FC2ブログ
2007年 12月 23日
久しぶりのドラえもん成分。
と言っても、バラエティなわけですが。

今年の春に放送した「疑問難問ドラえもん」の第二弾という事で、再びえなりかずきがのび太役に扮してドラえもんと一緒に勉強してゆこうという、そんな番組。
でも、相変わらずえなりかずきがのび太でいる必要性はありません。フツーにえなりかずきのままでイイと思う…。

今回も関東ローカルなんでしょうか?
前回はユルい内容のくせに2時間という長尺が身に沁みましたが、今回は1時間半という事で丁度イイ具合ではないでしょうか。
でもやっぱり最後の方は眠かった、ふぁ~…

てか、前回はドラえもんがCGだったのに、今回はアニメになってましたね。
まぁ…別にどちらがイイとか悪いとかも無いんですけど、やるなら統一して欲しかったかなぁ、という気もします。あと余計なお世話だけど、ドラえもんの足元に影を入れると、それだけで結構実写との融合性が上がると思うんだけどなぁ…あぁ本当に余計なお世話。

出演者は…ムダに多かった気が。
ドラえもんの授業を受ける、というコンセプトだけに生徒役としてある程度の頭数がいないといけないのは分かるんですが、全員がちゃんと機能していたかというと…残念ながらね。
なんか、オンエアで喋っていない人すらいたような…切ないわ。

内容に関しては、食べ物、動物、エコなどに関連した色んなクイズがドラえもんファミリーから出されてゆくという、そんな感じ。前回の驚きも何も無い情報に比べると、今回はあまり知られていない事実を明らかにするという意味では進歩してくれていました。
なんちゅーか、小学館から出ているドラえもんを使った学習マンガがそのままテレビになったような、そんな番組ですね。
ドラえもんというキャラクターを利用し、敷居を低くして門戸を広げ情報を伝える、という企画は割と生きていたと思います。別にドラえもんである必要性は無いのかもしれないけれど、そこは学習マンガと同じで他愛ない問題なのですよ、ええ。


小学館がドラえもんという国民的キャラクターの使用権を持っているのをイイ事に、節操無いくらい色んなジャンルの本にドラえもんを利用しているように(え)、テレビ朝日だってドラえもんのアニメだけではない活用方法を色々と試行錯誤してイイと思うんですよね。募金の名前だけじゃ手ぬるいぐらいですよ、ふんッ。

そういえば、来週はドラえもんとクレしんと、スパヒロ、マイハムなどがゴッチャになって番組やるそうですが(プリキュアは?)…新作なのか旧作なのかバラエティなのか…何なんすかね、これ?
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :