2008年 10月 06日

エンジンの御先祖だから蒸気機関なのか…。
後ろの二匹はカンケーないけど…。

今回は前回現れた古代炎神ことキシャモス・ティライン・ゲラインが仲間になるまでの話。
この三体は人語は話さないんですね…。誰がアテるのかと少しワクワクだったんですが。

今回の、三体が合体してキョーレツオーが戦うまでの流れ、とても自然で上手かったと思いましたです、はい。
スピードルは前回の当て逃げで回復中の為、エンジンオーは使えない。
ガンバルオーとセイクウオーは、ケンカすれば古代炎神が現れると踏んでの作戦の所為で時間を使ってしまいタイムオーバー。

新ロボ登場のよくあるパターンな、今までのロボじゃ勝てないから更にパワーの強いロボが登場して大活躍だぜー!…みたいなパワーインフレーションが起きていないのが好印象です。
あくまで不可抗力的に他のロボが使えなくなったので、仕方なく新ロボが登場したとゆーコトでしかないのです。
これなら、「新しいロボ一体で事足りるんじゃね?」とか「アイツ最強みたいに登場したけど、とたんに弱くね?」みたいな問題も回避できます。

インフレパターンばかりやっていると、各々の力関係が後で何だかもうよく分からなくなっちゃったりしますからね、某ボウケンジャーみたいに(え)。

古代炎神を説得するスピードル。
人間の熱さや、人間がいたから自分達が戦って来れた事などを御先祖様に力説。その言葉に触れた御先祖様も納得して仲間となる…。

ん~…正直盛り上がれません。

そもそも古代炎神は人語が話せません。
だから、どういう理由で人間と共に戦う事を拒んでいるのか、はたまたスピードルのどの言葉に感化されて最終的に納得したのかなどが全然分かりません。
もっと言えば、こういうのは人づての言葉だけで納得する事ではなくて、実際に自分の目で人間の戦う姿なり熱さなりを見て、それから判断してしかるべしなのではなかろうか。
その辺がどうにも納得できなくて…やはり素直に声優を起用して人語を話してくれた方が好かっただろうと思ってしまうワケですよ、ええ。

いや、でも、どちらにせよですね…人間を信用しない炎神に、人間を相棒に持つ炎神が言葉で説得し、さらに人間の熱さを自分の目で確認して人間を信じるとゆー…このパターンはすでにキャリゲーターが登場した時の話でやってるんですよね。
だから、今更感プラス言葉が分からないという障害で、何とも盛り上がり切れない印象が否めなかったなぁ、とそんな話でありました。

メカがいちいちキャラクターだと、シリーズ後半面倒くさい部分もあるんですねぇ(ちょ)。

ドリトル先生不思議な旅…には思わず吹いてしまいました。うわぁ、くだらねぇ…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ayumie URL at 2008-10-06 21:02 #eZv6xyKc Edit
Title : 原始炎神ギャートルズ
こんばんはー。

今ひとつノレなかった感じですねー。
人語って結構重要なんだ・・モフモフのまま日本語を話すケモノもいるというのに。

大体人間の存在を知らないのにキョーレツオーが人型だとか、走輔がコントロールできるような対人刻ピットがある段階でスピードルと古代炎神の対話と矛盾が・・とか思ってみなくもなかったです。
ま、ゴーオンにそんなこと突っ込むのは野暮ってもんでしょうけれど。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-10-07 00:15 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>ayumieさん
おばんでござるー。

モフモフの状態で人語が喋れるなら、わざわざ人間体にならなくてもイイと思うんですけどねえ…。
そもそも二期においてはアイツら必要性全然無いのになぁ…(グチグチ)。

コクピットはきっと炎神さん達も、あの日初めて「あぁ、そういう風に使うんだ!」という感動を覚えたことでしょう。
自分の体にありながらそれが何の為にあるのかずっと分からなかったんです。そういうコトって…ありますよね?(え)

ただ空気中を彷徨うことだけが生きる全てだと自分のことを思っていたパルミンも、キュアモでショットされて初めて自分がフトンとかリンゴとかであることを知り、その為だけに今日まで生きて来たことを知るのです。
それが自分の生まれた意味だと…。

イヤだ、そんな事実は知りたくなかったあ!
Commented by アース URL at 2008-10-08 00:42 #- Edit
Title : きっと彼らはジュウレンジャーの乗り物だ(ry
はじめまして、こんばんは。プリキュア555が始まった時から見させていただいております。
あれですよ、お三方の目にはスピードルを通じて、走輔の恐竜よりでっかい勇気が見えてたんだって言うお約束の・・・神視点すぎ(ry
え、人型? きっと一億三千万年前には大獣神との合体攻撃があったんですよきっときっと。
Commented by URL at 2008-10-08 14:32 #- Edit
Title : 原始時代と読むと……ドッテーーーーーーーーーーーン!!!を思い出す。
【そもそも古代炎神は人語が話せません】
そうでしょうか?私はまったく気になりませんでした。だって、あのかの有名な原始時代アニメに出てくる『ドッテーーーーーーーーーーーン!!!』だって主人公と心を通じ合わせ、普通に会話していたもん。だから、問題ありません。

それと……原始炎神のマンモスさんを見て真っ先に思ったことは、あの究極の肉である『マンモスの肉』でした…………では、
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-10-08 22:59 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>アースさん
はじめましてー。
どうにも炎神が増えすぎて、いちいち仲間にするエピソードにも一苦労という、そんな印象が拭えませんでした。
そんなパターンも無いだろうに大変ですよね…作ってる人は(え)。

一億と三千万年前に…いや、それでもやはりマンモスは欠片も存在していない筈(うわちゃ)。


>:さん
いやぁ、もうせめて古代炎神との会話は字幕にしてほしかったですね。
スピードルが一人で全部喋っていて、何だか一人相撲的な切なさを感じてしまったのです。
コミュニーケションは相互理解なのだから、相互の情報を視聴者に提供して頂きたいですなぁ…うん。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from All\'s Right with the World! at 2008-10-06 20:55
タイトル : 轟音者 第33話印象
今回は新たな炎神が仲間入りする回でした。えーと、いっぺんに3体も入ると名前が憶えきれません(苦笑)。何千万年も前の炎神は新参者の人間を知らないということで、スピードルが説得というか口上を…。
Tracked from 現実逃避 at 2008-10-06 20:55
タイトル : 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-33『原始エンジン』
なんてこと・・・。「理想の上司」が崩れていく・・。 『人身掌握術』 嗚呼!いつも寛大で温厚なヨゴシュタイン閣下が荒れておられる。 ドリルバンキが掘り出した黄金の龍、どうみても炎神にしかみえません。 だいだい10・11・12と番号が振ってあります。恐竜の時代
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2008-10-06 21:21
タイトル : 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-33「原始エンジン」
久々にゲタさん、いっぱい喋ったぁ~~!!(笑 かしこまドリ姉妹~~!! あのギャグ、怒っててもヨゴさんは好きらしい・・・(笑 今日は主役はスピードルでしたね。 何故、次郎長発止なのかは分かりませんが(汗 スピードルが人間・・・相棒の...
Tracked from 閑古鳥ぽよぽよ at 2008-10-06 22:16
タイトル : 炎神戦隊ゴーオンジャーDOKIDOKI-33ツッコミ
【まあ封切り祝いに。】 今週は珍しくレッドさんがメインを張ったぞ! レッドさんメイン回というとやはりスピードルとの熱い相棒バナシなんですが、今回もあてられちゃうほど熱かったね。 やはりバディは相思相愛か! ル~ル~ルル~♪ まあとにかく、今週もゴー...
Tracked from Happy☆Lucky at 2008-10-06 23:49
タイトル : 炎神戦隊ゴーオンジャー ~GP-33 「原始エンジン」
~GP-33 「原始エンジン」
タイトル : 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-33「原始エンジン」
今回のお話は、古代炎神が走輔さんの味方になってくれるというお話でした。 ここに来て、また新しい炎神が出てくるとは、ちょっと遅いような気も・・・・。とは言っても、ガイアークの方も出現が期待されるやつらが2人いますからねぇ、こんなもんかもしれません。 い...
Tracked from まぜこぜてみよ~う。by青いパン at 2008-10-07 08:49
タイトル : 『炎神戦隊ゴーオンジャー』GP-33、「原始エンジン」の感想。
☆TBさせていただきます☆『炎神戦隊ゴーオンジャー』GP-33、「原始エンジン」の感想ですっ! たとえ鼻を畳んでも、腕のリーチを考えるとキシャモス胴体がとても邪魔な気がする(笑)。
Tracked from きゃんずぶろぐ at 2008-10-07 10:06
タイトル : ゴーオンジャー 第33話
炎神戦隊ゴーオンジャー GP-33「原始エンジン」。ちょうど1ダースになりました(笑) 以下読みたい方だけどうぞ。
Tracked from ふしぎなことだま at 2008-10-07 22:19
タイトル : 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-33 キョウレツオー登場!
キシャモス・ティライン・ケラインが仲間に。 そしてキョウレツオーの登場ですなー! ドリルバンキの拗ね方が面白かったナリ。 それと、キシャモス達が、ホロンデルタールじゃないと知って 落ち込むヨゴシュタインにもワロタな。 ずっと信じてたのにな、や、違うと薄々気...
Tracked from Sweetパラダイス at 2008-10-08 10:02
タイトル : ゴーオンジャー#33「原始エンジン」
炎神のご先祖様が古代炎神族だった。スピードルが元の大きさに戻らなくなっちゃった相棒を傷つけられた走輔は敵討ちに。こっちの味方だと思ってたヨゴ様。部下のせいにしてます。ヨゴ様の勘違いだったのに古代炎神が戦いの場に飛び込んで来る?ご先祖様は人間が気に入らな...
Tracked from blog mr at 2008-10-09 07:01
タイトル : ゴーオン「原始エンジン」
 走輔もアニも、原始だから原始的って、ちと差別入ってないかい。  ヒューマンワールドの時間軸と、彼らの世界での時間軸は違うかもしれないじゃん。  ガンバルオーとセイクウオーのケンカは子供じみてて好きだ。 「勇気がある」に対する「ああそうかい」ってリアク