FC2ブログ
2009年 07月 05日
永遠の十七歳、セブンティーンクイーンの森高沙織です♪

おいおい。

…という相槌はあくまで狭い世間での常識です。あしからず。

ちょっと久しぶりの新シリーズ初回なので、さらっと簡単に書いてやろうと思います。

前シリーズの「海」では、さすがにそろそろ違うコトした方が…とかボクも思えてくるぐらいマンネリズムの美学を突き進むケータイ刑事。
だもんで、若干新しさへの期待なども込めながら今回の初回を観ていたわけですが…うん、やっぱりいつも通りだったね。

いつものキャスト、いつもの展開、いつもの犯人(え)。
演じる人間が変わるだけで、ケータイ刑事のキャラクターにも大きな変容はありません。
それを安心感と呼べるかは、人によるのかなぁ…うん。

てゆか、あれですよね。
銭形“命”と銘打っている割には、別段今回の話に“命”カンケー無いですよね…。
初回ぐらいはもうちょっとテーマとエピソードを結びつけてイイんじゃないかしら。そりゃまあ「海」の時もだんだんテーマとかどうでもよくなっていったけどさ(ちょ)。
あ、一回死んだ人間が生き返った云々みたいなのが“命”的な要素なのかな?
んーよく分かんね(うわ)。

んまぁ、そもそもケータイ刑事にそういう構成美を求めちゃいけないのかな…。
今回のトリックだって、シールの裏に指紋がいっぱい付いていたのが犯人である証拠だとか、えーもうそんなん推理関係ないじゃーん! 科学捜査の段階でKOだろー、みたいのだったし。

なんか気付くとシリーズを経る毎にだんだん作りがユルくなっているような気がする…とか思いつつ次回予告を見たら、ちょ、ええ!? クイーン連続かよ!?
このまま全部犯人がクイーンだったら、それはそれでスゴイかも(え)。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by MEICHIKU URL at 2009-07-05 01:04 #HfMzn2gY Edit
Title :
> このまま全部犯人がクイーンだったら、それはそれでスゴイかも(え)。
これを期待したいところですが、第3話は「猛スピードで移動する死体! ~競輪選手殺人事件」、第4話は「チョー満員の客室! ~死刑台のエレベーター殺人事件」というタイトルなので、クイーンが犯人ということはないと思いますが...でも、クイーンが被害者というパターンもあるだけに...
→そうなったら、「ケータイ刑事」ではなくてクイーンが実質的に主役になった作品ということになりますね...
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-07-05 23:41 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>MEICHIKUさん
そうですか、クイーンがサブタイに無いのならクイーンは出ないのでしょうね…。
1話2話は同時に撮影するから、犯人キャストも同じでよくね?みたいな、いつもの低予算ノリで決めただけかもしれませんね。
にしてもサブタイから察するには、3話4話も「サックス」も「命」もカンケー無さそうですね…。おやおや。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MEICHIKUえんため・ぶろぐ at 2009-07-05 00:49
タイトル : ケータイ刑事銭形命1話(感想)+2話予告
遂にスタートした待望の7代目ケータイ刑事・銭形命。「銭形海」の時のように、2段構成で記していこうと思います。放送直後に記すのは、感想を中心としたもので、内容については後日(多分、火曜の一番になるはず。)の方に記します。 7代目は、雷と海の妹で、分家シスタ
Tracked from blog mr at 2009-07-05 23:43
タイトル : 銭形命「サックス刑事登場!~セブンティーンクイーン殺人事件」
 堪能させていただきました。  岡本あずさは、考えてるときとか「響く」とかのマジ顔がすっげぇ映える。  マツもいい感じで的外れ、束志もポイントを押さえている。  が、だ。  今イチはじけてなくない?  命が、なんだか「いい子」なんだよな。例えばマツに対する
Tracked from MEICHIKUえんため・ぶろぐ at 2009-07-06 23:59
タイトル : ケータイ刑事銭形命1話
「銭形海」の時と同様に、「銭形命」も二段構成で記していくことにしますが、MBS放送時に「改訂版」として記すことも計算に入れて、部分的には省略気味に記すこともしておきます。(最後まで見た後に改めて見ると、また違った発見もありますし...) 尚、放送直後に記した...