2007年 11月 25日

次週 恋のスカッシュ第2話「皇帝は彼女のパパ」をご期待下さい。

「恋のスカッシュ」
まるでレモンさんの為にあるかのようなタイトルだなぁ…。
スカッシュ、という事はやはりスポーツものなんでしょうか。
努力、友情、裏切り、そしてスカッシュの更なる極みを目指して旅へ出る男、それを待つ女…みたいな…。(え…)
題材がスカッシュという目の付け所が何とも新鮮です。きっとドラマをきっかけに、世の小中学生の間にスカッシュブームが巻き起こるコト間違いありません。

今から放送が楽しみでなりませんな~。


■こまうら

恋愛スポ根ドラマ「恋のスカッシュ」(え?)のオーディションでは、最後の別れの台詞を演者自ら考えてくる事も課題となっている。悩むレモンさん…
同時に、それは自ら書き上げている恋愛小説の、男女の別れの台詞に悩んでいるこまちと重なる。
「最後の台詞、あれで良かったんでしょうか」

「私も本当にイイ台詞だと思って…」

「本当ですか…?」

うららがこまちへ投げかけるのは、自分の考えた台詞に対してこまちが実は納得していないのでは、という不安から。
でもそれは、こまち自身の心の声でもある。

何度も何度も書き直し、一応それなりにまとまった。それだけやった事を自分も認めているし、出来上がった物だって悪くない。
そう思っていた時にぶつけられる問いかけ。

あれで良かったのか… 本当に…?

こまちの原稿は何度も何度も書き直され、決して安易に書き上げられている物ではないことが伺える。
でも、それだけ何度も何度も書き直しているのに、まだ答えが見つからないという…。

だって正解なんて無いから。

思いを伝えるベストの台詞にしても、小説の言葉にしても、コレという正解なんてモノは存在しない。
だったら、どうして正解の無いモノを熟考して見つけ出そうなんてしているのか。結局、それは自分が納得出来る為にそうしているだけ。
誰もが頷く絶対的正解が存在しないのなら、最後の基準は自分の中にしか存在していない。一瞬の閃きだろうと、長い時間をかけて捻り出そうと、それを自分が信じれるか否か、究極その一点だけ。

そして二人が見つけた答えは、あえて無言「………」。
オーディションでレモンさんが、やけに溜めの長い女、と見られないか心配だ…。


しかし、こまちが小説で別れを描くと言う事は、いつか来るナッツとの別れをにわかに感じているってコトなんだろうなぁ…。のぞみの方は…どうなんだろ…。

ところで、小説でそこまで一個の台詞って重要なんですかね。小説の場合、内面描写を細かく書き込む事が出来る為、台詞というモノにそこまで頼る必要無い気がするんですが…(て、完全に素人考えだー)。
逆に、台詞というモノにこだわるのは小説よりシナリオだったりするんですよねぇ。映像の場合、言葉で事細かに説明するコトも出来ませんし、シナリオに書いてあるモノって、その殆どは台詞なんですよね。だからこそ数少ないメッセージを詰められる場所である台詞一つに対して、凄く重きを置く。今回の話は小説というより、やっぱりテレビのライターさんが書いているからこその話になってるなぁ、なんて気がしちゃいました、うん。


■プリキュアはふたり? いえ、五人です。
「目指す道は遥か遠いのに、どうして行くのですかッ」

「空に太陽が昇るように、この道が希望へと続いているからです!」

うららとこまち、明確な夢を持ち、その夢を追う二人だからこそ知っている、道の険しさ。しかし、それを知っても尚、その道を進む決意が表われている。

女優という夢、小説家という夢。
互いに夢を持ち、そこへ向かって努力する者同士だからこそ通じ合える想い。
学年が二つも違うという事もあってか、なかなか珍しい取り合わせのふたりだよなぁと思っておりましたけど、今回の話は、五人の中でこのふたりにしか出来ない、ふたりだからこそ出来る話なわけですね。なるほどなー。

言葉無しでも通じ合うふたり。
そしてさらにバトルにおいては、それが五人へ昇華する。

ブラッディさんは意思の疎通を否定する。
確かに人の心なんて分かるワケが無いし、分かったなんて思うのは傲慢なコトだけど、だからこそ、どうにかして想いを伝えようと手を尽くす。
別れを告げてスカッシュの旅へ出る男に対し、どうしたら自分の想いを伝えられるのかと、必至に言葉を考える女のように。

「私の想いに気付いて!」

その想いに気付く四人。必殺技がミントの光を伝って集結する。攻撃技を持っていないミントだけど、ミントのおかげで思いが通じる&必殺技が炸裂するというのがチームぽくて美しい。

うららとこまちの、夢を軸に通じ合うドラマも普通に青春しててイイ話でしたし、バトルもメリハリが効いていて相変わらず座古さんウメェーて感じでありつつ、さっきの日常ドラマパートとキレイに繋がっていて、よりクライマックスが盛り上がります。
日常パートもバトルパートも、別個に見たとしても成立していて楽しく見れるんですが、二つ合わさるコトで更にパワーアップ。

よく出来たエピソードだなぁ。
あとは作画をもそっと…(うわ)。
そういえば、ダブルヒロイン制とはいえ、久しぶりのレモンさんメイン回でもありましたねぇ。いやー、もそっとはじけてくれても良かった気がしましたが…

べ、別に残念だなんて思って無いんだからね! か、勘違いしないでよね!

来週はりんかれですかぁー。
コンビエピソードでしばらく進むのかしら…。

プリキュア5 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by れおめたしん URL at 2007-11-26 22:55 #grGQ8zlQ Edit
Title : スカッシュなんてスポーツがあるなんて・・・
はじめまして。(前にも書いたかな?)
いつもトラックバックでお世話になっている、
「PULSE FICTION」の、れおめたしんです。
スカッシュなんてスポーツがあるとは知りませんでした。次回恋のスカッシュ第2話「皇帝は彼女のパパ」を楽しみに待ってます。
それでは、これにて失礼します。m(_ _)m
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-11-26 23:15 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!!◆
>れおめたしんさん
毎度お世話になっております。
コメントでは、初めましてですね。たぶん…。

スカッシュ、確かにマイナースポーツですからねぇ。でも屋内でやっている壁打ちテニスの映像は、何処かで見たことあるのではないでしょうか。
知らない間にスカッシュはボクらのすぐそこに来ているんですよ…ほら、アナタの横にも。

そして、残念なお知らせです。
「恋のスカッシュ」第二話以降は、製作会社の事情により、制作目処が立たなくなりました。
楽しみにしていた視聴者の皆さん、オーディションに来てくださったタレントの皆さんにも、この場を借りて深く陳謝いたします。(ペコリ)

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 日々の記録 on fc2 at 2007-11-25 18:55
タイトル : Yes!プリキュア5 #41
今回は、うららとこまちのカップリング^^;じゃなくて組み合わせという、ちょっと珍しいお話でした。うまく小説のセリフが出てこなくて悩んでいるこまち。その頃、うららはお芝居のオ...
Tracked from Sweetパラダイス at 2007-11-25 19:18
タイトル : Yes!プリキュア5#41「伝わる気持ち こまちとうらら」
うららがドラマのオーディションを受けることになりセリフを自分で考えるという課題を出される。それは、女の子がずっと好きだった・・・・男の子に思いを伝える別れのセリフ。『私・・・さよならは言えません』だが、うららはセリフが浮かばず悩んでしまう。そんなうらら...
タイトル : [Yes!プリキュア5]Yes!プリキュア5第41話感想「伝わる気持ちこまちとうらら」
 「プリキュア5最高!」と思わず叫んでしまった名エピソード。  有りそうで無かった組み合わせ、「春日野さんと秋元先輩」のお話。  秋元先輩は新作小説「一人の女の子が、心引かれる相手に出会う話(#35)」の「二人の別れ」のシーンの執筆中ですが、「別れの言葉」が出
Tracked from パズライズ日記 at 2007-11-25 19:22
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話
今回はうららとこまちが女の子の別れのセリフで悩む話。 言葉にしなくても伝わる気持ちは、それが出来る相手なら。 言葉なるものを介することによって劣化しない最高の手段となりえるという感じですかね。 作画監督は個性的なあのお方、この個性の安定感は味があって...
Tracked from 少女創作ファンブログ at 2007-11-25 19:29
タイトル : Yes!プリキュア5/感想/第41話「伝わる気持ち こまちとうらら」
 「想いが伝わるなど、ただの幻想だ。自分以外の者を信じるなど愚かしい」(ブラッティさん)  ブラッティさんは相変わらずカッコいいな。
Tracked from 少年カルコグラフィー at 2007-11-25 20:03
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話感想
第41話「伝わる気持ち こまちとうらら」 「今回は、うらら×こまちメイン回れした。  この二人のコンビは、ちょっと新鮮れした」 「うららは女優、こまちは小説家と、共に夢...
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2007-11-25 20:04
タイトル : Yes! プリキュア5 第41話 伝わる気持ち こまちとうらら
うららが、ドラマのオーディションを受けることになったそうな。  『恋のスカッシュ』 ………どうしても檸檬のイメージから逃れられない檸檬娘。 最後の決め科白は自分で考えるということで、プリキュア仲間に 演技を見てもらうことに。 こまちさん:「どんなお話なの...
Tracked from なになに関連記 with Yes!PC5関連記 at 2007-11-25 20:10
タイトル : Yes!なプリキュアレビュー(「伝わる気持ち こまちとうらら」・41話)
少女は青年に恋をした。そんな、こまちさんの新作の小説ではなくエッセイ?の、少女が青年へと語りかける言葉で困ったこまちさん。と、ちょうど同じようにオーディションで別れのシーンのセリフを考えていたうららちゃん。今回はそんな二人の意思の疎通のお話でした。それ...
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2007-11-25 20:12
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話
「伝わる気持ち こまちとうらら」 脚本:佐藤勝一 演出:座古明史 作画:河野宏之 美術:飯島由樹子 次のドラマのオーディションで「最後の台詞を自分で考えないといけない」と悩むうらら。アドバイスを求めるうららに、自分の新作の筆が進まないこまちはつい気のない
タイトル : 気持ちを話すお腹
▼ Yes!プリキュア5    第41話 「伝わる気持ち こまちとうらら」作画が・・・。 視聴者・ファンのみなさんが言いたいコトはわかるけど、ご愛嬌ってコトで。 作画の微妙さは...
Tracked from JAOの趣味日誌 at 2007-11-25 20:52
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話 伝わる気持ち こまちとうらら
朝日放送 | Yes!プリキュア5 うららがドラマのオーディションを受けることに、しかしうららはよい別れのセリフが 浮ばなくて悩んでいた。ある日の放課後学校にいるはずのうららが いない、うららは大講堂の舞台で悩んでいた。そんなうららにこまちは 今書いているラ
Tracked from オヤヂの萌えブログ at 2007-11-25 21:17
タイトル : 「YES!プリキュア5」 41話目
 あう~、電王録画するの忘れた_| ̄|○ 今日は仕事だったから帰ってからゆっくり見ようと考えながらの道すがら、ハッと気づく録画予約忘れ。一瞬血の気が引いたじゃねーかよ。  プリキュア5は自動録画にしてあったからオケ
Tracked from Jimmy's Impression at 2007-11-25 21:23
タイトル : Yes!プリキュア5(第41話)
言葉にしなくても伝わることがあります、か。 いやいや、無理に言葉にするよりも、本心を伝える方法があるということでしょうか。 春日野は、秋元の評価が本心ではない(自信をもって言ってくれてない)ことに気付いていました。 ここがすで答えだったですね。 ナッツハ
Tracked from サキュバ・スログ at 2007-11-25 22:04
タイトル : Yes!プリキュア5「伝わる気持ち こまちとうらら」
「な、何故だ」by.ブラッディ うららは「恋のスカッシュ」なるドラマのオーデションの練習をしていた。 こまちは小説の女の子の台詞を考えていた。 和気あいあいとした雰囲気でナ...
Tracked from W.forest at 2007-11-25 23:26
タイトル : Yes!プリキュア5 41話
リーダーとの親睦も大事だけど、横の繋がりだって同じくらい大事だよ! という訳なのか、のぞみ以外のメンバーも親睦を深めよう話。 メインはまさかのうらら、こまちです。新たな...
Tracked from 垂れっ流しジャーマン at 2007-11-26 00:40
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話 「伝わる気持ち こまちとうらら」
今宵、最後のゲームを行うわ。 ナージャに連絡しなさい…一人、都合が付くそうよ。 怪物と天才がついにあいまみえる! 今週はうららの中二病小説と、うららのドラマのセリフ創...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2007-11-26 12:47
タイトル : Yes!プリキュア5#41.
うららとこまちの組み合わせは、結構珍しいような気がします。 テンプレ的には のぞ
Tracked from 現実逃避 at 2007-11-26 18:19
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話『伝わる気持ち こまちとうらら』
みんな大好き?私は大好き! 今日は待ちに待った檸檬回・・・ではなくてブラッディさん回です。 みんなで心理圧迫を楽しもう! ・・・・ええ、病んでますとも。 ドラマのオーディションを受けることになったうらら。 試験内容は台詞の最後は自分で考えなければならない...
Tracked from PULSE FICTION at 2007-11-27 03:50
タイトル : 夢を叶えようとする事
う~わ!気付いたら、先週のプリキュアレビューから、今日まで何にも書いてない!!! どないしょう~!!! そんな事はおいといて、今週のプリキュアレビューです。 今回は、こ...
Tracked from なっきのひび自己満喫 at 2007-11-27 05:44
タイトル : 伝わる気持ち こまちとうらら
☆トラックバックさせて頂きます☆久々の百合キタ―――――(゚∀゚)―――――!!!!! …のはいいけど、河野さんの作画はどうも独特だから感情移入するのは難しいと思って最初は観てたけど、脚本と演出のおかげもあって好印象を持ちましたねー。もう観ていく内にこまう
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2007-11-27 08:46
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話「伝わる気持ち こまちとうらら」
最近のプリキュアさんのCM枠は、徹底した「プリ5」尽くしでとってもハッピーです。 もはやどっちが本編か分からない。いやきっと、全部本編なんだ。 お仕事を頑張ってる娘を見ると嬉しくなりますね。 …DVDCMの檸檬月間、もう終わりか。。しょんぼり ・Yes!プリキュア...
Tracked from 6ch 日曜朝を語るヲタブログ at 2007-11-28 02:01
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話 総括
今回は珍しいカップリング(違)、もとい組み合わせ。こまち姐さんとうららたんです。共に『表現する事』を得意とする両者。二人が導き出す究極の表現方法とは? こまち:『背...
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話「伝わる気持ち こまちとうらら」
今回のお話は、こまちさんとうららさんが同じような悩みを抱えちゃうというお話でした。 こまちさんは、新しく小説を書き始めてみたらしいですが、最後のセリフが思いつかないということでお悩み中。そんなところに通りかかったのが、うららさん。彼女も、今度のドラマ...
Tracked from 誠鉄道出発進行! at 2007-12-06 00:28
タイトル : Yes!プリキュア5 第41話 『伝わる気持ち こまちとうらら』
<レビュー> 背中を向ける少年に少女は言った と書くも続かないこまち そんな時、「恋のスカッシュ」の台本を黙読して歩くうららを見るこまち 声をかけるも行ってしまううらら ドラマのオーディションをす