2009年 01月 24日
先週行なわれました「ふたりはプリキャアS☆S」の演者・歌手の皆さんによる「みんなでぷちTEUCHI」に勢い勇んで行って参りました。

その予習として、わざわざ所沢の航空公園で上映されていた「マジドキシアター」を鑑賞したり、LIVE後はいつもお世話になっているトラックバッカー(え)のブログ管理人様と対面したりと、なかなか隙の無い冒険!プリキュアDaysでしたね(おい)。


■マジドキシアター in 航空公園

埼玉県所沢市航空公園にあります所沢航空発祥記念館なるトコロにおいて、三月末までS☆Sのマジドキシアターが公開中。
ということで見てきました…。
所沢でマジドキを見た後で渋谷のTEUCHIに参加するという、埼玉県と東京都を大移動してのプリキュア日和。
凄く残念なハードスケジュールですので、よい子は絶対にマネをしないで下さい…。

イベント用に上映されるだけでソフト化の話が一向に上がらない「マジドキ」ですが、これは本来、特殊メガネをかけて観賞する3D映画として作られた代物なのです。
しかしこの航空公園での上映はアイマックスという縦十何メートル・横二十何メートルという巨大スクリーンを使っての上映形式であり、マジドキも3Dではなく普通に2D作品として上映されていました。

なので、本来3D用に作られている“飛び出す演出”がほぼ何の意味も成していません(うわ)。
以前3Dメガネをかけて見た時の様な「うわ、変身バンクで花びらと鳥の羽根が飛び出して見える!スゲー!」みたいな感動は一切無く(あぁ)、意味ありげにいつまでもスクリーン上にひらひらと花びらとか羽根が舞っているという…3Dの方を知っているだけに凄く切なくなる一コマでしたねぇ(え)。

あと、どうしても「プリキュア」ですから…アイマックスという巨大スクリーンでの上映となると…何ていうか…お馴染みのカンタン作画がこれでもかというサイズで大写しになります(ちょ)。
これはちょっとしたボウケンですね…。塗り間違いまでそんな見せなくていいのに(え)。

とはいえ、相変わらずアクションはイイし、話も充分プリキュアってるし、機会のある方はご覧になって損は無いと思います。ホントにホントに。

マジドキを観終わった後は、ついでにゴーオンジャーのロケに使われていたという飛行機なんかを見て回ったりして軽く時間を潰したりしました。
ふむふむ、ここでウィングスがああしてこうしてたわけかぁ…。


■みんなでぷちTEUCHI 第一部

「祭り!?」と見紛うばかり人の多いシブヤに降り立ちまして、会場へと向かいます。

今回のTEUCHIに挑むにあたって、ボクは前回の反省点を活かす事を忘れませんでした。
前回は身長の低さが災いになり、他のお客さんの頭部が邪魔して演者の皆さんがなかなか視界に入って来ないという目にあったのです。
今回はそんな障害を少しでも克服すべく、シークレットブーツとはいかないまでもウチにある靴の中で最も底の厚いモノを履いて挑みました。雪道とかを歩くようなゴッツイ靴です。
まったく背の低い人間てのは苦労するぜー、ふぃー。

そんな準備万端状態で会場へと入っていったワケですが、そこで目にしたのは…会場にずらりと並ぶパイプ椅子。

何ていうか…凄く…気が利いていると思いました。うん。


時間になり、聞き覚えのある主題歌のイントロがバァーン!と流れるや、現れるは演者の皆さん。
一部はうちやえゆか、五條真由子、樹元オリエ、榎本温子、山口勝平、千葉一伸という面子でした。


※画像はイメージです

トークは事前に配られたアンケートでの質問や今後の要望などをネタに繰り広げられます。
あんまり詳しくは覚えていないので、以後は覚えている事だけをテキトーに羅列してみます。

「一番料理が得意なのは?」みたいな質問に対しては、榎本さんが実は料理するんだぜーという話になって――

――みたいなくだりに会場が爆笑してました。
そうか、榎本さんは完全にそういうキャラとして世間に認知されているのかぁ…。

「一緒の番組に携わった仲間」とはいえ、声優と歌手という本来接点の無い間柄の面々のくせに、とにかく仲がイイというのが伝わります。

千葉さんがうちやえさんのボケっぷりについて話していても、ボクの方は「アンタらどんだけ仲イイのよ」というコトの方が気になってました。だってカレハーンなんて出てる話数でいったら、そんな多くは無かろうにさ…。

あと、うちやえさんは打ち合わせ中にイヤホンをコーヒーカップに落としたとかいう話を五條さんから暴露されていたなぁ…。

うちやえさんは期待を裏切らないオンナですね…うん(え)。

そういえば、質問の紹介の時、いつも見ているサイト管理人さんの名前が出て来まして

(※管理人イメージ)

「いるのかー!」と素直に興奮してしまった…。
ボクも会場入りがもっと早ければ、アンケートで面白い事の一つも考える時間あっただろうに。残念だなー(棒)。
てか、その「週刊ジャアクキング」さんのブログを読んだら、管理人さんも渋谷の前に航空公園に行っていたとか書いてあったのですが…どう考えても完全に同じ回の上映ですね。
そうか、あの時同じ列の右の方に座っていた人たちがそうだったのかぁー、そうかそうか。
まさかあんな残念なスケジュールに挑む人たちが他にもいただなんてな…。

「観に来ただけなのに参加することになった」と言う山口勝平さんでしたが、ボケとツッコミと太鼓持ちと、八面六臂の活躍で盛り上げてくれた勝平さんは、今回の一番の功労者なのではないかと思いました。
しかしあれだ…ボクの中で山口勝平といえば、それこそ「らんま1/2」の時から観ているだけに、まさにスター声優みたいなイメージだったんですけどねぇ…それがどんどん崩れるなぁ(ちょ)。

その正体はアルコールと下ネタをこよなく愛する人でしたよ(え)。
まぁ、スターの後光は射さなくなったけど(おい)、とても気のイイ人なんだなぁてのが分かります。
ライブ終わった後に物販で即席でサイン会とかやっちゃうんだもんなぁ…ホントに凄い人だと思いましたよぉ…多少アルコールが入ってる所為だったのかもしれないけど(こら)。

まもなく樹元さんの誕生日ということで、サプライズでケーキが登場してきました。

「三十路、三十路」とみんなでコールしていましたが、事前に知らされていなかった樹元さんは普通に驚いていました。
同時に、同じく知らされていなかったうちやえさんも驚きの表情(え)。
うちやえさんに教えていたら、すぐに態度に出るので本人にバレてしまうから教えていなかったんだとか。
どんだけ信用ない大人なんだ…。


…と突如として始まった今回のライブ一番の誤算(え)。
うちやえさんが作ったクイズに出演者と観客が答えるというモノで、優勝した演者の人には賞品もあるよ!とのことでした。
ただまぁ…クイズといってもその正解は「うちやえゆかが心の中で思ったコトが正解」という何一つ客観性の無いクイズ! うわ、他の誰にも正解が分からねえ!
そんな観念的なクイズはクイズとして成立しないんじゃ…という会場中の疑問をよそにクイズは始まります。

何というかこのクイズ…

お金を払って来てるお客さんの前ではやっちゃいけない企画でした! 完全に!

近年まれに見るグダグダだったよ…

でもそれをちゃんと笑いに転化させていた演者さん達のチームワークは素晴らしかったと思います。
獲得したうちやえさんからの賞品を、即座に観客とのジャンケンコーナーの賞品にする榎本さんとかね。グダグダを瞬時に盛り上げる手腕に感心でした。べ別に榎本さんがその賞品をいらなかったとか、そういうんじゃないンですよ。うん、そういうんじゃないんですよ(あたふた)。

そして、二度とあんなクイズが人前で行われない事を祈ろう…うん。


クイズが終わると歌のコーナーでした。

五曲ほど(?)歌っていたと思います。
曲名とか曲順は何一つメモッてませんので、あしからず(うわ)。

とまあ、そんな感じでの二時間半でした。
せいぜい90分ぐらいだと思っていたら、まさかの長時間ですよ。
何やら二部はもっと長かったらしいですが…。「ぷち」って何…?

終始、うちやえさんのボケに対しての一斉ツッコミと勝平さんの「ビールをください」という要求が回っていた気がしますが…とにかく楽しいトークライブでしたよぉ。
音楽的素養の無い人間なもので、音楽ライブを観るよりも素直に楽しめたりもしたんですよねぇ…。
トークライブの方が恒例化しても全然オレは大丈夫…と歌い手さんのアイデンティティを否定するようなコトは書きませんけどね、ええ(おい)。

次回、勝平さんのフラッピコスプレに期待大ってことで!(え)


■猫背オフ

そんなこんなで「ぷちTEUCHI 第一部」を観終えて一息ついていたのですが…。

と、油断していたら急に声をかけられまして。

航空公園にも身をさらしていた事がバレまして、「ジェット フォレスト パークへようこそ」の黒森コウさんに正体がバレました(え)。
まさかそんな伏線が本当に活きてくるとは…キバなんかよりも現実の方がよっぽど劇的じゃん!(ちょ)


そんなこんなで二部の会場までの時間、リアル黒森さんとプリキュアについての色々や、ログに残し辛いようなブログ運営のグチとか(うわ)、キバのトンでも超展開とか、キバのやるせない部分だとか、キバのメインライターさんについてダラ~ッと話していました。
微妙に話題が偏っている気もしますが、何かの気のせいです(え)。

とか駄弁っていると、そこに「穴にハマったアリスたち」のRubyGillisさんも現われたりして。

みんな、ちゃんと生身の肉体持っている人間だったんだ(おい)、とか思いつつ。

テキトーな挨拶。

まぁ、あまり時間が無かったのでRubyさんとはさほど話しなぞも出来ませんでしたが、とりあえず…

…と、見ていない人に対してのお約束の言葉を投げつけてやりましたよ、へへ。

というコトで二部をご覧になるお二人とお別れして、ボクは渋谷の雑踏へと消えていきました。



しかし、何というか…数日前まで一人で見て一人で帰るだけの予定だったのですが、皆さんの色々な事が重なって、いつもお世話になっている方々の生身の姿を拝見出来たというのが何とも奇妙な縁と言いますか…不思議なものですね…。

ただ、どうしてもネット上での繋がりがメインの方々だので、「こいつ、ホントに本人か?」とちょっと疑ってかかっている自分が哀れです(うわ)。
知っているのに初対面て…相変わらず奇妙なモンですよねぇ、オフ会ってやつは…。
まぁ、“会”ってほどでは無かったんですが。

去り際に「またの機会にー」と声をかけられたのに、「またの機会なんてあるんですかね…」とやさぐれた事を口走ってしまいましたが(うわ)、そんなまたの機会がある事を心より待っておりますですよ、ええ。

いや、ちょっと…ツンデレっただけなんです。すいません…。

プリキュア 関連記事集
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ayumie URL at 2009-01-25 13:18 #eZv6xyKc Edit
Title : 猫背オフ乗っていただき感謝です
こんにちはー。

レビューお疲れ様でした。
猫背オフにも参加していただいたようで・・
企画者がブン投げるという非情な企画に乗っていただけるとはありがたいことです。

>ぷちTEUCHI

今回は着座式だったんですね。
その場合僕は座高が高いので逆に有利ですね(うわ

なんか・・うちやえさんがもの凄いことになっていたみたいですけれど・・
ま、まあその行先不明っぽいところが売りだったと思うしか。
全体的には楽しいトークショーだったみたいで。
客じゃなくて演者が酔っ払っていたみたいですけれど(うわ

>猫背オフ

皆さん電子の妖精なんかじゃなかった。
それが分かっただけでも収穫ですね。しかし、

>「こいつ、ホントに本人か?」

ちょ!
そりゃそうですけれど、そこまで疑ったらオフなんて無理w
・・まあ、会場の誰かが僕の名を語ってもわからない状況ですけれどね。

今回は参加できなかったですけれど、この先もイベントはあるようですし
また機会があったらよろしくお願いします。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-01-25 16:43 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>ayumieさん
正直、別にわざわざ所沢まで行かなくても…という思いが気持ちの大半だったのですが(ちょ)結果的にはそこへ行かなければ黒森さんからお声をかけて頂くというコトは無かったわけで。こちらから認識することは不可能でしたので(え)。

トークは常に、困った時はうちやえさんという感じで進んでいましたね。愛されてましたねぇ…。
でもやっぱり、フラッピがいなかったらあのような盛り上がりにはならなかったのではと思うぐらい、山口さんの活躍ぷり(もしくは壊れぶり)が目に付いてしまいました。
トーク中に酒は飲むわトイレは行くわと好き勝手やってましたからねぇ…いやぁ、すごい。

電子の妖精ではない、オフで会うとどうしても証拠が無いだけに疑ってかかってしまいますねぇ。話していると、確かにネット上のキャラと通じるものがあるなぁと分かり始めるのですけど。
次の機会の際は、ayumieさんの事も疑ってかかりますので、よろしくお願いします(え)。
まぁ、そのときボク自身も果たして本物であるのかといえば、そんな証拠は無いのですがね。
ほら、ウチのブログは作画担当と原作に分かれているシステムですから…(ちょ)。
Commented by RubyGillis URL at 2009-01-25 17:18 #EjsNk5Xk Edit
Title : み、美翔さん図だなんて畏れ多い…
こんにちはです。
いやぁ会場ではパインさんにはお会いできたのですけど、TJ-type1さんには…。
依然として電子の妖精のまま、実在を訝ってます。

榎本さんは昔っからあんなキャラですねー。
リアル闇鳥キュアですよ。
美翔さんにまで圧力掛けてる様子が目に浮かぶ…。
ぐだぐだクイズのラストを上手いこと締めたというのは、ああすごく榎本さんらしいなーなんて思ったり。

あんまりお話できなかったのが残念でしたけれど、とりあえず「クイズが押して第1部では出来なかった大喜利、面白かったですよ!」と身の程知らずに叫んでおきます。

…次回は生レモンでしょうか。その時はまたよろしくお願いします。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-01-25 20:34 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!!◆
>RubyGillisさん
パインさんは他人とは思えないようなシンパシーを感じているだけに、是非とも会っておきたかったです…。何処に行ったら会えるのでしょう(遠い目)。

榎本さんのキャラは前回のTEUCHIの時に俄かに感じてはいましたが、まさか会場全体が認知しているほどのコトとは知りませんで、会場が笑いの渦に包まれた瞬間に「え、こんなに周知されて!?」と驚いてしまいました。
また一つ賢くなりました。余計な事で(え)。

べ、別に二部の大喜利とかチョッピの中の人なんて、ぜ全然羨ましいなんて思っていないんだぜッ!ホントだもん!

あぁ、そういえばプリ5の皆さんも今度何かやるらしいですね…。
もう面倒だからコッチの人たちと一緒にやっちゃったらイイのになぁ(え)。
Commented by たいちょお URL at 2009-01-26 15:44 #zHTyKSPE Edit
Title : 電子の妖精て(笑)
ナマ兄さんとナマ黒森さんが出会うシーン。
感動で画面が見えませんでした(ちょ)。
ボクも大泉の駅前ではじけるパインの香りを漂わせていれば
捕捉してもらえるんでしょうかねー。

死ぬ前に一度兄さんには会っておきたいです……。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-01-26 22:42 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>たいちょおさん
アレですね。
人が認識しているから宇宙が存在するみたいなコトと同じで、その人をリアル世界で認識するまでは誰もがみな電子の妖精でしか無いのだと思います。認識した瞬間にその人は実在する事が出来る。

つまりボクにとってたいちょおさんはまだ電子の妖精でしかないのです(え)。
でも死ぬまでには妖精から人間にしたいものですね。えーと、たいちょおさんがボクよりも50歳ほど上とすると…あぁ、もうあまり時間残ってないですね(ちょ)。
Commented by 黒森コウ URL at 2009-02-01 13:16 #B1SxDUpc Edit
Title : 今頃になって
ああ・・・これ、もう2週間も前のコトなん
ですねぇ・・・。

その節はお世話になりました。

>>そして、二度とあんなクイズが人前で行われない事を祈ろう…うん。

やりました。第2部で。
しかも、ある意味正常進化して・・・・。
主に出演者への被害度が上がってましたね(笑)

>>黒森コウさんに正体がバレました(え)。

所沢航空記念館にあった、S☆Sのワゴンセー物販コーナーに寄って行っ
たTJさんを見て、「あの人そうかなー?」とか思っ
たんですね。
で、TEUCHI会場にもおられたので、この機会を逸してはならないと思って勝負をかけてみました(笑)。

>>キバのメインライターさんについてダラ~ッと話していました。

私ら、井上先生大好きですからねw

ではまたの機会に~。

追記:コッソリと太字直したw
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-02-02 00:55 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>黒森コウさん
その節はお世話になりましてー。
お声をかけられなかったら絶対に分からなかったですので、助かりました(何が)。

ついぞキバの辛いレビューなんて書いていると、井上先生が嫌いかのように見えてしまう時がありますけどね。ボクたちは井上センセの話みたさにキバを観ていたようなものですしね(え)。
きっとディケイドでも活躍してくださるんでしょうねー…声が上ずって聞こえる? ハハ、ご冗談を。
Commented by 名無しさん URL at 2009-02-07 22:12 #- Edit
Title :
レビュー楽しく読ませていただきました。
うらら役の伊瀬さんもこのライブに来ていたそうです。
SS組とレモンさんの写真が見れます。
http://blog.excite.co.jp/sapphire-marin/9533416/
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-02-08 01:20 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!!◆
>名無しさん
二部に遊びに来ていたらしいですね。噂じゃミルクも一緒だったとか。
二年目をかっさらったプリ5のメンツとも付き合いがあるんですね。
てっきり裏で殴り合いをする仲なのかと思ってましたよ(ちょ)。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :