FC2ブログ
2009年 06月 26日
本日放送は「のび太を愛した美少女」でした。
ターリネーナーが玄田さんじゃなくてガッカリ(そこ?)。

世界征服を目論む二人組みの男たち。
その妨げとなるのび太を消去すべく、21世紀に送られた少女型ロボット“ルリィ”。
のび太のお世話役として近付きつつ、その暗殺の機会をルリィは伺う――。

ルリィが釘宮ボイスというだけで、途端にライトノベル原作みたいなアニメに見える不思議(ちょ)。
そりゃまぁ、確かに「ドラえもん」はジャンルで言ったら間違いなくオチモノですけどね。もし「ドラえもん」という作品が存在しない現代があったとしたら、ドラえもんはネコ型ロボットじゃなくて美少女ロボとして野比家にやって来るという安易なカタチで創造されるのだろうか…いや、でも、そもそも「ドラえもん」を始めとするF的作品群こそがオチモノというジャンルを確立したのであって、「ドラえもん」が存在しない世界では美少女が空から降ってくるなどというジャンル分けが成される事自体ナンセンスなのでは…とゆーどうでもイイ事を10分ほど考える(おい)。

お話は「ロボ子が愛してる」と「ターミネーター」を足して2で割って、くぎゅでパッケージングし直したって感じのエピソード(え)。
のび太が世界征服の妨げになる存在という、ジョン・コナーみたいな扱いになっているのですね。
蹴った石ころが色々あって実は何か重要なことを成しているというのは、「TPぼん」からの引用でしょうね。あれも主人公の蹴った石ころが何やかんやあって実は人類にとって重要な未来を決定付けているコトへと繋がっている、のだという話がありましたからね。

ははぁ、のび太がタイムパトロールの存在を知っても存在を消されないのは、それが要因だったのかー(え)。
タイムパトロールは意外と鬼畜なコトもしやがるから気をつけないとですよ、ええ。

そんなお話自体はとてもオーソドックス。
のび太を消す為にやってきたルリィだけど、のび太と一緒に過ごすうちに芽生えた絆でのび太を消すことは出来ず、最後はのび太を守る為に爆弾を背負って爆死。
これでもかというぐらい「ベタだなぁ~」なんですけど、寺本さんの細かいトコロに目が行き届いた演出とか、ルリィの可愛さなどで楽しく拝見できました。
てか、純粋に釘宮は上手いな(何を今更…)。

ただ、どうして悪党二人が4時4分までにのび太を消さなきゃいけないのかとか、そもそもどういう目論みの世界征服がしたいのかなどの悪役側背景の説明は少ないですね。よく分からないまま進んで分からないまま終わった部分もちょっと多いかなぁ。
あと、ルリィの自爆のくだりも…もそっと煽っても好かった気はします。意外とあっさりと爆発しちゃっていたんですが、あれこそ走馬灯とか去り際のイイ台詞とかでイヤらしく狙ってくれてイインじゃないかと(えー)。

でも爆発したルリィの光が青い鳥のように輝くのはキレイな画でした。

お世話役ロボとして周りの人を幸せにしようと頑張るルリィはドジばかりしてしまい、前にいた家からは追い出されてしまう始末。まぁ、家庭用お世話役ロボットに竜巻機能とか必要かという素朴な疑問は浮かびますが…。
幸せを運ぶ青い鳥のようになりたかったのに、周りの人を困らせてばかりのルリィ。
野比家にやって来ても同じようにドジを踏みますが、のび太はルリィに“人を褒める天才”だと言ってくれる。

幸せを運ぶ青い鳥。
じゃあ、その青い鳥自身は幸せなのだろうか…。

ルリィは確かに不良品だったのです。
人に幸せを届けたいと願いながら、自身は幸せでは無い。
自分のコトをドジばかりする不良品だと思ってFUKOに抱かれるままのルリィでは、誰かを幸せには出来ない。

でも、のび太に“人を褒める天才”だと言われたコトで、ルリィは自分自身の事を好きになれる。
そうやって幸せになった青い鳥は、やっと本当に他の人を幸せにすることが出来る。

のび太の消去というFUKOを届けに来た筈なのに、のび太と出会ったことでルリィは青い鳥に生まれ変われた…そんなイイハナシでした。

それにしても今回のバトルはあれですね…なんか生々しいバトルでしたね。
標識のポールで串刺しにしようとか…ルリィ、マジ怖ぇよ…。

あとルリィじゃなくてのび太の方が「うるさいうるさいうるさい!」て言ってた事にキュンと来ました(え)。
いや、そんなコトに引っかかるからってオレは別に全然釘宮に毒されてなんていないんだぜ? ほ、本当だぜ?

なんやかんやと結局ルリィについてばかり書いてしまいましたね。
まぁ、そういう話だったので仕方ありませんが。
しかし…あれはあれでツンデレキャラと言えないコトもないよな…?(え)

追記

ツンの時(ちょ)
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by マタカ URL at 2009-06-26 23:10 #- Edit
Title : 釘宮病感染者は場所を選ばず「くぎゅうううううう」と叫ぶという。(末期患者に共通して多い症状)
まさに、これなんてエロゲ?

今回は、釘宮の釘宮による釘宮のための釘宮回でしたね。

のび太の「うるさいうるさいうるさーい!」では笑いをこらえるのに必死でしたした。
敢えてルリィ本人ではなくのび太に言わせるあたり、狙ってるなぁと。

あと、妙に作画に力が入ってた気も……。

他にもターミネーターのパロは勿論ですが、タイムマシンからのシュワちゃん変形は、同じく現在公開中のトランスフォーマーのパロですかね?


ただ、コンピューターウイルスが送られたのは20世紀なのに、22世紀の人物であるワルサーのパソコンに届くのはありえないと思うのですが…。


それにしても釘みーは演技の幅が広いですね。

ツンデレキャラで有名なくぎみーですが、個人的には大人しいキャラのくぎみぃも好きですね。

気を抜くと、今回の放送とこのブログの影響でくぎゅ宮病に感染するところでしたよ。ええ。



くぎゅうううううううううううううう
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-06-27 00:47 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>マタカさん
まぁゴンゾ辺りで作られたらパンツアニメにでもされそうな今回でしたね(ちょ)。
実際ネタ的なことを抜きにして、ルリィが釘宮理恵というのは納得できました。単純に芝居の事はそうですが、画に対して声が負けていないキャラクターを魅せていましたし。最後まで観てみると、なるほどなーの人選でした。

コンピュータウイルスは22世紀じゃなくて、21世紀のご先祖のプログラムを破壊したらしいです。つまり100年越しの世界征服計画を狙う家系(えー)。
じゃあその100年の間は何しとったんやという気が…あぁ、気にしちゃダメですか、そうですか。

どうでもいいけど、もしドラミ辺りのキャストがくぎゅだったらドラえもんの視聴人口が変わったりするんだろうか…とか思ったり。
Commented by マタカ URL at 2009-06-27 01:08 #- Edit
Title :
なるほど、御先祖のプログラムでしたか。うっかり聞き逃してました。
そんな御先祖の代からの悪人のはずが、案外しょぼかったですね…ワルサーさん……。

釘宮ドラミは結構合ってるんじゃないですかね?
釘宮理恵自身も昔は、ツンデレではなく妹キャラ演じるのを目指してたらしいですし。
Commented by マタカ URL at 2009-06-27 01:10 #- Edit
Title : 今気づいた
よく見たら絵が追加されてる……!
Commented by URL at 2009-06-27 02:28 #- Edit
Title :
ものっすごいコアな感想でごめんなさいですけど、
ルリィの衣装って「東方project」のチルノに似てません?
Commented by くりす URL at 2009-06-27 02:54 #JalddpaA Edit
Title : こちらでは…
こんばんは、こちらでは初めまして♪
じゃあどこでは会った事あるのかという疑問は置いておいて(ぇ)
ずっとROMらせていただいてたのですが、今回のドラ話は色々と思うところがあったので思わずコメントを(/ω\)

不良品の少女型お世話ロボットという事で、ロボ子がベースになっているのは間違いないですね。元ネタよりかなり平成仕様のデザインになってますが(ちょ)
個人的にはのび太を庇って犠牲になってしまうのは精霊うでわの雪の精の少女も思い出しました。
何気にのび太女殺しですね(意味違)

最後の青い鳥が窓際にやってくるシーンは「鉄人兵団」へのオマージュかとも思いましたが、意外にもTJ-type1さんがそこに触れていなかったのが意外でした(何)
あ、もしかしてあまりにもあからさますぎて敢えて触れなかっただけですk…。

そうか、ルリィルリィルリィ…リリル…空気読めない子ですみませn
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-06-27 16:53 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>マタカさん
釘宮人気に嫉妬ですね。
Pixivさんでは放送されるや否やドラえもんのイラストはルリィに占領されています。くぎゅがそんなに偉いのかよ!ちぃ!

まぁ、ボクも描いてますけどね…ほら、それは別にくぎゅとはカンケーないですから。
ええ、そうですとも。


>沙さん
東方のチルノだと? 知らねえ!と思ってすぐ調べました。
なるほど、全体的なイメージは似てるかもですね。
まぁでも、青いワンピでまとめたりとか、どっちも大して複雑なデザインじゃないので似てもしょうがないですよね(ちょ)。


>くりすさん
はじめましてー。
ロボ子はロボ子で既に楠葉版でアニメになっているだけに、まさかエピソードにその要素が生きているとは思わず驚きでした。もう使い切った原作であっても構わずに引っ張り出すんですね、イイ根性やで。

青い鳥がリリル…なるほど、言われてみると…そんな気も…。
見ている最中は、「んだよ、キレイな話にしやがってチクショー」ぐらいにしか思っていませんでした。
なんか荒んでる…オレ…。
Commented by Voiceters URL at 2009-06-27 19:39 #HfMzn2gY Edit
Title : 内容と演出
のび太暗殺計画の話は出来れば映画とリンクした内容でやったら物凄く盛り上がるだろうと思いました。
それからルリィは爆発しましたが、送り込んだ2人組が何で生きているのかが理解に苦しみます。ロボットの命を随分と軽く見た演出と思いました。ここは思い切って爆死させた方がすっきりするでしょう。
ところであの2人組の大きい方の声が旧作に出ていた人の声がしたような・・・。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-06-27 22:27 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!◆
>Voicetersさん
ドラえもんの劇場版は準備期間がとても長い上にテレビとは別班体制らしいので、内容のリンクとなるとかなり大変でしょうね。毎年恒例の、世界観共有エピソードでお茶濁しが関の山とゆートコでしょうか。

ロボットの命を軽く?
何言ってるんですか。ルリィは死んでなどいませんよ?
ほら、ちゃんとボクたちの心の中に生き続けているじゃありませんか(キラキラー)。
Commented by 大器 URL at 2009-06-28 14:17 #- Edit
Title :
お久しぶりです。
コメントは3回目くらいだと思います。
いつも、ドラえもんのレビューを楽しく読ませていただいています。

ルリィを観たときは当然のように「ロボ子」を思い出しました。
わさドラではロボ子やってないのかな?と思ったら、やってましたね。
それをやっちゃってるなら、わざわざ話を組み直す必要は無かったのでは・・・

それにしてもスペシャルでやるには勿体無いプロットだと思いました。
(ターミネーターのくだり等はスペシャルらしいですが)
なんていうか、すごく鉄人兵団を観たくなりましたね。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-06-28 18:09 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>大器さん
ドラえもんの原作は多いようで実は現在のテレビでは出来かねるヤバいネタなんかもあったりで、原作ストックの枯渇は大いなる問題でしょうね。
そういう中で今回のような、同じ原作を違うエピソードにリファインするという方法も模索されているのかもしれません。
すごく簡単に言うとサザエさん方式ですね(え)。

そいえば寺本監督には女の子の物語として鉄人兵団待望論があるそうですが…やってほしいですね寺本版鉄人兵団。
トラウマになりそうな恐怖を出して欲しい(ちょ)。
Commented by オゴポゴ URL at 2009-06-29 21:55 #sc5pCUW6 Edit
Title :
 釘宮起用でコメントが殺到していますなあ。(笑)この調子で平野綾や水樹奈々といった方々にも登場してほしいです。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-06-29 23:47 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!◆
>オゴポゴさん
みんな現金過ぎる…。
釘宮がそんなに偉いのかよ、ええ!?

普段ドラえもんチェックしていない人までも食いつかせる魔力…くぎゅ…!恐ろしい子!!
Commented by wっわ URL at 2009-08-18 15:39 #- Edit
Title :
良いお話でしたけど、ルリィが死んで残念・・・。なので、公式サイトのご意見・ご感想にルリィ復活をお願いしたりしました。みんなでやれば生き返るかも(笑)!?
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-08-18 20:59 #- Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>wっわさん
続編では見た目は同じだけれど中身が別物。
液体金属で出来たロボットからのび太を守るんですね。
低予算だった前作とは打って変わって破格の制作費がつぎ込まれるんだ…うん。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :