2006年 02月 20日
スーパー戦隊30th記念作品 「30年」ではありません、お間違えないように。

てゆ~か~ 何か、30分全部特撮だったんじゃねえ? てゆうぐらいの半端なさ。
ご飯少なくしてでも、エビフライにハンバーグにトンカツに…え~い、もう入れちゃえ入れちゃえ! て感じ。

こ、こ、これは…いくら、パイロットで30作記念とはいえ… 頑張り過ぎでは… 予算的にもね。


いや、ホントに始めからボウケンジャーになってるわ、冒険しちゃってるわ、合成しまくりだわ、佛田特撮爆裂だわ、メカがオトコゴコロをくすぐるわ… どうしたッ!てぐらい豪華な気が…しやした。
逆に、緩急で言ったら「緩」の部分が少ねぇ。お、落ち着かないよぉ。
でも、これは第一話ッてことでサービス精神爆発! てことだからなのかしら。

オープニングタイトルも短かったような…
♪ゴ・ゴ・ゴー ゴ・ゴ・ゴー ゴ・ゴ・ゴー… 進めボウケンジャー♪
これも一話だからだよね… たぶん。

いつになくロケが多くて大変、なんてどっかの記事で読んだけど、確かに…
来週の予告を見ても、ボウケンジャーのホームは何処なのか分からんゾ。


何か、最初デザインを見たときに80年代もしくは、90年前後のような印象を受けたのですが。
今回のレッドは最近のレッドとは一線隔し、リーダーらしいリーダーという事になっとるらしい。
その辺もある意味「昭和っぽい」すね。
いつになく、シリアスな空気だし。
最近は、そういうリーダーらしさは5人とは別の戦士が持ってたりしましたが⇒デカマスター、ウルザード…
今回は5人の上に立つ存在が特に登場しないとのことで、こういうレッド登場なのですかな。
とゆーか、こういうレッドだから、上司がいなくなったのか。うん、そっちが正解だろうな多分。

空気が日笠さんぽい戦隊かもね。
つーか、塚田さんぽくは無いもんなぁ。

塚田さんはキャラが明快、一話完結。毎週毎週、色んな色のエピソードを配し、俯瞰で見たときにバランスの取れたエピソード群になってる…というオレの印象なのですが。
言ってみれば、「Q」「マン」「セブン」「マックス」みたいな、エピソード主義というのに近い。
藤子漫画とウルトラシリーズで育ったオレ的には、この感じが凄くピタッと来たんだよなぁ。

日笠さんの戦隊で言うと「ゴーゴーファイブ」に近いような気がするかな。
あぁ~結構好きだったなぁ「ゴーゴーファイブ」は。特撮が熱かったからなぁ。
ロボが合体した後の蒸気に燃えたなぁ…

…て、今wikipediaのボウケンジャーの項を読んでたら、「フィルム撮影・オールアフレコの製作形式は廃止…」だとさ。
えぇぇ~ッ!!
うわ~… フィルム撮影で無かった事を見ぬけなかった自分の目にもガッカリだけど、遂にアフレコも廃止とは。
世界一撮りの早い現場と称される戦隊シリーズの謂れは、毎週毎週特撮有り気の番組を時間のかかるフィルム撮影でやっている事だったけど… 遂にフィルムでなくなったか。
今時分、フィルムで毎週番組を作るコトに、感動すらしていたけど… ま、でも、絵がキレイになったのは純粋に喜ばねば。フィルムの匂いが好きだからフィルムが良いんだ、なんていうスピルバーグほど愛していたわけではないしね。
どっちかって言うと24P推進のルーカス派ですから。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
↑の件は02/20に書かれた物です。
気になる方は追記の欄をご覧下さい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

他に消えたものと言えば、エンディングのミニコントとダンスですか。
ん~「アバレ」のはあんまり乗らなかったけど、「デカ」と「マジ」のは好きだったのに。
シリアスな空気には合わないからかなぁ? もったいね。

ま、初回は豪勢で、東映をナメるなよッ!と気合の入った感じでしたが、色々な設定は語られていないので、これからですわね。

"日笠"戦隊に"白倉"ライダー、と東映的には実績の有る安心した布陣で挑みたい旨が伺えますなぁ。


02/26追記
2話を観て、ど~もおかしいなぁ、アフレコぽいんだよなぁと思って、wikipediaをまた読んだら
本作から、スーパー戦隊シリーズは画面縦横比16:9のハイビジョン放送に移行した。撮影にはスーパー16と35ミリフィルムが使用され、オールアフレコの伝統も健在である。

ウワッ、書き換わっている!?
何だよ何だよ。結局オレの眼はそこまで節穴じゃなかったんじゃねぇかよ。
この辺がwikipediaのいい加減なトコだなぁ…

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MEICHIKU なんで.. at 2006-02-20 21:31
タイトル : Boukenger task1
いよいよ、戦隊の第30作目がスタート。また、今作から戦隊の方も地上アナログ放送ではレターボックスでの放送となったが、こうなると地上デジタル放送で視聴した方が絶対良くなる。でも、まだ地デジが始まっていない地方もあります。(でも、そういう地方でも、本年中には始
Tracked from ないとうの気ままな(?)日常 at 2006-02-21 01:40
タイトル : ボウケンジャー Task.1
お約束どおり、「ボウケンジャー」の初回を見ることができました。私自身、戦隊シリーズをまともに見たのは十何年ぶりかと思います。子供の頃は、本当によく見ていましたけど…で、肝心の中身なんですが、一番びっくりしたのが最初から変身した状態で登場している、というこ
Tracked from MAGI☆の日記(戦隊感.. at 2006-02-21 19:32
タイトル : ボウケンジャーTask1 魔神の心臓
今日から始まった新戦隊以下あらすじです↓↓↓『いつの時代も未知の世界を求めて旅立つ者がいる。人は彼らを「冒険者」と呼んだ。サージェス財団は世界各地で失われかけている貴重な宝を集める民間団体だ。宝とは古代文明の持つ沈没船や秘境に残された財宝、そして絶滅寸...
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2006-02-23 00:31
タイトル : 轟轟戦隊ボウケンジャー 「Task.1 魔神の心臓」
いつの時代も、未知の世界を求めて旅立つ者がいる。人は彼らを、冒険者と呼んだ!サージェス財団は、世界各地で失われかけている貴重な宝を集める民間団体だ。「宝」とは、古代文明の遺物、沈没船や秘境に残された財宝、そして絶滅寸前の動物まで、様々である。.......