2008年 11月 14日
本日放送は「スネ夫の無敵砲台」でした。
スネ夫が手に入れた無敵砲台の脅威に果敢に戦いを挑む一大スペクタクル巨編!(え)

スネ夫の傍若無人ぶりをドラえもんに訴えて来たジャイアンはともかく、はる夫と安雄までのび太の部屋に上がっているというのがやたら珍しい気がする。
今回の話も相変わらず及第点の面白さを提供してくれていますねぇ。原作以上にめたらやったらジャイアンをイジメるスネ夫がイイ感じにワルです。関さんも軽く何言ってるのか分からない台詞回しをしてたりで面白いです(え)。
口にアイスのフタを押し込まれても一度は我慢した(風に見せた)ジャイアンは結構エラい気がするよ…。
また、無敵砲台に挑むドラのびが原作には無い「どこでもドア」や「ひらりマント」を使うのがなかなか楽しめました。たとえその後の展開を知っていたとしても、「おお、それならイケそうだ!」と思わせてくれる感じにドキドキです。
あぁ、それなのに「どこでもドア」も「ひらりマント」も通用しないなんて…しかもどう考えてもあの強さは反則ですよ。まさに無敵砲台の名に偽り無しや!

今日はOPのテロップが1話分しか無かったので、「無敵砲台」で30分頑張るのかと思ってしまいましたが、普段よりはちょい長めぐらいの尺に納まっていたようで。
その後はアニメ30周年「心に残るおはなし」中間発表だったのですが、これはこれで結構楽しめる企画でしたね。珍しく(おい)。

楠葉ドラにリニューアルした直後は、意図的に芝山ドラと一線を隔そうという意図が強かったと思うのですが、こういう企画が出来るようになるのは楠葉ドラの安定感が増して来た事の表われの様な、そんな気がして嬉しいですね。
割とあっさり「今とは声とか雰囲気とか違う」と言ってのけるドラえもんがカッコイイぜ。

まぁ正直、もはや昔のドラえもん見ても声がどうこうとか、もうあんまり思わないというか…むしろ声よりも菊地俊輔の劇伴の方が「うわっ」と心に刺さったり、番組当初は結構デザイン雑やったんやなぁ~とか思うぐらいで(え)。
あえて声の事に言及するなら、よこざわドラミ可愛いなぁ…みたいな。いや、でもよこざわドラミだと今みたいなお転婆ドラミなんてーのは出来なかったのかなぁ~とかも思ったりして…うむうむ。

で、ふと自分の「心に残る話」とゆーのを思い返すと…特に何も思い当たらないので(え)、何とかしてその映像を一度拝みたいという意味で「ドラQパーマン」に一票入れようかしら。
いや、もう噂にしか聞き及んだ事の無い話だからさ…うん。


さーて、そして今夜放送WOWOWのSF短編ドラマは「ボノム~底抜けさん」だそうです。
これは一切原作を読んだ事が無いので、純粋にその物語を楽しめたらと思いますです、はい。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by toshi URL at 2008-11-15 01:48 #- Edit
Title :
こんばんは。
私も「とうめいマント」や「どこでもドア」、「ひらりマント」、視聴者が「こうすればいいのに」って思いつきそうな手段を全部試してくれたのは楽しめましたね。

心に残るお話、見てるといっぱい出てきますね。私は「眠る海の王国」に投票しました。
わさドラを見始めて割と日が浅い私は、youtube等で見たものではなく、リアルタイムで見たものの中から選んだのですが、今日の中間発表を見て「やはりいい話はいい。」と思いました。
なので、リアルタイム云々とこだわらず、良い話はたくさんあるのだからもっと良く考えて選べばよかったと少し後悔してます。(もちろん「眠る海の王国」も大好きですが。)
Commented by 黒森コウ URL at 2008-11-15 02:19 #B1SxDUpc Edit
Title : タクティカルだよドラえもん
光学迷彩に意識の入れ替え・・・どこの攻殻機動隊なのかと(笑)
いや、攻殻が割と「9課だから」「笑い男だから」という事に頼った展開をする事があるので、むしろドラえもん、なかなかイイですよ!

心に残る話・・・建設巨人イエオンが出てくる話・・・?(えー)
あと、黄色で耳つきのドラえもんと対決する話があったと思うのですが~。

しかし、基本的に今のドラのほうが好きですからねぇ。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-11-15 22:34 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>toshiさん
尺合わせの為とはいえ、オリジナル要素がイイ働きをしていて楽しいお話でした。
基本的にドラえもんの道具は応用が利きすぎると、どんなコトでも可能になってしまうので「あの道具を使えよ」というのは半ばタブーだったりしますが(え)。
今回はそれを上回る無敵砲台の働きぷりに感心です。あれは…勝てる気がしない。

心に残る話というのが…なかなか思い当たらないんですよね…。真面目に見出したのがリニューアル後からというのもありますが…原作に思い入れはあっても、基本テレビシリーズはあっさりした感じで見ているんですよねぇ…。うむぅ。
これが映画だったらまた違うわけですが。


>黒森コウさん
建設巨人イエオン!
基本的にドラえもんのそういうネタは意外と普遍性が無いのがイイですよね(え)。子どもの頃読んでも元ネタがサッパリ分からないという。割とその時代時代が切り取られているんです、よく言えば(え)。

ボクも基本的には今のテレビシリーズの方が好きですし、何より純粋にクオリティが上がっているんですよね。芝山ドラの末期はホントにちょっと…エヘヘ。
それがリニューアルされると原作回帰になって、映画ドラにしか興味の無かった心をガシッと掴まれたって感じでしたね…。
未だに「声」しか判断基準を持っていない人が哀しいですよ…ふぅ(遠い目)。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 現実逃避 at 2008-11-15 05:24
タイトル : ドラえもん 2008/11/14放送分 『スネ夫の無敵砲台』
うわ・・・なんか普通にドラえもんが面白いんですけれど。 まあ娘は今週も見なかったわけですが。もしかしてそうなのかなーと思いつつも口に出さなかった事実として、娘はドラえもんがいつ放送されているのか知らないんじゃ・・。 まいっか。私が見れば(え) 『無敵・...