2008年 11月 24日

オーディションで持ち歌を歌う女

ついにこの日が来てしまったようです。

友達がいない、売れないアイドル、そんなアイデンティティを併せ持つ彼女が…ついに決着をつける時が来たのです。

キュアレモネード、春日野うらら最終回です――。


■人魚姫は海の泡になって消えてしまいましたとさ――

大事な大事なオーディションを前にして、レモンさんは久方ぶりに登場したマタンゴさんに歌声を奪われてしまいます。
返して! たとえCDは売れなくても、今度のオーディションに歌声は必要不可欠なモノなんだもん!

一番奪われたくない物を奪われるレモンさん。あぁ、どうせなら歌声じゃなくて背中の後ろにいる貧乏神でも没収してくれればイイものを…(おい)。
何というか、久しぶりにエターナルの「没収」という要素が活きている気がします。そういえばこういう感じでこのシリーズはドラマが作られていたというコトを今更ながら思い出しましたよ(ちょ)。

歌声を返して欲しければローズパクトをよこせと要求するシビレッタさん。
そしてその要求に珍しくネゴシエートするプリキュアさん達。いつもは問答無用で殴りかかってどちらも奪取するのに…。

レモンさんにとって今回のオーディションに受かる為に必要不可欠である「歌声」はまさに「夢」と同じ。じゃあパクトの方はというと、レモンさん曰くシロップの夢とみんなの思いが詰まっている物だそうですからして、それは「仲間」の象徴と思えなくも無いです。
さらにパクトはキュアローズガーデンに行くというラスボs…フローラさんとの「約束」の品でもある。約束というのは一人では出来ないコトですからして、それは人と人の「絆」そのものと言えるのかもしれない。
これは夢を選ぶか、仲間や絆を選ぶかの両天秤――

レモンさんは絶対にパクトは渡さないと言い放つ。
4話のオーディションの時と同様、やはり夢よりも仲間や絆を選ぶのか、キミは…。

しかしのぞみはパクトを渡すと言う。また取り返せばいいんだよ…って、完全にこの取引を後日反故にする気満々です。
結局最後は武力解決なのか…せっかくネゴシエーションの椅子に着けたと思ったのに…。
まぁ、マタンゴ婆さんも同類なんですけどね…。

パクトは渡しても無くなるワケじゃない。
人と人の絆は、そう易々と消し去る事など出来ない。その強固さを夢原さんは信じているのか。
まぁそれに、パクトが無くなったら具体的に何がどう困るとかもよく分からんしな(え)。


■こ、今度こそ売れかけてる…!

来年、何千人も収容できるという大劇場インペリアルホールで行われるミュージカルの最終選考にまで残った春日野うらら。
臥薪嘗胆、着ぐるみショーの司会やひな壇アイドル、ドラマの名前も無さそうな友達役に世界経済の中心地である街のパレードレポート、果ては自分の髪型の事をネタにしたコミックソングを唄うなど(え)、苦汁を嘗めながらも頑張って掴んだチャンスです。
月島きらりが一週で成し遂げる事をレモンさんは二年間かけてやっと…!

のぞみ「いつもの調子でやればきっとうまくいくよ」

いつも落ちている人間にそのアドバイスはあまり意味がない気がしますが…。

インペリアルオールでのミュージカル。
それはかつてうららの母・春日野まりあが最後に演じた演目と劇場と同じ。
ずっと母親が見た舞台からの景色を見たいと思って来た、ずっと母親の背中を追いかけて来た春日野うららにとって、これほどまでに掴み取りたい仕事は他に無いでしょう。それはうららがずっと追い求めていた夢そのものなのですから。

これまで回想や手帳の写真などでちゃんと映っていなかったお母さんの顔も、今回は遂にちゃんと映っています。それはうららの夢(母親)がすぐ目の前まで近付いてきている証と言えますね。
あぁ…ホント最終回なんだな…コレ。

そして迎えたオーディション。
好きな曲を歌って下さいと言われて歌うは自分の持ち歌「ツイン・テールの魔法」。
持ち歌かよ…と、きっと審査員も苦笑い必至かと思われましたが、何気にイイ表情。
そして遂に…遂に…受かってしまった…!

売れないコトがアイデンティティの一つだったあのレモンさんがとうとう…そろそろ番組も終盤ですから仕方の無い事ではありますが(え)。
これまで数あまたのオーディションに軒並み落ち続けてきたけれど、それもこの一番の大勝負を勝ち取る為だったのですよね…。だって、さすがに二年間も何やかんやと落ち続けている状況を見せられていれば、今回の「受かった!」という知らせを聞いた時にそれなりにグッと来る物がこみ上げてしまいますもの。
ヨカッタやんなぁ…という嬉しい気持ちと感慨深さを純粋に感じてしまいます。
いや、でも売れない要素が遂に瓦解したのかと思うと、それはそれでとっても寂しいンですよねぇ…。
レモンさんが、レモンさんが遠くに行っちゃうよ…!

しかしそうなりますと、実際に舞台からの景色を見た後うららさんはどうするのかというのも気になる所ですね。
ずっとそこを目指して頑張って来ただけに、そこに到達してしまった後はどうするのかという…。
まぁ、それが描かれるかどうかは分かりませんが、ひとまず夢を掴んでお母さんに手が届いてしまったワケですから「プリキュア5」としての春日野うららの物語はこれにてほぼ完結してしまったというコトですよね…。

「はじけるレモンの香り!」…という今だもってよく分からない口上を名乗るプリキュアとして颯爽登場したレモンさんともお別れですか…。ふぅ。

べ、別に哀しくなんてないぜ! こ、これは目にゴミが入っただけなんだからな!


■人魚だから水着を着ろ…?へー、その発想は無かったなぁ。

水面に浮かぶボートから始まって、雲海を進むエアバスシロップで終わるのか…。
キレイに上昇しているようで(え)。

いやあ~…面白かったですわぁ。
今日のうららは何だかやたらカッコイイ感じを醸し出していた気がします。台詞回しとかジャイアントスイングとか。
バトル…とゆーか非日常パートの方でこんなにドラマをがっちり有機的に繋げて来たのも何だか久しぶりな気がして、見終わってスッキリした心持ちになれるなぁ。

とゆーことで春日野うらら最終回でしたけども…来期の噂もちらほらと出始める中、そろそろ各人の話をまとめ上げる時期に来ているというコトでしょうか。
あれ、じゃあもしかして先週の話って、かれんさん的最終回みたいな意味合いの話だったりしたのかしら? 一応、医者がらみの話でもあったけど…いや、でもまだ両親すら出てないからなぁ…。うむむ…。

えーと、それで次週はりんちゃんの最終回ってコトでオッケすか?
スポンサーの意向によってアクセ職人なんて要素を加えられた、哀しいりんちゃんの葛藤に遂に決着が…?(おい)

てゆーか、「りんちゃんイケメンとデート!?」ってまた酷いサブタイですが…
んもうー、「高原でイケメンとテニス」の時に誰かちゃんと注意しておかないからだぞ~。

プリキュア5 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ムーリん。 URL at 2008-11-24 08:04 #X.Av9vec Edit
Title : どうせなら
オーディションの歌は最初アカペラにして、途中からCD音源にしてほしかったと思いました。
Commented by ayumie URL at 2008-11-24 17:37 #eZv6xyKc Edit
Title : 成功した檸檬
そんなの檸檬じゃないやい・・。
「玩具がバカ売れした美翔さん」ほどありえない代名詞だと思っていたのに。

こうやって雛鳥は巣立っていくもんなんですかねえ(遠い目)
Commented by オゴポゴ URL at 2008-11-24 20:34 #sc5pCUW6 Edit
Title :
お母さんが存命であればオーディションなんか出来レ(ry

でもレモネードさんには、水無月財団(かれんさんの広大な家、リゾート地等を管理維持していくには、じいや1人では無理。きっと法人化しているんだろうなという脳内補完で勝手にそう呼んでますw)がついているじゃあーりませんか。水無月さんが芸能界に圧力を行使できるポジションにあることはいつぞやの視聴者参加番組で立証されましたし。でもかれんさんのことだから工作したことは、死ぬまで秘密にしておくかもしれませんがね。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-11-24 21:51 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>ムーリん。さん
いや、でもそこは隙あらば自分の曲を出来る限り流したいというレモンさんの営業魂が働いたんですよ、きっと。
ボクなんて、みんなのおかげで歌えるようになったとレモンさんが言っていたから、まさか去年のお歌の事じゃ…とか期待してしまいました。去年の歌の方がその要素は高いですからねぇ…。
でもそこはやっぱり営業重視なんですよ、うん。


>ayumieさん
そうなんですよね…成功しないからレモン! 売れないからレモン! 友達がいないからレモン!
それを最近じゃ友達っぽい(あくまで「っぽい」であってほしい)カレー屋の娘とつるんだり今回の合格だったりと、やたらアイデンティティを自ら否定しますよね。そんなコトしたらファンが離れるのに!(え)

とにかくこの話を見て完全に三期は無いんだと確信しました…。他のどんな情報よりも説得力がありましたね。
レモンが成功しちまったら、もう終わるしかないもん(ちょ)。


>オゴポゴさん
いや、むしろ「若くして亡くなった舞台女優の娘が同じ役を演じる」というコトの方がドラマチックで、より宣伝効果はありますよ。
どうにせよ舞台関係者から見れば、レモンさんを選ぶ事が一番得るものが大きい筈なんですね。本人の実力とか無名っぷりはともかくとして(おい)。

刷り上った舞台のポスターに印字された自分の名前にホクホクしているレモンさん…。
そのポスターの一番下の行に「協賛:水無月財団」と書かれている事も気付かずに…。
きっと、いつのまにかレモンの事務所の株も買い占められているんだろうなぁ…。
友情って素晴らしい!
Commented by makiray URL at 2008-11-24 23:16 #RsdfxmUU Edit
Title :
 きっとこれからレッスンとか舞台稽古とかでクソ忙しくなって、肝心のフローラとの決戦に参加できない、ってことになるんですよ。
 朝ドラの収録が始まってたから“SWING GIRLS”のコンサートに参加できなかった本仮いやなんでもありません。
Commented by はじける知性 URL at 2008-11-25 00:37 #noxRm6Q2 Edit
Title : 公私共に順調な感じ?なのかな。
力の入ったうらら最終回でしたね。

>べ、別に哀しくなんてないぜ! こ、これは目にゴミが入っただけなんだからな!
あ,当たり前じゃないの!こ,心の汗なんだから!
だから別にうららの合格が嬉し寂しなんかじゃ(ゴニョゴニョ)。。。

>雲海を進むエアバスシロップ
あまりにシロうら(うらシロ?)全開で,わたしゃ,テレビの前で(略)

>酷いサブタイですが
りんちゃん,良い子なのに。。。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-11-25 23:12 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>makirayさん
学校終わってから舞台の練習をして、それからプリキュアだともう時間が無いですからね…。
なんとゆーことだ、今まで売れていなかったからこそこの世界は守られていただなんて!
それならすぐにでも世界の為、また元のレモンさんに戻るべきですね!(え)


>はじける知性さん
思い返すともっとアレとかコレとかみたいなレモンさんの話も観たかったんですけどねぇ…最終回ですか、そうか。
もうイジリ倒せなくなるのかと思うと…やっぱシュンとしちゃうなぁ…。
来年、レモンだけ続投してくれたら笑うのに(え)。

りんちゃんはやたら報われないですよね…。
せっかくイケメンに目をつけても婚約者がいたり、幽霊だったり、ムカデ男だったり…。
果てはアクセ玩具を一人で押し付けられたり(ちょ)。
もっとみんな、りんちゃんさんを大事にしようよ…。
Commented by ヤチ URL at 2008-11-28 23:00 #- Edit
Title :
管理人さんのレモ子かわいい^^
Commented by エリオット URL at 2008-11-29 23:05 #H6hNXAII Edit
Title : 七光りへの反逆
 テ、テンションピアニッシモ・・・。
 具合が悪い。

 キュアちっす、エリオットです。

 ああ、もう土曜日ですよ。ま、いいや・・・。

 ああ、この番組も終わってしまうんですね。また作画の崩壊した最終決戦を見せられるんですね(オイ)

>こ、今度こそ売れかけてる…!

 いやー、もっと早く気がつくべきだったよ。レモ子さんが春日野まりあ(あ、そうか、伊瀬茉莉也に引っ掛けているのか、一文字違うけど)の話を持ち出した辺りで気付くべきだった。

 単に親の七光り、と云うわけか。だからアレだけの財力もあったし、宣伝もできたし、夏休みに遊んでいても余裕だったわけだ。それでバラエティ番組でおバカ発言を連発して、しばらくしてそこそこの年齢のロックンローラーと結婚するという今回の映画主題歌的な展開がうわちょやめr・・・。

>パクトが無くなったら具体的に何がどう困るとか

 いえいえ、レモ子さん的には大問題ですよ、ロプと破局すrうわちょやめr・・・。

 トキメク彼もキュートなボディも手に入れたいってINじゃない?

>月島きらりが一週で成し遂げる事をレモンさんは二年間かけてやっと…!

 だから良いんだよね。迂闊に変な才能を開花されても羨望以上に嫉妬の的になるだけだし。
 これで迂闊にこまちさんが直木賞でも取ったら・・・。

>レモンさんが、レモンさんが遠くに行っちゃうよ…!

 オタク歴が長いと何度かその心境って味わいますよね。「多分、この声優の魅力に気付いているのはボクだけだ」とか思っていると、大抜擢されてトンデモナイことになったりとか・・・。
 え、今のはモノの喩えですよ、喩え!!

>実際に舞台からの景色を見た後うららさんはどうするのか

 声優になったというメタ展開は、無いか・・・。

>別に哀しくなんてないぜ!

 そうだよな!!描き易いから二年も描いてきただけだもんな!!そんな、マニアックなアイドルに現を抜かすような方だとは一個も思っていませんわ(笑)

>スポンサーの意向によってアクセ職人なんて要素を

 多分、今期のアクセアイテムが売れていないのはあの老け顔の子役のsうわちょやめr・・・。

 ではでは。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-11-30 02:52 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!◆
>ヤチさん
ありがとうございます。
べ、別にレモ子だからって他の人より可愛く描いてやろうなんて意図的な判断は一切無いんですよ? ほ、本当ですよ?


>エリオットさん
作画の崩壊した最終回なんて存在するわけ無いじゃないですか。
アレはたまたまそういう作監のローテだっただけですよ。作っている人たちも誰もあの話が最終回だなんて思っていなかったんです。でなければ、あんなかんたんドリームさんが出るはず無いじゃないですか!(ちょ)

オタク歴が長いと声の人をそんな風に応援するコトもあるのですか。ほぇー。
S☆Sでレモンさんの中の人がゲストで出た時に目をつけておけば、また違った印象を持てたのかも知れんな…ちなみにその時の役柄は売れっ子女優という役でした。

そんな描き易くて重宝していたレモンさんともまもなくお別れですか…。
ボクは嗜好性も抜きにして本当に一番描きやすいと思っているんですが、世の中にはレモンが一番描きづらいと思っている絵師の方もいるんだそうで。
何か…それだとまるでオレが本当に心の底からレモンのコトを好きみたいになっちゃわね?アハハ…

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 少女創作ファンブログ at 2008-11-24 01:16
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo!/感想/第40話「うららの歌声を取り戻せ!」
 「二つとも取るなんて卑怯じゃないか!」(シビレッタさん)  Yes!プリキュア5GoGo!第40話「うららの歌声を取り戻せ!」の感想です。
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2008-11-24 03:19
タイトル : Yes! プリキュア5 GoGo! 第40話 「うららの歌声を取り戻せ!」
OPでは、相変わらず映画の宣伝をバリバリやってます。 ED曲のテロップが、ようやく「ガンバランス」になりました。 なんかミルキィローズさんが、羅将ハン様と激しく闘ってるし。 いったいどうなってるんだこの映画。 そんな中、プリキュアさんは今週も営業です。今週は...
Tracked from 迷宮と幻想と at 2008-11-24 06:44
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo!第40話(89話)『うららの歌声を取り戻せ!』
Yes!プリキュア5GoGo!第40話(89話) 『うららの歌声を取り戻せ!』  ■トラックバックさせていただきます■マーメイドボイスな人魚姫?の第40話です。    映画Yes!プリキュア5GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイ  絶賛公開中!    映画Yes!プ
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2008-11-24 07:54
タイトル : 天然ドリームさん
ローズパクトはなくならない・・・ 取り返せばいい!! ポジティブなんだか、腹黒いんだか・・・(汗 結局煙幕張って、2つとも取り戻しちゃう・・・ なんて・・・ 轟轟戦隊ボウケンジャー!!(爆 今日、気づいたんです...
Tracked from パズライズ日記 at 2008-11-24 08:57
タイトル : しゅごキャラ!!どきっ 第59話
ライブハウスでの歌唄のライブに協力するお話。 エルが絶好調で久々にアミュレットエンジェルが見れてもう最高、それ以外も色々と楽しすぎ(笑)。 歌唄の歌は流石でイクトも色々面白い行動してくれて、最近のしゅごキャラはどうしてここまで面白いんでしょう。 イク...
タイトル : Yes!でGOGO!なプリキュアレビュー(「うららの歌声を取り戻せ!」・40話)
うららちゃんの夢がまた一つ実現に!?ところが、夢に向かううららちゃんにキノコおばさんから邪魔をする手が・・・!!そして、今度は人魚になってしまったのぞみちゃんたち。このピンチどう切り抜ける!?
Tracked from 日々の記録 at 2008-11-24 11:40
タイトル : Yes! プリキュア5 GoGo! #40
うららの歌声が、シビレッタに盗まれてしまうお話でした。うららに大チャンスがやって来ました。インペリアル劇場で行われるミュージカルの2次予選を通過したのです。次の最終審査を...
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2008-11-24 12:22
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo! 第40話
「うららの歌声を取り戻せ!」 脚本:山下憲一 演出:石平信司、黒田成美 作画:青山充 美術:井芹達朗 変身後も人魚のままだったらネ申回だったのに! ミュージカルの二次審査に通ったうらら。次、最終審査に通ればインペリアルホールでの主演が決定する。かつてない
Tracked from Jimmy's Impression at 2008-11-24 12:30
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo!(第40話)
いや、今回はめずらしく、物語としてよかったです。 プリキュア的な、というのではなく、1人の俳優物語として。 きのこ婆の、余裕が全くなくなったような演技がすばらしい。 春日野の声が詰まった貝が開きそうになるところを、両側から押えるココナッツ、絶妙のタイミ
Tracked from JAOの趣味日誌 at 2008-11-24 20:52
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo! 第40話うららの歌声を取り戻せ!
朝日放送 | Yes!プリキュア5GoGo! うららがミュージカルの審査を通過した、次合格すれば主役決定! 今度のミュージカルは亡くなったお母さんが最後に演じた役  何としても、受かりたい だがそこにエターナルのシビレッタが現れる・・・・ シビレッタもエターナル
Tracked from 現実逃避 at 2008-11-24 21:49
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo! 第40話 『うららの歌声を取り戻せ!』
今日は・・・海老的プリキュアの日! 海老なのに化け魚とは如何に。 『Abstract』 今日も今日とてオーディションを受ける春日野さん。討ち死にした回数はもう覚えていない。でもそんな日も今日でおさらばです。ついにミュージカルの最終審査までコマを進めるこ...
Tracked from Sweetパラダイス at 2008-11-24 22:18
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo!#40
あるところに女優を目指す少女がいました。お母さんは舞台女優を目指していましたがうららが小さい時に亡くなっていました。同じ舞台に立てばお母さんのことがわかるかもしれない!!母を目標に女優を目指してきたうらら。今度だけは絶対に合格しなくては!!のぞみたちに...
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2008-11-24 23:28
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo! 第40話「うららの歌声を取り戻せ!」
中の人曰く、「うららは計算高い」。 中の人曰く、「ミルクにタメ語だったのは小動物扱いで下に見てたから」。 中の人曰く、「でもくるみになったら年上だったので丁寧語に切り替えた」。 (ラジオ:CLUB ココ&ナッツ) 今日はそんな春日野うららこと檸檬さんのお話です...
タイトル : Yes!プリキュア5GoGo! 第40話「うららの歌声を取り戻せ!」
今回のお話は、うららさんが大切なオーディションに合格するってなお話でした。 やっぱり、私はうららさんに関するエピソードって好きだなぁ。がんばっている彼女は、本当に素敵だと思います。 うららさんのマネージャーである鷲尾さんから、あるオーディションの二次...
Tracked from 名無しヲタのAnimeStrike at 2008-11-25 21:15
タイトル : Yesプリキュア5GoGo!#40「うららの歌声を取り戻せ!」
スタッフ 脚本 清水東 演出 石平信司・黒田成実 作画監督 青山充 ☆OPは劇場版公開バージョン あらすじ 来年インテリアホールで上演されるミュージカルの2次予選を 合格したうらら。最終審査に合格すればうららが主演となる事 が決定するという大事なオーディ
Tracked from のらりんクロッキー at 2008-11-25 21:27
タイトル : Yes! プリキュア5GoGo! 第40話「うららの歌声を取り戻せ!」
GoGo!もカウントダウン、各キャラ最後のお当番回、今回はうららが主役。 ビッグチャンスがうららに巡ってきた。 大ホールで行われるのミュージカルの主演の最終審査に残ったのだ。 これだけ大きいオーディションは初めてのうらら。 ところが気持ちとは裏腹にどうも練...
Tracked from blog mr at 2008-11-28 07:00
タイトル : プリキュア5「うららの歌声を取り戻せ!」
 うららのその服、なんとなく既視感があったんだけど、やっとわかった。  配色がスペクトルマン。  予告では、なんで魚なんだろうと思ってたんだけど、声がなくなる話だから人魚姫なのね。  それにしても、マタンゴばーさんはとっくにやられたんだとばかり。  うら...