FC2ブログ
2006年 02月 19日
「のび太の恐竜2006」公開にあわせてのドキュメンタリー…? かな。

藤本先生について色々エピソードが語られていました。
ま、正直、俺にとって真新しい情報はほぼ無かったけど。

根っからのFチルドレンであるからして、F先生の話を聞くと、ただただジィ~ンとしてしまうんですが、ドキュメンタリィとしてはボヤッとしてたのが残念だなぁ。


オレにとッては「ドラえもん」はほぼ聖書と呼べる存在ですが、番組では少しドラえもんを重要視し過ぎだと思う…。
F先生はドラだけじゃないっしょ。確かに児童漫画に魂を捧げた方ですけど、SF短編集なんかでバランスをとりつつ、という部分も会ったわけだし。

でも、ドラ映画の宣伝だからしょうがないじゃん… というのもあり。
それなら、ドラだけの宣伝にすればいいのに… と思っちまう。
ちょっと一義的過ぎな気がする。

それにいらないよぉ、ドラえもんファンの芸能人のコメントなんて。
この辺が、ドラなのかF先生なのかハッキリしない一因だ。

お菓子工場を数日で辞めたとか、若い頃干されたとか、そういうF目線の「まんが道」が観たいのよね、ボク。
それに、このドキュメンタリーの大きな欠如としては、藤本弘だけじゃ『藤子不二雄』を語る事は不可能なんだよッ てこと。
安孫子先生目線のモノが無かった無かった。
でも、F先生のドキュだから、当然て?
ヌァオ! 二人合わせて藤子不二雄、どうぞよろしく。でしょ。
確かに、中期以降は二人共同の作品はほとんど無かったけど、それでも一人で語ることの出来ない関係が藤子不二雄なんだよぉ。
F先生とA先生が東京で隣同士で家を建てたとか、友人でありライバルであり、二人はプリ… いや、まあ、とにかく類まれな二人なわけでね…。

藤本弘を語る上で藤子不二雄を抜きにする事は不可能だろうし、藤子不二雄もまたF先生A先生、どちらか抜きには語れないのだよ、ウム。

やっぱ、読みたかったなぁ、F版まんが道…


あぁ、「のび太の結婚前夜」ものの1~2分のハイライトで泣いてしまった…
カントクの渡辺歩ぅ… ドラと誕生日が一緒なんだよねぇ…(泣

「のび太の恐竜2006」も渡辺氏だし、スポットや予告で流れる映像は2年待っただけはあるし。
前「のび太の恐竜」をこの前久方ぶりに観返したら、てんコミ版とかなり違うことに気がつきました。あのエピソードもこのエピソードも映画には無いじゃないかッ!て。
で、先日発売された「カラー版 のび太の恐竜」を読むと、合点が。
こちらにはてんコミ版のエピソードが入っていなかったっす。前の映画の原作はコレだったのね。
てんコミ版はF先生がお馴染みの加筆・修正していたのね。とゆーことは、ある意味、てんコミの方が「完全版」と言える。
で、今回の原作はてんコミ版とのことです。てんコミ版は日常度が前映画版より増しているので、渡辺氏的にもピッタリかと。
しずかちゃんの作画がなんか、奇妙だけど… 映画だからありってことで。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :