2007年 11月 13日

若気の至りですね…

久しぶりのプリキュア5です。やっぱ週イチでプリキュア分を摂取しないと色々キツイですよ、ええ。
え、メカプリk… 何ですか、それ? あぁ、きっとパラレルワールドか何かですよ、それは。そんなお話存在しないですってばー、あははー。


しかし、久方ぶりのプリキュアだというのにのぞココ話かぁー。
相変わらず苦手なんですよねぇ…。ボクがプリキュアを好きな理由の一つには、女児向けアニメのくせに恋愛要素がすこぶる薄いというポイントが結構大きいんですよ。ターゲットは女の子ですよん、とゆー皮を被りつつ、メインはあくまでバトルであったり友情であったり仲間であったりの、少年漫画ぽゆいトコロに惹かれているのです。

のぞココだったり、こまナツだったりの淡い感じが、女児向けとしてむしろ正統派な要素だのは分かるんですが、ボクは何ともムニュムニュした感じで…要するに脳みその切り替えが出来ていないんですね、今までとは違ってこれはこーゆー作品なんだ、という切り替えがね。


■希望

この番組のテーマは「希望」。
でも、希望なんてーモノは当然一人一人違うモノなワケですからして、その言葉だけでは割と漠然としておるのです。
だから、この番組には「希望=仲間」の方程式を代入しましょう。

「まさか、たった一人でこの絶望的状況に勝てると思っているのか?」

「思ってるよ? だって一人じゃないもんッ」

絶望的状況から勝利出来るかどうか、デスパライア様からの問答にドリームさんが提示した打開案は、一人ではなくなる事。
仲間がいる事、それ自体が既に希望。
「一人じゃないもん」とゆー言葉には、夏木さん達が駆けつける前に放たれた言葉であるのに、最初から仲間と一緒に戦っているというドリームさんの熱い魂が表われています。
ドリームさんは最初から絶望なんてしていない。たとえ拳を握っているのが自分ひとりでも、ずっと仲間と戦っているのです。

そのドリームさんの言葉を待っていたかのように、ベストタイミングで駆けつける仲間達が美味しいですよねぇ。
今回はホントに出番の少ない4名ですが、カッコ好く決めるトコロだけは決めてくれます。

バーニングもシールドもフラッシュもカゲマンには通用しません。レモンさん辺りは、もう効かないの理解して自重してよかった様な気が… いや、それでもあえてカブせるのがレモンなんだ、そーなんだ!
アクアの、割と偶発的に発見した弱点で形勢逆転する様が、何ともチームぽくて好かったです。
まぁ、チームとは言いつつやっている事は単独戦×5だったりするんですが、そのあえて仲間同士馴れ合わない感じが男っぽいー戦い方でボクは好きですよ、ええ。

他人の希望の為に何故戦うかとデスパライア様。
それは人同士が互いを想い合うから。
そして、想い合うから仲間がいる。
だから、プリキュアは一人じゃないのです。
希望が仲間へと変換される。希望は仲間、仲間は希望。

∴ 希望=仲間 が成立する。Q.E.D.


■選択

今回は、ココの選択の布石なのでしょうか。

ボク的には、もーそういうものなのだと丸憶え的に理解するしか無いのぞみとココの相思相愛関係。
しかし、ココの目的はパルミエ王国の復興。ずっと一緒には居られない。
とはいえ、のぞみを想う心はどうするのか。
ここでの選択肢は

① パルミエ王国を復興させ、帰国する。
② パルミエ王国を復興するが、こちらに残って暮らす。
※復興出来なくて絶望するパターンは省いています。

王子としての責務もあって、①を選ぶのが当然だと思っているココ。でもナッツは「お前は登りたければ木に登る奴だ」とか言って惑わします。
ここでココがドロップアウトすれば、継承権は破棄され、王位はナッツの元へと転がり込みますからね。友人の顔をした、何という策士でしょう。影で不敵に笑っているに違いないナツ。

そういえば、王国をよく抜け出して冒険へと興じるココに対し、ナッツは王国とピンキーを守る為に国を一歩も出たコトがなかったんでしたっけね。
ココは自分の思いに忠実な人… いや、ケモノなんです。
これは最終的にコッチの世界に残るフラグなのか?
あぁ、だから王子が二人なのか。一人は王国用のスペアなのね。

しかし、デスパライアが現れ、仲間も希望もいつか消え去ると言い放ちます。永遠なんて無いのだと。
そのくせ不老不死という永遠を望むデスパさんも十分に矛盾しているワケですが、とりあえず他人には厳しいタイプらしい。

とりとめのない会話、一緒に見た景色、それはかけがえの無い大切なモノ。たとえ感情は一時の物でも、それは永遠に心に残る宝物なんだ!
この先何が起きても、ココの気持ちは変わらないココ…

デスパライア様に対するココの言葉。
日常の尊さ、かけがえの無さなど、プリキュアの根幹をそのまんま語っています。何故だろう、最終回でも無いのに…。こういうコトは最終回近辺以外では、出来ればあまり言葉にしない方がイイと思うんですけどね。まだ言葉にせず、物語で語るべき段階だと思うんだけどなぁ…うむぅ。

しかし、この言葉はどっちにも取れるんですよねぇ。

感情は永遠の宝物だからこそ、のぞみといたいという想いを大事にしてコチラに残る、という風にも取れますし。

たとえ離れ離れになっても気持ちは永遠だから王国へと戻る、という風にも取れる。若干、後者の意図の方が強いかもしれませんが?

最終的には、とりあえず今を大切に、とゆートコロに落ち着く。
こういう収め方、プリキュアでは結構多いですよね。何だかんだ、そういってる気がする。

実際、コチラに残るって選択肢だと、何だかナッツに責任押し付けてるぽいー気がしてしまうような。でもそれは、かつてのココナツの役割分担の延長とも言えないでもない…けど…。
夢と現実をテーマとしているだけに、王国復興という険しい道を逃げ、夢溢れる愛の世界に埋没するってーのは厳しそうなんですが…。
まぁ、なるようになりやがれ!(うわー)


■( ゚ω゚)

てか、結局デスパライア様は何をしにいらっしゃったんでしょうか…?
別にココの矛盾を炙り出すのにデスパライア様である必要性は無いし…となると、今回の行動が最終局面への伏線、ともなり得るのでしょうか?
あのイチョウの木に秘密とか…?
んむぅ…

小々田の言葉にしてもそうだけど、番組のテーマをそのまま言葉に出しちゃったり、何やら無性に最終回ぽい話でしたね。
意味があるのかなぁ… だとすると、この後の展開が読めないんですが…スカされる可能性も大いにあるので、深く考えすぎないようにしておこー。

とまあ、今回はちょっと今までと違う感じでレビューってみました。
何処がって… いや、そう言われると大差無いような気が…。

何とかレビューのフォーマットを作って、少しでも楽に書き上げたいなぁ~、なんて思っている今日この頃なんですよ、ええ。

プリキュア5 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 真 大地 URL at 2007-11-15 23:53 #u895oJ2g Edit
Title : どうも、初めまして
ニチアサ感想求めてたら辿り着きました。
数日前の記事への長文変身失礼します。

 デスパライアが来た理由は…
もう部下に頼らず、自分でコレット奪いに行った方が早くね?
って所ではないかと思ってます。
 結果は自分優位とは言え、予断を許さぬもの。
まずは不老不死になって万全を期そうという事になったのでしょう。


>ボクがプリキュアを好きな理由の一つには(中略)
>少年漫画ぽゆいトコロに惹かれているのです。
 今年でもう4年目ですからね。色々やってるのでしょう。
プリキュア以前の女児向けアニメが左に傾いてるとしたら
プリキュアは右側に力を入れてバランスを取った様な物ですが
このまま進めばいづれ、右に偏って結局ダメになるんじゃないかなと。
大事なのは調和なんです。光の女王様も言ってました。
 個人的に意図的に恋愛とかの軟派な要素を排除して
友情だの何だのと硬派なイメージを強調するのは
大嫌いですから。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-11-16 20:32 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>真 大地さん
調和かぁ…調和なんですかねぇ。
まぁねぇ、結局恋愛要素がどうこうってのは、この番組の良いか悪いかにはカンケー無く、ボクの好みかどうかの問題でしか無いんですけどね。
まぁ、かといって、別にそれでボクの中の作品の評価が下がるとかも無いわけで。実際人気もありますしね。

問題は今後どんどん恋愛要素が高まるなんて事態になった場合、それにボクの羞恥心が何処まで耐え切れるのか、そこなんですよねぇ…(チキンだなぁ)

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

タイトル : [Yes!プリキュア5]Yes!プリキュア5第39話感想「恐怖!デスパライア現る」
 夢原さんとココの恋話といえば成田良美さん。思いつくだけでもこれだけ挙げられます。 第1話希望のプリキュア誕生! 第11話のぞみとココの熱気球 第24話新たなる5人の力! 第31話のぞみとココのラブレター事件!  夢原さんとココの中が進展する時はほぼ成田さんの脚本。
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話 「恐怖!デスパライア現る」
Yes!プリキュア5 第39話 「恐怖!デスパライア現る」デスパライアついに単独行動キター見た感じジャアクキングやアクダイカーンなみの強さは感じなかったねあの勢いでデスパライア倒しちったらうけたね(笑) 
Tracked from 垂れっ流しジャーマン at 2007-11-13 23:20
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話 「恐怖!デスパライア現る」
怪物を狩るには怪物。今週は前半のニヤニヤタイムと、後半のラスボスとの対決に緩急があって良かった!久々にプリキュアで面白いと感じましたね!!しっかし、ココの声は甲高いなぁ…ナッツがアバンで「で
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2007-11-13 23:28
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話
「恐怖!デスパライア現る」脚本:成田良美演出:大塚健 小村敏明作画:袴田裕二美術:須和田真ナッツハウスの休業日。学校もお休みで誰もやってこないだろうと、ココ、ナッツ、ミルクは静かに休日を過ごすことに。ところがそこへ「ピンキーを見つけた!」とのぞみが飛び込
Tracked from パズライズ日記 at 2007-11-13 23:31
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話
今回はデスパライアが自ら攻めてくる話。敵の親玉が直接乗り込んでくるというのは凄いですが、流石という力を見せてくれました。前半は穏やかな小春日和も、ココののぞみへの想いはおもいのほか強かったようで。学校も休みで店の手伝いもお休み、今日は完全休養日。...
Tracked from Sweetパラダイス at 2007-11-14 00:36
タイトル : Yes!プリキュア5#39「恐怖!デスパライア現る」
ナイトメアの襲撃もなく、穏やかな休日を過ごすのぞみたち。だが、最大の強威がすぐ近くまで忍び寄っていた!ココがナッツハウスでゆっくりしているとのぞみがピンキーを見つけたと飛び込んできた。しかし、捕まえに出てもピンキーは見つからずのぞみは申し訳なさそうに落..
Tracked from 6ch 日曜朝を語るヲタブログ at 2007-11-14 01:06
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話 総括
 劇場版の興行収入が土日で早くも1億を突破したそうで、すこぶる好調のようですね。まさか映画の総大将が朴 璐美さんとは驚きました。まあ、今回登場した本編の総大将・デスパ...
Tracked from 現実逃避 at 2007-11-14 02:36
タイトル : Yes!プリキュア5 第39回『恐怖!デスパライア現る』
問:「プリキュアは何人ですか?」答:「ふたり・・・あれ、5人だったかな?・・ええっと・・」まだライブの余韻に浸っていたいところですが、いつまでも『現実逃避』しても仕方がない。久しぶりに夢原さんの活躍を堪能することにしよう。今日はナッツハウスも暇。ココは望
Tracked from PULSE FICTION at 2007-11-14 02:38
タイトル : デスパライア、何しに来たん?
今週は、ちょっと寝過ごして、昼からも遊んでいたから、レビューが遅れました。今さっき見終わった所なんですわ~(^^:)今週の話は、敵の親分が直々に攻めてくる内容のはず...
Tracked from 日々の記録 on fc2 at 2007-11-14 03:35
タイトル : Yes!プリキュア5 #39
プリキュアたちの前に、デスパライアが現れるお話でした。久しぶりにナッツハウスはお休み。静かな休日をココたちは楽しんでいます。そこへ、のぞみがやって来ました。3人は連れだっ...
Tracked from Jimmy's Impression at 2007-11-14 09:00
タイトル : Yes!プリキュア5(第39話)
みんなみんな負けてかえってくるのでデスパライア様が確かめに来ました。ってところでしょうか。ほかは特になにもなく、というか、「休日の1日」という感じでしたね。僕はすごくよかったと思います。5人だとサークル化しちゃうのが、ちょっとどうかなというのはありますが
Tracked from V.S.A. at 2007-11-14 09:50
タイトル : 初めてのプリキュア5 #039 恐怖!デスパライア現る
Yes! プリキュア5 第39話「恐怖!デスパライア現る」.初めて見るプリキュア5. 「『真・南海大決戦』」のTJ-type1さんに勧められて,しょうがねーなぁー,見てやるか(笑)ってんで,プリキュア5を,初めて見てみることにしました.「ふたりはプリキュア」は見てましたが「
Tracked from スプリングフェスタ at 2007-11-14 17:53
タイトル : Yes!プリキュア5 #39
忙しかった10月の最中、お金が飛びに飛んだ。小遣いがない。お金は欲しいので今週から3週間、日曜日にはバイト入れてる。その間プリキュア鑑賞は夜までお預けってことか…(-。-)今現在、週一で必ず見てるアニメがプリキュアしかない私にとっては、日曜朝ってけっこう楽し
Tracked from 迷宮と幻想と at 2007-11-14 18:01
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話『恐怖!デスパライア現る』
Yes!プリキュア5 第39話『恐怖!デスパライア現る』 ■トラックバックさせていただきます■放映再開!Yes!プリキュア5らしいデスパライア様登場の第39話。 映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!は2007年11月10日より絶賛公開中です。 Yes!プリ
Tracked from JAOの趣味日誌 at 2007-11-14 19:00
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話 恐怖!デスパライア現る
朝日放送 | Yes!プリキュア5いよいよナイトメアのボス、デスパライアがプリキュア5の前に現れました。その前に、ココはのぞみのことを好きなんだと感じました。のぞみをことを思うあまり悩むココが凄く印象的でした。こまちもナッツのことが好きなんだと思いました。ナッ
タイトル : どうして私達には
▼ Yes!プリキュア5    第39話 「恐怖!デスパライア現る」2008年度プリキュアは今作の続編がけってェーい! されたとの噂なので、もし最終回にお別れしたとしてもすぐにまた...
Tracked from なになに関連記 with Yes!PC5関連記 at 2007-11-15 09:12
タイトル : Yes!なプリキュアレビュー(「恐怖!デスパライア現る」・39話)
いよいよ夢喰い集団の大御所である小梅太夫(デスパライア)のお出ましです!!そして、みんなの夢を取り戻すためにピンク色の戦士が立ち上がった!!「星のカービィ 夢の泉の物語」!!・・・って、違いましたね。最近再びはまりだしたもので・・・。それ
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話「恐怖!デスパライア現る」
今回のお話は、敵の親玉であるデスパライアが現れるというお話でした。或る日のこと、今日は休日の上に、ナッツハウスも休業日ということで完全にお休みモードの日みたいです。あまりの静かさに、ミルクさんが落ち着かないようで、しかも何やら良からぬことが起こる前兆では
Tracked from Shirubania's Blog at 2007-11-19 10:22
タイトル : Yes!プリキュア5 第39話 「恐怖!デスパライア現る」
<プリキュアショートニュース>うたってプリキュアドリームライブ 順次稼動開始!遊べるお店が公開になりました。
Tracked from 誠鉄道出発進行! at 2007-11-19 22:40
タイトル : Yes!プリキュア5・第39話 『恐怖!デスパライア現る』
<レビュー>静かすぎてのぞみたちが来ないので心配するミルクそりゃ、休日なら来ないし、集まらないだろそこへのぞみが来店