FC2ブログ
2007年 12月 31日
ドラヂオに三石さんが…何気に豪華だよ、ドラヂオは…

ということで、本日は「来年はネズミ年だよ『ギャ~!』スペシャル」。
一時間弱という長尺の「のび太の小さな小さな大冒険」に、短編「天井うらの宇宙戦争(再放送)」「戦国時代のドラ地蔵」「もうすぐネズミ年だよ、ドラえもん」の四本が放送されました。
あまり余計なモノも無く、ただただドラえもん尽くしな二時間でした。満喫ですなぁ。

「のび太の小さな~」は原作「ドンジャラ村のホイ」。♪森の木陰でドンジャラホ~イ…
自然破壊への警告という社会派なテーマが詰まっている、原作後期らしいエピソードの一つです。

ホイはてのひらに乗るほどの大きさ、小人族の子ども。
それは小人族が小人なのか、我々が巨人なのか…結局基準は自分の方へ寄せて来るしかないのですが、自分との比較で相手を小さいとか大きいとか言い合っているウチは、いつまでも分かり合うコトは出来ないのではなかろうかという気がしてしまう哀しさ。
それなら自分たちが相手と同じ目の高さになればいい、というドラえもん達の行動はシンプルにして一つの指針ですね。誰もが皆そのように行動できたらどんなにいいか…

とりあえずホイの妹のクンが可愛い(え)。
衣装がアイヌチックになって、自然との共存を謳っている民族であるコトが強調されています。
原作では、ドンジャラ村の人々は民家の縁の下に新たな家を作っていましたが、今回は小人族と大人族との反発が描かれているだけに、大人族の家を利用するというアイディアはオミットされた模様です。まぁ、そーゆー両者の反目とか反発という要素が無いと尺が持たないんすよ、仕方ないんすよ。

ジャイアンとクンがキャンプに来ていた女の子に連れ去られてしまい、日没までに助けなければならなくなったのび太たち。
てゆか、あの長老がすんなりビッグライトを返してくれれば、小一時間で解決したような気がする…。
でも、返せば小人族の村の存在が明るみに出されるかもしれないって? へん、そんなの人質の一人でも取っておきゃいーんだよッ。まったく、応用力の無いジジイだぜ(ええー)。

原作では、ラストはアマゾンの奥地に移住してめでたしめでたしでしたが、今は原作連載時とは違ってアマゾンも開発が進んでいるからなぁ~…と思っていたら、スネ夫が同じコトを言及してアマゾンでは無い場所を見つけるというトコロに落ち着きました。ちゃんと時代の変化も考慮しているのが良心的。
あとは、あの過疎化した村がダムの底に沈まない事を祈るばかりです(ちょ)。

小人族も大人族も、昔は一緒に近くで暮らしていたというのに、時が経つに連れて大人族はその存在を忘れてしまった。
小人族というのは、現代人が忘れてしまったモノのメタファー。
現代人が失いかけているモノだから、大人族に比べて小人族の身体はあんなに小さいんですね…。気を付けなければ見つける事も出来ないけれど、でも確かに存在するのです。
いつか本当に消え去ってしまった時、そのコトにすら気付かないのかもしれないけれど、果たしてそれで良いのかと。

だから、小人を見たという話をする人がいたら、温かく話を聞いてあげましょう。
ほら、そこ、痛いとか言わない。


「天井うらの~」も「戦国時代の~」も、どちらも大好きな原作エピソードです。
特に「戦国時代~」の原作である「天つき地蔵」は、ホントよく出来たお話だと思います。
まず、天つき地蔵という話が、善人は報われるという童話にありがちなテーマを活かした普通によく出来たお話なもので、本当に存在する童話かと思うほどです。てか、子どもの頃は存在するって思ってた…。

これとドラえもんのタイムスリップ不運話がリンクするという多重構造な物語なのですが、統合された童話のキレイな話と、実際にドラえもんが体験する命からがらな話とのコントラストが非常に面白いと同時に美し過ぎるのです。
おそらくこのドラえもんの体験が後世に語り継がれ、後に「天つき地蔵」という童話になったのだろうと推測できる訳ですが、そういうドラえもんらしい時間モノのカタルシスも相まって、オレこの話そーとー好き!!

てゆか、36巻は当たりの話が多くてオススメ過ぎます。ドラマチックガスとか迷惑ガリバーとか、大予言の書、キレイなジャイアン、サケの泳ぐ川…とりあえず何巻買おうか迷っている人がいたら、36巻は買いだぜ!

最後は大量消費社会への警告で締まりますが、ドンジャラ村ほど説教くさくもなく、あくまでギャグナイズされているのも素敵です。
大量消費への警告という意味では、ドンジャラ村の話と通じているんですが、これは今回のスペシャルで合わせて来たってコトなのかしら。まぁ残り二つはあんま関係ないけど。

アニメも原作通りでしたが、すこぶる満喫。
つか、ドラえもんその村で冬越してるし…何ヶ月いたんだよ。

「もうすぐネズミ年~」は今日を逃すと放送出来るのが12年後というタイムリー過ぎる話。
のび太よりドラえもんがドタバタした方が面白そうな気も若干しないではありませんが、ネズミに過剰反応するのび太も楽しいですね。美夜子さんが出てきて嬉しいし、マウスに反応するのび太が面白かったよー。いや、だって、マウスは違うだろ絶対…くだらねぇ~。


総じて今日は全部面白かったなぁ~。
初春は逆にその跳ね返りが無いか心配だ(なぬ)。
そういや、「お正月だよ、ドラえもん」も久しくやっていない気がしてなりません。まぁ大山ドラの時は、過去作のストックが大量にあったから出来たってコトなのかもしれないけれど。

そんなこんなで、今年最後の記事も終幕。

来年もひとつよろしく…なんて、ぜ、全然思ってないんだからね!
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by sorcerer URL at 2007-12-31 22:09 #- Edit
Title :
TJ-type1さんこんばんは!

私もドラちゃん見ました!面白かった♪
TJ-type1さんみたいに深く考えながら
見てないあたりがアレですが・・・

天つき地蔵のは知らなかったので、新鮮に見られました!

ところで一番盛り上がってたのが、
絵描き歌でドラえもん描いても上手く描けないよ!
って話です。(特に昔のままでは)
堀北マキちゃんは上手に描いてたなー!

ドラミちゃんも顔だけやん!って言ってました。(ヒドイ)

っと、そんな年末ドラえもんでした!

今年も1年、素敵な絵を沢山見せてくれてありがとう!

来年もヨロシクお願いします♪

ではでは、よいお年を♪
(ってあと2時間無いけど)
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-12-31 22:36 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!◆
>sorcererさん
いやぁ~今日のは楽しかったですよぉ。大山ドラの時みたいに3時間になるよりは、2時間でもこのクオリティを維持してくれた方が嬉しいです。(何気に毒)

絵描き歌で上手に描くコツは、まず絵描き歌で描く前に何度も練習して空で描ける様になっておくことです。
絵描き歌で描けるようになるなんて幻想ですよ!
あれはちゃんとイメージが固まっている人間だから描けるだけの事!
まぁそれでもドラえもんとドラミの描き方を見事歌に出来ているのはスゴイんですけどね(たとえ顔だけでも)。

なんのかんので、一年間お世話様でした。
来年も一つよしなにお願い致します。
来年は姐さんにミルキィローズでも描いてもらうとするか~(ちょ)

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 銀河後悔日誌 at 2008-02-14 01:27
タイトル : あけましておめでたいの?
 今ごろではあるが、昨日の本放送をリアルタイムで観た後、続けて2007年12月31日放送の『ドラえもん』「大みそかドラえもん 来年はネズミ年だよ「ギャ~!」スペシャル」を観た。  テレビ朝日の『ドラえもん』サイト  「ドラえもんチャンネル」  北海道ドラえも