2008年 09月 03日

凄く…大きいです→

すごーく失礼を承知で書かせていただくと… 意外と面白かった…よ(こら)。

「仮面ライダーキバ」でやりたかったコトをちゃんとやっているなぁと、そんな気がする劇場版でした。


■753「相変わらず役に立ちませんね、キミは」

物語は、オーパーツの展示会場を襲うファンガイアから始まる。
そこに格好好く颯爽と駆けつける麻生恵。
その二秒後にはいつも通りボコボコにされているのが、とっても期待通りとしか言えません。ホントにもうこの子ったら…

劇場版では既に“キバ=渡”という事実が皆に知られており、それに対してもはや誰かがリアクションを起こすという時期は乗り越えているという頃合の話のようです。
個人的にこの劇場版の設定を聞いた時は受け入れられるのかと若干心配ではあったのですが、驚くほど違和感なく受け入れるコトが出来ましたなぁ…。むしろ、そういえばテレビではまだバレてなかったんだっけね、と思うほど。
ということは逆に…キバの正体が誰かというコトは、さほど重要な事では無かったってコトになるのかなぁ…エヘ☆

テレビでは、紅親子と麻生親子という二組の親子の絆を描きつつ物語を展開していますが、今回の映画版ではそこにもう一つの親子、ヴァイオリニストの榊原とわ(机なつみ)とその娘の机なつきのドラマが配されています。
全然余談ですけど、なつき役の岡本玲は麻生ゆり役の高橋優と同い年なのか…信じがたい事実だ(おい)。

仕事の事ばかりで家庭を顧みない母親に対して反発する娘。
しかし、音也がコピーした母親の演奏を聞くことで、母親の優しさに気付くコトが出来る。

クライマックスでの渡のアレを止めた事といい、何だか殆ど音也のおかげで全て解決している気がしないでもないような…いやまぁ、確かに音也は凄いと思うんですけど…しゅ、主役がさ…ほら、えと~…。

そういえば「仮面ライダーキバ」という番組は、決して直接的ではない方法によって親子の絆と対話を描く事がフォーマットだったよなぁ…と思い出したりもしました。
既に会う事は叶わない紅父子と麻生母子が、ファンガイアとの戦いを通じて父と母の想いを知るという…そんなドラマのフォーマットが昔はあったなぁ…とね。
最近はそれがとんとご無沙汰なもんですっかり忘れていましたけど、「キバ」がやりたい事ってそういう事なんですよね。うんうん、そーだった、そーだった。

だから、こうして机母子が間接的にではあるけれど対話して想いを知るという場面は、とっても「キバ」っているなぁ…と。
てゆか、こういうのをテレビでももっとやればイイと思うんですよねぇ。紅・麻生親子のみに捕らわれず、広い意味での親子の絆を描くというテーマなら、ゲストキャラを呼びつつシンプルなドラマを構築出来るのではと思うんですけど…どうすかねぇ…。

あとどうでもいいかもしれないンですけど、この番組の親子は女性同士でも苗字が一緒というのが、分かりやすいようで逆にとても分かりづらいというか…ムダに複雑な家庭環境を想像してしまうのは…ボクだけかしら…?


個人的な驚きとしてはですね、この物語が井上さん得意の“関係性の崩壊”によるドラマでは無いにも関わらず、何か…フツーに面白かったコトです(え)。

これはあくまで私見ですが、井上敏樹という御方は、ある関係性を残酷に儚くも美しく壊してゆく様を描くのがとても上手い御方だと思っています。互いに憎しみ合うであるとか、仲の良い誰かが死ぬであるとか、そういう何かの関係が壊れていく時のドラマを凄く劇的に描くのが上手いと思います。
決して合コンとか記憶喪失とか水落ちとかに本質は無いのだと思います。(でも好きだよねぇ~…)

で、逆に“関係性の構築”を描く方は割と蔑ろだよなぁ~ぐらいに思っていたのですが、この映画では渡と音也、恵とゆり、なつきととわ、その親子の絆が結びついていく様を描いていたりします。これが何だか普通にグッと来るんです、意外にも(こら)。
絆が壊れていく様じゃなくて、繋がる絆にクライマックスを持ってくるとかが凄く意外で。やれば出来るんだなって(おい)。

だからか分かりませんが、井上さんの担当なすった劇場版ライダーで、見終わってこんなにスッキリするのは初めての経験かも…なんて思っちゃったりして。

まぁ、昔のヤツはもう忘れて来てるんだけど(うわ)。


■とか言いつつ、結局モモ達のインパクトに持ってかれるんだろ?

相変わらず脈絡無くバトルがインサートして来たりしますが、そこは生暖かい目で見守るとゆーことで。

レイは要らないんじゃないかなぁーとは思いつつも、一応名護との因縁という意味で決着は付けていたし、恵とゆりのWイクサも見れたし、ゲスト親子のドラマも解決していたし、やるべきコトは全部やりきっていたのではないかと思わせてくれて、割と満足でした。
まぁ、後でパンフレットを読んで、恵とゆりの話が完全にバッサリとカットされていると知ったのはショックではありましたけど…あまりに気持ちよく何もかも切られていて、映画を観ている時に何も気付かないぐらいだったから…まぁ、いいかなって…。

それより、健吾と静香の扱いの方が…テレビだけじゃなくて映画でもあの二人は…アゥゥ。

仮面ライダーキバ 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by makiray URL at 2008-09-04 23:42 #RsdfxmUU Edit
Title :
>>二秒後にはいつも通りボコボコ
「すばらしき青空の会」って、会員3人だけなんですかね。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-09-06 00:27 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>makirayさん
なんか…年々組織がショボくなって来ている気がしますよね、平成ライダーは…。
青空の会で平和は守れるのでしょうか、あんな宗教団体にねぇ…。え、宗教法人違うの?
Commented by URL at 2008-09-06 11:11 #- Edit
Title : パンフレットを買おうと思ったけど売り切れていた。
不満な点をあげるなら、私は敵ですね。
例えば……

ファンガイアのキングと同等の力を持つロードと
呼ばれた太古のファンガイア、『アーク』。
アークは自分以外のファンガイアや人間に自らの血を与えることで自分の眷属『レジェンドルガ』に
することができるのだ。
嘗て太古のキバに封印されたアークは現代に復活
するために犯罪者の…
“女”
に憑依する。そして、嘗て自分を封印したキバ、
現代のキバを自分の眷属にし自分の夫にし大量の子を成し世界中にその子たちを放つことで人類を滅亡させ世界を自分の物にしようと企むのだった。

という感じにもうすこし人類滅亡の計画性を描いて
欲しかったです。
でも、TVで出たファンガイアの改造版はよかった。
というかあういうファンガイアたちをもっと
出て欲しかった。
やっぱ劇場版と言えば再生怪人でしょ!
まあ、再生怪人ちゃうけど……

でも、親子関係はなんかよかったすっね!
でも、平成ライダーの劇場版はパラレルとか過去
とか多いからな~『アギト』と『クウガ』ぐらい
じゃない?違うの。
敵にでかさを感じないのが残念でした。自分は、
主人公側はよかったな。
でも、渡がレジェンドルガに戻りのには感動した。
でも、せめてこんな台詞をアークに
「そうか。父親の血がキバを戻したということか」
という説明台詞が欲しかったです。

それとスタッフロールで気がついたんですが
電王の声優さん方、特別出演してたのにびっくり
しました(驚)では、
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-09-06 19:21 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>:さん
そういえば具体的に何が世界の危機なのかがあまり描かれていなかったですね。
キバットさんが、かなりヤバいぜってな風に言っていたので、ついぞ鵜呑みにしてしまいました。
いやほらだって、キバットさんは番組で一番の良識者だから…ねえ。
結局、月のアレも何だったのか…ボクが説明を聞き逃しただけなのか、尺の都合でカットされていたのか分かりませんが、もったいないバックベアード様です。

クウガは映画化されていないんですよねぇ…今だに悔しい思いがあったりするのですが。
コレまでの映画は…アギトがパラレル、龍騎がパラレル最終回、555がパラレル、剣がパラレル最終回その後、響鬼が時代劇、カブトがパラレル、電王がTV裏ストーリー…
テレビと地続きなのは電王だけなんですね…。
その中でキバは…テレビの延長上でありつつも繋がっているとか意識しているわけでも無い、アギトに近いのかもしれませんね。
下手に劇場版の妙な設定を振りかざされるよりイイかも(え)。

声優さん、結構あざとく出演していたと思いますけどね…「オレ?三条」にはやられました。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from ふしぎなことだま at 2008-09-04 00:30
タイトル : 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王
こっちも良く出来てたと思うけど・・・パラレルなの? 最初に言っておく! 何!?キバの正体ワタルって公認なの!? しかも、名護サンなんて、キバコロス!って、ファンガイアより 優先させてたのに、全然気にしてないし、共闘してるし(w これはTVシリーズ見て行けば
Tracked from blog mr at 2008-09-04 07:12
タイトル : 魔界城の劇場 BANG
・ゴーオンジャー「BUNBUN! BANBAN! 劇場 BANG!!」  息をもつかせぬ、とはこのことだろう。  盛り沢山で無駄な要素一つも無し、だがコメディもシリアスもきちんと盛り込まれている。 「流れ炎神」とか、「グランプリ」に音をそろえてある「紅蓮斬り」とか、うまいなぁ、...
Tracked from Happy☆Lucky at 2008-09-06 21:11
タイトル : 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王
劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王 ネタばれ感想につきご注意 劇場版 仮面ライダーキバ メイキング
Tracked from Happy☆Lucky at 2008-09-06 21:12
タイトル : 劇場版 モモタロスのまっかっか城の王
劇場版 モモタロスのまっかっか城の王 ネタばれ感想につきご注意
タイトル : 【2008-190 その2】劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王
人気ブログランキングの順位は? 宿命の旋律が聴こえる!
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2008-09-15 18:03
タイトル : 『仮面ライダーキバ/魔界城の王』(2008)
『クウガ』や『アギト』、『龍騎』の頃は日曜の朝を楽しみにして毎回一生懸命観ていたものだが、それ以降はすっかりご無沙汰の<平成ライダー>シリーズ。 それでも劇場版だけは律儀に付き合ってきており、それも今年で8年連続ということになる。シリーズの連続放送期間...