2007年 11月 25日
絶賛公開中「Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」。
それに合わせて、現在東映アニメーションギャラリーさんにて、「プリキュアアニメの軌跡展」を開催中です。

とゆーことで、シネコンで映画を見たその足で、お向かいにあるギャラリーへと向かうダメコンボを炸裂させてやりましたゼ!

東映アニメーションギャラリーとは、東映アニメさんの社内に常設されている展示ギャラリーのこと。
受け付けで住所と名前を書けば、誰でも無料で入れます。
でも、あまり来客に対して積極的アピールを行っていない為か、その手順などは特に大っぴらに説明されているわけではありません。だので、初めての人は結構戸惑うと思います…。

住所と名前を書いたら見学パスを渡され、後は勝手に見て、勝手に戻って来て下さいな、という合理的なセルフサービスシステム。ギャラリーに行き着くまでの廊下が、普通にただの会社で…いつも侵入者然とした気持ちになってドキドキしちゃいます。

ギャラリーの入り口に、こんなコピー誌が!

とりあえず一部貰って、パラパラとめくります。
中身はこれまでのシリーズの概要と、見たことある劇中のショットやイラストばかり。あとは今回の映画のフライヤーのコピー。表紙以外はモノクロでした。
まぁ、無料のコピー誌ですしね。

しかし、何故かプリ5の情報ページで、演出の欄に五十嵐卓哉氏の名前が…(いつ?)、そして何故か大塚隆史氏の名前は無い…(うぉーい)。


「プリキュアアニメの軌跡展」と言う事で、無印からプリ5までの全シリーズから、シナリオや絵コンテ、キャラ設定表、プレス向けのシリーズ概要看板(?)などが展示されていました。
でも一番多かったのはグッズです。ショーケースの殆どはグッズに埋め尽くされていました。
個人的にはシナリオとか絵コンテとか、東映アニメだからこそ展示できるモノの方を、もっと見たかったんですけどね。
代わりに何故か、「クレヨン王国」のシナリオと絵コンテは直に触れるトコロにほっぽり出されていました。せっかくの佐藤順一絵コンテだったけど…観ていないから特に感動も沸き上がらず…。

プリ5では、今回の映画のキャラデも展示されていました。
それを見て初めて、スーパーキュアドリームだけ羽が六枚羽なのだと知りました。へぇ~。
あと設定表段階では、ダークプリキュアはキャラ毎にスーツの色も違わせる予定だったんですね。へぇ~。

殆どグッズ展示なだけに、見に来なきゃ絶対損ッ!…なんてーコトはないんですが、プリキュアというアニメの、製作の一部が垣間見える稀有な機会であることは事実です。
せっかくなので、来場者が記念に書き込める大学ノートに、ラクガキを描いておきました。
「レモネードヒップアタック!」とかワケの分からないモノが描き込まれていたら、それがボクのラクガキです。

お近くにお寄りの際は、是非ごらんあれ。


ヨダーン。
更にその足でドリームライブも初体験するという最強ダメコンボッ。


かれんさんだけスナック菓子のオマケ

ボクの行った時はマシンの前に誰一人チビッコがいなかったので、割とすんなりプレイ出来ました。これは喜ぶべきコトなのか、哀しむべきコトなのか…。

さっそくプレイすると、何やらボタンの反応がすこぶる悪くて、軽くイラッとしました。そして、若干ゲームに対して本気だと気付かされ、とっても恥ずかしい…。

でも、そんな本意気度のおかげか、その時点でのランキング二位を奪取。
つか、他の皆さんの成績が大した事無さすぎというか… ナメてかかっていたけど、あの程度のゲームでもチビッコにはステキ難易度として機能しているってコトなのかなぁ…?

お、大人なんかに負けるな、チビッコども!(え?)

プリキュア5 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by MEICHIKU URL at 2007-11-25 01:12 #AIlHpmOk Edit
Title : BS11で放送開始
12/1にBSデジタルで2つの局が開局しますが、その中の一つであるBS11で、毎週土曜日の19:30から「ふたりはプリキュア」が放送されますね。(ご存知でしょうが)
また、土曜23時はアニメ枠になっていますが、この時間帯は当然「ケータイ刑事」ですよね。
→新年になると、どうやら岡野さんの復帰で初の「サード・シリーズ」になりそうですし。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-11-25 02:05 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>MEICHIKUさん
えぇーそうだったんですかぁー。
てか、BS11ってNHKが運営するのだと勘違いしてました!
新手の民放だったんですね、そーですかぁー。
編成的にはCSぽいーのが売りなんでしょうか。
てゆか、ウチのケーブルテレビで見れるんだろうか…

岡野さん…では、何気に今回のは伏線になっているってコトなんでしょうか。
初回に1万個目の資格を手に入れる、みたいな…あぁ、でも大した伏線ではないですね…。
Commented by m-ohgi URL at 2007-11-26 17:35 #gqz81Fd. Edit
Title : 映画と東映アニメーションギャラリー
こんにちは。ボクも11/15、新宿シネマバルト9で映画を観た後、大泉学園の東映アニメーションギャラリーのプリキュアの軌跡展に観にいきました。帰りはバスで帰りましたが行きは大泉学園駅(池袋駅からプリキュア親子1日券の親の方を使いました。結婚も子供もいませんけど。)からギャラリーまでのあいだの柱に商店街が掲げた東映アニメーション作品の旗がいくつかありました。
たしかにコピー紙も展示も個人的にはもの足りない感じでしたが、満&薫がいただけでもマァうれしかったです。入って右奥のマルチプレーン撮影機の置いてある部屋までが展示室でしたが御覧になられましたでしょうか?
映画はダークプリキュアさんと悲壮感あふれる曲がとてもよかったです。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-11-26 23:03 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>m-ohgiさん
どもー、お久しぶりですー。
そうなんですよ、現在、練馬区の商店街では区内の町おこしの一環でアニメ製作会社と連携して、あのようにアニメキャラのプリントされた旗を垂らしているのです。と言っても、東映アニメと虫プロ作品が殆どな気がしますが。
プリキュア無印もそこに肩を並べているというわけです。

右奥マルチプレーン撮影機…?
フィギュア等がいっぱいある空間ですか、それとも自販機とソファの部屋? もしくはその奥に更に…?そこから先はさすがに普通の会社だと思って足は入れていませんけども…。
てゆか、セキュリティのあまりの甘さにいつもドキドキです、あの会社。

ダークプリキュアさん可愛かったすなぁ…でもちょっと忙しくてレビューが書けない…でもその間に脳内から記憶が零れ落ちる…そんなジレンマです(は?)。
Commented by m−ohgi URL at 2007-11-27 23:10 #e3VPG48U Edit
Title : 「ふたりはプリキュア」東宝系で実写映画化けってい~!?
こんばんは。上のタイトルはウソですが実際は香港映画「少林サッカー」のラクロス版、来年のゴールデンウイークに柴咲コウ主演の日本映画が公開されるそうです。(産経新聞「ラクロスの魅力伝えたい」より)ついでに今朝の朝日新聞の見出しは「練馬アニメーション協議会 合同で会社を設立 海外進出の事業主体に」というのがありました。
話は変わり、和菓子のとらや赤坂本店の虎屋ギャラリーで展示会はすでに終わってしまいましたが、明治の文豪・森鴎外が、甘い餡入り饅頭をふたつに割ってご飯の上にのせ、煎茶をかけて食べたというのは、こまちの羊羹入りがゆを連想したり、会場内の垂れ幕に「和菓子はメタモルフォーゼ」というのは「Yes!プリキュア5」を意識して展示したというのは考え過ぎでしょうか?関係ないことを書込みしてすみません。
云い忘れましたがドレスでのガンバランスdeダンスの前にみんなに呼ばれるまでひび割れたクリスタルをずっと見つめていたのぞみの悲哀さが好きでした。もう多くの人がネタバレ感想しているので・・
スミマセン。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-11-27 23:22 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!!!◆
>m−ohgiさん
それ、たしか本広監督でしたよね?
若干気になる気持ちと、それより「踊る大捜査線3」作ってくんねーかなー、という気持ちとの葛藤です(え?)。
セラムンが実写になっただけに、十年後ぐらいにはきっとプリキュアさんも実写になってくれるとボクは信じています。東映さんの特撮とアクションのノウハウがあれば、決して難しくは無いと思うんですけどねぇ…。つか、ヤッターマンが出来てプリキュアが出来ない理由なんて無いですよね。
白倉P、頼んます!

あと、映画のレビューは遅くなっても何とか書くつもりです。レビューとして鮮度が下がるのが寂しいだけです…へへ…

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :