2006年 04月 02日
くそぉ… まだウルトラマンマックスの記事が消えた事への恨みが消えない…
思い出したくないけど… やっぱり腹が立つ… チキショー


火竜と書いてサラマンダーと読む。
辞書でサラマンダーを引くと、一番目は「山椒魚」になってますが。
二番目は「西洋の伝説上の動物。火中に住むヘビ・トカゲの類で、火の精とされる。」(「大辞林」より)てなコトが書いてあります。
本来、水辺に生息する山椒魚と火竜ではだいぶかけ離れている気がしますねェ。


明石編と言えば、ジャリュウ一族。これはもはや決定なのかい?
Task04のレビューでも書いたけど、やはりリュウオーンと明石は対の存在ってコトなんですねェ。
今回もリュウオーンの部下はバンバカ死んでたし。部下を大事にしたい明石とはまるっきり逆の方へ進んでいますね。

小説家香川慈門の作品通りに起こる出来事…
初め、この人の使うペンかインクがプレシャスで、書いた事がホントになるんだ、などとドラえもん的なコトを考えたんですが、スカでした。えへ。
また、お気付きの通り、この方の名前が香川滋へのオマージュのようですし。こういうのは大きなお友達だけ分かる嬉しさですね。

今回は香川が再び冒険者への希望を取り戻すと言う意味では、主役は香川だったとも言えますな。
今の時代に失望し、作品で希望を描く事すら無意味だと感じてしまった作家。
そんな自分の思いが具現化し、世界を破滅させるのかもしれない。
しかし、赤き冒険者が必至にそれを食い止めようとする姿を見、冒険はまだまだそこにあるのだと気付くのですね。
劇中言っているように、小説なんてのに現実を変える力なんて無いんですよね。所詮は紙上の文字の羅列に過ぎないわけですから。
だけど、小説は人を変える力はあるわけで。現実を変えるのは人しかいないわけで…
ま、小説だけの話じゃないけど。
これも結構熱い話じゃないすか。燃え燃えだね。


それと、ゴーゴーミキサーですが。
ミキサー車がどうカッコよくなるのか俺にはピンと来なかったですが、三つに開いた時はちょっと楽しかったです。
しかも材料は現地調達かよ! 初めてスコップがスコップらしく役に立っている!
玩具では… さすがに砂場の砂は入れないで下さい、てなってるかもしれないけど。
そうかぁ、あんなミキサー車にこんな活躍の方法があったのか…と感心しきりです。

オレは子どもの頃から、働く車に対しては特に羨望も畏敬の念や無かったので、自分が子どもの頃は戦隊で燃えるのはむしろアニマル系だったんですがね。
戦隊の対象年齢から外れてから観始めた時からは、逆にマシン系に燃えるんですよね。
やはりマシン系の方が特撮シーンらしさが熱いんですよねぇ。

え~っと、確か次のビークルはゴーゴークレーンだっけか?

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by kani URL at 2006-04-03 15:17 #79D/WHSg Edit
Title :
トラックバックどうもです。
私は、ミキサー車はあのタンクの部分で敵を殴りつけるとばかり思ってましたw
Commented by URL at 2006-04-04 18:44 #79D/WHSg Edit
Title :
働く車、良いですね。
戦隊シリーズにも、ちょっと『サンダーバード』のテイストがあると楽しいと思います。
Commented by tjtype1 URL at 2006-04-04 21:24 #79D/WHSg Edit
Title :
わざわざコメント、ありがとうございます。
>kaniさん
そ、それは… ミキサー車である必要がなくなっている気が…
確かにかなり痛そうではありますが。
>雨さん
私、子どもの頃に唯一働く車で憧れていたのはトランスフォーマーのコンボイでした。
てことは、やはり私の中に地ならしは出来ていたんですね。働く車の。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記(戦隊感.. at 2006-04-02 18:23
タイトル : ボウケンジャーTask7火竜のウロコ
以下あらすじ↓↓↓小説を書いている香川。香川は立ち上がり、暗い部屋でボロボロになった本を見ています。その本を小説を書いていた机の上に置きます。香川が書いている小説を没頭して読んでいる暁。読み終わると、横になりますが、真墨と菜月が頭上にいることに気づき、...
Tracked from MEICHIKU なんで.. at 2006-04-02 18:33
タイトル : Boukenger task7
今週はいつもとは少し違う順番でUPしていきます。何せ、土曜の23時に移動した「銭形雷」から始まり、11時間半の間に「牙狼」(最終回)、「リュウケンドー」「ボウケンジャー」「カブト」「銭形泪」という集中放送ですから...(でも、次週以降も日曜の2本目という位置は変わら
Tracked from あっちゃん語録 at 2006-04-02 18:55
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャーTask7「火竜のウロコ」
「ぶっつけ本番なのはいつものことだ!!」またまたレッドの剛毅なかっこよさが堪能できた回でした。どうやら、冒険小説を読んでトレジャーハンターになった模様。子供の頃からの夢を実現するところもリーダーらしいですね。...
Tracked from 吼えろ!医療特撮系ブログ! at 2006-04-02 19:02
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー 第7話 火竜のウロコ
==============あらすじは⇒コチラ==============なんていうかね、すっごい夢とロマンを感じたよ、俺は!!子どものころの懐かしい感じを思い出したような、そんな話し。冒険王(だったかな)というあまりに直球な小...
Tracked from ☆I like acto.. at 2006-04-02 19:04
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー「Task.7 火竜のウロコ」
ボイス寂し~いぼ、ボイスさんあなたやっぱりカワイイよ{/ee_2/}一人称が“ボイス”ということをますみんに突っ込まれてました(笑)ボイスさん、大好き{/kaeru_en4/}そーですねぇ今回の見どころは、、、わぁむがついにボウケンジャー進出か{/eq_2/}(ぇ脱皮してたよ{/face_s
Tracked from Kyan's BLOG .. at 2006-04-02 19:23
タイトル : ボウケンジャー
轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7「火竜のウロコ」。事実は小説よりも奇なり(ちょっと違う?(笑))以下ネタバレあり。...
Tracked from 混ぜこぜてみよ~う。by.. at 2006-04-02 19:44
タイトル : 『ボウケンジャー』Task.7 、「火竜のウロコ」の感想..
『轟轟戦隊ボウケンジャー』Task.7 、「火竜(サラマンダー)のウロコ」の感想ですっ!清水さんが実は“腹筋ワレワレ”なのをワシは知ってます(笑)。...
Tracked from Happy笘・ucky at 2006-04-02 19:47
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7
Task.7「火竜のウロコ」...
Tracked from 振り向けば二次元 at 2006-04-02 19:49
タイトル : 今週の冒険者 #7
今日の主役は一応チーフ。ずっとファンだった小説家が久々に発表した小説の通りに展開する事件に、現実と小説を結びつけて考えるチーフ。小説に書かれた敵の弱点はまさにその通り。ならば次に起るのは…。たまたま手に入れたドラゴン創造を目指す者の手記と、苦難に立ち向か
Tracked from 雨的日記 at 2006-04-02 20:02
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー #7 「火竜のウロコ」
新兵器「デュアル・クラッシャー」は先端がドリル。 必殺技コールも「ドリル・ヘッド!」ってのが、「昭和」でイイなぁ。 全員そろい踏みで名乗りを上げる場面でも、キメのポーズでバックに爆発!ってのも、また良し。 30thアニバーサリーで、過去のシリーズで使われた描写を
Tracked from 海老太郎のアナーキー日記 at 2006-04-02 20:03
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task7
またまたジャリュウ一族があらわれると、われらがボウケンジャーが現場に急行。そこではジャリュウたちが互いに戦闘した後だった。そしてバトルロイヤルで最後に勝利したジャリュウに例のリュオーンが力を注入する。すると見る見るうちにそのジャリュウは邪悪竜ドライケンへ
Tracked from ヲタっぽい日記 at 2006-04-02 20:04
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7 「火竜のウロコ」
チーフ無視しちゃだめだよチーフ敵つえーサインして貰えるのはうれしいチーフワロスチーフ興奮しすぎだチーフ鬼武者つよおおおおおっさんよえー復活させたら物凄い被害になるけどロボも十分街を荒らすんじゃないかとwあぁぁっぁぁとうとう復活しちゃう!?さくら姉さんさす
Tracked from さかっちブログ at 2006-04-02 21:03
タイトル : 【ヒーロー】轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7 火竜(..
月刊冒険王者を読んでいた赤。久しぶりの寄稿に読みふけってしまう。詠み終わって仰向けに寝そべると目の前に黒と黄が。って、りーだー黄のパンツ見てないですか?(ぉ熱中していたためにMr.Voiceからの呼び出しに気づかず、Mr.Voiceしょんぼり。ジャリュウ一族が現れたという
Tracked from ふしぎなことだま at 2006-04-02 21:43
タイトル : task.7 ゴーゴーミキサー登場!
読書をしていて、ミスターボイスの呼出しに気づかずボイスに平謝りの暁。先週に引き続き、ミッション以外では少し可愛い場面も見せるチーフだね!この、蛇たちを戦わせてっていうのは、陰陽師の「蟲毒」からの着想だよね。蟲毒は、蛇だけじゃなくって他にも毒虫(蜘蛛とかムカ
Tracked from レジェンド オブ ウルト.. at 2006-04-02 22:05
タイトル : ボウケンジャーTask.7「火竜のウロコ」
今日は小説が現実になるの?というお話 (*^-^)ゞ 敬礼♪ 「火竜」と書いてサラマンダーとよぶところがにくいですね d(゚-^*) ナイス♪レッドがメインで小説家の香川さんの大ファンだったという事ですが、小説家の香川さん、ウルトラマンA第4話では漫画家の役もされてい
Tracked from ないとうの気ままな(?)日常 at 2006-04-02 22:39
タイトル : ボウケンジャー Task.7
回を重ねるごとに、面白さを増す「ボウケンジャー」。7回目ではレッドの明石暁チーフが、大博士リー・ケフレンを前世に持つ(違)小説家と対峙する、という内容のお話です。Task.7 火竜(サラマンダー)のウロコあらすじ…ボウケンジャーの前に大量のジャリュウたちが倒れて
Tracked from 入院待ち日記 at 2006-04-02 23:15
タイトル : ボウケンジャー#7について(感想とつっこみ)
事実は小説より、奇なり?...
Tracked from 閑古鳥ぽよぽよ at 2006-04-02 23:27
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャーTASK7「火竜のウロコ」
♪だーれも知らない知られちゃいけーないー リュウーオーンがだーれーなのかー高校野球が雨で中止。野球にばっかりうつつを抜かしとらんで特撮を見ろ!ということなのか……。というわけで(?)当社比160%リキ入れてリュウオーンを描いてみました。資料はまっ......
Tracked from かりめろ日記 at 2006-04-03 02:50
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task7
■Task7 火竜(サラマンダー)のウロコ■■かりめろ的感想■「火竜」と書いて「さらまんだぁ」……よ、読めないというのはともかく(笑)今回は《OP》だけで、けっこうおなかいっぱいな感じでした《OP》小説家が執筆中。どうやら何かを参考にしている.......
Tracked from カニの雑記 at 2006-04-03 15:15
タイトル : Task7 火竜のウロコ
外で冒険小説を読むレッド。その表情は実に嬉しそうで、しかもなんだか子供っぽさを感じさせます。そんなレッドのもとに現れたのがブラックとイエロー。二人は、本を読むのに夢中でいつまでも呼び出しに応じないレッドを探してくるように言われていたのです。そしてやってき
Tracked from 備中屋の帳面 at 2006-04-03 18:07
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7 火竜(サラマンダー..
今回でようやく感想が放送話数に追いつきました……ということで、今までちゃんと色で書いてた覚えてなかったボウケンジャーのメンバーを名前で書くことに。熱き冒険者、ボウケンレッドこと明石 暁。速き冒険者、ボウケンブラックこと伊能真墨。高き冒険者、ボウケンブルー
Tracked from ファンタジスタ乙女のドキ.. at 2006-04-03 18:15
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー 【Task.7 火竜のウロコ】
「月刊冒険王者」チーフの以前愛読していた雑誌です。この雑誌にチーフの好きだった作家がの新作が載ってるという事で買ったみたいなんだけど、人気なさそうな雑誌だなぁ~・・・。タイトルからして「冒険」をメインにした小説ばかりって事だからね。どの話も冒険だら...
Tracked from 感想記 at 2006-04-03 22:43
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7 火竜のウロコ
先週あたりからレッドがだんだんくだけてきたなあと思う今日この頃。ブラック、イエロー、ブルー、ピンクともキャラが安定してきているので、ストーリーの展開に突飛さはあっても安...
Tracked from 刃霧勇気のまったりな日々 at 2006-04-04 03:35
タイトル : ボウケンジャー&CD
ボウケンジャーのCDをやっとGET!!最後の一枚なうえに、ポスターも貰えました。もう無くなってると思って諦めてたんですが…前に父に貰った新しいCDラジカセを出し、今まで使ってた古いCDラジカセと交換。すんばらしい音の良さ!当分、これで聴くかな~…ボウケンジャ...
Tracked from コトノハヒロイ at 2006-04-04 12:53
タイトル : その子供達は、確かに現実です。
@轟轟戦隊ボウケンジャー Task730作品続いた戦隊シリーズ、あるいは全ての特撮ヒーローものに対するオマージュにも聞こえるこのセリフ。子供達はもちろん、ヒーローになれないことを知ってしまった大人達もヒーローや冒険を夢見る心は永遠のモノなのです。ダカラ、ミンナモ
Tracked from 落書き日記 at 2006-04-04 21:31
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7 火竜(サラマンダー..
ボウケンジャーのメインキャラのネーミングってこう冒険というかそーいう類の人にちなんだ名前がついてますが香川慈門って、やっぱり香山滋氏ですよね。凝ってるなぁ。で、レッドは香川氏の冒険小説を読んで冒険に憧れた末にトレジャーハンターになったって事かちら?なかな
Tracked from 日々の覚え書き at 2006-04-04 22:36
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task7「火竜のウロコ」
今日もまた、さくらさんは蒼太のことを名前で呼ばなかった。 正直に言おう。 テンション下がりまくりだよ(笑)。 なんかボウケンジャーが面白いのかそうでもないのかも、よく判らなくなってきた。 さくらさんと蒼太のことばかりにこだわってしまうのも、それ以外に見るべき
Tracked from Midnight Cafe at 2006-04-04 23:10
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7 「火竜のウロコ」
ボウケンジャーの頼れるリーダー、ボウケンレッド=明石。そんな明石がミスターボイスからの連絡も気づかないほど読みふけるくらいファンだった作家・香川慈門の新作「滅びの竜」。しかしその小説の通りの出来事が次々と起こっていきます。ジャリュウ一族の兵士達が互いに...
Tracked from Midnight Cafe at 2006-04-04 23:11
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7 「火竜のウロコ」
ボウケンジャーの頼れるリーダー、ボウケンレッド=明石。そんな明石がミスターボイスからの連絡も気づかないほど読みふけるくらいファンだった作家・香川慈門の新作「滅びの竜」。しかしその小説の通りの出来事が次々と起こっていきます。ジャリュウ一族の兵士達が互いに...
Tracked from あわはぎ at 2006-04-04 23:19
タイトル : ボウケンジャーtask7
チーフ暁くんが、なぜ冒険者になったのかと言うエピ。 香川慈門が書く冒険小説が大好...
Tracked from ファンタジスタ乙女のドキ.. at 2006-04-05 07:21
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー 【Task.7 火竜のウロコ】
「月刊冒険王者」チーフの以前愛読していた雑誌です。この雑誌にチーフの好きだった作家がの新作が載ってるという事で買ったみたいなんだけど、人気なさそうな雑誌だなぁ~・・・。タイトルからして「冒険」をメインにした小説ばかりって事だからね。どの話も冒険だら...
Tracked from V.S.A. at 2006-04-05 23:42
タイトル : その子供たちは確かに現実です - ボウケンジャー #00..
轟轟戦隊ボウケンジャー Task.7 「火竜(サラマンダー)のウロコ」.「火星人ゴーホーム」かと思った. 「ちせの××予報
Tracked from アクションフィギュア情報.. at 2006-04-06 20:25
タイトル : ボウケンジャー 第7話 「火竜(サラマンダー)のウロコ」
脚本:會川 昇/監督:諸田 敏【あらすじ】「それはまさに地獄の光景だった。」集められた巨大な爬虫類たちは、お互いを敵とみなし、一斉に襲い掛かったのだ。牙を、毒を、全てをぶつけて戦いあう。やがて静寂が訪れると、獣たちの屍が横たわるばかりだった。いや、だが...
Tracked from だいすけでした(^^)v at 2006-04-07 11:05
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー【Task7】
けっこう期待通りだった今回のボウケンジャー。アバンから小説を読みふけりゴロンと横になるチーフ。あら、それじゃ奈月のスカートの中見えちゃうよ{/eq_1/}っていうか、確信犯{/eq_1/}あ、それはいいです。最後の一匹となったジャリュウ一族戦闘員リュウオーンの力でキャス
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2006-04-07 20:39
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー 「Task.7 火竜のウロコ」
チーフは見た!イエローのパ●ツを!!Σ(゚Д゚;エーッ!間違いない!!エッチィー♪┣┫…(*ノ▽ノ)イヤ~ン...