2006年 03月 30日
3月10日にレンタル開始ってコトで、その当日レンタルビデオ屋へ向かいまして。
10:00 開店
10:05 現着
特撮コーナーへ向かうと、既に「マジvsデカ」は店内在庫数の二本とも借りられていました。
え… いや… あの… 五分しか経ってませんけど…
やられましたね。
ウチの地区にそんなに熱心にこのVシネを求めているヤツがいるだなんて。
まぁ、練馬区だし…東映のお膝元ではありますけどさぁ。

てな感じで、それから暇な時にはビデオ屋寄ったりするんですが。
まぁ~~ 見当たらない事。熱心に借りてますとも、皆さん。
人気があるのはイイコトだろうけどね。

つーワケで、やっと借りる事に成功した苦心の一品。


ちなみに、コレを借りたレンタルビデオ屋、「新幹線大爆破」が「人情モノ」の棚にあったんですけど。
ちゃんと内容確認してあげてよ…


あぁ~コレで本当にデカレンジャーともさよならなんでゲスか?
嫌だよぉ~ もう一年やってくれよぉ、と本気で思ったシリーズだのに…。
でも、俺の心の中で生き続けるんだよね… ルミナスじゃないけど…

ストーリーはマジレンジャーがアリエナイザーの標的にされるという、つまり被害者という立場でデカレンジャーと絡むワケでございます。
ホント、ヤバイですよ。
あの「デカ」のテーマを聴くだけで震えが…
テツもジャスミンもセンちゃんもホージーも元気そうやぁ…
しかも、このウメコの感じは… 第一話のデジャブじゃないすか! 粋な事を。
SPDは… そーいや、アニメの「ケロロ軍曹」で宇宙警察に「SPD」て使ってるのは、やっぱデカからなのかなあ?
そうだと思って、観る度にニヤニヤしてるんですけど。

OPもカッチョイイすわ…
デカからマジへ音楽が変わってゆくわけですな。
デカの6人がバックショットで並んでいる姿も、バックショットながら各々のキャラをあらわしていてグー!
特にウメコがさりげなくピースしているトコとかね。
あ~何かすいませんねぇ、デカの事ばっかりで。志向が出ちゃいますね。

ウメコとセンちゃんがデートの約束なんてしちゃってるし。
進展しとるんかいな。
そういう、垣間見えるプライベートな感じ、好きッす。
センちゃんが大家族とか、ジャスミンの家庭の事とか。
このジャスミンのネクラな家族話、個人的には大好物ッすよ。
いつもマイペースなジャスミンのバックボーンには根深い闇が横たわっているのですなぁ。
助けてくれたのはボスだけってコトか…

そこへ、バンも地球へやって来て。
これまた、第一話のデジャブじゃないっすかあ!
ヤバイよ、この時点でドンブリ飯二杯はいけるわ…。  武勇伝、武勇伝――


2大戦隊の共闘が始まるわけですが。
それとなくコンビを組ませて、そこでドラマ性を出しているってのが、なかなか生きてるっすよ。
バンは魁。
ホージーは翼。
センちゃんは蒔人。
ジャスミンは麗。
ウメコは芳香。
テツはヒカル。
青と黄色はチェンジですか。ま、当然です。

これを、「家族」をテーマにドラマ性を醸し出して来るわけですよ。
親近感だったり、尊敬だったり、諭されたり。
家族を失くした者、家族を作ろうと思う者…
やりますなぁ。

で、相変わらずボスが一番カッコイイしさ。イイトコ、掻っさらうしさ。
デカマスターとウルザードの渋い声対決とかね。燃え燃えだね。

各種媒体で紹介されていた女性陣の衣装チェンジはどういう風にストーリーに絡めるんだろうとか思ってたら、絡めなかった。
ただやりたかっただけ、て感じ。
でも…… ありだよね。
メイキングでもスタジオ内騒然だったという、ジャスミン・ウメコがナイとメアの服を着るシーンは、確かに来た
木下嬢曰く「萌え萌え~」ですから。


で、また12人揃っての変身はやっぱ多いですね。
それでも全盛期のモー娘。よか少ないんだけどさ。
ビンビン来るのは、名乗りの方で。
デカレンジャー最後の名乗りってコトですか…

一つ、非道な悪事を憎み!
二つ、不思議な事件を追って!
三つ、未来の科学で捜査!
四つ、良からぬ宇宙の悪を!
五つ、一気にスピード退治!
六つ、無敵が何かイイ!

「無敵が何かイイ!」て… そりゃイイでしょうよ、無敵なんだから…
ラストバトルも前述のコンビで戦ったりして、もう大満足ですよ、ボク。
バンはまだ劇場版のマリーと交流あるってのも、何かイイ!

何ちゅーか、こっちの観たいモノをちゃんと全部入れてくれているのが嬉しいッす。
テツの女装も含め、お約束ってモノが全部ね。ジャスミンのサイコメトリーの時とかにナレーションが無かったのが残念だったけど。
いやぁ、ホントにさぁ… やっぱデカレンジャーて面白いンだよね~、うんうん。
で、最後ちょっとしんみりした空気にされちゃうのは、やられた!て感じです。
切ないですよぉ…。ま、でもこういうのもアリですけどね。
オイラ、腹一杯だ。
ありがとよ、ホント。
こうなると早く塚田さんにはまたヒーロータイムに帰還して欲しい気持ちが募るッすよ、うん。

Thanks for DEKA and MAGI.

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 紅葉 URL at 2006-04-01 19:20 #79D/WHSg Edit
Title :
トラバ、ありがとうございました!
こちらからもトラバしました!
マジでおもしろいマジVSデカでしたよね☆★
テツとデカブレイクが好きなので、決めポーズ(名乗りのポーズ)ができたのがうれしかったです!
Commented by tjtype1 URL at 2006-04-01 22:14 #79D/WHSg Edit
Title :
>紅葉さん
またまた、コメントありがとやんす。
「マジvsデカ」はファン心理をちゃんと分かった上で、さらにその上を目指しているのが素晴らしいですよね。
デカブレイクもシリーズ最終回同様に「六つ!」に加わってくれていましたが、「夜明けの刑事、デカブレイク!」が無いのは、それはそれで残念と言うかね…
Commented by TOM URL at 2006-04-02 11:23 #79D/WHSg Edit
Title :
初めまして、こんにちは。TOM(とも)と申します。トラックバックありがとうございました!こちらからもさせて頂きました。本当にマジデカは面白かったですよね。私はデカが『おまけ』的な扱いでなく、その後の彼らをきちんと描いていてくれた事が非常に嬉しかったです。デカが本当にこれで終わりかと思うと残念でなりませんよね。同じ事を思っている方が多いんだなあ、と嬉しく思いました。私の中ではデカは永遠に不滅です!!
Commented by tjtype1 URL at 2006-04-03 00:13 #79D/WHSg Edit
Title :
>TOMさん
コメント&TBありがとうございます。
私も同感ですね。
デカは大ボスを倒して終わりというヒーローではなく、今も何処かで事件を捜査しているという、終わらない物語というのがVシネを観て再確認しましたね。
また何処かでデカが観たいなぁ~ と、ずっと思い続けると思うコトでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 紅葉(くれは)の『夜明け.. at 2006-04-01 19:18
タイトル : ようやくマジVSデカを観ることができました!
大人気のようで、なかなかレンタルできなかったんですが、土曜日に無事借りることができました!やっぱりわたしは『デカレンジャー』が大好きなんだ!ということを改めて思い知らされました。そんな作品でしたよ[:おてんき:]☆★☆★☆★  ここからネタバレします  ☆★
Tracked from MAGI☆の日記(戦隊感.. at 2006-04-01 19:24
タイトル : マジレンジャーvsデカレンジャー
ようやく手元に届きました。本編と映像特典見ました。とても面白かったです。メイキングの方が良かったような気もしないではないです。ここ(フリーページ)に感想というかあらすじもどきが書かれていますのでネタバレが嫌な方は飛ばないようにしてください。構わないという...
Tracked from 入院待ち日記 at 2006-04-01 21:46
Tracked from 極端熱中集中型、道楽。 at 2006-04-02 11:03
タイトル : マジレンジャーVSデカレンジャー
『マジレンジャーVSデカレンジャー』VSシリーズとは、基本的に前年度の戦隊と、その年の戦隊が共演するというストーリーのオリジナルビデオです。今回で多分11作目になると思います。以外と歴史があるシリーズですね。で、今回はシリーズ最高峰といわれている『デカレンジ
Tracked from 某茶房拾遺伝 at 2006-04-02 11:52
タイトル : 魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー
待ちに待ったというべきか、これが最後と嘆くべきかついに来てしまいました。『魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー』。最近のスーパー戦隊シリーズは、放映終了後のVシネマで前年の先輩戦隊との共演を果たし、そしてその一年後、後番組である後輩戦隊の放映終了後に発売
Tracked from YAMA’s Blog at 2006-04-02 15:25
タイトル : マジカルシスターズvsツインカムエンジェル
じゃなくて、『マジレンvsデカレン』を漸く拝見しました。やはり嬉しかったのは、久々登場のデカレンジャーの姿。特に劇的に登場するのではなく、ごくごく普通にアリエナイザーを追って現れるのには、感動しました。放送時と同じように「普通にデカレン観てる」感覚が逆に
Tracked from まぜこぜてみよ~う。by.. at 2006-04-08 11:12
タイトル : DVD『魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー』の感想。
♪TBさせていただきます♪DVD『魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー』の感想ですっ!先週には手に入れてはおったんすけどはー、ようやく書くタイミングが出来た(笑)。今回の記事はDVD作品なのであらすじは飛ばして感想のみを(“続き”以降ネタバ......
Tracked from ファンタジスタ乙女のドキ.. at 2006-04-08 15:53
タイトル : 魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー
● ストーリー ●今日は、小津家10年に一度のファンタスディックハッピーデー。超高級レストランで祝っていると、そこに巨大なチグカデ星人・ビルヂーグが現れた。ざわめく店内。人前では変身できないマジレンジャー。と、そこへ駆けつけたデカレンジャーにより一気に...
Tracked from AML Amazon L.. at 2006-04-29 05:37
タイトル : 魔法戦隊マジレンジャー VS デカレンジャー
魔法戦隊マジレンジャー VS デカレンジャー...
Tracked from 【徒然なるままに・・・】.. at 2006-05-28 17:04
タイトル : 『魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー』(2006)
Vシネマの<スーパー戦隊>シリーズもこれで12作目となるようだ。今回も、小津家の母親・美幸とスワンが友人同士だった(しかもドギーの行きつけのカレー屋で知り合ったということは・・・「恐竜や」?)という、リンク要素が加えられている。プロフェッショナルなデカレン