2008年 07月 15日

今回は色んな男女の愛の絆のお話…。
伸二と涼子。音也とゆりと次狼。渡と深央。恵と…恵と…あれ、誰もいない…。


ファンガイアと人間でありながら愛を深める伸二と涼子。
正直、ゲストキャラだけど渡や音也たちと殆ど関係なく二人だけで成立してしまっているんですけど…まぁいっか。
涼子は別に昏睡状態とかじゃなかったんですね。てっきり過去編でひと揉めあって、その所為で涼子が寝たきりになってしまって、自分の所為でそうなってしまったコトを悔いながらもずっとそばに居続ける伸二…みたいな重い話を想定していたんですが…全然、病気は普通に病気だったようです。
そういえば病気モノも敏樹は多いかも…うん。

かつて二人で植えたネムの木の前で亡くなる涼子。
自ら死へと向かわんとする伸二は叫びながらイクサに向かう。
二人で交わした、一緒にいるという約束を守り抜くが為に。

重く切なく、でもその伸二の想いに感情移入してしまう。
今回はその哀しい想いを成就させ、魂を神の御許に帰す為にイクサが倒してあげるのがキレイ…だと思ったんですが…

何でキバ? 何でエンペラーフォーム?

いや、ホントに…何でこの話で新フォーム降臨なんですかね…。
今回の話は悪しきファンガイアをぶち倒すのではなく、想いを叶えるが為に哀しくもその命を奪うという切ない話ですし…。
第一、必殺技を決めてもドカーン!てしちゃいけない話で新フォーム出してもカタルシス無いでしょ。
もっと凶悪で残忍でスゲー強い敵に対して使う事で、「うわ、新フォーム強い!かっこいい!憧れるぅ!」となるわけで。

今回の話だと、渡が自分の彼女に手を上げられて、ついプチッとキレちゃってエンペラーフォームになりました…みたいな感じになってしまっている気がしてしまいます。
さっきまで必死に制止していたのに、自分の女に何かされた瞬間、最強フォームで蹴り殺す。
……なんだろ、それ。

ドラマ自体はイイ話だと思うんですけど、エンペラーフォーム初登場と合わせる事は無かったと思うワケですよ、ええ。
スケジュール的にエンペラーフォームを今回登場させなきゃいけないのは分かりますけど、伸二と涼子のドラマの方を違う時にずらせなかったのかとすこぶる思ってしまいます。

結果、どっちも損してるんですよねぇ…うん。


はてさて、深央の正体バレが意外と早いじゃーないですか。
でもそのおかげで、現代編もこれからドラマティックになる…のだと信じたいです。フィーバー!

仮面ライダーキバ 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ナナシ URL at 2008-07-15 20:32 #HFRZROzs Edit
Title : しょうがないと言えばしょうがない
ゴーオン感想のRINってコメント私です。間違ってペンネーム書いちゃいました・・・。

エンペラーフォームの初登場としては後味悪い感じですが、伸二が勘違いするのもしょうがないし、渡を責めるのも何か違う。やるせない感じですねえ・・・。他のフォームもあまり劇的な登場をしていませんからわざとやっているんでしょうけど・・・タツロットのキャラも確信犯だろうなあ・・・。

まあとにかく、次回はチェックメイトフォーが出てくるらしいので楽しみです。
個人的にはあの四人の中にキングはいないとおもうんですが、どうでしょう? そういえばKIVAってKIng of VAmpireの略らしいですが・・・ん?
Commented by ソラフ URL at 2008-07-15 21:21 #- Edit
Title : 微妙なの来たー!
そーですね、良心持ったファンガイア殺るのは753にお任せしたいとこです。
新フォーム、微妙過ぎです。デザインも必然性も!
タツロット何者?とかの説明もなくお話は進んでいくんでしょうね~。 …あれ?紫の人と旅立った奴ですか?
Commented by MF URL at 2008-07-15 23:37 #mQop/nM. Edit
Title : 仮面ライダー(龍)騎馬
チェックメイトフォーというからには、ポーン・ナイト・ルーク・ビショップ・クイーン・キングのチェスの駒になぞらえているのでしょうが、キングはともかく他5種類ですよね?
大ちゃんの言う様にクイーンもチェックメイトフォーの中に入るとなると、一種類余りますね?
ナナシさんの言う様にキバがキングなのか、それともアークオルフェノクの様に恒例のファンガイアの最上級がキングとして出てくるのか…

キバ=騎馬=ナイトの扱いだったりして…
ファンガイアでありながらファンガイアを倒すアンチヒーロー…
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-07-16 01:16 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>ナナシさん
そうなんですよねぇ…基本的に新フォームに対しての必要性を出してこないんですよねぇ、この番組。
もうね、玩具を売る気があるのかと言いたくなります。まぁ、制作側としてはカンケーねえやとか思っているのかもしれないですが(うわ)。

king of VAMPIREでキバ…初めて聞きました。
ファンガイアの王みたいな設定は最近やっと知ったんですが、それらの設定はちゃんと劇中に活かされるべきモノなのかが相変わらず不明ですからね、この番組は。
そもそもシリーズ折り返し地点で、何か設定に関する事を語ってくれたかしら…。


>ソラフさん
デザインがあれなのは毎年ですから(ちょ)。
仕方ないですよね。あくまでノーマルのデザインを百点にして作っているわけですから、そこに何か足しても蛇足になってしまうのは否めないです…。

キバットですら未だにちゃんと活躍のベースが出来ていないというのに、タツロットという…わざわざキャラクターにする事無いような気もします。
ただでさえ恵さんがハブってるのに、絡ませる余裕なんてあるのかしら。いや、無い(こら)。


>MFさん
そうか。キバがキングで、それに仕える4人がチェックメイトフォーなのですね。
クイーンの力が転生するように、キングの力も転生して渡にあるとしたら…86年のキングはいったい誰なのかとか、転生というコトは死んでいるのかとか、結構ワクワクじゃーないですか。

あ、こういうのがキバの楽しみ方なんですか?
へぇ~勉強になるなぁ(おい)。
Commented by 最近 URL at 2008-07-16 18:08 #- Edit
Title : 銀と桂
わー、ヅラ!戦隊から仮面ライダーにも出演おめでとう!ギンバットとヅラロットの競演ですね!
Commented by doudeshiyou URL at 2008-07-16 20:08 #km3WknHQ Edit
Title : ドラマテックが止まらない?
う~ん、微妙。
正直、本作品はライダーとは見れないので
かと言ってこのまま観ていこうと思うのですが
ここまでドラマの流れで今回新フォーム登場は
やはりスポンサーの意向が大きいかと。
暴走した熊さんに対してドカバキフォームでも良かった
訳だし、ここで新フォーム登場の必然性もあるのか
というのも疑問だし。

残念ながら本作品で平成ライダー終わりという噂も
出てきてます。正直「ライダー」という名称もつけるのも疑問が出てきてます。
もし来年もライダーやるなら王道復古という訳で
やはり改造されちゃった仮面ライダーを・・・

でもやはりいろいろ難しいのでしょうか?
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-07-16 21:09 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>最近さん
共演。だけど…微妙ですよね…。
また要らない子が増えたって気がします(ちょ)。


>doudesiyouさん
販促自体は別にいいとして、戦隊やプリキュアさんはもそっと上手く処理している事を鑑みると、キバはそういうポイントがホントになってないです(うわぁ)。
某カブトさんも決して上手い方では無かったですけど、あれより処理がなっていないような…。
その内、空からいきなり剣が降ってくるのかも…。

改造人間は…ねぇ。
改造人間を「人ならざるもの」にしてしまうと、実際に機械を身体に埋め込んでいる方に対して失礼にあたりますしね。
まぁ正直「人ならざる悲哀」さえ描ければ別に機械の改造人間でなくてもイイとは思うんですけど。
つか、キバにもその種はちゃんと植え付けられているのに、何故かそれをドラマ化しない罠です…。
Commented by ましゃと URL at 2008-07-17 17:12 #U.WK5Jc6 Edit
Title :
キバって設定だけ見てると、なんだかものすごく面白そうですよね!
前作のラストを見返すたびに予告が流れて、それを見ていつも感動するんです。どんなにワクワクする話なんだろう、ああ、早く本物の「キバ」が見たいなあ!

……というのは1割くらい冗談だとして(ぉ)、最近は劇場版の予告が流れるじゃないですか。もう楽しみで仕方ないですよ、どんなにワクワクする話なんだろう!


……あれ?デジャヴ?
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-07-17 21:57 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>ましゃとさん
■あらすじ■
吸血鬼と人間のハーフであり吸血鬼の王たる力を持つ主人公が、自らの同族である吸血鬼に反旗を翻し、従える三体のモンスターとともに人間の為に戦う孤高の物語――。

うわぁ~なんだろうこの話。凄く面白そうです。
いつから放送するんですか? え、もうやってる?
しまったー、見逃したー!
日曜朝8時? キバの裏でそんな面白そうなのやってたのかー、クソー。

劇場版は毎年趣向が凝らしてあって興味が惹かれますよねぇ。
でも、何故か多くの場合、劇場から出てくると苦笑いしている自分がいるのは何なんでしょう…(うわ)。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from きゃんずぶろぐ at 2008-07-15 21:28
タイトル : 仮面ライダーキバ 第24話
仮面ライダーキバ 第24話「皇帝・ゴールデンフィーバー」。年を取らない夫と22年を暮らした妻の心情いかばかりだったことか。そういうことを思った一本。 以下読みたい方だけどうぞ。
Tracked from ふしぎなことだま at 2008-07-16 02:03
タイトル : 仮面ライダーキバ24話 タツロットだー!
おとーやんは、とりあえず無事と。うむ。まぁそうだな。 割とピンピンしてます。いつも通りな感じです。頑丈だな(w ・・・おとーやんを助けたのは、あの昭和カポーであったか。 私はてっきり、マヤが助けて恋に堕ちるのかと思ってたけど、 マヤとの関係は、まだまだの様...
Tracked from SISTER\'S SHIP at 2008-07-16 06:20
タイトル : 仮面ライダーキバ 第24話
え・と・・・・・・ 私が今視聴している日曜朝8時のテレビ番組ってなんでしたっけ? 確か変身ヒーローという冠のある番組だと思ったのですが? 違ってましたっけ? おっかしいなぁ~ 私別にこんなラブコメ(?)見たいわけじゃないんですけど。 特撮に恋愛が
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2008-07-16 07:57
タイトル : 仮面ライダーキバ 第24話
「皇帝・ゴールデンフィーバー」 脚本:井上敏樹 監督:石田秀範 アクション監督:竹田道弘 キバットバイオリンおけ!! 幼年誌のおまけじゃなくて、お風呂アイテムとしてキバットシャンプーやイクサナックル型ボディブラシとともに発売するべき!! 過去。次狼に倒さ...
Tracked from まぜこぜてみよ~う。by青いパン at 2008-07-16 08:48
タイトル : 『仮面ライダーキバ』、第24話「皇帝・ゴールデンフィーバー」の感想。
★TBさせていただきます★『仮面ライダーキバ』、第24話「皇帝・ゴールデンフィーバー」の感想ですっ。 力の告白の合成シーン、無駄に金かかっとるな(笑)。
Tracked from Happy☆Lucky at 2008-07-16 10:05
タイトル : 仮面ライダーキバ第24話「皇帝・ゴールデンフィーバー」
第24話「皇帝・ゴールデンフィーバー」
Tracked from ふぁくとりいD at 2008-07-16 19:55
タイトル : 仮面ライダーキバ 第24話 黄金バット?!(笑)
仮面ライダーキバ 第24話 「皇帝・ゴールデンフィーバー」 脚本:井上敏樹 監督:石田秀範 アクション監督:竹田道弘 (ジャパンアクションエンタープライズ) 1986年。突然いなくなった音也(武田航平)を心配するゆり(高橋優)に、次狼(松田賢二)は音也はファンガ
Tracked from blog mr at 2008-07-17 06:58
タイトル : キバ「皇帝・ゴールデンフィーバー」
 なるほど、深央がクイーンなわけだ。  となると、真夜が渡の母とは限らない、ということになってくるが。尤も、クイーンが世襲制とは限らないし。あ、渡と深央は異母兄妹、禁じられた恋ってのもあり?!  囚われのゆり。  今回に限っていつものムチを持ってないのね。...
Tracked from Ondul Blog ver.β at 2008-07-18 15:02
タイトル : キバじゃないタツロットだ
仮面ライダーキバ 第24話 『皇帝・ゴールデンフィーバー』雑感銀さんとヅラ(桂)じゃん…でってゆう。いや、かなりテンションのおかしすぎるヅラだけどさww ※以下、ネタバレありついにエンペラーフォームにキャラなりしちゃったキバ。紅渡(瀬戸康史)&キバッ....
タイトル : 仮面ライダーキバ 第24話「皇帝・ゴールデンフィーバー」
人気ブログランキングの順位は? テンション、フォルテッシモ~♪ 巨大戦の実況の次は、ライダーVSファンガイアの実況でつか・・・?
Tracked from §相棒馬鹿 at 2008-07-19 13:31
タイトル : 仮面ライダーキバ24 皇帝・ゴールデンフィーバー
先週に引き続き今週も恋愛話だったけれど やっと?進展があってほっとした。 相変わらず人の行動に対するツッコミどころは いっぱいあった...