FC2ブログ

Yes!プリキュア5GoGo! #20「こまちとまどか 二人の夢」


そう、昔の話です…。

今回は、派手さは無いけどちょっと温かい姉妹の話。
先週のアクション巨編とは打って変わって、日常系家族エピソードというワケですね(え)。

中の人も野沢雅子ばりに頑張ってくれましたし。
■それでは歌って頂きましょうー、夢想花

和菓子本舗「小町」の秋元姉妹。

身長と色設定と尻尾の有無が見分ける基準というぐらい二人の姿はよく似ている。
性格の方こそサッパリと気前のイイ姉と、優柔不断(かれん:談)でカブトガニな妹ではあるが、互いに心配して想い合う仲の良い姉妹でもある。

こまちの夢は小説家。
まどかの夢は伝統を守りつつ美味しい和菓子を作るコト。

その二人の夢の起点は、かつて姉の作った白玉団子と、妹の書いた手紙。
まどかは美味しそうに団子を食べる妹の笑顔に惹かれ、こまちは手紙を読んで喜ぶ姉の笑顔に惹かれた。
夢も性格も違う二人の姉妹だけど、二人とも互いの笑顔に夢を見出し、同じモノを追いかけている似た者姉妹なのですね。
それは気持ちのこもった手紙であり団子であったからこそ、笑顔を生み出すコトが出来たのです。
ルールに準拠しただけで気持ちがこもっていない、報告書という名の紙切れには生み出せない力があるというコトなのですね、ふむふむ。


次女であるはずのこまちの名が、何故に屋号の「小町」から来ているのかという謎もまさかの解明。
ほっぺたが大福みたいに柔らかかった妹に、大好きなお店の名前を付けたという姉。
生まれた時からまどかはこまちが大好きなのねん。

うららの母が女優であったという情報もそうですが、やはりこういうキャラクターに関する重要な情報を一期では意図的に出し惜しんでいたワケですね。ほれ、二期でやる事が無くならないように…てことは、さすがに三期はもう無い…よね?(え)

こういう真っ向勝負の家族話ってプリ5は本当に少ないのですが、何だかホッとした気持ちになれてやっぱエエですなぁ~。
もっと色々掘り下げればさらに好いと思うのですが…まるで「家族」をモチーフにすると地味すぎてお子様には訴求力が無いとでも制作陣は思っているかのようにすら感じます。何故でしょう。
でなければ「自然」的な要素を入れるのでもイイかと思います。あるいは「星」的なモノでも。
え、ダメ? なんで? トラウマ? どゆこと?


こまちとかれんの、うるさくない抑えた感じの友情も、年長組だからこそ見せられる友情の形って気がして素敵です。さすが年の功(おい)。
レモンさんじゃこうはいきまs…あ、そもそも友達いねーんだった。

姉妹話にこまかれまで入って来て、見事なこまちスペシャル。
正直今回レギュラー陣の中では、こまちとかれんとナッツがいればそれでイイんですよね。
大学にぞろぞろと一同で着いて来る必要性は無いし、変身だってミント一人でよかったと思うし…まぁ、それを言ったら毎回なんだけど(うわ)。

てか、もっと言えばバトルの必要性一切無かったしな(ちょ)。
バトルの前に姉妹の問題は無事に解決してしまい、完全に消化試合化しています…。

ただ、普通にイイ青春劇の中に取って付けたようにバトルシーンが入るという展開は凄くプリキュアぽくてグッと来ましたけどね(え)。

うん、思い返すとバトルの有機性の無さとか、無印の頃は大体こんなモンでしたもんね(こら)。


■ただ矢部さんはバトル演出が うわちょなにするんだやめr

来週も割と日常系に根ざした話のようですが、今までプリ5に欠けていたモノが補填されていくってコトなのでしょうかねぇ。
ありがたいなぁ…。

そして、予告でカレー粉を握る黄色をオレは見逃さない(は?)。

プリキュア5 各話レビュー
関連記事

コメント

声が似ている

 何だか、前回の『プリキュア5GoGo』が一ヶ月位前のような気がする。う~ん、歳かな?

 キュアちっす!!エリオットです。

>今週のイラスト

 キューティーハニーはまどかさんの夢と云うよりは正体では(笑)
 お姉ちゃんが昔倒し損ねたエターナルを今妹が…って、30分前の番組ですね…。
 話が変わって、この前Webラジオで草尾毅さんが、永野愛さんとカラオケに行って、永野さんの『キューティーハニー』を聴いたと言っておりました。声優のカラオケ大会ってのぞいてみたい…。
 またまた永野愛さんの話なのですが、普段の永野さんって声が山崎和佳奈さんに似ていると思うんですけど、TJ-type1様はどう思うでしょうか?

>こういう真っ向勝負の家族話

 そうですねぇ、やはりプリキュアが5人いると家族よりも友情を見せていった方がやりやすいんでしょうね。ボクの実情をよく考えたら、学生時代の近しい友人でも家族まで知っている人なんてあんまりいないし、家族ってもう古いのかもしれない。これも現代の縮図?

>キャラクターに関する重要な情報を出し惜しんでいた

 実は考えていなかっただkうわちょなにするんだやめr…。
 仮にそうだとしても、この繋ぎ方はナイスですよ。

>こまちとかれんの、うるさくない抑えた感じの友情

 友情の理想形ですよね。のぞりんやのぞうらと好対照ですね。何か凄くオトナな『女性』って感じです。ホラ、綺麗にまとまった(笑)
 そういえば、ヴォーカルアルバムのキャラソンの歌詞の内容って、心境暴露系と夢原賛歌のどっちかしか無かったように思います(レモ子除く。彼女はアイドル)。是非、今期のアルバムではこまかれも、と思いますね。

>バトルの必要性一切無かったし

 確かに。そんなどうでも良い戦いに負けて毎週アナコンディさんに怒られているエターナルの皆さんが不憫でなりません。
 でも、必然、必要で展開がガチガチの物語は疲れますし、まあ、いっか、ですね。

>トラウマ?

 何でみんなそんなに2年も前のことが忘れられないんですか!?そんなに面白いんですか?分かりましたよ、とりあえず劇場版だけでも観ておきますとも(笑)

 ではでは、また『キバ』辺りで。

◇コメントありがとうございます!◇

>エリオットさん
キュアちっ…あぁ、ダメだ、指が動かない。どうしてもその単語は入力出来ないようだ…。

永野さんと山崎さんですか…たしかにまどかには通じるものがあるような気がしなくもないような…。ということは、山崎さんに何かあった時には名探偵コナン&こまちの共演が!(ちょ)

ふと思ったのですが…ようやっと家族話もやるようになってきたこの番組ですが、パルミエの奴らはそもそも家族構成自体全く明かしていない奴らなので、こういう話の時にはほぼ絡めない気が…。
まぁ、もっといえば人化してプリキュアと居並ぶ事が出来るようになったミルクなんて、こちらの世界に友達すらいませんけどね(がふっ)。
奴らの所為で家族話や友情話の深化ではなく、童話世界という方法論を持ち出されたのでしょうか…。
それまでケモノはただのアイテムだったから別にどうとでも良かったけど、下手に人化したりするから…ブツブツ…。

ちょ、あのトラウマプリキュア(おい)を観ていないんですか?
なんてこった。仕方ない、とりあえず大塚演出回と満と薫の出てる話は全部観ておくコトですな!

屋号の名前が妹についている理由は後付なのかわからないですけど、ああいう感情的にも理解しやすい話になるとはびっくりです。
で、お話単体としては凄く良かったと思うんですけど、そろそろフローラのフぐらい思い出さないと最終回までにたどり着けないんじゃないでしょうか(笑)。

>>パルミエの奴らはそもそも

いや、きっと「エターナルの館長はシロップの父親だった」とか、そういう話がっ(笑)
まぁ、エンターテイメント性重視ならそれはそれで良いんですけど、今回みたいな話がちゃんとしていて、浦島話が絵的な面白さで留まってるのを見ると、ホントは日常話がっつりやりたいんじゃないの~?ってツツきたくなりますよね(^^;)
なんだかんだ言って毎度毎度、前シリーズのトラウマをバネに、飛びすぎて時々戻ってみたりするのが、このシリーズらしさっていう気がしますが~。

で、輝いたり煌いたりするトラウマですが、pixiv参加者のblogなんかで最近見たって感想見てると、本放送時のムードに囚われず見てるから、素直に楽しんでる感じがありましたの~。

お勧め話は人によると思いますが、単発で見てケレン味があって、かつ他の話との繋がりをあまり気にせず見れるという意味で32話か、DVDごとであれば9巻が良いかなぁとか(35話好き)。
映画は時間的に食い足りない面があると言いますか(略)

◇コメントありがとうございます!◇

>黒森コウさん
フロー…ラ…?
ん~と、ぎりぎり「パルミン」という言葉は記憶に残っているんですが、その単語はちょっと分かりませんねぇ。
まぁ、覚えていないという事はさほど重要でもないのですよね、ええ。

確かに、プリ5は良くも悪くもトラウマに縛られているという感じはしますね。
必要以上に前作の要素を避けようとしてしまっているというか…。
でも、やっぱり本当は日常話が好きなんでだと思いますよ、だってスタッフほぼ同じだし。

トラウマプリキュアの35話はアレですね、飛行能力をフルに活かしたアクションが冴え渡るという…アレは好い…。
どうしても大塚演出回に目がいってしまうのですが、全く意味の無いミミンガとかも結構好きです。不覚にも「私の部屋」で爆笑してしまいましたからね。
キントレスキーは…好い!

やっぱりプリキュア、百年やっても大丈夫!?

おこんばんわー。

家族・日常・・・プリ5にはまだまだネタが埋まっている。
そんな予感を感じさせる良いお話でした。これならいける!いけるぞ、第三期!

>さすがに三期はもう無い…よね?(え)

あ、あれ。腰が引けてますね。
私が思うに、あと「自然」と「星」があればプリキュアとして完成する・・!そんな気がするんですけれどねえ。特に「星」は重要な気がします。特に根拠はないです。


>ちょ、あのトラウマプリキュア(おい)を観ていないんですか?

「トラウマプリキュア」って何!?
これまた旧作に対する斬新な命名ですね。今、歴史に残る呼称の誕生に立ち会った気がします。今度使わせてもらいます(え

トラウマプリキュアといえば、第9話なんか端役の鳥女子が小綺麗だったりしてトキメキを感じた回ですねえ。しかしまあ一番良いのは14話から23話まで一気に見る。ノンストップで見る。エンドレスで見(略


さて型落ちプリキュアは置いておいて。

>そして、予告でカレー粉を握る黄色をオレは見逃さない(は?)。

カレー粉まぶせばなんでもカレー風で誤魔化せますよね・・。黄色い革命は食卓の上にまで迫っていたとは、気がつきませんでした。

 30 年くらい経ってから、「長女はあたし!」「あたしの名前!」と、どっちが店を継ぐかでもめる…というのはくたびれた大人の妄想ですね、はい。

◇コメントありがとうございます!!!◇

>ayumieさん
三期ですかぁ…確かに今までにやっていない要素である「自然」とか「星」とかを入れれば可能性は開ける気はしますが…でもまだ何か足りないような気が…。
そうか! あれですよ、明確なライバルキャラがいないからですよ!
ただの敵とは違う、プリキュアと対になる存在のキャラクターが!
凄く人気が出そうな気がします。根拠はありませんが、もいかしたらプリキュアよりも人気が出てしまうかも…。いや、でもさすがにそれは無いですよね、アハハー。

前期でレモンがカレーを作っていたのは母親の思い出があったからだと思っていましたが、あの予告を見るとただのカレー好き女に思えてしまいます。
それじゃホントにキレンジャーだよ、レモン…


>makirayさん
何ですかその橋田寿賀子的プリキュア。
嫁姑、遺産相続、老後問題…
プリキュアは解決できるのだろうか…うん、無理だね。
非公開コメント

トラックバック

秋元姉妹・夢を語る。

第20話『こまちとまどか 二人の夢』 2週間ぶりのご無沙汰です。昨日の神戸みゆきさんの訃報でほぼヘコんでいましたが、夢の中で神戸さんの声...

Yes! プリキュア5 GoGo! #20

久しぶりに、こまちのお姉さん・まどかが登場するお話でした。一週お休みしてのプリキュア5でしたが、何だか今回は微妙なお話でした。個々の要素は面白いのですが、全体として何だっ...

Yes!でGOGO!なプリキュアレビュー(「こまちとまどか 二人の夢」・20話)

こまちさんとこまちさんのお姉さんであるまどかさんの互いを想う幼少を含めた(?)素晴らしい姉妹の仲のお話でしたね。 実家が和菓子屋であるこまちさんの家。普段はこまちさんのお姉さんであるまどかさんがお店...

Yes!プリキュア5GoGo! 第20話「こまちとまどか二人の夢」

Yes!プリキュア5GoGo!の第20話を見ました。第20話 こまちとまどか二人の夢「呼んだか?」「お呼びした理由はお分かりでしょ?書類をいつ提出していただけるのですか?」「そんなの書いてられるかよ」「いいですか?報告書の提出はエターナルで定められた決まりなのです」...

Yes!プリキュア5GoGo!(第20話)

久しぶりに落ち着いた感じの内容でしたね。 というか、当たり前にあるものが「ない」という状況は、なんかおかしいので。 番組を見ることができる当たり前の朝を、よかったと思ったのでした。 気になったところ。 ・春日野のセリフが異常に少ない。スケジュールが合わなか...

Yes!プリキュア5GoGo!#20「こまちとまどか 二人の夢」

こまちは、姉・まどかのことで悩んでいた。旅と美術が好きなまどか。大学でも美術の勉強をしている。両親は彼女に和菓子店を継いでもらいたいと思っていたのだ。こまちは幼い頃、まどかに手紙を書いたことがきっかけで小説家になる夢を持っている。まどかにも夢を追ってほ...

[Yes!プリキュア5GoGo!]Yes!プリキュア5GOGO第21話「こまちとまどか二人の夢」

 ああ、成る程、エターナル恒例の「報告書」って、プリキュアさんの「手紙」の対立要素だったのね。今までちょくちょくそういう使われ方はしてたけど、そういう位置づけだったんですね。 手紙形式なんかよりも、相手に伝えたい気持ちを書けばいい気持ちがあるから届く!(

Yes! プリキュア5 GoGo! 第20話 「こまちとまどか 二人の夢」

先週の夢のような放送から早一週間。 再び秋元姉妹のお話です。         こまちさん:「お姉ちゃんばっかり映して!ちょっと出ただけでそんなに         好きになったの?!しかも私、見切れてるし!!!」 いや、ね…。やっぱり女子大生でしょ。。 仕方な

Yes!プリキュア5GoGo!/感想/第20話「こまちとまどか 二人の夢」

 「こまちって何でお店の名前と同じ“こまち”って名前なの?」(水無月かれん)  Yes!プリキュア5GoGo!第20話「こまちとまどか 二人の夢」の感想です。

Yes!プリキュア5GoGo! 第20話

「こまちとまどか 二人の夢」 脚本:村山功 演出:矢部秋則 作画:奥山美佳 美術:増田竜太郎 憧れのキャンパスライフ そんな風に思っていた時期が私にもありました・・・。 ナッツハウスに現れた、こまちの姐まどか。「一週間も何処に行ってたの?」と問い詰めるこ

Yes!プリキュア5GoGo! 第20話「こまちとまどか 二人の夢」

既に先週、感想は書いた気がするので簡易更新で。 ■Yes!プリキュア5GoGo! 第20話「こまちとまどか 二人の夢」   檸檬:  「どうだった?」「こまちさんの新作」  「ねぇねぇねぇねぇねぇねぇ」   檸檬:  「そうだ」  「どうなのどうなの?」   檸檬: ...

Yes!プリキュア5GOGO! #20..

こまちさんは、プリキュアチームではかれんさんと二人で「年長組」。よって、普段はど

Yes!プリキュア5GoGo! 第20話 『こまちとまどか 二人の夢』

みんな大好き秋元さん。 秋元さんといえばギャク回。そんな定説を覆す、ほんわかしたお話でした。最近は家族強化月間なのか、家族がらみのお話が続きますね。どれもとってつけたよな設定に聞こえるのは気のせいですとも、ええ。きっと私たちの家族話や自然を求める熱い想

Yes!プリキュア5GoGo! 第20話「こまちとまどか二人の夢」

美しき姉妹愛。 こまち・まどか姉妹メイン回。まどかさんは久々登場。 で、声優は同じ永野愛さんなんだよね。アフレコはどうやってるんだ...

Yes!プリキュア5 GoGo! 第20話

 2週間ぶりのプリキュアでしたねー。 この2週間のあいだで実は今週まどか(こまちのネーちゃん)が死んじゃうって話が流れててモロ信じち...

Yes!プリキュア5GoGo! 第20話こまちとまどか 二人の夢

朝日放送 | Yes!プリキュア5GoGo! こまちの姉、まどか久々の登場。どうやら旅行にいっていたようだ。 ちょうどナッツハウスでは、こまちの小説をナッツが読んでいた。 ナッツがこまちの小説を誉めると、まどかは喜んでいた。 まどかは大学に課題を仕上げるため、ナ

プリキュア「こまちとまどか 二人の夢」

 かれんって、右から見るとあんな顔になるんだ。まぁ、そうかもしれないんだけど、前半、こまち と二人で話してるとき、誰? って思ってしまった。  小説を書いてて自分を投影してしまうってのは良くあることだと思うが、あまりにストレート過ぎないかい。  アナコン

Yes!プリキュア5 Go!Go!感想:第20話「こまちとまどか 二人の夢」

秋元Spirits、始まるよ。 ま:「人よか遅れて来る上に、人よか先にボケたおす子だった事を忘れてたわ・・・・」 手が進まず、時間かかってし...

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事