2008年 10月 01日

Aパート終了後にふと思うよね…

懲りずに予告に吊られるオレってやつは…進歩しねぇなぁ。


それにしても過去編の動きの無さといったら…今週はホントにただバイオリンを作っていただけじゃーないですか。
確かに前半期でだいぶ人間関係こじらせてシッチャカメッチャカやる事やって、あとやる事といえば音也と真夜の関係と、現代編の謎解きだけだしなぁ…。
何ていうか…やっぱり二つの時間軸を同時に描くとかエラク大変なんだね…うん。

ビックリハウスの前で指名手配犯を捕まえようとしている名護さんの前に颯爽と現れる襟立健吾。
犯人を即座に倒し、そしてムダに名護さんを殴る!
青空の会の新メンバーとして紹介され、そしてムダに名護さんを殴る!
貴様、どんだけ名護さんをムダに殴る気だ…!

健吾はこういうポジションを想定して作られたキャラクターだったのかぁ…と、やっと分かりましたって感じです。
これまでの関西弁やロックミュージシャンキャラは、ここで引っくり返すが為の伏線としてあったワケですね。結構長いコト敷かれていた伏線でしたけど…。

とゆーか、この番組はどんどん音楽的要素が消えていってはいませんか?
最近は渡もバイオリン全然作らないし、バイオリンというクラシック音楽要素の比較としてロックバンドを扱って何をするのだろう~?と思っていたら特に何も起こらずにロックの夢が果てているし…。そもそも静香はバイオリニストという劇中では一度も言及されていない設定があるとか無いとかって話だし…。

“音楽+仮面ライダー”が「仮面ライダーキバ」という作品だと聞いていたが…ま、まだ信じていいんだよ…な?
もっと色んな楽器を登場させたりとかした方がキャッチーなんじゃないかなぁー。
例えば~、太鼓とか…ラッパとか…ギターとか…そうだ、せっかくだからそれをライダーの武器にしt(ry

失恋したショックと健吾に偽物の友達扱いされた事のショックで思い悩む渡。
そして震えだしたブラッディローズは、遂に割れてしまう…。

…ちょっと待ってくれ。そんな日常の人間関係の悩みぐらいで割れるのか、それは?
「もうイヤだ、もう戦いたくない!」みたいな、キバとしての使命に対する大きな悩みとかではなくて、「うわ~、失恋&友達いなくなるダブルパンチだわ~」とかで割れるワケ?
ブラッディローズ…お前、それはちょっとアンテナ張りすぎだろぅ…。

ちょっと過保護ですよ、父さん…。
プライベートのゴタゴタにまで反応しなくていいです、父さん…。

仮面ライダーキバ 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ソラフ URL at 2008-10-01 21:55 #- Edit
Title : 渡が。
ウジウジし過ぎですよね、主人公。共感できないっす。成長せーよ。

ところで最近、倒したファンガイアの魂(らしきもの)をキャッスルドランが食べるシーンがありませんね。
エンペラーフォームは魂ごと粉砕する能力があるという事でしょうか?
相変わらず視聴者置いてけぼりの演出・設定。 番組終了まで変わらないのでしょうか…
Commented by makiray URL at 2008-10-01 23:16 #RsdfxmUU Edit
Title :
 遊園地が舞台になるたびに思うんですが、あの人たちはなぜわざわざ入場料を払って遊園地で暴れるのでしょうかね。
 それとも、無料の遊園地って一杯あるの?
Commented by URL at 2008-10-01 23:41 #- Edit
Title : さ~て、今週の:の妄想は?
もしも…静香が現代のクイーンだったらと妄想してみよう。



実は静香が現代のクイーンだった!
そして、は静香は大河の婚約者だった!
それを知った、渡は最初、二人の仲を祝福していたが…なぜか、もやもやするようになる。
そして、静香は蜘蛛を殺したことでクイーンとして目覚め、今まで持つことのなかった『吸血衝動』に襲われるようになってしまった。ビショップから教えられた、自分の存在や渡の正体に悩み苦しむようになる。しかし、誰にも相談できないでいた。
徐々に迫る自身の吸血衝動。静香は以前、自分の手で殺した蜘蛛を自分の使い魔として蘇らせ自分の代わりに人を襲わせライフエナジーを自分に送らせることでなんとか自身の『吸血衝動』を抑えていた。自分は誰も殺してないと心に言い訳して……
その頃、渡は胸のもやもやが晴れずバイオリン作りにも支障が出ていた。そんな中、ファンガイア出現が!もやもやを抱えたまま、渡が見たのは以前、倒したはずの(平成仮面ライダーシリーズではなぜか、川に落ちたら死ぬと思う傾向があり)蜘蛛がいた。
激しい戦いの末、蜘蛛は戦いの影響でクイーンの支配下から解放され逃亡する。
それを追いかけるキバ。そして、静香も蜘蛛が支配下から解放されたことに驚き街に出て蜘蛛を捜す。そこで渡を見かけた静香は渡、会いたさに近づくがその前に恵が現れる。親しげに話す二人を見て静香は嫉妬心を燃やしファンガイア体になり恵を襲ってしまう。そして、それを止めようとした渡を傷つけてしまう。それによって正気に戻り渡に背を向け逃げてしまう。
それを秘かに見ていたビショップ。ビショップはキングからクイーンに他に好きな人がいると、聞かされていたのだ。
渡は静香が家に戻っていないことを知ると蜘蛛の他にも現れたクイーンに静香が襲われたのではないかと心配し怪我をしたまま、街で静香を捜す。
雨が降り始めても捜し続ける渡にタツロットが聞く。「どうして、そこまでして捜すんですかと?」それに対して渡は答えの出ない自問自答を繰り返すのだった。静香は自分にとって…静香は、静香は…、とその時、渡はようやく静香を見つけ出す。
自分と同じでずぶ濡れの静香を…渡は静香に近づく静香は渡に近づかないでという渡に言う。自分には渡と一緒にいる資格はないと…渡に優しくされる資格はないと…訳が分からない渡。その時、ビショップが現れ攻撃してきた。ビショップはクイーンの惑わしているのはやはり、紛い物のキバだと判断し、始末しようとする。渡は自分には訳の分からないことを言うビショップを前に静香を守るために遂に彼女の目の前でキバに変身する。エンペラーフォームでビショップを追い詰めたがそこに蜘蛛が現れキバに襲い掛かる。実はあの時、恵と話しているところを蜘蛛にも見られていたのだ。恵が自分に振り向かないのはキバのせいと考えた蜘蛛はキバを倒そうとする。二対一の絶体絶命の中、キバを見た静香を暗い衝動が!それは『憎悪』だった。キバの前でクイーンに変身する静香。そして、圧倒的、力でビショップと蜘蛛を追い詰める。蜘蛛は嘗て自分を利用したビショップを盾にすることでなんとか逃げ出す。
ビショップは瀕死の中、「な、なぜ…紛い物に」と問いかけるが憎悪の静香によって胸を貫かれバラバラにされ殺されてしまうのだった。そして、いくら渡を助けるためとは言え、自分のしたことに戦慄した静香はその場から逃げ出すのだった。
目の前の光景が信じられない渡はその場で呆然とするのだった。
静香がファンガイアだった。その事に悩む渡。そんな渡にキバットは「静香はいっつもお前を見ていた」とそして、気づく自分の思いに!
その頃、雨が激雨に変わっても公園のブランコに座っていた。そして、もう自分は渡とは会えない、としかし、そんな静香の前に渡が現れる。
静香は自分が穢れた存在だと、自分はただの化け物だと涙を流しながら叫ぶ…しかし、そんな静香を渡は強くけれども優しく抱きしめるのだった。
渡は静香に自分の気持ちを打ち明ける。
「自分はずっと前から静香が好きだった」と。
そして、今まで気づけなかったことを詫びさらに静香を強く優しく抱きしめる。それに涙を流す静香。その涙はさっき流した涙とは違う涙だった。
そして、雨の中、口付けする二人。
それによって静香の『吸血衝動』もなくなりつつあった。それは渡の中に流れる先代のクイーンの血によるものなのだが、二人はそんなことを知らない。
しかし、それをまたまた見ていた蜘蛛はこのことを恵と大河に教えてしまう。恵に教えたのはこれで恵が自分に振り向いてくれると思ったから、そして、自分を殺したクイーンを裏切り者としてキングに始末させるためだった。しかし、キングは蜘蛛の予想と違い渡を攻撃する。怒り狂う大河の前に静香が現れ自分が愛してるのは、渡だと宣言する。
大河は怒り狂い困惑しながらも静香に聞き返す「なぜ、紛い物と!」しかし、静香は言う。キングとクイーンという宿命よりも一緒に歩いた渡との時間が自分は好きだと、キングという称号でもキバという存在でもなく渡は渡だと、渡だからこそ愛しているのだと大河に言い切るのだった!
大河には信じられなかったキングとして生きてきた彼には静香の言っていることが理解できなかった。それは彼がキングとしてでしか世界を見れないことであった。大河は一人の人間として一人のファンガイアとして大河というものがなに一つなかったのだ。しかし、それを認められないキングは絶叫しながらそこから逃げ出すのだった。
そして、またまたまた見ていた蜘蛛。キングによるクイーン抹殺が失敗したことを知り、青空の会にこのことを教えてしまう。今度は青空の会にクイーンを始末させようと企むのだった。
驚愕の真実を知った青空の会はクイーン抹殺に動くのだった!健吾は悩み、名護はキバを裏切り者と判断する。そして、恵は嫉妬を胸に……。
その頃、大河はショックのあまりに酒に溺れ自暴自棄になり手下のファンガイアをかたぱっしに殺していた。そんな中、蜘蛛が現れ大河に
「気持ちはよ~く、分かる。僕ちんの愛する人も他の男ばっかいるんだよね~。でも、悪いのはそのま男なんだよね。彼女は悪くない。うんうん。でも、彼女はもう二度と君には振り向かない。だけど一つだけ彼女を君のモノにできる方法があるんだよね~」
蜘蛛が言うその方法とはクイーンを自分の手で殺すというものだった。それによってクイーンは自分だけのものになると大河に吹き込む。大河はクイーンを自分のモノにするため、クイーンを殺すことを決意する。キバはその後で殺せばいいのだと、
それを見て蜘蛛は心の中でほくそ笑む。
「(これでや~~~と、邪魔なクイーンがいなくなるチュッ。自分の手で愛する人を殺すなんてな~んてバカなんでチュッガッリッリッリッリッリック♪)」
キング、青空の会に狙われることとなった渡と静香の運命は!?



…自分は静香が好きだと再確認しました。では、
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-10-02 21:16 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>ソラフさん
元々人間関係が少なかっただけに、ちょっとしたコトでも大ダメージになるということでしょうか。
その穴は名護さんや恵では埋められないんです…だって、二人とも基本変な人だし(おい)。

キャッスルドランの食事シーン…言われて今しがた思い出しました。あったなぁーそんなコト…。
完全に忘却していました。そういえば最近出て来ないですもんね…。
しかも、それが無くても何の支障も無く話が進んでるってどういうコトですかね…。
あとブロンブースターとかドガバキとかも…。


>makirayさん
木の葉を隠すなら森の中、人を隠すなら人の中ということで、人がいっぱいいるといえば遊園地!と指名手配犯の皆さんはきっと思考するんです。
決して画が華やかになって撮影がしやすいなんてコトは考えていないんですよ?
ええ、ホントですとも。


>:さん
…て終わってへんやないかーい。
いや、そもそも名護さんが…名護さんが一行しか出ていないじゃーないですかっ。
ダメだい、そんなコトしたらキバの魅力の半分が損なわれちゃうんだい…。グスングスン…

いやー、しかし遂に来ましたね…。
明らかにレビューよりコメントの方がテキスト量多いじゃーないですかい!
ちょっとした“ゆがみ国会"みたいなもんですね(え)。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from Sweetパラダイス at 2008-10-01 21:49
タイトル : 仮面ライダーキバ#34「ノイズ・破壊の旋律」
相変わらずKYな太牙。空気を読む気がないのかな?それともず~っとKYなまま?失恋パーティーって痛々しい名護さん『そんなことでショックを受けるとは軟弱な』って酷いよ~渡にとっては大ショックなんだから。渡、元気出して!!名護さんは恋愛でショックになったこと...
タイトル : 仮面ライダーキバ 第34話「ノイズ・破壊の旋律」
今回のお話は、渡さんが深央さんをあきらめようとするってなお話でした。 今回はねぇ、もう完全に現代メインの話でした。ってか、びっくりしたのが健吾さんですよ。 音楽ができなくなってしまい、愚れているかと思えば、あんな形で登場するとは・・・・。 現在の世界...
Tracked from きゃんずぶろぐ at 2008-10-01 23:19
タイトル : 仮面ライダーキバ 第34話
仮面ライダーキバ 第34話「ノイズ・破壊の旋律」。サブタイトルは,とくに重要な展開もなくこのお話自体がノイズみたいなものだという自虐か?(苦笑) 以下読みたい方だけどうぞ。
Tracked from まぜこぜてみよ~う。by青いパン at 2008-10-02 09:18
タイトル : 『仮面ライダーキバ』、第34話「ノイズ・破壊の旋律」の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーキバ』、第34話「ノイズ・破壊の旋律」の感想です! 神田博士はファンガイア以上に怖すぎます(笑)。
Tracked from SISTER\'S SHIP at 2008-10-02 20:48
タイトル : 仮面ライダーキバ 第34話
なんて鬱陶しい男なんだ・・・渡 ケーキが作れるのはポイント高いがウエットすぎる。 いつの間に場所を変えたのか? もしかして他のみんなを呼んであの喫茶店を貸しきったの!? そんな男イヤすぎる・・・・・・ 名護さんの3年前の楽しかったこととは一体? 初
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2008-10-02 22:09
タイトル : 仮面ライダーキバ 第34話
「ノイズ・破壊の旋律」 脚本:井上敏樹 監督:長石多可男 アクション監督:竹田道弘 「ボタン男」 現在。マル・ダムールで失恋パーティをする渡。静香、恵、名護が祝う中へ太牙がやってきて・・・。 【今週の息子】 ※健吾に再会するが、「偽者の友達」と言われる。 ...
Tracked from 閑古鳥ぽよぽよ at 2008-10-03 20:59
タイトル : 仮面ライダーキバ第34話プチ感想
【そんな失恋記念日。】 キバがはじまる前に「今年の仮面ライダーはオトメン」なんて記事がネットに出てたんですが、失恋してケーキを作っちゃうなんて、まさに「乙女」ですな。 押○守を脚本に呼んで自分探しの旅にでも行けばいいのに(え)。 タイガくんの「いい...
Tracked from Happy☆Lucky at 2008-10-04 10:46
タイトル : 仮面ライダーキバ 第34話「 ノイズ・破壊の旋律」
第34話「 ノイズ・破壊の旋律」