FC2ブログ
2008年 01月 06日

もっと開き直って歌うのかと思ったら、意外と控えめでした。
たぶん、これからどんどん壊れていくんだと思います。


「ケータイ刑事 銭形海」3rdシリーズ。
ケータイ刑事初の3rdシリーズですが、だから何だってコトはありません。いつも通りのケータイ刑事です。

今回のトリックも簡単ではありましたが、個人的にはくだらなくて好きです。
当たり所を偶然に頼るとはいえ、実際やったら本当に死ぬんじゃなかろうかという…想像するとマジで痛そうな感じが好いですね。サクッ!痛ぇ!
でも、あの場合の死因って失血死なのかなぁ…フツーに脳ミソへのダメージで死ぬ気がするんですけど。

クィーン女優・宝積由香が犯人…というのはシリーズ第1話の最近のお約束の一つだったりしますが、「海」2nd第1話ではそれを破って途中で殺されてしまったりして、お約束を逆手に取って裏切る展開もありなのだと示されていたもので、今回も途中までは犯人じゃない…のか? と意外とサスペンス。
まぁすぐにボロを出すけど(うわ)。

視聴者の心理を読んで、その裏をかいて…と思わせてまたその裏を行って…と、なかなか先が読めません。
俯瞰すると「裏の裏は表」というだけでしかないのかもしれないですが、ただ単に「表」を見せるのではなく「裏の裏」として見せる事が重要になってきているような気がする。

シリーズ累計百何十話もやって、しかも多聞ルールで「前やったトリックは二度とやらない」というコトになっているケータイ刑事。
そうなると、さすがに全く新しいトリックや物語を生み出すというのは難しくなって来ていると思います。しかも、相棒はともかくとして、ケータイ刑事の方のキャラクターはみんな大差無いという変化の虚弱性もネックですよねぇ…。(まったく違うキャラクターのケータイ刑事もそろそろイイような気がしないでもない…)

そうなると、たとえ俯瞰視した時に同じように見えるモノでも、展開の仕方を変えるという手段で違ったモノに見せるしかない。
ケータイ刑事はそういう段階に来ちゃっている気がしますね。

しかし、そう考えると「水戸黄門」ってやっぱ凄いわ… あれもフォーマットはかっちり決まってるし、キャラクターだって大きく変えられない中、もう壱千何百話もやってるワケで…先人の力に恐れ入るとしか言えん…。


まぁ今回はテレビでは初相棒となるマツのおかげで、初回のお約束もいつもとはちょっと違ってる感じで好かったですけどね。
マツも映画の時は自由過ぎるキャラな気がしましたが、今回を見ると割とすっぽり収まっていて安心出来ました。
開き直ってギターを握るのは、はたして何話からなのだろうか…
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by MEICHIKU URL at 2008-01-06 01:06 #AIlHpmOk Edit
Title : お約束も良いんですけど...
今回、最もビックリしたのは「着ボイスDL」のお知らせのコーナーといったところでしょうか。(笑
まさか、正月のご挨拶があるとは思いませんでした。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2008-01-06 01:23 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>MEICHIKUさん
あと、出来ればOPのライブも3rdヴァージョンにしてほしかったですねぇー。
とりあえずこれまでの中では今回の髪型が一番好きだったので(そこかよ)。

というわけで、今年もひとつよしなにどうぞ。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MEICHIKUえんため・ぶろぐ at 2008-01-06 01:07
タイトル : ケータイ刑事銭形海27話(3rd.1話・感想)+28話(3rd.2話)予告
二段構成で記している「銭形海」。放送後の最初は、いつものように簡単な感想と次回予告について、思ったことをそのまま記しています。今回の物語は、シリーズで初の3rd.シリーズに突入(3クール目に突入したのは「泪」「雷」に続いて3作目)したその第1話(通算では27話
Tracked from MEICHIKUえんため・ぶろぐ at 2008-01-08 00:03
タイトル : ケータイ刑事銭形海27話(3rd.1話)
二段構成として記している「銭形海」。こちらの方は物語の中身を追っている長文&ネタバレたっぷり編です。今回の物語はシリーズ初の3rd.シリーズに突入ということになった物語である。基本的には、第1話のお約束を楽しむ物語であるが、新パートナーがTVシリーズには初め