2006年 01月 25日
なぎほの、あと一回でサヨナラです…
プリキュアらしいクライマックスになって参りました。


ひかりは大好きな人達と世界を守る為に、自分でなくなるかもしれないクイーンへなろうと決意。
ゥゥ……いや、ホントちょっとこの辺はヤバかったっすよ(泣
自己犠牲が美しいとか、オレは必ずしもそうは思わないんですが…
でも、ドラマとして「鉄板」ですなぁ、やはり。
ひかりの犠牲を認めていないなぎほのってのも、また素直で好いです。

今回はひかりのドラマ以外は、白黒×闇の者のバトルが全編通しでしたが、この辺りも「プリキュア」爆ッつーか。
ハードだぁ…
このハードなバトルがプリキュアイズムだもんなぁ。
ボロボロになっても、絶対諦めない、立ち上がる。
日本テレビ史における、往年のヒロイズムはココに継承されているんだな、うむ。

サーキュラス、ウラガノス、ビブリスを辛くも倒した後、動けなくなる二人。
ビルの屋上で力無く言葉をつむぎ出す二人の感じが好きっす。


でぁあぁ~~~兎にも角にも、来週で終わりなのかぁ、なぎほの…
おばあちゃんの秘密は…何か明かされなさそうな匂いだけど…
見ないとね…VHSで最低3回は見るよ。…少ない?

ふたりはプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :