FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍」


やっと靖子にゃん以外の人が「シンケンジャー」にも参加して来ましたね。
このままずっと一人で書くのかしらとか、ちょっと思ったりもしていましたよ…。いや、実写版セラムンを全部書ききった事を考えると、無くはないかなぁとか。
殿と家臣の関係性と、十臓やら封印の文字やら今後の展開の布石を盛り込んでキレイに1クール目を終えたので、2クール目からは色んなライターさんが加わってバラエティに富んだエピソードをやってくれるとゆーコトなのかしらん。
これまで成長エピソードが多かったのも、2クール目の遊びを見越して…というコトだったりするのかもしれないですね。
シンケンな話が多かっただけに、ちょっと肩の力を抜いて観られるゾーンになるのかもしれない。

とゆーコトで、何一つ肩に力が入らないシンケンブラウン回(うわ)。

外国人の目を通す事によって日本特有の“侍”という存在が改めてどういうモノであるかを認識する為のエピソード…とかではなくて(え)、普通にギャグ回でした。

時に真面目にサムライスピリッツを学びたいと懇願したり、時に師匠に迷惑をかけてもノーマターだったりと…何というトラブルメイカー。
オ尻ノ火傷ナラ気ニシナイデと言うところで普通にカチンと来させるのは、もはや日本人じゃないからとかそういうレベルの話じゃなく、アカンやろうが。
それともこれは謝ったら全ての責任をこうむるコトになるので謝らない訴訟大国の文化を表している的なコトなのだろうか(ええー)。

流ノ介に破門された事も誤解し、戦闘に参加しようとやって来るMr.ブラウン。

破門された事で反省して云々…みたいなエピソードかと思いきや、そこからさらにギャグに走っていくってのが貪欲だなぁ。
ブラウンさんがこの単に人の気持ちが分からない子として描写されたままでは、この話って成立しないよなぁー、どうするんだろなぁーとか思っていたら、「諦めるな!」の一言で成立させちゃいましたね。ちょっとカオスなだけの話になるんじゃと心配しただけに、助かった気持ちでした。

いつもとは違うながらも、概ねユルッとして楽しく観させて頂きました。
でもよく考えると…Mr.ブラウンが流ノ介の気持ちが察せない子として最後まで描写されていただけに、彼はシンケンジャーに迷惑をかけながらも結局は反省も何もしていないんですよね…。

その辺がちょっと引っかかるんだけど…ま、そういうコトもあるか(えー)。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事

コメント

「怪しいガイジン」が出てくるだけで、もの凄い昭和臭ですね。
いろんな意味で(^^;)。
今時の日本好きの外国人なら色々もっと詳しいよ、とか、でも子供に解りやすいってこういう事か?とか
思いあぐねたのですが、リチャード・ブラウン役の人の名前がジョン・カミナリと知って、
こういう日もあるか、と思うことにしました(笑)

◆コメントありがとうございます!!◆

>黒森コウさん
カタコトなんだか凄く流暢なんだか分からない謎の外国人…結局ほとんど日本語しか使ってないですもんね。正座の件の「逆効果ダヨ!」には笑わせてもらいました…。

正直、リチャード・ブラウンなんて名前よりもジョン・カミナリの方がインパクトありましたよね。
そっちの名前を劇中でも採用してあげたら…シンケンカミナリ!…カッコよさそうです。

殿は空気を読んだのか?

いい意味でも悪い意味でも流ノ介の活躍が多いですね。
今回は烈火大斬刀を借り受けてカジキ五輪弾でアヤカシを撃破!
千明は未だに大斬刀にさわってすらいない(と思う)のに。

Mrブラウンがあれだけカタコトなのはジョン・カミナリ氏はきっと流暢に日本語で会話できるんでしょうね。
いっその事怪しい”ござる”言葉でも良かったのでは?
どうせギャグ回だし。

さて、次週は千明の回のようですね。
大斬刀に触る機会はあるのでしょうかね。

このノリは俺がシンケンジャーに求めてるものじゃない

>Mr.ブラウンが流ノ介の気持ちが察せない子として最後まで描写されていただけに、彼はシンケンジャーに迷惑をかけながらも結局は反省も何もしていないんですよね…。
何と言うかゴーオンジャー的なカンジです。
脚本のかたはアニメの『銀魂』にも参加されているかたらしいですが、
悪ノリみたいな展開は『銀魂』には良くてもシンケンジャーには合わないって強く印象付けられました。
今回の外道衆みたいに、今も反省してないってカンジで再登場だけはして欲しくないですね。

>「諦めるな!」の一言で成立させちゃいましたね。
せめて
茶「諦めるなーっ!」
天「言ってくれるじゃない」
木「ったく、誰のせいでこんな目に遭ってると」
土「でも、言うてることは正しい」
火「弟子に無様は曝せないな、流之介」
水「はい、殿」
天・木・水・火・土「本当のサムライというものを見せてやる」
↑私の低能な脳味噌ではこんな台詞回ししか浮かびませんが、
ミスターブラウンの言うことを鵜呑みする展開ではなく、
前々回で覚悟ができているはずのシンケンジャーの5人なのだから
彼に励まされるのではなく、むしろ自省を促す展開にして欲しかったです。

 そういえば、最近知り合いの知り合いがw語学短期留学でバンクーバにいったと時に現地の人にいきなり真顔で「忍者の友達紹介して」といわれたそうです。(笑)ハリケンジャーのDVDプレゼントしたらうけるかも。

◆コメントありがとうございます!!◆

>紅 真太郎さん
わざとらしいカタコトから察するには、カミナリさんはかなり流暢な日本語だと察せますよね。
いや、もしかしたらカミナリは芸名じゃなくて本名で、ただ彫りの深い日本人なのかも!(え)

千明はそういえば大筒モード撃ってないんですね…。
まぁ、流ノ介と違って自分の属性の秘伝ディスクが無いから、気合い入れて撃たれても画的にはさほど…てのがありますよね(実も蓋もない)。


>仮帯さん
確かに、結局勢いだけや無いか!てのはゴーオン的ですね(うわ)。
本当はブラウンが反省して、反省しないアヤカシとの対比になるべきなんじゃとも思いますが…うん。
まぁでも個人的にはですねー、シンケンジャーは面白いけど真面目すぎて肩がこるって気も少しあったので、時にはこういうユルさもイイかなと…。
逆にシンケンな話の時が際立つんだと…そういうコトなんですよ…きっと。…たぶん


>オゴポゴさん
日本人からすると忍者は無いだろうって気もしますけど…でも逆に、アメリカ人とかに「実家に拳銃何丁あるの?」とか平然と聞いちゃう日本人もいそうですよね…。
イタリア人は皆ピザが作れて、メキシコ人は変な帽子かぶってる…それはそれで平和そうな世界だ…(え)。

俺も異国侍

あの外国人...
剣道...俺も好き
俺の顔、ちょと日本人

◆コメントありがとうございます!◆

>鯊魚さん
剣道は僕も学校の授業で少しだけやっていた事があります。
とにかく面が臭いという印象しか、今は残っていませんけどね…。
非公開コメント

トラックバック

真剣者 第14話印象

色々あって今回は簡易版にて参ります。流ノ介主役回、ゲストは謎の外国人ミスター・ブラウン…茶色の戦士です(苦笑)。まあ、悪くはないけど…といいますか…ちょっと首をひねった回でありました。

シンケン「異国侍」

 なんか芝居に妙な間がなかった?  あと、誰に追い帰させるのか、っていうのを押し付けあうシーケンスも不自然な感じがした。あきらかに流ノ介だろう。  流ノ介が、あきらめさせなければならないのに、あきめるなと言ってしまう、というひっくり返しの部分をもうちょっ

『侍戦隊シンケンジャー』第十四幕「異国侍」の感想。

★TBさせていただきます★『侍戦隊シンケンジャー』第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」の感想です! ブラウンやから変身したら顔の文字は“茶”になるでしょうね、たぶん(笑)。

侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍-いこくのさむらい-」

志葉家屋敷の門を開け、伸びをしながら出てきた流ノ介。「今日もいい天気だー」庭掃除を手伝うという流ノ介の申し出を、手を振って拒否する黒子ちゃん。彼らも色々苦労してそうですね(^^;そこへやってきた、1人の外国人。「やっと見つけました・・・シンケンブルー!!」...

侍戦隊シンケンジャー #14

流ちゃんのお当番かと思ったらあ・・・あれ?シンケンジャーを知ってる異人さんレッツ武士道!には笑った思い込みが激しいんだから日本語がペラペラじゃんコントしてるでしょ?おバカが増えたよ~おバカ嫌いじゃないけどねむしゃくしゃしてやるってよくあるよね~反省しろ...

侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍」

やっぱり流ノ介は「動かしやすい」キャラだなぁ~~~ どんなことやらせてもキャラがブレないな・・・。 ということで、初めてサブライター投入、ボウケン以来の大和屋暁さんが書いた今回のシンケンジャー。 大和屋さんはアニメ「銀魂」のシリーズ構成をされ...

侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍」

侍戦隊シンケンジャーの第14話を見ました。プロッププラスプチ侍戦隊シンケンジャーBOX第十四幕 異国侍流ノ介を訪ねてブラウンという外国人が屋敷にやって来る。ブラウンは以前、シンケンブルーに助けられたことでシンケンジャーに憧れて弟子入りしたいらしいが、困った...

シンケンジャー 第14話

shinken_14侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」。シンケンブラウン登場! かくて侍の心は世界に広がっていく。 以下読みたい方だけどうぞ。 ...

侍戦隊 シンケンジャー~第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」

~第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」

侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」

今回のお話は、ブラウンさんが流ノ介に弟子入りするってなお話でした。 先週に続いて爆笑の連続。 いや~、やっぱり流ノ介は最強だなと改めて思い知らされましたよ(笑)。 突然、シンケンジャーの弟子入りを志願してきたブラウンさん。 以前の梶木折神の復活の時、...

侍戦隊シンケンジャー第14幕ツッコミ

【とりあえず枠だけ茶色にしてみた。】 「異国侍」。 そんなネタがいつか来ると期待していただけに、けっこうがっかりな内容でした。 カクレンジャーのアメリカン忍者@ケイン・コスギ のほうがよっぽどインパクトあったよ! というわけで今週はさくっと。

侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」

テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー 今回は、異国の侍志望、ブラウンに シンケンジャーが振り回される回だった。 特に師匠である流ノ介とブラウンの絡みがよかった。 ハチョウチンとの戦いで苦戦しながらも ブラウンの「諦めるな!」の言葉に奮起した シンケンジャー...

◎侍戦隊シンケンジャー第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」

なんか、サングラスをかけた外人さんあらわる。シンケンブルーを探してたみたいだ。シンケンジャーに弟子入りし、真のサムライになりにきた面白外人さんということらしい。レッドは、追い返せという。でも、簡単に帰ってもらえそうにもないので、ブルーが稽古をつけて帰っ...

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事