の伝説に沿われているようです。
パッションはまさに“キリストの受難”の事ですし、イースの名もまた“イエス”や“イースター”から来ている…と何処かの掲示板で知りました、はい。イースは初めから、一度死んでから復活するコトを示唆されて作られた、そんなキャラクターだったのですねん。

イバラの冠を付け、自ら磔にされる十字架を背負って運んだコト、それがキリストの受難。

イースさんもまた、ナキサケーベ回数券のイバラに苦しめられ、背中には十字架を背負っている。そう、イースの背中にあったあの赤い菱形のようなマークは、胸に輝くダイヤのそれではなく、十字架を意図して張りつけられていたモノだったのです。

まぁ、パッションさんのキャラクターとキリストとの同期についてはその筋に全然詳しくないんで、誰か他の人お願いするとして(ちょ)、ここまで計算づくで色々作られていたのかと思うとホントに嬉しくなってきますねー。そういう全くもってそれと感じさせない伏線を見事に紡いで、提示する時にはちゃんと提示する。
そしたらこっちはもう膝を打って喜んであげるしかないじゃないか。んもう。

しかもプリキュアでキリストの受難と合わせようだなんて…よおやるなぁ。
まぁ敵さんだった人が味方になる為には、そういう一度死ぬというみそぎ…みたいなモノが必要だったのでしょうね。ライダーマンみたいにさ。
逆にそういうの全く無しで普通に味方になっちゃうと、今度はやたら死亡フラグが漂う罠です(うわ)。
どうにせよ儀式的にもこういう描写は必要だった、てコトなんでしょうねー、ふむ。

てな感じで復活したパッションさん。
“幸せのプリキュア”…でしたっけか。てっきり幸運のプリキュアかと思っていたぜ、ちぃ。
四葉のクローバーは幸せを望む者の前に現れる。せつなは誰よりも幸せを望んだから、だから“幸せのプリキュア”になれた…のか。

パッションさんはピーチから「プリキュアにようこそ」とクローバーを差し出されるが…それを受け取ることが出来ない。

ラビリンスは寿命さえも決められている、自分では何も決める事が出来ない世界だった。だからこそ、パッションさんはその幸せのクローバーを掴み取らねばならないのだ、自分自身の手で…。
しかしそれを掴む事はまだ出来ない…。

それを掴み取れる日こそが、本当の意味で“幸せのプリキュア”になる日なのです。


■“せ”で始まる口癖って何だろう…

うっわぁー…
ヤッベェ、すっげぇ面白かったんですけどッ!

これまで積み重ねてきた色んな要素が一気に爆発してきやがります。
やたら四人目出る出る言うて引っ張ってきただけはあります。
フレッシュ、マジれべる高ぇーよ。
気が付くとチョー平均点高ぇー。

クウガにウルトラマンに鬼平にサイボーグ009にと、色んなヒーローてんこ盛りでしたしね。あ、それを思ってるのはボクだけですか、そうですか。

まだしばらくパッション週間は続く模様ですが。
次回は…また期待させる予告になってます。
えー、てっきりせつなはカオルちゃんが引き取るのかと思っていたのにー。

九条さんリスペクトじゃないのかー(おい)。

フレッシュプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by タカくん URL at 2009-07-12 17:52 #- Edit
Title : いやー・・・
 初コメントさせて頂きます。先日ブッキーアイコンを頂きました、四十路の訳ありフリーターのタカくんです。

 いやー本当に今回はレビューでおっしゃられているとおり、すごい内容でしたねぇ・・・
 私もこちらや他のサイトのレビュー内容を見て、(実は所用で本放送を見ておりません。)
年甲斐もなく感動してしまいました。
 今回の「プリキュア」。今までとひと味違う。そんな感じが今更ながらにします。
 これからも、目の離せないフレッシュプリキュア!、TJ-Type1さんの冴え渡る筆さばきと絵さばき(?)を楽しみにしております。
 ではでは、これにて失礼させて頂きます~
Commented by サンザイオー結城 URL at 2009-07-12 23:22 #- Edit
Title : もえた!!
 まるで、80年代~90年代前半の少年マンガのような展開でしたねー!!
 その前の通りすがりの縦縞の人には全然燃えないのに、こっちで鳥肌立ちましたわ!

 個人的には「仮面ライダーSPIRITS」でZXが最初はV3たちに「オレを仮面ライダーと呼ぶな」と言ったのを思い出し、それに雨の中、涙ながらに、こぶしとこぶしで語り合う2人の姿に涙腺やられました;;

今年のプリキュアはやっぱり違いますね!
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-07-12 23:40 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!!◆
>タカくん さん
いやーさすがここで盛り上げる為に作ってきたというだけあって、面白かったですねぇー。
時間の出来た時は是非内容を確認して頂きたいです。
今年のプリキュアさんは緩急の付け方に気が行き届いている構成ですね。ユルいのは本当にユルい話ですが、マジな話はしっかりやるし。ふり幅が広くて楽しいです。
これで一年間できっちり終わったら言うコト無しですよ。
え、いやだって二年目はグズグズになるのが定説ですから(うわ)。


>サンザイオー結城さん
もうプリキュアってだけで、ただでさえ昭和っぽいのに、この人達の行動と来たら…ねえ。
しかも拳で分かり合うという王道展開もカタチだけでなく実をともなったものになっていましたしね。
久しぶりに、「ああ、プリキュアって男の子の番組だよね!」と強く頷けました。
無印の時はいつも思っていたあの気持ち…そう、これだ!
Commented by codack URL at 2009-07-13 00:12 #xzU5vzSA Edit
Title : ハピネスハリケーン
萌えた、ではなく燃えました!!!
いや萌えも多少ありましt(ry
しかし本当にすばらしい考察で
ただアツくなった自分が恥ずかしい・・・

劇場版のCMは滑稽でしたねーもろにパッションが・・・
Commented by shin URL at 2009-07-13 00:27 #- Edit
Title : ラブママン「だから、なに?」
今日のイースの名台詞「こんなはずじゃなかった~羨ましいと思ったぁ!」までの一連の台詞って、文字に起こすと宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」みたいだなあと思ったのは気のせいですよね(ぉぃ)
ちなみにナキサケーベ、前回へのコメのあともしばらく心当たりを調べてみたんですが、タロットの「運命の輪(Wheel of Fortune)」もモチーフの一つになってるんじゃないかと思いました。カードの意味的にもなんとなくはまりそうですし。他のナキサケーベも対応するカードがありそうな感じもします。
だから、なに?と言われてしまいそうですが…
Commented by 紅 真太郎 URL at 2009-07-13 00:47 #b/VIuw/Q Edit
Title : パッション編はまだまだ続く!
パッション誕生編はいつまで続くんでしょうね。
多分、来週で区切りでしょうけど。

今回は、ある意味プリキュアらしい昭和テイストな話でしたね。
燃える展開で良かったんですけど・・・。
TJ-Type1さんも指摘してますが、
映画のCM入れるタイミングにも配慮して欲しかったですね。
業界の人達はもっと気を使うべきだと思います。

メインの流れも良かったですが、
自分的には美希タンとウエスターの2人が自然にイース(パッション)に手を差し伸べているのが印象的でしたね。
無難な事しかしないブッキーより優しいと思います。

>“せ”で始まる口癖って何だろう…
世界は私を中心に回っている・・・(天○か?)
正義は勝つ!(今の流れでは無理だな)

う~ん、難しいですね、このお題。
過去のせつなの台詞にも無さそうですしね。
Commented by 不健康 URL at 2009-07-13 01:05 #- Edit
Title : プリキュア心手習中
「HAHAHA…心配スルコトハナイ」
第1話のウルトラマンって、かなり怪しい奴ですよねぇ。――って、何の話だ。

いや、まさかここまで少年漫画とは…。
作画においても、今週は皆さん凛々しくて、いい顔してました。

それにしても、アカルンの回想シーンに出てきた、せっちゃんのあの顔!!
ラブ達の様子を、物陰から、あんなうらやましそうに見てたんですね…。
イカンなぁ…。あんなにカワイイ困り顔をされたら、ブッキーの立場がないじゃないか。

もうちびっとだけパッション話が続きそうですが、
気になるのは、美希たんとせっちゃんの関係ですね。
美希たんに「しょせんプリキュアごっこ」とけなされ、カチンと来たせっちゃんが、
「プリキュア心」を学ぼうと、一日中ブルーをストーキングする、みたいなエピソードがあるに違いない。
最終的にはわかり合うものの、海老折神に「蛯原」と名前をつけてしまい、ケンカ再燃というオチはどうでしょう。
Commented by 大器 URL at 2009-07-13 07:00 #- Edit
Title : 熱い!燃えるぜ!
やたら、熱い回でしたね。
ホント雨の中殴り合い、お互い倒れ分かり合う・・・なんていう少年誌的展開。

ヒールが仲間になる、そんな展開ってプリキュアでは初めてじゃないですか。すごく斬新ですねぇ
(嘘

ヒールが仲間になるっていう展開はツボなんですよね。
話が逸れますが、20年近く前の「アンパンマン」でバイキンマンがドキンちゃんを助けるためにアンパンマンに頭を下げて助けを求める話が好きでした。


それにしてもこれからは西さん達と戦わなきゃいけないのが難しそうですね。一応同僚だった訳ですから。
アクダイカーンやゴーヤーンの場合は上司だったので大丈夫でしたが・・・

今まで、最終回以外に何度も観返すことは無かったのですが、今回は何度も見返してしまいました。
盛り上がりが半端無いです。
6年目のマンネリなんて無用の心配でした。

こんなにも男の子をわくわくさせるとは・・・プリキュアってホントに視聴対象が幼女なんだろうかと思ってしまいます。
Commented by nationwise URL at 2009-07-13 07:10 #Xlf.8pIU Edit
Title : ようやく書き込める
もう昨日は何回書き込んでも「アクセスが集中して~」で書き込めませんでした。

しかし、ネタで言ってたのに本当に雪山で殴り合いでしたね。
泣きながら殴るなんて、狙ってるとしか思えませんでした。
Commented by ラビリタミン URL at 2009-07-13 07:31 #UXr/yv2Y Edit
Title : プリキュア伝説(レジェンド)に新たな一頁が刻まれる
・・・繋がった!日曜日の夜からアクセス数が混み合っており、サイトへ辿りつけな
かったのです~。(´Д`)
 正直に言うと、ラブ探索中の美希たちにミユキが合流。共に現場に駆け付け、戦いの
一部始終を見守った後に、4人目誕生!・・・というくだりを妄想(予想?)していたけど、
見事に大ハズレ。逆に、そんな展開でも受け入れられたと思う、本日のラブ@ピーチvs
せつな@イースの決着バトル。降り出した雨の中、互いの想いを拳にこめて闘うという
少年マンガ臭漂うシーンは、思わず感動してしまいました。「せつな」としてラブに影響
されて羨望が生まれ、恐るべし管理国家の住人に求められなかった「一個人の自由な理想」
を得かけたせつなに下されたのは、寿命遮断という制裁。しかし、死によって管理国家の
呪縛から解き放たれ、アカルンの力により新たな「人生」を得ました。とはいえ、自身が
犯してきた罪までも無効にできるはずがない事も自覚していたようです。ですが、新しい
プリキュア戦士として、そして、東せつなとして、第二の人生の門出を祈るばかりです。

「ヒーローはね、風のように現れて、嵐のように戦って、そして・・・必ず朝日と
共に帰ってくるんだ(平山亨)」
Commented by naitou-sou URL at 2009-07-13 08:10 #3Ob1pUCc Edit
Title : なんということでしょう!
他の皆さんもおっしゃってますけれど、私自身もここまで見る人を惹き付けたお話は今までなかった気がします。

とりわけ、パッション登場のシーンは涙ものでした。
私はあの瞬間、同じ朝日放送でやっている某リフォーム番組のBGMが脳内で流れてしまいました(笑)。
Commented by じゅんま URL at 2009-07-13 08:21 #4sCBZCYw Edit
Title : 一味違う深さと凄み
フレッシュプリキュアは「幸せ」という、簡単そうで難しいテーマを扱っているからこそ、今までとは一味違う深さがあると思います。毎回見ごたえがあります。
祈里がミッション系の学校であること、茨、そしてパッションが出てくるあたり、今回のプリキュアにはキリスト教的な背景が入っているような気がします。
フレッシュを見始めた頃は、「人を不幸にするのは簡単だけど、幸福にするのは難しい」のがテーマかなとは思いましたが、上の背景とかを考えたらまた違う感じになりそうです。
Commented by 弁慶 URL at 2009-07-13 10:54 #9fYuzJy. Edit
Title : 心に剣、輝く勇気
どもっす!

いやぁ、熱い。ぶっちゃけ昨日のコラボよりも(マテ

倒すためでなく、伝えたい想いがあるから拳を突き出すラブ。誰かのためでなく、自分の正直な気持ちに素直になっていくイース=せつな。
それが四ツ葉のクローバー→パッションにつながるストーリー展開には感嘆しました。
何より、全てのキャラクターが空気になる事なく、それぞれの役目を果たしているのも印象的でした。…ミユキさんは…以下同文(笑)
日本のアニメもまだまだお宝が眠っているようですね。

>五代雄介
似たような感想を持った人が結構いたようですね。自分もその一人ですがw
加えて、ブレイドの剣崎と始の対決も思い出しました。まさかせつながジョーカーなんて事はないでしょうが、気持ちが通じ始めた者同士の戦いは、見てて緊張し、つらいものがあります。

>パッション=贖罪
思わず市川森一さんを思いだします(爆
赤にリンゴでもチェリーを選ばなかった辺り、やはり裏テーマは指摘通りでしょう。でも、それを受け入れた上で天使やマリアの集合体的存在な桃園一家に迎えられるなら、自分は納得です。
う~ん、伏線や設定が見事!

>せつなの口癖
ここは「せつな感激!」でお願いします(笑

しかし、フレッシュは本当に良い意味で先祖帰りしてますね。しかも、特撮や少年漫画の王道まで貪欲に取り入れる姿勢。

「俺たちは今、歴史を目撃している」 (by軍平さん)

では、失礼します!
Commented by Voiceters URL at 2009-07-13 12:55 #HfMzn2gY Edit
Title : せつな死す・・・
今回の話はピーチとイースの一騎打ちが仮面ライダーっぽくてアカルンによる復活がウルトラマンっぽいといわれていますが、私はせつなが生き返った仕組みには裏があると思いその点はジュウレンジャーっぽいものを感じました。別名:死者のプリキュア。本当、今年のプリキュアはSF臭が強いですね。この話を見た後で映画の予告を見るとなんだかフレッシュにはおおよそ相応しくないような雰囲気に見えました。
次回はせつながラブの家に居候とありますが、今回の敵が不幸を集めているものですからあまり長居させると量より質と言う意味でラブの家族に危険が及ぶと思いますから、後で旅立つ展開も用意すべきと考えます。ついでに美希が占い館がラビリンスの拠点だと分かり殴りこみを掛けようしていたので向こうも新しい拠点を用意しそうな気がします。前作も1対1の決闘や殴りこみを掛ける勢いがあった方が良作になった気がします。
最後にもう一つ、そのうち偽パッション出現によりパッションとイースが同一だと知らされ「赤いプリキュアは悪魔」と報じられる話やアカルン洗脳によるキュアパッション暴走の話があると予想してます。
Commented by オニギリ URL at 2009-07-13 17:54 #- Edit
Title : 今こそ浄化能力を持つ私の出番ね…ってあれぇ?!
アカルンからその命を託された東隊員は、リンクルンでプリキュアに変身した。マッハ5のスピードで空を飛び、強力なエネルギーであらゆる敵を粉砕する不死身の女となったのだ。それいけ!我らのヒーロー!!(C)石坂浩二

赤リンクルンセット、CMでは成型色がガンメタっぽく見えてカッコイイのですが、実物を見るまで保留にしますか…。ていうか別に新アイテムでもいいのに。スシでいいのに。(え)
アカルン「スシチェンジャー。困ッタ時ニコレヲ使ウノダ。ソウスルト…フッフッフッフッ…」

私にプリキュアの資格は無いと悩むせつなさん。
ここで突如、謎の女・キリュウ先輩が現れ「もっと馬鹿になれ。真面目すぎるんだよお前は」とか言って、かつて悪の側から転身した自分の過去を語り、せつなを励ますような展開があれば燃えますね。

「なりたかったよ、私も…プリキュアに…」
霧生さぁぁぁぁぁん!!!!
Commented by ぷりちゃん URL at 2009-07-13 19:33 #- Edit
Title : 初めてコメントします
4人目のプリキュアが気になって検索していたら、こちらに紛れ込みました。面白いので毎週チェックさせてもらっています。娘二人とみている、昔聖矢にはまっていたママです。娘の感想をぽちっと。イース編は怖がっていたのですが、前回、今回は楽しいらしく、録画を繰り返し見ています。で、保育園でも、パッションは話題になっているようです。
事前に4人目を告知していただけあって、スムーズにおこちゃまにも受け入れられそうです。せつなさんはドラえもん風居候になるのかな。
Commented by KINO URL at 2009-07-13 20:27 #- Edit
Title :
>“せ”で始まる口癖って何だろう…

もうご存知かも知れませんが、
朝日放送HPのキャラクター紹介の所に掲載されていましたよー。

せつなの口癖は、「精一杯、がんばるわ」のようです。
せつなっぽくていい感じですね。

そんな事より自分が気になるのは、せつなのダンス服姿なんですが、どうでしょうw
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-07-13 20:38 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>codackさん
楽しかったですねー。んもー燃える燃える。
レビュー的にもイースの名前の由来とか知ってから、今回の時の為に他の話では書かず大事にしていたりしましたもので。
やっと吐き出せてよかったです。てゆか、由来を見つけた人はマジすごいっす…。

劇場版CM…分かってはいても、あんなフツーに仲良くされると戸惑いますね。いや、そのハミカミ加減をこれから味わえってコトなんでしょうけども!(え)

>shinさん
運命の輪。運命対自由意志ですか…なるほど、ラブとイースの対決自体がその対立構図でもありますもんね。いやむしろイース対パッションの構図というべきか…。
運命の輪を破壊する、それは自由意志の勝利を示唆してるんでしょうかね…ふむ。

てゆか、せつなの占いってタロットなんでしたよね…なんかトランプモチーフなだけにトランプ占いのような気がしていて…そうですよね、トランプで占いは限度ありますよね(え)。


>紅 真太郎さん
聞いた話では再来週もパッションさんが持っていくなんて…そんな噂もあります。ミルキィローズの時以上に持ち上げてますね。ま、あれはしょせんミルクだったしな(うわ)。

美希たんはラブの為を思いつつ、厳しくも本音を吐くイイ役回りでしたが、今回のブッキー…というか基本的にブッキーはせつなの正体にも気付いてなかったし、元々さほど仲良くもないしで、取り残されますね。黄色っぽい…。
早くせつなが「ラブ、美希、山吹さん」と呼ぶシーンが見たいです。


>不健康さん
あの通りすがりの寂しげな表情はいつの回なんでしょうね…いや、バンクじゃないのかな?
うらやましいという自覚は意外と早めにあったのかもしれないですね。

美希「蛯原はモデル業界において高名な名前なのよ、そんな名前をつけないで頂戴!」
せつな「じゃあ押切にするわよ」
とか言って、最後は屋台の椅子で楽しく寸劇ですね。仲いいじゃん。


>大器さん
同い年ぐらいの少女が潜入名目でプリキュアに近づいて、いつの間にか感化されて仲間になる…今までに無い斬新な展開でしたね。
でも、出来るなら一緒にパン屋でバイトするみたいな描写があっても良かったと思うんですよ、ええ。

西さん達と戦わなければならない展開ですが、今まで「仲間?よしてよ、虫唾が走るわ」とか言っていたのが逆によくって、普通に戦えるような気もしてしまいます。
仲間パワーに目覚めてなくて好かった(え)。


>nationwiseさん
なんか昨日の夜九時ごろからアクセス出来なくなってましたね。管理画面すら入れない有様でした。

ラブさんはみんなの笑顔を守りたいとか言っていたけれど、きっと雄介の影響を強く受けてるんですよ。
クウガ当時…5歳ぐらいですからドンピシャ世代なんですよ。映画でスーパー化した際には「超変身」て言ってくれるって、私信じてる。


>ラビリタミンさん
そうですよね、まさかミユキさんが四人目じゃないだなんて思いもよりませんでしたよね。今後、あんなに持ち上げられて四人目じゃなかったミユキさんの処遇が気になります…。

一度死んでしまったけれど、その事がラビリンスの呪縛を解いたとは皮肉なもんですよね。
正義に目覚めたけれど、メビウスの笛の音を聞くともがき苦しむとか、そういう展開もありだったやもしれませんけどね(え)。
Commented by 口癖 URL at 2009-07-13 20:50 #aIcUnOeo Edit
Title :
>“せ”で始まる口癖って何だろう…
「せつな様とお呼び!」を希望。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-07-13 21:18 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>naitou-souさん
いやー面白かったです。
プリキュアのくせにシリーズ構成がちゃんと活きているだなんて…これは個人的1位のS☆Sの座も危ないです。
二年目とかダメなコトを言い出ださなければ…うん。

でも意外とパッションさんの登場はすんなりでしたよね。
もっとあおった演出をするかと思いましたが、さらりと全身出て来た。
もっと手首がギュルーンと回ったり、目が光ったりしてもよかったです(えー)。


>じゅんまさん
そうですねー、たとえ「夢」があっても「幸せ」かどうかは別問題ですからね。そういう意味では「幸せ」の方が守るべき意義は大きい。

あー、ミッション系も伏線の一つでしたかー。
さりげな過ぎる気もしますが、それならブッキーもっと活躍させるべきでしたね。
ただウルウルしながら美希たんの後をついてくるだけだったし…。
ま、ブッキーには期待しちゃダメなんですよ(おい)。


>弁慶さん
壊したはずのクローバーなのに、幸せのクローバーはいつも足元にある…そこにテーマも集約されている気がしますね。
昔テニスコートで探したら、山のように四つ葉や五つ葉が取れた思い出が…あぁ、幸せってあるとこにはあるんですよね…。

それにしてもパッションか…美味しいんでしょうかね、パッションフルーツって。食べた事無いけど。
今度気にしてスーパー行ってみよう。

全てのキャラが空気になる事無く?
ブッキーは…今回何か…アハハハ。


>Voicetersさん
映画の世界自体はこれでもかってぐらいプリキュアですけどね。なんせ「おもちゃの世界」ですから…映画でも販促販促…今から楽しみでなりませんね。
玩具なんて無くても生きていけるとか、死んでも言ってはいけない怖い世界ですよ…。

せつなが桃園家に来る(?)とは意外な展開で。
個人的にはカオルちゃんと一緒に暮らして、擬似家族の絆を築いて欲しかったです。
最終回で「お父さん…」と言わせて、視聴者号泣必至。なぜそうしないか…。


>オニギリさん
キュアパッションはエネルギーが残り少なくなると、胸のクローバーが点滅を始める。もしクローバーが消えてしまったら、パッションは二度と再び立ち上がる力を失ってしまうのである…ピコンピコンピコン

カンケー無いけど一話での、あのベータカプセルの渡し方がぞんざいなのが気になります。お前が殺したくせに、投げ渡すかね…もう。

リンクルンがただの色違いなのは正直驚きでしたね。
てっきりバンダイさんなら新アイテムで攻勢をかけて来るとばかり思っていましたが…さすがに元敵キャラなので様子を見たのか…。


>ぷりちゃんさん
はじめましてー。そうですか、運悪く迷い込みましたか。ネットは怖いですよね、ホント。
子どもは怖いものはシンプルに拒絶する傾向があるだけに、今回の話なんか大丈夫かと思っていましたが、ちゃんと楽しんでいるお子様もいるのですね。てゆか、ちゃんとプリキュアを見てるお子様って実在するんですね(おい)。
いや、だってウチに来るのは大きい人ばっかりだし…。

四人目を早期に告知していたのは、怖い展開(イースの死)があってもその先に楽しさがあるコトを事前に知らせる事で、お子様への軟着陸を計ったという見方がありますが、ちゃんと作用しているのですね。パッションさんの玩具もこれで安心です。


>KINOさん
エ―――!?
口癖もう発表されていましたか、そうですか。
精一杯がんばるわ…なんか凄く、フツーですね(ちょ)。
俺たちの腹黒せつなはもう死んだのか…ック!

せつなは巷ではファッションセンターしまむらで私服を買っていると噂されているので、きっとダンス用の服もそこで入手するのでしょう。
庶民派が彼女の売りですから。


>口癖さん
ブッキー「せつなさんはどんな動物が好きなの?」

せつな「せつなさんじゃない、せつな様とお呼び! このうすら動物娘!」

美希「せつなー、この間貸した十円返してよ」

せつな「せつな様とお呼び! この馬面モデル!」

ラブ「せつな、一緒にお風呂に入ろうよ」

せつな「…うん」
Commented by URL at 2009-07-13 23:25 #- Edit
Title : ハゲてるし
パッション登場時のメビウス様の動揺ぶりはがっかりでした。独裁管理国家のボスなんだから部下が裏切ったときのためになんか仕組んでるかと思ったのに。
ちょっと今回の場面で無策というのは威厳なさすぎというか、ないにしてもボロ出すの早すぎといった印象を受けました。
ボスがこれだと最終回で今回くらいのカタルシスを得るのは無理そうで残念です。
大人しくベリーVSサウラー、パインVSウェスターのガチバトルに期待しておきます。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-07-14 21:29 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>沙さん
おそらくラビリンスの最終防衛ラインこそが、自在に死を与えるあの機能だったんじゃないでしょうかね。だからそれを覆されたらもはや成すすべなし。とゆーか、そもそも生き返るとか反則じゃね?というメビウス様の心の声が聞こえてきそうです。
まぁ、ドラゴンボールほど見境ないわけではありませんが(うわ)。

ベリ・サウラー、パイン・ウエスターは、今まで何も無いトコロを考えると、結局特に因縁とか無く終わりそうな…そんな気もします…。
Commented by 古代 URL at 2009-07-14 22:03 #r62duaXw Edit
Title : 初めまして
毎回のレビューとイラスト、大変楽しみにさせていただいてます。さすがに最近のフレッシュの盛り上がりに我慢しきれず、思わず書き込みしたくなってしまいました。

全力の戦いを終えた二人が、地に大の字になって語り合う・・・もはやパロディの世界でしかお目にかかれない少年漫画的展開でしたが、元来このシチュエーションの本質は二人が互いを認め合って魂的に「対等」の関係を結ぶという事だと思います。
実際ラブも積極的に相手と同じ土俵に立って、イースの拳に込められた想いに「応える」ことを選びます。戦いが終ってもラブがせつなの手を取るシチュエーションを使わずに、ミキとブッキーがそれぞれを助け起す構図にすることで、あくまで二人が対等に近いバランスで理解しあえた印象を受けました。

正直、今回のシナリオはセリフとか細かい部分で洗練されているとは言い難い気もします。ですが従来の少女系アニメの王道展開通りに、主人公が持つ天性の包容力によって相手の悲しみを(精神的上位の立ち位置から)受け止める方向で話をまとめると予想していたので、この少年漫画的展開は意外なのはもちろん、今年のスタッフの具体的な方針も見え隠れする物でした。

次回は次回で、ラブママを導入した繊細な展開にも期待できそうでフレッシュの懐の深さは頼もしく感じますね。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-07-16 00:20 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>古代さん
なにそれ、古臭い!そんな昭和っぽい展開をネタじゃなくてマジでやるとかありえねーよ!
…しかし、それこそがプリキュアなのですね。無印を初めて見たとき感じた「スタイリッシュさゼロの昭和臭」を実はS☆Sやプリ5以上にフレッシュは受け継いでいるような、そんな気がします。
そのうち水木一郎がキャラソン歌いだしても驚かないっす(え)。

神的なトコロから救いの手を差し出す夢原さんに対し、同じ場所に立って殴り合う桃園さんですか…。
一度、神にまでなったプリキュアが再び人間として戦う…シリーズを俯瞰して人間回帰の物語にもなっているんですねぇー(え…)。
Commented by 電波人間T URL at 2009-07-16 22:18 #LkZag.iM Edit
Title : こんにちは、はじめまして。
はじめまして。

ラブとせつなでふたりはプリキュア感がますますアップしてきてますねえ。

「幼なじみという設定」だけで、特にラブとの繋がりを描いてもらえてないぶっき~とみきたんがいらない子になっているなと。
最初から居るこの2人をまるで描かずに
ラブとせつなの関係だけに力点を置いて前半を作ったのは正直どうかとも思ったりしちゃいます。
残り半分、ラブとの絆を詳細に描いたせつなレベルの繋がりを描けるのかと不安にw

その辺のバランス感覚は満薫のほうが上手かったなと思いました。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-07-17 21:17 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>電波人間Tさん
はじめましてー。
今考えると、ラブとせつなの絆を物語の中心にすえている為、ブッキーと美希たんは軸がぶれないように“幼馴染”という最初から仲のイイ設定にされていたのかもしれませんね。
もっと言ってしまえば、これはラブとせつなの物語であって、ブッキーと美希たんは添え物でしか無い、てことですね(うわ)。
結局プリキュアってのは第1話で出会った“ふたり”の関係に集約されるんですね。

五人になっても四人になっても、プリキュアは“ふたり”の物語なんじゃないですかね。
Commented by めぐま URL at 2009-08-01 13:04 #- Edit
Title : 増えるプリキュア
まだプリキュア増えます。胸のマークのカラーの通りですよ。
次はグリーンで名前は忘れ(汗)たしかみゆきです。
シフォンが化けると騒いでいる人もいますね
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-08-01 22:23 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!◆
>めぐまさん
な、なんだってー!
あの真ん中の緑こそが…そ、そうだったのか!
いきなり登場しておきながら、ジャッカー電撃隊のビッグワンみたいにリーダーに納まったりするんでしょうかね。
すごいテコ入れや!(ちょ)
Commented by めぐま URL at 2009-08-03 17:12 #- Edit
Title : もうすぐ
もうすぐ謎の男の子登場!ミユキさん来年頃に変身する模様!
謎の男の子はオープニングで顔が見えない敵みたい。ミキの弟が敵になるものだと思っていたのに…
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-08-03 21:54 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!◆
>めぐまさん
あのオバハンが実は男の子で…何というカオス展開。誰が得をするんでしょうね。
てっきりミユキさんが闇オチするとばかり思っていたのに…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from naitou-souの日常(So-net式) at 2009-07-12 17:47
タイトル : ’09年7月12日のニチアサ感想
TBさせていただきます!◆今週も「フレッシュプリキュア!」の感想のみで… おそらくお子様たちは、パッション登場の意外な展開にビックリしたことでしょう。
Tracked from 少女創作ファンブログ at 2009-07-12 18:02
タイトル : フレッシュプリキュア!/感想/第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
 「あなたにずっと会いたかった」(アカルン)  フレッシュプリキュア!第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」の感想です。
タイトル : もぎたてフレッシュなプリキュアレビュー(「イースの最期! キュアパッション誕生!!」・23話)
4人目のプリキュアが誕生。名前は「キュアパッション」。 せつなを助けるために・・・ せつなの正体がラビリンスのせつなであったことを知ってしまったラブちゃん。せつなが実は敵だった・・・、これはかなりショックなことです。でも、ラブちゃんは決して、せ
Tracked from MAGI☆の日記 at 2009-07-12 18:21
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション...
フレッシュプリキュア!の第23話を見ました第23話 イースの最期!キュアパッション誕生!!「え、せつな…どうして、せつなが…?」「ピーチ、彼女は敵よ。せつなはラビリンスだったのよ!!」「嘘…だって、せつなは私の友達で…っ…」「私の目的はただ一つ。お前達を倒すこ...
Tracked from 新・サンザイオーブログ at 2009-07-12 23:24
タイトル : フレッシュプリキュア!第23話
フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」  イースの正体を知り、部屋でふさぎこむラブ。美希はそん...
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2009-07-13 00:17
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話 「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
2月からずっと見続けてきたこのOP映像も(歌も) 今週限りかも。    新しいOPは、更にエロスパワーアップしたものになると、私信じてる! で、先週せつなさんの正体がイースだと知ってしまった桃園さん。    マジ落ち込み&八つ当たり。 蒼姐さんは、プリ...
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2009-07-13 01:13
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
【今年の映画】 今度の舞台は「おもちゃの国」。 プリキュアさんの戦友にして、命運を握る首輪でもある「おもちゃ」。 売れなければ明日がない。そんな因縁深い世界でのお話。 とうとう解禁された4人目がここぞとばかりに動いてるのが微笑ましいです。 天使と化して...
Tracked from 球心庵・秒殺フリートーク場 at 2009-07-13 07:19
タイトル : まごころを、君に(Fプリ23話)
 今回Fキュアは、「イース」との決着編。  前回ラストで知った衝撃の事実に、打ちひしがれるラブやん。しかし、美希たんの叱責で目覚めた彼女は、自らの想いを伝えるべく、そして全てのケリを着けるべく彼女の友「せつな」のもとに向かいます。  一方イースは、 シ
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2009-07-13 07:52
タイトル : 今週のフレッシュプリキュア!(#23)
イース死んだら、OPの画も変わるのかな? 4人にもなるしなぁ~ 映画の宣伝も始まりましたね。 玩具の世界ってまた・・・・・、軽く磐梯に喧嘩売る自虐ネタ的な感じですか?(笑 なんかデジモン風情な物出てたな・・・。 「罪を憎んで、人を憎まず」 ...
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話
フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」せつなの正体を知って、ショックを受けたラブ。せつながラビリンスのイースだなんて…。ラブは自分の部屋に閉じこもったきり、だれとも会おうとしないの。そんなラブのところへ美希と祈里が訪ねてき
Tracked from パズライズ日記 at 2009-07-13 08:23
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話
今回はラブがせつなを取り戻すために戦う話。 一対一で拳で語り合う展開があまりにも熱すぎて、いわゆる少年漫画でも最近は無いんじゃないかというくらい(笑)。 作画・動画・演出・コンテのスタッフ陣も気合十分という印象で、素晴らしいものを見せていただきました。...
Tracked from しるばにあの日誌(新館) at 2009-07-13 09:28
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話イースの最期! キュアパッション誕生!
(プリキュアシリーズ通算 265話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/200907/article_11.html 注意事...
Tracked from のらりんクロッキー at 2009-07-13 16:06
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
サブタイですでにネタバレwww 自重しないCM最高www OP後1発目が映画、その後もおもちゃの宣伝で パッションでまくり(^_^;) 必殺技バラしてるしw ネタバレゴーゴーで今後も突っ走りそうですね(ぇ ラビリンスからイース様に届いた1通の手紙… ま...
Tracked from Sweetパラダイス at 2009-07-13 19:19
タイトル : フレッシュプリキュア!#23
嫌~~~~~~~~~~イース様が……ラブ大ショックそりゃそうだよね~せつなが敵だったんだもん美希ったら倒す気満々だわクラインからの手紙にはイース様の最期通告がメビウスの管理体制なのにびっくりもうイース様は用無しってこと???ピーチとイース様の最後の戦い...
Tracked from 現実逃避 at 2009-07-13 20:43
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話 『イースの最後!キュアパッション誕生!!』
私は鬼だ・・鬼になる!チーン・・・そんな話(違 『旗幟を鮮明にせよ!?(Show the flag!?)』 もも上げダッシュな山吹さんが妙に可愛かったりする。 本筋とは全く関係ないけれどな! さて桃園さんは、猫背になっていた。 とっても無駄にエロスに満ち溢れて...
Tracked from アニメ研究所 at 2009-07-13 20:52
タイトル : 【フレッシュプリキュア】 第23話 ~イースの最期! キュアパッション誕生!!~
とうとう、キュアパッションの登場しました。 でも変身シーンはなかったですね。 「せつな、こころから幸せを望んでいる人にしか見つけら...
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2009-07-13 22:42
タイトル : フレッシュプリキュア 第23話
「イースの最期!キュアパッション誕生!!」 脚本:前川淳 演出:石平信司、黒田成美 作画:伊藤智子 美術:井芹達朗 「ようこそ、プリキュアへ」 親友だと思っていたせつなが、ラビリンスのイースであることを知ってしまったラブ。ショックから立ち直れず部屋で伏せ...
Tracked from 『花鳥風月。』 at 2009-07-14 05:53
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
イースの死、そしてキュアパッションとしての新生。 ドラゴンボールばりの戦闘とその後の展開がアツい。 大切な人の為にあえて「心を鬼にする」って大事なことですよね。 前回せつな=イースという衝撃の事実を突きつけられ、暫らくは自室で塞ぎこんでいた桃園さん。 ...
Tracked from よう来なさった! at 2009-07-15 00:04
タイトル : フレッシュプリキュア 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
オープニング後のコマーシャル。いきりネタバレ全開でちょいズッコケw イースがキュアパッションなのは周知の事実だけど、とは言えここは事実確定後に流した方が、理にかなうスマートなやり方ではないのだろうか。
Tracked from blog mr at 2009-07-17 06:49
タイトル : フレッシュプリキュア「イースの最期! キュアパッション誕生!!」
 熱い。  熱いのはわかるが、結局、拳で分かり合う、という世界になっていたのが残念。  寿命が尽きるんだから、取り乱して欲しかったなぁ。  でも、やっと「管理国家」ってのが何か、っていうのが描かれたね。長かったなぁ。  四つ葉のシーケンスで、表情を一切描...
タイトル : フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
今回のお話は、キャアパッションが誕生するも、プリキュアともメビウスとも決別宣言をするってなお話でした。 まぁ、4人目のプリキュアの正体はバレバレでしたが、もうひと波乱が待っていようとは・・・・。 せつながイースであることにびっくりしたラブは家に引きこ...
Tracked from 歩きながら考える at 2009-07-18 01:20
タイトル : アニメ「フレッシュプリキュア」が面白い
 日曜日の朝は、子供たちと一緒にテレビ朝日系列の子供番組を見るのが我が家の定番です。スーパー戦隊シリーズの「侍戦隊シンケンジャー」(7時半~8時)、平成仮面ライダーの「ディケイド」(8時~8時半)と続けて見ています。「ディケイド」の次に始まる「フレッシ...
タイトル : フレッシュプリキュア! 感想:第23話『イースの最期!キュアパッション誕生!! 』
鬼だらけじゃねえか。罪を憎んで人を憎まず!テレビで聞くのはヤットデタマン以来じゃやないか、というこの一言で悩んでたラブは、「イース...