FC2ブログ
2007年 12月 30日
あの~…峰岸さんが電話を取る時に鳴っていた音って、科特隊かウルトラ警備隊の音ですよね?
でも、そのどっちか分からないオレはやっぱり一般人なんだわッ。
特オタなんて外で名乗れないんですわ、ウワーン!

そんなこんなで銭形海2ndも最終回。
1クールだというのに、パントマイムとか文化祭とか、ドラマの枠を壊す実験回が立て続けにあったりして、ある意味すごいシリーズでもありました。

つか、パントマイムはBS初とか言う前に、テレビ番組として危険すぎる! あれは地上波の深夜でもムリかもしんない…
やはり画と音と両方あって初めて映像媒体なワケですからね(まぁBGMはあったけど…)。
BSだからアレでもギリギリ…いや、ギリギリアウトかもしれんな、アレは…。テレビのタブーに対して果敢すぎるぜ、丹羽P。

文化祭は…確かに祭りでしたね。
基本的に舞台の延長上ではありつつ、そこにバラエティ番組の要素をぶち込んでいるわけですが、基本的に「テレビドラマ」というジャンルがベースにあるもので、いつも以上にすげーカオス!
いや、褒めてるんですよ。そんなテレビドラマ、世界中でも他に類を見ないと思います。
もう比較検証出来ませんよ、あんなの!


で、今回。

大量破壊兵器VX7ガスの散布を防ごうと奮闘する銭形達。
やっている事自体は「24」のジャック・バウアーと同じだったりしますが、スケール感が違いすぎる所がケータイ刑事。
大量破壊兵器!? 毒ガス!? 話が大きくなりそうな予感を煽って煽って… 大きくならない。それでこそ、ケータイ刑事! 大きな企画、小さな予算!

しかし、名前のアルファベットを握っていただけで殺人犯にしてしまうのは、ちょっと無理がありすぎるというか。つか、犯人が誰かの前に、事故ではなく殺人であるという証拠を先に提示して欲しかったですね。
あれじゃー、ただその人を怨みに思っていて握っただけ、かもしれないワケですし。
相変わらず「海」はトリックが弱い… たとえ現実に不可能なトンデモ技だったとしても、道理の通ったインパクトのあるトリックが欲しいですねぇ~。
ほら、大声で天井に吊っていたナイフを落として殺す、みたいな。あれは笑ったわぁ…


最終回らしく少しウェットに、しかし爽やかに描かれておりました。
個人的には、海との相性は高村さんより五代さんとの方が合っていた気がしました。
大政嬢は、猫目の、どちらかというと温度の低い美人という印象なので(猫目関係ないし)、都会派の高村さんより、暑苦しい馬顔の五代さんの方がバディとしてのコントラストがハッキリしていて、しっくり見れた気がしたのです。ブヒヒヒヒ…

そういう意味じゃ、次のマツは五代さん以上に暑苦しそうなんですが…
てか、また髪形変わるんですね。いや~グッと来た(え)。
最後のタイアップCMとかを見ると、最初は硬かった大政嬢でしたが、表情とか結構成長しているよなぁ…としみじみ感じますね。うむうむ。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by makiray URL at 2007-12-31 09:26 #RsdfxmUU Edit
Title :
 パントマイムの回は、オープニングもエンディングもいじってあって、やられた、と思いました。地上波でもときどき最終回とかでやったりしますが、あれは根回しが大変なんだそうで。さすが BS(-i) って感じ。
 シリーズ全体については、二人の設定がぶれて、なんだかなーって印象が強いし、確かにトリックも小粒になってるようだしでアレですが。

 3rd は、マツが連続シリーズでどんな感じになるのかが楽しみです。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-12-31 12:03 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>makirayさん
パントマイムOPは芸コマでしたね~。
ちょっとした思い付きだったりを実際に実行出来ちゃうのがBSの…いやケータイ刑事の素敵なところですよね。

設定…そういえば五代さんってもうちょっと普通の人だった気もしないではないですね。
なんか馬面である事ばかりが押し出されていた気が…
マツは久しぶりの新相棒(TVで)なので、引っ掻き回して色々と破壊してくれたりすると楽しそうかな~なんて思っております。
とりあえず毎回歌いそうだなぁ…

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MEICHIKUえんため・ぶろぐ at 2007-12-30 08:46
タイトル : ケータイ刑事銭形海26話(2nd.13話・感想)+27話(3rd.1話)予告
二段構成で記している「銭形海」。放送後の最初は、いつものように簡単な感想と次回予告について、思ったことをそのまま記しています。今回の物語は、2nd.第13話「さよなら五代さん! ~恐怖の神経ガス殺人事件」である。海ちゃんと五代さんのコンビは終わりということにな
Tracked from MEICHIKUえんため・ぶろぐ at 2008-01-01 00:22
タイトル : ケータイ刑事銭形海26話(2nd.13話)
新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 何だかんだで、新年1/1の1つ目の記事はやっぱり「ケータイ刑事」関係になりました。(過去2年もそうでしたし、これはやっぱり運命なのでしょうね...)二段構成として記している「銭形海」。こちらの方は物語...