FC2ブログ
2007年 06月 30日

コロコロ感を画像のデカさに込めました。

何十年ぶりだ!
コロコロを買うなんて!!!

いや、別にね、買うつもりはホントに無かったんです、昨日までは。

でも、某・藤子フリークブログ様にて、コロコロ伝説Vol.2に「ミラ・クル・1」が載っている事を昨晩知りまして。
これは一も二も無く買いに走らねば!! と。

「ミラ・クル・1」というのは藤子・F・不二雄先生による作品なワケですが、ボクがその名をちゃんと覚えたのは、ついぞ一週間ぐらい前。
雑誌「もっとドラえもん」を読み返していて、気付きました。

正直、ボクが最初に流して読んでいて、最近存在を知った作品ということは、当然ながらマイナー作品であり、たとえ単行本になっていても現時点での絶版は確実(実際、FFランド単行本はあったらしい)。どんなに想いを馳せても国会図書館でしか出会えない作品なんだろうな、と特に感慨も感じませんでした。
てか、そんな作品はF作品にはざらにあるのでね。

しかし!

そんな生涯お目にかかる事も無かろうという作品がコロ伝2に掲載されるというのであらば、もはや定価1000円なんて何とも思いませんとも!!
そう、オレは「ミラ・クル・1」の為だけに、安いとはいえない、しかも全然その世代じゃないコロコロ伝説を買ったのさ! ウハハハハ!!


実際、損は無いね。
オバQが三本に、ドラえもんが二本(うち一本はてんコミ未収録)、パーマン二本、そしてミラ・クル・1と、F作品がてんこ盛り!
さすがコロコロと言ってイイだろうて。

「ドラえもん」のてんコミ未収録作「キングコング」(このサブタイも未収録な理由になってないだろうな…)なんか、スモールライトなのにビッグライト? みたいな、設定のあやふやさが不思議な味わいで、そりゃ未収録にもなるわ、という感じを醸し出しています。

さらに、噂には聞いていた「ドラQパーマン」まで掲載されています。
うれしい誤算だ。てか、30頁もある作品だったのか…


そして待望の「ミラ・クル・1」。
と言っても第一話では無いので、いまいち設定が飲み込めません。

作品紹介によると――地球に来たミラクル星のUFO(人工生命体?)は、小学生の未来くんを地球を守る「ミラ・クル・1」の一員にし、UFO自身は彼の飼っているイヌの「ワン」の身体を借りて行動する。
さらに優等生の栗島くるみも仲間となり、二人と一匹合わせて「ミラ・クル・1」として、科学の力で事件に立ち向かう!!
――らしい。

今回掲載された作品を読む限り、ご近所科学探偵のような話かしら。
F信者としては勿論他の話も全部読みたいなぁとは思いますが、マイナー作品だけあってか、ちょっとパンチの弱さがありますね。(でもアニメのパイロット版が作られたとかゆー話もあるとか…無いとか…)

しかし、こういう形でしか読めないF作品が多いのはなんとかなりませんかね。「みきおとミキオ」がパッケージ化されたのはホント奇跡的だとすら思えますからね。
もし、マイナー作品だから新たにパッケージ化しても収益が望めない為に今でも絶版だというのであれば、そういうマイナー作品群だけを寄り合わせて分厚い本を出版してくれたりしないですかね?
それなら買うのはコレクターだけだので、多少値が張っても堅い気がするんだけど… どうなんやろ?
いや、オレは間違いなく予約して買うけどな、それ。

ただ、権利とか原稿紛失の類だと、どうしようも無いのよねぇ…


まだ半分ぐらいしか読んでないけど、意外と他の作品も面白いですね。
「ゲームセンターあらし」とか聞いた事だけあって今回初めて読みましたが。
「こんど(必殺技を)使ったら命はないぞ~~っ!」とか「あらしはそのとき地球と一つになった!!」とか、下らな過ぎる!!!(特に後者の台詞に爆笑です)
たかや健二さんの書き下ろし自伝的マンガもコロコロ風まんが道…とゆーか吼えろペンッぽい熱さが面白い。

ま、世代じゃないから懐かしさとかはゼロですけどね。
ボクの世代だと、大長編ドラやハゲ丸くん、おぼっちゃまくん、かっとびランド、キヨハラくん、くにおくんにスーパーマリオ、読んでないけどダッシュ四駆郎とか、その辺りですね。
今回の79~80年前後に本当にこんなに藤子マンガが掲載されていたと言うのなら、羨ましい世代だよなぁ…


あぁ、テキトーに書くつもりが意外と量が多くなってしまった…。
まぁでも、おそらくもう買わないだろうしね。
とにかく「ミラ・クル・1」掲載に感謝です。

てなわけで、次は藤子Fマイナー作品集をお願いします、小学館さん。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by たいちょお URL at 2007-07-01 06:25 #zHTyKSPE Edit
Title : おお記事内容が熱いぜ
当時のコロコロの藤子作品は、ドラえもん・パーマン・オバQ・ハットリくん・怪物くんあたりの中から毎回3本ぐらい載ってたのかな?(ドラえもんは不動)
後半はプロゴルファー猿も載ってたような載ってないような。

まあでも70~80年代に子供だった人は、藤子ありーの(まだFとかAとか区別なし)、ウルトラありーの、ライダーありーの、戦隊ありーの、タツノコアニメありーのと、けっこう充実していた世代なんですよね。
それでちょっと金回りがよくなってきた年頃にファミコン登場でしょ。
そりゃオタク化すんべぇなぁ(笑)。

ああ、そういや「ポコニャン」は知ってる?
兄さんにもっと早くに出会っていたら、我が秘蔵藤子本を寄贈したのにぃ。(全部ブックオフに売っちゃったよ)
世の中ってままならないわね。フー。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-07-01 13:31 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうござます!◆
>たいちょおさん
やはり80年代は藤子作品全盛期ですねぇ。
パオパオチャンネルとか毎日観てましたし…。

ポコニャン知ってますとも。
教育テレビでアニメ化もしていたので、あまりマイナー作品という意識は無いですけどね。といっても、真面目に観ていた記憶も無いですが。
懐かしいついでに「ぽんぽこぽんの、へんぽこりんの、ニャン!」って、ようつべで確認しちゃいました。
でも、近年原作マンガを読んだらそんな呪文は一欠けらも出ていなかったような…
Commented by 大阪歩 URL at 2007-07-14 23:46 #- Edit
Title :
私は「新オバケのQ太郎」世代で「ドラえもん」はもちろん「ジャングル黒べえ」「Pポコ」それに「パジャママン」なんかがリアルタイムです。(なんか幻の作品ばっかりだなあ)
「バケル君」は当時アニメになって欲しかった・・人気作品だったんですけどね・・。

「コロコロ」はぎりぎりこの2巻目位までが世代なのですが「ハムサラダ君」を一番楽しみにしてたような気がします。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-07-15 01:18 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます◇
>大阪さん
ジャングル黒べえなんて発禁の典型作品じゃないですか。ボクにはもはやどんな内容だったのか推察する事さえ難しい作品ですよ。こればかりは売れる見込みがあれば発売されるわけでもないからなぁ…見たことあるというだけでも羨ましいですよ。
個人的には「TPぼん」をもう一回頑張ってアニメ化して欲しいですね。実写じゃ無理だもんなぁ…あのスケール。

両先生がハムとサラダが好きだから「ハムサラダ君」なんですか… なんとベターな理由なんだろ。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 閑古鳥ぽよぽよ at 2007-07-01 06:13
タイトル : コロコロ伝説vol.2を買いました
すみません、懲りないオトナです。また買っちゃいました、コロコロ伝説。今回は1979-80年の代表作パックです。いやーどうしても「金メダルマン」が読みたくて(笑)。でももう懲りました。懐かしさだけで1000円は出せないにょママン!載ってる復刻漫画...