FC2ブログ
2008年 06月 13日
本日放送は「父の日に地下鉄を」と「恋するジャイアン(前編)」でした。

「父の日に~」は、原作でパパの名前が「野比のび三」表記である事が物議を交わした問題作(え)。
ドラえもんの尻尾は電源スイッチか透明機能か、というぐらい初期と中期以降では設定がちぐはぐだったりするのもまた「ドラえもん」と言いますか。試行錯誤の様子が伺えますなぁ。
ま、中にはガチャ子のように闇歴史にうわちょなにするんだやめr

パパの為に会社まで地下鉄を作ろうという、副都心線開通記念…ではなく、あくまで父の日チョイスなエピソード。
後半はほぼ原作のまんまだったようですが、前半部にパパが最近お疲れの御様子であるというオリジナルパートを入れ込んでおりました。
意図は凄く分かるんですけど、正直そのオリジナルパートはあっても無くてもイイ気がするな(ちょ)。
特段それが邪魔して来るコトは無いんですけど、かといってより面白く機能するエピソードというワケでも無くって…。
もっと本気でぶつかって来いよオラァ、て感じですか(え)。

「恋する~」は何故か来週のAパートオリジナルエピソードへと続くらしいです。
前にもありましたけど、Bパートから来週のAパートに続くとかホントどうなんでしょうね、その構成? 普通に一週でやればええのんちゃうの?
まぁ大ベンジーと小ベンジーとか、ミナミちゃんの露骨にジャイアンを嫌がる感じとか面白かったけど(おい)。

ただ今回嫌われたのはジャイアン本人というよりも、のび太やスネ夫憑依時のジャイアンでありますからして。予告を観る限りでは、来週は実際のジャイアン当人の魅力による挽回が成されるような、そんな感じでしょうか。
あぁ、小ベンジが川にー!


なんていうか、いつもの「ドラえもん」が戻って来ましたね!
微妙に惜しいストーリーと微妙に古い演出、微妙にやる気の無い作画。
いやはや、コレはとっても安心感がありますなぁー(おい)。

だって普通にイイ話ばかりが続くとレビューも書き辛いですしね。
レビューってのは60~70点ぐらいの、ちょい抜けた程度の作品が一番書き易いのですよ、うむうむ。
ほら、某激獣s(ry
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :