2007年 11月 12日

白い光が舞台を照らし、鍵盤と絃を弾く音がアンプを通じてスピーカーから溢れ出る。

そこに乗る四人の声と、観客の拍手と歓声とがぶつかり合う。

ドラムのリズムに重なるように、自分の鼓動が徐々に早まるのが分かる――



そうか、これがライブなのか――!



音楽的素養を一切持たないボクは、ライブ・コンサート・リサイタルなる名称を持つイベントに馳せ参じるのは、今回が初めてでした。吹奏楽部のビッグバンドジャズは聞いたことあったけど…まぁあれは学祭だしな。

そんなNO MUSICなボクのライフステージですが、今回のSUPER☆TEUCHI☆LIVE2は、割と早めに参加する事を決めました。

前回のライブイベントに参加した方々のブログ等を読むに、すこぶる楽しげな空気が伝わっていたのと、「ふたりはプリキュアSplash☆Star」というテレビアニメの番組を中心に据えているだけに(非公式ですけどね)、ボクのような音楽的ド素人でも参加し易いような、敷居の低さを感じ取ったからです。
まぁ、音楽的敷居こそ低そうですが、その内容事態はアニメ関連だけに十二分にディープなワケですがね…。


場所は初台DOORS。

お酒やソフトドリンクを飲みながらライブを堪能できる地下ライブハウスだそうです。
いやー、入ってビックリ。あんな狭いもんなんですかッ!

ま、そりゃあライブハウスもピンキリでしょうが、ボクのいる位置からでも舞台までは7~8m程度、最前列の人なんかどんだけ近いんだろうかとドキドキです。どんなアサッシンでも計画遂行できる至近距離ですよ(おい)。

そんなこんなで始まったライブステージ。

曲順とかMCとかは、他のブログ様を参考にして下さい。ええ、そんなもんは一欠けらもメモってないですから。
ボクの場合、プリキュアがどうこうとか、演者さんがどうこうとかよりも、生のライブとゆー人生初体験に対しての感動が大きくて、それどころじゃなかったんです。

冒頭に書きましたが、ドラムの重低音が身体をブルブル震わす度に、心拍数が上がっているような錯覚を起こすのです。勿論、初めての体験にドキドキだった事は確かですが、実際、手首の脈を計ってもそこまで早くはありませんでした。
要するにドラムのリズムを心拍の高上と脳みそのどっかが勘違いしてしまっているんでしょう。相変わらず稚拙な肉体だな、オレ。


そんな肉体への高揚を感じさせるライブですが… 物理的障壁が待ち受けていました。

何かスゲー前の人の頭が邪魔!

ちょ、もー! イベントでは当然の事とはいえ、角度的に榎本さんが全然見えない…前の人の頭が高… あれ、違う? これ、もしかして前の人の頭が高いんじゃなくて、オレが低い所為じゃね?
うわぁぁ~普段何とも思っていないのに、久しぶりにチビッコの弊害だよぉ~…榎本さんがいるかどうかの確認も出来ないよ、これじゃあ。

あの瞬間だけ本気で身長180センチに憧れた…(え?)

次回からは整理券の番号順じゃなくて、背の順で入場させてくれないもんだろうか。あぁ、無理ですか。いや、言ってみただけです、はい。

まぁ、前のお客を分け入ってまで前に行こうとか出来ない押しの弱くて身長の低い人間はここが限界だってコトですね、へへ…。


ライブ初体験の身としては、合い間合い間に手を振ったり、歓声を上げたりだとか、ンな高等なテクニックは持ち合わせていません。代わって、前列の方々の熱気は凄かった…。
もう殆どスポーツですね、あれは…。
ふと見ると汗だくです、前の人たち。こちらは一滴も流してないのに…ん~これで同じ値段って、ある意味スゴイですよ。
各々好きなように楽しめばいいのさ、と思いつつ軽く損した気分は何でしょう…。う~ん…

それでも、意外と面白かったトークやクイズなどを挟んでの後半戦では、リズムを取ったり、掛け声も出来たような…気がしないでもない。
あんな目一杯「スプラッシュスタァーッ!!」とか言った事ないもんなぁ…。いや、普通ないだろうけど。

ラストの「ガンバランスDEダンス」や、アンコールの「まかせてスプラッシュ☆スター」での、演者と観客との一体感というか、あの空間全てが一緒になったような高揚感は今まで味わった事無かったですね。
これがライブなのか…そうか…。

おかげでライブが終わったらノドがガラガラになってましたよ。あの程度しか声を張り上げていないのに、なんと軟弱な…。


ライブ自体もすこぶる楽しませて貰いましたが、何より熱いのは、既に終わった番組だというのに、こうして再び演者が集まり、催し事を自ら中心になって行うというコト、そのものです。
それは「ふたりはプリキュアSplash☆Star」という番組が、ファンは勿論、作っている人達にとって、今でも愛すべき大切な存在であるという証です。東映もバンダイも絡んでいないのに、自分達がやりたいからやる、というその起動力の源がすこぶる熱いです!(マーベラスエンターテイメントは軽く一枚噛んでいるみたいだけど)
それだけ愛されていた… 否、愛されている番組なんだとヒシヒシと伝わります。それを直に受け取れるだけで堪りません!
もうね、歌なんてオマケなんですよ!(ちょ!)


そんな濃厚な2時間強でした。
殆ど動いてない、ただ立っていただけなのに何故かヘトヘトです。
あの後、夜の部も参加した人いるんですよねぇ…
どんだけエネルギーあるんすか、それ…

当日券まだありますよ?

いやいやいやいや…


素人目ですが、普通に大入りだったような気がします。
ん~、もしかして「3」もありえるかもですね。

その時までにシークレットブーツを探したいな…。

ふたりはプリキュア 関連記事集
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ayumie URL at 2007-11-14 02:31 #eZv6xyKc Edit
Title : TBありがとうございます
こんばんは。はじめまして。

TBありがとうございます。
憧れのブログ様からいただき恐縮です。

私もライブというものは初参加でした。案外狭いなあというのは私も感じました。逆に一体感がでたかなと思います。
ライブでは後ろの方で周囲の人の反応を見ながら自分も掛け声をかけたり、手を振ったりするのが精一杯でした。でも最後は喉がからから、なぜか手足は筋肉痛のように痛い・・本当に熱いライブでした。

>何かスゲー前の人の頭が邪魔!
私は一番後ろだったので、その気持ちよく分かります。前の方の頭と頭の隙間からなんとかステージ中央が見えたのですが、ステージ全体はよくわからず。でも雰囲気は楽しめたので良しとしました。

>ん~、もしかして「3」もありえるかもですね。
ちょっとそのことに触れていましたよね。
是非実現してほしいなあと思います。

それでは長文失礼しました。では。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-11-14 22:09 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>ayumieさん
どもーはじめましてー。
返TBありがとうございます。

お酒などを飲みながらライブに興じれるとゆー売りのライブハウスだと聞き及んでおりましたので、もっとまたーりとした空間なのかと思ってしまっておりました。実際、あれじゃあ飲み物を飲みながらライブ、なんて出来ないですよねぇ。
もぅ、すぐにコーラ飲んでくずかごに放り込みましたよ。全然あの店の利点が活かせなかったなぁ…。

ボクもシャイな小動物系の人間だので、アグレッシブな方々を見ながら「うん、オレには無理だ」とか思いつつ出来る限り頑張ってました。てか、おそらく真ん中から後ろの人達って、だいたいそんな人達だったのではと思うのですが…。
その辺、発売直後に勇んでチケットを手に入れた方々との、熱っぽさの差なのでしょうかね。
ちなみにボクはayumieさんも目視したという、フラチョピのパペットをフリフリしている方のすぐ近くでした。(人間をランドマーク扱いしちゃダメ)

次回の時はもっと早めにチケット入手しないといけませんね。せめて前の人の頭があまり邪魔にならない程度に。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 現実逃避 at 2007-11-14 02:15
タイトル : 『★よにんでSUPER☆TEUCHI☆LIVE 2』 スタート!
というわけで行ってきました、『よにんでSUPER☆TEUCHI☆LIVE 2』。いやあ熱かった。初台には早めに着きましたが、なんとなく並ぶのは恥ずかしかったので近所の喫茶店で時間をつぶしてから入店。『ドアーズ』の前を通り過ぎた時に確認した限りでは、第一部の前売りは80位売
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2007-11-14 03:52
タイトル : よにんでSUPER☆TEUCHI☆LIVE2 【感想】
(前記事からの続き)【いつものお約束】レポート前のお断り。以下に書く出演者・参加者の言動は、私の記憶・印象を元にしたものであり、事実とは著しく異なる場合があります。また、私はSplashStar信者なので妄想と現実を混同しがちですが、大前提としてこのライブは「プリ
Tracked from 誠鉄道出発進行! at 2007-11-16 04:13
タイトル : よにんでSUPER☆TEUCHI☆LIVE2・第2部
「あなたが大好きって、誰かが思ってる・・・」あっと言う間のライブでしたぁ~。それにしても、始まる前に整列するのが・・・ねぇ<11/11>「よにんでSUPER☆TEUCHI☆LIVE2」場所:渋谷区初台ドア