2009年 05月 05日

うわー、今回はまたすこぶる熱いすなー。

志葉家に伝わるという外道衆の頭領ドウコクを封印できる唯一の文字。
それを知った流ノ介たちは外道衆への最後の砦である丈瑠を守らんとして、深手を負って倒れてしまう。
丈瑠は殿の役割に悩みを感じて家を出てしまう…。

家を出た丈瑠は自分の居場所が分からずに子どもに場所を聞いたりしてはいますが、その後で保母さんに「一人で帰れますか?」と聞かれ、「場所が分からなかっただけだから」と答えている。
仲間が自分の為に傷付いてしまうという重責につぶされそうになって、一度は道に迷いはするものの、ちゃんと帰るべき場所、結局はそこに帰らなければいけないのだ、というコトは丈瑠自身も初めから分かっているんですね。
彦馬の言っていた通りあくまで「気分転換」、ちょっと迷っただけであって、決して逃げ出したわけではないってコトか。
強いな、殿様…。

「戦うなら仲間の方がいいって思ってたけど、殿様だから背負えるものもあるんだよね、きっと」

今回のお話はシンケンジャーが殿と家臣になるお話。
なんというか、「そう来たか!」と完全に一本とられたお話になっていてやられました。

正直「シンケンジャー」というのは“殿様と家臣”という関係性から始まって、徐々に互いを理解していって同じ立ち位置の“仲間”になっていく物語なのだと思っていました。
いくら時代劇戦隊か知らんけど、仲間の間での“身分差”というのは現代風じゃないだろうと。仲間同士仲良く相互コミュニケーションでやっていきまましょーよ、ってのが現代的な仲間というモノのありようなんじゃーねーかなーなどと思っていましたので、ええ。

それを「シンケンジャー」では…シンケンジャーはあくまで“殿と家臣”という関係性で行きます!とこの話で断言したわけですよ。これは凄い挑戦的なことだと思うのよ、うん。
ボクは殿と家臣という設定は本気の仲間になる為に存在する障壁…程度にしか思っていませんでしたが、実際には現代の若者が殿と家臣の関係の侍になるとゆー、とんでもないトコロにあるドラマを目指していたってコトなんですよね。

つまり「シンケンジャー」は本気で現代劇において「侍」を作り出そうとしているってコトですよ。
いや、ホント、凄いコトしようとしてるな、おい。

その一つのギミックとして志葉家にだけ伝わる文字、てのがあったんですね。
丈瑠をシンケンジャーの最後の切り札にすることで、他の四人としては忠義心とかそんなモノとは別に丈瑠だけは絶対に守り抜かなければならないという理由が生まれる。
そうすることで、殿と家臣の間にどうするコトも出来ない一線を引くコトが出来る。

身分制も存在しない、滅私奉公という概念も消えた今の日本を舞台に、殿と家臣という歴然とした階級を生み出すことに成功するとは、なかなかどうして上手いもんじゃないですか。
まぁ、封印の文字を皆で共有して鍛錬すればイイんじゃね?とかは思わないでもありませんがね…。志葉家の人間しか使っちゃダメな理由とかはいつか語られるのかしら…。

あ、でもそれを他の人に知られたら志葉家は殿様じゃなくなっちゃうから、たとえ仲間でも知られるわけにはいかないんだ!
自分の家と身分を守るためにはそこは譲れないんだなぁー、そうかー(え)。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 紅 真太郎 URL at 2009-05-06 21:41 #b/VIuw/Q Edit
Title : 殿の本音が見え隠れ
毎回、いいネタが仕込まれてますね。

志葉家から離れて気分転換中の、
子供に迷子と言われてちょっと不満気な表情をした殿も、
過去を思い出して再び自分の背負うものを思い直す。
そして、家臣達は殿の立場の重さを見つめ直し、
戦いの場で家臣としての決意を告げる。

その後繰り広げられた殺陣は、前回の三つ巴と違い
完全に5対1のブレの無い流れでしたし。

で、ココまでは素晴らしいドラマに満足十分でしたが、
巨大戦での流ノ介の手書きぽい企画書に対して、
乗り気な丈瑠&千明の男の子コンビの雰囲気にニヤニヤしていると、
超シンケン合体後の丈瑠の一言がツボでしたよ。
「初めてお前に感心したぞ!」
殿、その一言は何気にヒドイですぞ!


Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-05-06 22:52 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!!!◆
>紅 真太郎さん
今週は腹一杯って感じのシンケンジャーでしたー。
1クール目の終わりに相応しくキレイに殿と家臣との関係性を描いたのではないでしょうか。
ホントにシンケンジャーは真面目に凄い事をやろうとしているドラマなのだと感じ入りますね…目指しているレベルが高すぎて怖いです。だ、大丈夫なのかな、これから…。

「初めてお前に感心したぞ!」の言い方がよかったですねん。
驚きを隠せないという感じが伝わってきます。殿はそこまでブルーの事を低く見ていたのか(え)。
Commented by Voiceters URL at 2009-05-08 08:45 #HfMzn2gY Edit
Title : 8体合体
まあ何だかんだ言って、スーパー戦隊でも戦いの裏側で誰かが帰らぬ人となる・・・このシンケンジャーに限った事ではありません。殿も無事立ち直ってよかったです。戦隊のロボに対してあまり言いませんが、テンクウシンケンオーはかっこいいです。これが初の8体合体になるんですね。それまでは7体が最大だったのが2006年以降、9、10、12体の合体が登場してきました。まだ8体が無いと思ってたらようやく出てくれたのは嬉しい限りです。
そういえばフレッシュプリキュアでは一般人が巻き込まれているようですが、気分を悪くするかもしれないですが、もしかすれば戦いの裏で今回のシンケンジャーみたいな事があるのではないかと思っています。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-05-08 21:41 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>Voicetersさん
テンクウシンケンオーがかっこいい…だと?
ざ、残念ながらボクにはお世辞にもそう思えませんで…ちょっとあまりに後ろのパーツのデカさが気になってしまいます。玩具になった時にすぐ転ばないのかしら、あれ。
それでもまぁ、ゲキやゴーオンの合体らしからぬ合体よりはまだ合体燃え出来るロボにはなっているかとは思いますが…。
必ず折神にディスクを付けなきゃいけないのはデザインも大変そうですね…。
今後はどうやって合体を成立させていくのか…バンダイさんの腕の見せ所や!

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from きゃんずぶろぐ at 2009-05-05 20:37
タイトル : シンケンジャー 第12話
侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」。指揮官も兵卒も互いに職掌となすべきことを再考し小隊が結束するお話,というと身も蓋もないな(苦笑) 以下ネタバレあり。 ...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2009-05-05 21:27
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体」
侍戦隊シンケンジャーの第12話を見ました。プロッププラスプチ侍戦隊シンケンジャーBOX第十二幕 史上初超侍合体ドウコクが放ったアヤカシ・“ウシロブシ”に窮地に追い込まれたシンケンジャーは何とか危機を脱したものの、自分を守るために流ノ介とことはに重傷を負わせ...
Tracked from 閑古鳥ぽよぽよ at 2009-05-05 21:36
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー第12幕ツッコミ
【殿その言い方はひどいよ(笑)。】 たかが折神の寄せ集め@アヤカシさん とはいえ合体した数だけ強くなるのが最近の戦隊のお約束。 去年より見た目はロボっぽいけど、虎のドリルは何かついてるところが微妙だぞ!
Tracked from All\'s Right with the World! at 2009-05-05 22:15
タイトル : 真剣者 第12話印象
ようやく録画を観ました、シンケンジャー第12話。志葉家を出て行ってしまった殿…心配するじい、そして茉子ちゃんたち…。志葉家18代目当主の重荷に耐える殿と家臣たちの絆の物語。…のはずなのに、別の所でツボにはまってしまった…(苦笑)。
Tracked from Sweetパラダイス at 2009-05-05 22:44
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー#12
家出した殿。誰も探さないのね心配じゃないの?殿を信じてる殿、急に飛び出したら危ないよ~迷子の迷子の殿~あなたのおうちはどこですか~腕フェチの十臓広樹君くんに優しい殿広樹君に嫉妬私にも優しくし・て美しい主従関係に涙流ちゃん企画を考えてたのか設定資料集まで...
Tracked from Happy☆Lucky at 2009-05-05 23:24
タイトル : 侍戦隊 シンケンジャー   ~第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」
 ~第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」
Tracked from まぜこぜてみよ~う。by青いパン at 2009-05-06 09:08
タイトル : 『侍戦隊シンケンジャー』第十二幕「史上初超侍合体」の感想。
★TBさせていただきます★『侍戦隊シンケンジャー』第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつ ちょうさむらいがったい)」の感想ですっ! 流ノ介、初めて殿に褒められる?の巻(笑)。
Tracked from LOVE☆HERO! at 2009-05-06 11:13
タイトル : シンケンジャー第十二幕「史上初超侍合体」
「流ノ介、茉子、千明、ことは…  おまえたちの命、改めて預かった!」 流ノ介たち家臣を召集した後、外道衆との戦いの中で一度「おまえたちの命、預かった」と言った丈瑠。 流ノ介たちを召集することを最後まで反対していた丈瑠は、外道衆からこの世界を守るために...
Tracked from JAOの趣味日誌 at 2009-05-06 20:35
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」
テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー 丈瑠は一人悩んでいた。家臣の命を預かるという 殿としての重圧に、もちろん誰よりもそれをわかっていた のはじいである彦馬だ。だからこそ丈瑠を信じて探そうと しなかったと思う。一方外道衆ではドウコクが腑破十臓に 怒り爆発。...
Tracked from blog mr at 2009-05-07 21:13
タイトル : シンケン「初めてお前に感心したぞ」
 あんまりだよ、殿。 「史上初超侍合体」  先週の予告で、あのねーちゃん誰だろうなぁ、って思ってたんだが、まさか柴田かよこだとは。戦隊には十年ぶりですか。すっかりきれいになって。ブログに、アフレコがなくなっててビックリ(というよりガックリ)と書いてある
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」
今回のお話は、殿と他の侍がより熱い信頼関係で結ばれることになるってなお話でした。 体を張って自分のことを守ってくれた流ノ介とことはのことがショックの殿は突然、屋敷から姿を消してしまうからびっくりっと。 じいは・・・・、慌てているかと思えば、意外にお気...
Tracked from ぺろぺろキャンディー at 2009-05-10 22:39
タイトル : ★侍戦隊シンケンジャー第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつち...
今回のシンケンジャーは、レッドが屋敷からいなくなるという話だった。それにしても、シンケンレッドの屋敷のなかに黒子がいっぱいいるのはなんかすごい違和感あるな。これじゃ、どっちが闇の組織化わかったもんじゃない。いったい、あの黒子を雇うお金はどこからでてるん...