FC2ブログ

今日のドラえもんは…チダイラ線

本日放送は「のび太の部屋の地平線」と「たまごの中のしずかちゃん」でした。

「~地平線」はやっぱチダイラ線が脳内にこびりつくなぁ。
どー考えてもそっちの読みの方が不自然だのに、躊躇無くそっちをチョイスするのび太がステキだ!
この話、マンガの時にも思ったンだけど、楽そうでしたよね、背景。
基本的に天と地だけですしねぇ。いや、だからこそ逆に変化を付けるのが難しいんだ! とか言われそうだけど、素人目にはやっぱ簡単そうだよねぇ。
あと、久しぶりに気合の入ったしずかちゃんの入浴シーンだった気がしました。
画も可愛かったけど、ナニあのエロスなカット。
分かってるなぁ~…(おい)。

「たまごの~」では、ショックを受けたのび太が崖を落ちるという久しぶりに昭和な演出を見せてくれました。チクショ、久しぶりだとむしろ昭和演出が楽しかったりするぜ。
あと冒頭の「出木杉さんそっくりのアナウンサーさんがニュースを読んでたのよ」にはちょっとグッと来た。
ええ、それ間違いなく本物の中の人ですね。
そういう地味な小ネタはどんどん入れて頂きたいですなぁ、ボクは。


さてさて、そんなコトよりも(こらこら)。

来週は来年公開映画の情報がマルッと大公開だとか!!
うにゅ~楽しみだぜぇ~… オリジナルは4年ぶりってコトになりますからね。そろそろ何で戦国時代とかを使わないのか教えて欲しいんだけど。
え、ドラミ映画で既に舞台になってるから? なるほどぉ~(え?)
関連記事

コメント

映画

TJ-type1さん、こんばんわ
ついに次回、来年公開映画の情報がでるんですね
どんなタイトルなのかワクワクですよ~♪
来週が楽しみです

アル的にはいつか海底鬼岩城や鉄人兵団の
リメイクもやってほしいですね(早めに♪)

◇コメントありがとうございます!◇

>アルさん
リメイクもリメイクで「そのチョイスかー!!」みたいな楽しさもありますが、読めないオリジナルも捨てがたいですよねぇ。て結局どっちでも楽しめるボクです。

鬼岩城に鉄人兵団はオリジナルでさえ号泣ですから、新ドラスタッフの手でリメイクなんてされたら自分がどうなっちまうのか怖いですよ。
あと、ボク世代的には日本誕生も外せないですなぁ。
日本が大陸と繋がっていたという、あの歴史ロマン…ペガ、グリ、ドラコ~…

初めまして

りゃりゃです。

私は、鉄人兵団のリメイクには賛成です。

できればオリジナルで、トリックがばれた後、本物の世界中でロボットが人間狩りをするシーンを取り入れてほしいです。

リルルもできれば髪の毛を縛るシーンをやってほしいです。

もし鉄人兵団がリメイクされたら、管理人様は、どんな話がいいですか?

エンディングテーマも、とても悲しかったです。

◆コメントありがとうございます!◆

>りゃりゃさん
そうですねー、とりあえずザンダクロスは超合金で販売して欲しいですね!
オプションとして、肩に乗るリルルも付けて欲しいです。

え? あ、内容ですか?
「鉄人兵団」は人間の醜い部分を率直に描写した物語ですので、今現在の世界情勢なんかとリアルに絡めたりするのも面白いかもしれません。
スッゲー、えぐくなりそうですけど!

こんばんわ

そうですよね。


私は、されるとしたら、あと、敵にも巨大ロボット{ザンダグロスの分身}を作って欲しいですね。

リルルの過去も明かして欲しいです。

書き方が悪くてすいません。

◇コメントありがとうございます!!◇

>りゃりゃさん
そういえば敵さんに巨大ロボいませんでしたね。
ザンダクロスはたしか土木用ロボだから、あんなデカかったんですよね。
敵さんにもデカいのが一体いれば、大迫力のバトルが展開する事必至!
その部分だけ、サンライズに外注とかして。(こら)

こんばんわ

緑の巨人伝はそれなりにいい作品だと思いますけど、再来年は、絶対鉄人兵団になるべきです!

できれば、リルルの消滅シーンにももっと力を入れるべきです。

あれはすごく悲しかったです。

しずかちゃんと、リルルが握手しているシーンが、感動でした。

そして、リルルのズボン姿も、過去も見たいです。

リルルにこだわったしまいました。

◆コメントありがとうございます!◆

>りゃりゃさん
鉄人兵団ていうか、もはやリルルが観たいだけになってませんか、それ!
いや、まぁ、分かりますけどね。
ボクはリルルにフリフリの服を着させて、頬を赤らませてやりたいな。(鬼畜ぅー)

こんばんわ

どうもすいませんでした。

いや、リルルは主要人物なので過剰になってしまいました。

私としては、戦闘シーンも、とてもすごかったです。

オリジナルでは、湖の戦闘で道具を取り上げられてやられるシーンを造って欲しいですね。

◇コメントありがとうございます!!◇

>りゃりゃさん
鉄人兵団が他の作品と比べて異質なところに、本当に極限的絶望、のび太達の命の危機が凄くリアルに迫るところってのがありますね。
道具も決定打にならず、ザンダクロスも捕らえられ、「ウワーン、殺されちゃうよー!」というピンチが凄くトラウマになっています。
だから、今でも鉄人兵団ってちょっと構えてしまう作品なんですよ、ボクにとって。

リメイクするとなると、きっとそのトラウマ部分も増大するかと思われます。夜中、街を歩けなくなるかも(なに?)。

久しぶりです.りゃりゃです.私は映画ドラえもんで日本誕生も,リメイクして欲しいです.ギガゾンビと,ツチダマにの出番をもっと増やして欲しいです.失礼しました.

◆コメントありがとうございます◆

>りゃりゃさん
そのうち日本誕生もやってくれると信じましょう。
あのお話は教育的にも勉強になることが多いですし。

久しぶりです

教育ですか.私としては,オリジナルとして,ツチダマが改心するシーンが欲しいです.やはり,ツチダマが最後は瓦礫の下敷きはちょっとあっけなかったです.

◆コメントありがとうございます!◆

>りゃりゃさん
教育ってのはまぁ、知識的な意味ですね。
大陸と日本列島が繋がっていたという情報を知ったときは「マジでか!?」と驚いたもんです。ドラさんにはいつも驚かされっぱなし。

久しぶりです

久しぶりです.りゃりゃです.

ツチダマはドラえもんに瞬間接着剤をかけられたから瓦礫の下敷きになったのですよね.後,ギガゾンビの行動に疑惑の苦しみを抱くシーンが欲しいです.ギガゾンビも,精霊王と名乗っている割に最後のタイムパトロールにあっさり捕まるシーンは情けなかったです.タイムパトロールに抵抗するシーンも欲しかったです.

◆コメントありがとうございます!◆

>りゃりゃさん
日本誕生でそこまでツチダマに執着を持つ人がいると知ったのは初めてです。
ボクはなんならツチダマなんて名前すら覚えていないぐらいですがね。土偶でしょ、土偶。

おはようございます

ツチダマも,自分はギガゾンビの命令通りに動いているだけでいいのかという葛藤に悩み苦しんで,思い余った末にドラえもんグループに寝返るシーンが欲しいです.
私としては,生贄の時点でザーベルタイガーから皆を守るシーンが欲しかったです.
ギガゾンビはリメイクではもっと強く,あの仮面の下の素顔の平面ねずみ顔の出っ歯も酷くはないのですが仮面に近づけて欲しいです.そしてドラえもんより1世紀上の未来人ですからタイムパトロール対に対して道具などで最後の抵抗をして欲しいです.
すいませんでした.

◆コメントありがとうございます◆

>りゃりゃさん
とりあえずは人魚大海戦ラストの来年予告に期待ですね。

久しぶりです

2011年の映画ドラえもんは本当に鉄人兵団になりましたね.私はとても楽しみです.この調子でパラレル西遊記もリメイクされないですかね?

◆コメントありがとうございます◆

>りゃりゃさん
あ~……
そういうネタバレ情報は正直出して欲しくなかった…です。
あ~…う~…そうなんですか…。
非公開コメント

トラックバック

茶色の慕情

 『ドラえもん』7月6日放送分。「のび太の部屋の地平線」と「たまごの中のしずかちゃん」が放送された。 テレビ朝日の『ドラえもん』サイト 「ドラえもんチャンネル」 北海道ドラえもん連盟加盟 銀河ドラえもん倶楽部・「のび太の部屋の地平線」 「チダイラ線」という

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事