FC2ブログ

仮面ライダーディケイド 第14話「超・電王ビギニング」


あら~… ちょっとやっちゃったかな?(え)
時を超える列車デンライナーが存在するという…「電王の世界」。

えーっと…とりあえず全然話が進んでませんよね…。
30分間、イマジンに取り憑かれるキャラチェンジとライダーバトルしかやってないじゃないか…。
正直、電王編大丈夫かしら?という不安が膨らんでしまった…ぅぅ。

しかし不安の要因は「話が全然進んでねえ」というコト以外にもあります。
今回の電王編は今までの「ディケイド」にあった各ライダー世界のフォーマットに即していないのです。

「俺は俺でなくなっちまった…」
自分の身体が消え、元の姿に戻れなくなってしまった赤いイマジン。
おそらく後編ではこの赤イマジンの存在に関するドラマの帰結が行われるというコトなのでしょう…でしょうが、それはどうにもオカシな話に思えてしまってなりません。

これまで士たちは各ライダー世界の主人公、ユウスケやワタルその他諸々が抱える問題を解決するというコトで世界を巡ってきました。
それなのに…それなのに何で「電王の世界」でのドラマ保有者、つまり主人公的ポジションがモモタロスなんだよぉ!
おかしいじゃん、そこリョウタロウのドラマじゃなきゃ成立しないじゃん! 「電王」の主役がモモタロスみたいじゃん!

そんなあくまで怪人キャラクターのドラマを帰結させても「電王の世界」を救った事にはならんだろうとか思うわけですが…大丈夫なのかしら、後編…。

あと、映画とリンクしているからとかの事情はあるのでしょうけども、「電王の世界」が「仮面ライダー電王」のパラレル世界じゃなくて、普通に地続き世界ぽいぞ?てのも…どうなんでしょうね。
パラレル世界であることに重要な意味がある感じの「ディケイド」の物語で、オリジナル世界(?)を出してしまうのはヤバイんじゃないかとも思うのですが…ちゃんとこの辺の解釈なり説明なりは成されるんでしょうかね…?

「電王」はドル箱スターだから他ライダーとは別格とか、映画とリンクさせた方が面白いからディケイドの方の設定はちょっと曲げる、とかの理由だけでディケイドが割を食うのだとしたら、すこぶるガッカリです…。出来るならば、それはそれで何とかディケイドの物語として成立するカタチまで落とし込んで貰いたい…ところなんですけど…うむぅ。

「仮面ライダーディケイド」の物語において「電王の世界」がジョーカーになりやしないかと、ちょっとヒヤヒヤしています…。
後編で、そんな不安は杞憂だったぜ!となるのか、それとも普通にパラレル世界でやるべきだったな、となるのか…。それともリョウタロウは出て来ないけど、この「電王の世界」は原典のパラレル世界なんですよ、とか言い出すのか…。

大丈夫かなぁ、と思いつつ後編を待つか…うん。

仮面ライダーディケイド 各話レビュー
関連記事

コメント

>「電王」の主役がモモタロスみたいじゃん!
 結局、そういうことなんでしょう。「超 電王」の主人公は、モモタロスということがいいたかったんでしょう。

今回の演出は、賛否両論ありますがオリジナルのキャスト出すんだったらこのノリもありだと思います。

勝手ながら

このままでは我が脳内ランキングで、龍騎編に大きく水をあけて最下位ですよ、電王編。

その龍騎だって原典の要素を生かそうとして頑張って、結果ちょっとああなっちゃっただけで、ディケイド世界の要素としては好意的に受け止めてましたけどね。

こらあかん。

電王は「さらば」でお腹いっぱいになってますからっ!

「リョウタロウ」を中心にした、普通にディケイドな電王世界観たかったですね。
なんだか、声優も含めキャストがオリジナルそのものでありながら「良太郎」の存在しない電王世界が、別の意味で不気味。
すごく歪に感じます。

◆コメントありがとうございます!!!!!◆

>オゴポゴさん
たしか「電王」というのは野上一家の物語で、「さらば」においてそれは全て完結したのだと白倉さんも仰っていたような気がします…。
じゃあ「超・電王」はというと、それはモモタロスの物語ってコトなんですかね? つまりこれは「電王の世界」じゃなくて「超・電王の世界」!?
もうよく分かんねー!

それでも映画を観に行く予定な自分が悔しい…(え)。


>ソラフさん
龍騎編はドラマが薄くはありましたが、裁判員制度を取り入れたりのボウケンスピリッツでそうなったのだと理解できますしね。
でも、正直この電王の世界にはボウケンスピリッツも原典への果敢なる冒涜も無い気がするンですよね…。
キャラの面白さで魅せる!という意味では間違いなく電王の要素を抽出していたとは思いますけど…。
電王だけ特別扱いとか逆に萎えますし…。


>やまちーさん
そうなんですよー、オリジナルキャストが出るとかは別に構わないんですけど(響鬼も出るらしいですし…)、良太郎もリョウタロウも出ないのは電王の世界として成立しないだろうと思ってしまって…。
内容的にもバトルでやたら引き伸ばしましたって感じで、どこのドラゴンボールZだと。
何かもう…ちょっと無理やり過ぎないかなぁーて気がしてなりません。

やっちゃいましたねえ…。

どうも。
いやぁ~。僕も遂にやっちゃったかなあ~と思いました。でも面白かったん
ですが…。
オリジナルの電王世界にディケイドのキャラ達が迷い込んだような〝電王
番外編〟になってましたねえ。

ある程度は予想していたのですがmixiのコミュでも電王コミュとディケイド
コミュでも賛否両論で盛り上がってました。

所々に伏線があるのは良いのだけれども、やはり電王の世界観を壊しては
いけないのかなぁと言う感じの前編でした…。

折角のパラレルなんだから映画版とリンクしていても、もっと冒険して欲しか
ったなあ。電王ファンなだけに全く違った世界を見せて欲しかったしと言ったら
我が儘かもしれませんけれども。

まあ、ディケイドはお祭りライダーだし元々電王本編が毎回お祭りだったの
で今回は浅草三社祭のノリで楽しみました。

でも、やはり後編が無事に〝ディケイドとしての電王の世界〟として完結
して欲しいと期待はしているんですが。


さては

私のレビューをトレースしましたね?(笑)

いや、まったく同じ意見です。
だからこそ會川さんが降りた(反発して降ろされた?)のではないかと・・・

R士が危ない人にしか見えない件

電王ファンの中には狂信者的ファンもいますから、彼らへの配慮なのかもしれませんが、ここは我慢してもらってパラレルでやって欲しかったなぁ……。

もし説明するとしたら、既に破壊された世界または破壊されていない世界とか、破壊されかけた世界とかなんでしょうね(ライダー大戦の空間に移動してたし)。
あとは、電王ではなく超電王だからパラレルだ!とか主張すればなんとか……。

まあ、普通に面白いと言えば面白かったですし、前編は毎回こんなもんですし、とりあえず後編に期待してみますか。

◆コメントありがとうございます!◆

>masayukitaさん
電王withディケイドになっていた感はありましたね。電王キャラが濃いから仕方ないとはいえ、ディケイドが蔑ろにされていないかという不安が…どうしても。
映画とリンクしつつ、パラレル世界のお話とか無理だったんですかねぇ…まぁ来週何がしかの説明があるのかもしれないのですが。
ちょっと電王世界は本気すぎて遊びがないかなぁ…と。

お祭りと思って目を瞑るか…視聴者がお祭りだからと言うのはいいですけど、作ってる人がお祭りを言い訳にはして欲しくないですよね…。


>nationwiseさん
何を御冗談を。ボクはこれまで他所様のネタやら何やらをパクッたことなんて一度も無いじゃーないですかー(棒読み)。

しかし他の皆さんのレビューを読むと、なかなか好評意見が多かったのが意外でした…。電王人気凄まじいっすね…。
まぁボクも電王は好きですけど、流石に後半の尺の長いバトルはドラゴンボールZにしか見えなかったです。
會川さんの降板の一因はやはり電王編なんですかね…それまでに溜まり溜まっていた物とかもあるのかもしれませんが、どうにせよ惜しい人材でしたね…。


>マタカさん
「電王は映画をやるから、ディケイドの電王編と絡めなきゃ損だ」という発想からオリジナル世界と繋がってしまった感がありますねぇ…。もうちょっと公開時期が遅いか早いかだったらディケイドはディケイドで関係なくやれたような気もするのですが…うむぅ。

既にオリジナル世界が崩壊してしまった後の世界というのであれば、自分達の時間を手に入れていたはずのモモ達が実体化出来なくなった理由にも出来そうですね。
後半でどう説明してくれるかですが…でもリョウタロウの不在はどうあってもキツイ気がします…。

電王の世界?

お話的には電王らしくてギャグが効いてましたね。
半分位はキャラ紹介の代わりでしたが。

さて、電王の世界?では何やら世界が既におかしくなっているみたいですね。
原典の設定をでは、特異点である良太郎の記憶が世界の維持、復元をするきっかけになってました。
しかし、この世界には良太郎もリョウタロウも居ない。
そして、モモタロス達イマジンが実体を具現化できなくなったのもリョウタロウから離れてしまったからとすると…。
やはりリョウタロウの不在こそが電王の世界の問題であって、その原因が過去にある訳ですね。
と、シロート考えしてみましたが、どうでしょうね。

何にせよ、電王のファイナルフォームライドが…、てのはねぇ、どうなるんでしょうかね。

◇コメントありがとうございます!!◇

>紅 真太郎さん
なるへそー、リョウタロウがいないことが自体がこの世界の問題点…。
後編でそういうまとめ方をしてくれるのであれば、なんだー心配させやがってよー、と笑い話で終われそうです。
でも…リョウタロウの存在を感じさせる言及をチラリともしていないってのが…うにゅぅ~。
考え出すと心配ばかりが募ってしまいます…。

後編でそんなのは杞憂に過ぎなかったぜ!と思わせてもらいたいですなぁ…。
シンケンの後編には何ら心配していないんですけどね、靖子にゃん。

電王編

ぼく的にはめちゃくちゃおもしろかったですよ。
確かにリョウタロウが出てこないのはちょっとディケイドとは違うと思いましたが、電王の時と全然変わってないモモ、ウラ、キン、リュウはすごい懐かしくてテンションMAXでしたよ。
そして、夏ミカンにとりついたウラ、キン、リュウがおもしろかったです。
でもここまで悪評が多いのはちょっと意外ですね。
まあ、イマジン達だけ変更なしでリョウタロウが出てくるって展開もおもしろそうな気はしますけどね
キバも大体そんな感じだったし。

◆コメントありがとうございます!◆

>タクミさん
TB先のレビューなどを読みますと、大方楽しんだ方の方が多いようですね。
ここはそんな中にある鬱憤の溜まり場みたいなもんでしょうか(ええー)。

あの電王のキャラクター祭り的な楽しさという意味では間違いなく楽しいエピソードではあったんですがねぇ…今まで築いてきたディケイドの面白さというモノが、今回は無いよなぁという感じなんですよね。
それは電王の切り取り方としてももったいないような気もして…うむぅ…きっと後編でなんとかしてくれるんだという期待は抱いてはいますけどねぇ…。

独り歩きには地図を

どうもっす!

電王編、確かに今までのディケイドとは異質なものを感じました。今までの世界が原典を下地にしたオリジナルだったため、それは半端ありません。
いや、面白くない訳ではないんです。ただ、これで良いのかという疑念が拭えきれないんです、はい。

前回のアギトの世界は、それぞれの想いが収束したもの=アギト&仮面ライダーというもの原作への敬意と共に感じられました。今回は、オリジナルならではのカタルシスに欠けている感が否めません。
個人的に、完璧人間なリョウタロウとイマジンが反発→ディケイドがリョウタロウに「弱さ」を教え、真の意味での仮面ライダー電王を誕生させる…てな脚本を期待してたのですが(笑)

今後のカブトや響鬼の世界にもシコリを残さない事を祈ります。

では、失礼します。

待て次号

おこんばんはー。

個人的には電王ワールドが初体験だったのでなかなか愉快でした。夏みかんも可笑しかったし。

ただ電王だけフォーマットが崩れ、リョウタローも出てこなかったのは確かに気になりました。
どんな風に風呂敷をたたむのか、週末が楽しみです。

◇コメントありがとうございます!!◇

>弁慶さん
そうなんですよねー、楽しいは楽しいですけど俯瞰で見た時に「ディケイド」という物語の邪魔にならないかという不安がどうしても…。
あくまで今見たいのは電王じゃなくてディケイドなんだという気持ちが強いんだと思います。
これまでのような「あ、原典作品からその要素を引っ張り出してくるか!」という驚きと納得を電王でもやってほしかったんですけどねぇ…。
それはある種、電王にとっても勿体無いコトである気がします。

映画と絡めるとかは別にイイんだけど…ディケイドの邪魔になって欲しくはないんですよねぇ…。


>ayumieさん
いつもだと、面白いと感じるのはディケイドのパラレル世界であって原典は…と言うところですが、今回の電王世界はまんま電王でしたねー。
今回のが楽しめたならば、原典のテレビシリーズも楽しめること必至ですと素直にオススメ出来ます。
アレはかなり良く出来た構成と物語ですからね…今回のドラゴンボールZとは違って(ちょ)。

クライマックス

モモタロス、大ピンチ!
そして、夏海の夢...
電王世界はクライマックスだぜ
Mユウスケのヘアスタール...変
U夏海...OL??

◆コメントありがとうございました!◆

>鯊魚さん
電王世界は変わらず電王らしい世界だったと思います。
でも、ディケイドとしてはちょっと物足りない話にも感じました。
ちょっと残念です。
非公開コメント

トラックバック

仮面ライダーディケイド第14話プチツッコミ

【イマジンは来週のお楽しみだ!(え)】 5月1日から映画「超・電王」が公開されることもあって、今週はすっかり電王劇場です。 これパラレルじゃないでしょ! 電王の正史に含まれるでしょ! どっちがどっちの客演だかさっぱりだぜ!(笑)

仮面ライダーディケイド 第14話「超・電王ビギニング」

仮面ライダーディケイドの第14話を見ました。第14話 超・電王ビギニング電王の世界にやって来た士はレトロな旅人風の格好になり、ポケットの中にデンライナーのチケットが入っていた。どうやってデンライナーに乗ればいいのか悩んでいると、突然士にモモタロスが憑依して...

仮面ライダーディケイド 第14話

〆が電王かと思っていたのに、割と早出しだったな…。 なんてぼんやり思ったんだけど、良く考えたら映画とのコラボなわけね? いきなりの特異点設定。 この世界には特異点がイッパイ! つか電王っぽい話のつくりだと思っていたら脚本が小林女史なわけね。 毎回思...

仮面ライダーディケイド 第14話

仮面ライダーディケイド 第14話「超・電王ビギニング」。シンケンジャーから続いてのスーパー・靖子にゃん・タイム(笑) 映画とのクロスオーバー話のようで。 以下読みたい方だけどうぞ。 ...

『仮面ライダーディケイド』、第14話「超・電王ビギニング」の感想。

★TBさせていただきます★『仮面ライダーディケイド』、第14話「超・電王ビギニング」の感想です!! イマジンの中でもモグタンは個人的にカワエエと思っています(笑)。

仮面ライダー ディケイド 第14話「超・電王ビギニング」

第14話「超・電王ビギニング」

仮面ライダーディケイド 第14話「超・電王ビギニング」

スーパー小林靖子タ~イム♪ いよいよ始まりましたね!今週来週は1時間丸まる小林靖子です。 う~ん、でもどうなんでしょう? 確かに憑依合戦とか相変わらずの4バカは面白かったんですが・・・ 「中身」がなかった感じがしました(汗 ...

仮面ライダーディケイド 第14話

「超・電王ビギニング」 脚本:小林靖子 監督:石田秀範 アクション監督:宮崎剛 アリゲーターイマジンデザイン:韮沢靖 「デンライナーをクレ!」 電王の世界。デンライナーのチケットを手に、この世界のライダーのヒントを探しに出ようとした士、ユウスケ、夏海。と

仮面ライダーディケイド第14話「超・電王ビキニング」感想。

テレビ朝日|仮面ライダーディケイド 電王の世界、モモタロス「俺、参上」これだよこのセリフ・・・・・・ モモタロス何やら大変なことになっているようだ。 ウラ・キン・リュウ、士と戦うため夏海の身体を使う。 モモはディエンドと戦っていて苦戦。 モモ大丈夫だろ...

ディケイド 第14話印象

ついに電王の世界前編…なのか1回目なのかわかりませんが、はじまりました。正直言って期待半分・不安半分でした。が、杞憂だったんじゃないかと思います(苦笑)。ディケイドの世界における電王の世界なんだ…!と納得。そして、ツカサが桜井さん(大)の位置…過去と未来と...

ディケイド「超・電王ビギニング」

 面白かった。  おかげで、なんで電王がうけるのかもわかった。  わかりやすいんだよ、面白さが。  一人の人間が複数の役を瞬時に切り替えたり、ものすごい美少女が四股踏んだり。  でも、悪いが、この面白さは、昨今の短いネタを並べるお笑いと同じで、繰り返したら...

仮面ライダーディケイド 第14話「超・電王ビギニング」

 うむ。  調子に乗って、短くても書いてしまおう。このコンディションだと、今を逃すといつ書けるかわからんし。  一言で言うと、「ズ...

仮面ライダーディケイド 第14話「超・電王ビギニング」

今回のお話は、電王の世界に迷い込んでしまうってなお話でした。 最終回を迎えてから、2年も経つのに、劇場版が公開されるほどの人気を博している電王。 劇場版が公開されていることもあり、キャストもそのままでしたね。 まぁ、良太郎や侑斗までは残念ながら出てこな...

仮面ライダーディケイド#14

わ~いモモだウラだキンちゃんだリュウタだ待ってました~の電王の世界へGo~久しぶり会えたたイマジンたちもちあの名セリフも聴けたもうウラったらエロいんだからそれでこそウラなんだけどねウラ士はインチキマジシャンにしか見えなかったよリュウ士はピエロか夏みかん...

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事