2008年 11月 21日
本日放送は「ざぶとんにもたましいがある」でした。

まさかこの話で30分やるとはな…。
十分ちょいの短編にしては少しスケールが大き目だとか、やけに感動編だとかの原作をABパートぶち抜きの話にするのは勿論分かります。
だけどこの原作は、正直いって別に他の話と比較して“泣ける”ワケでも“深イイ話”というワケでも無いと思います。何ていうか…凄く「フツー」の話だと思うんです(ちょ)。

そんな話を持って来てですね、尺を長めに取っただけではなく、そこに軽く感動要素を足してやろうだなんて…そんなもう、なんてあざといコトをしやがるのかと!(え)
いや、もう今回はとにかくそこに感心しました。
こんな何の感動要素も含まれていなかった原作で感動話…最初に言い出した人は凄いと思います。まさかのチョイスです、ホント。

んで、実際その感動要素の結果はというと…ボクはさほど上手く機能していたとは思えませんでしたなぁ(うわ)。

基本、今回の話は人間とツクモガミとの戦争(え)がメインになっていました。
「掃除機VSのびドラ」の作画なんて、一瞬映画並みに動きがいいのです。頑張ったんやなぁー。
話はそのドタバタの方に尺を割いている為、ラスト間際でパパと座布団との回想シーンが始まっても、かなり唐突感がある気がするのです。あらかじめそこに集約するような運びにあまりなっていないので、「あれ、何か急にイイ話モードになりやがった」としか思えないんですよねぇ…。
もそっとそこに対しての座布団とのエピソードを積んで欲しかったのよねぇ(座布団とのエピソード…だと?)。
まぁ、原作のあの座布団をここまで広げるのか!という感動はあります。ホント、目の付け所が凄いなって感心です、はい。
軽く無茶しやがったなという気もせんではないですけど(ちょ)。


さーて、そして今夜放送WOWOWのSF短編ドラマは「かわい子くん」だそうです。
コレは素直にラブコメ(?)として誰でも楽しめる物語の筈だので、オトメな気持ちで見てみよう。ま、完全にヤロー目線の話ではありますけどね(え)。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by toshi URL at 2008-11-22 00:45 #0Bw/CRBg Edit
Title :
こんばんは。
確かに最後に感動を持ってきたのは意外でしたね。
私はあのシーンの挿入歌のせいもあって「僕の生まれた日」を連想してちょっとだけ感動してしまいました。
それから宇宙ひみつ道具クイズに「新のび太の宇宙開拓史」に出てくる「チャミー」が出てましたね。
今から公開が楽しみな今日この頃です。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-11-23 00:04 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>toshiさん
最近やたらあの挿入歌を使って来ますよねぇ…すごく卑怯です!(え)
冷静に考えるとさほどでも無いモノでも、あの歌を一緒にパックされると凄く高得点ゲッターに感じてしまいます…。
音楽の力は何て偉大なんだ…!

チャミーとかその他色々もチラッと映っていましたね。
あの人畜無害な生物たちが映画ではどんな大活躍を…まぁ、見せてはくれないんでしょうけどね、ええ。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :