FC2ブログ

轟轟戦隊ボウケンジャー Last Task「果て無き冒険魂」


それなりに力作… 結構、律儀だよねオレ。

ガジャが復活して、再び眠りにつくまでの1年間を切り取った物語、それが「ボウケンジャー」。主役はガジャだったのかーそっかー(棒)。

いやぁ、終わりましたけどね…
何とゆーか… すげーあっさりしている気がしました。
「デカ」「マジ」のようなグアアアア!!!…と来るような盛り上がりは感じませんでした。
番組前期の濃ゆい展開とは一転、まさかのサッパリ系ですな。
それがボウケンか…(ええー)。
驚くぐらいシルバー君が要らない子でしたね。
席は五つしか無いってのに、コクピットにいるだなんて…
観光バスみたいな補助席があればねぇ… ほら、飛行機のコクピットにはあるじゃん。
てか、アンタはアンタで、自分のマシンにさっさと乗ればイイんですよ。
それを赤い人が「シルバー、お前も来い!」とか言うから。
そこ、是が非でも6人一緒にいなければならないシーンだったかなぁ?
まぁ、最終回なんだけどもさぁ…。


A パラレルエンジンの原動力=プレシャス
B プレシャス=人間の夢
C 夢=人間なら誰しも持っているモノ

よって、パラレルエンジンの原動力は人間である。


ええ――!?
何その三角論法!? どゆことー!?


いやいやいや、百歩譲って論法として成立しているとしても、そんな屁理屈を機械物理的にが融通してくれるんすか!?

つまり、最終リミッターを解除したコトでこの理屈をも可能に出来るのがパラレルエンジンだと。てゆか、リミッター解除ってコトは元から備わっていた機能という事で、パラレルエンジンは何も制限かけないと、人間が乗ってるだけで動いてくれるという事で。
スゲー便利じゃん!!

むしろ、リミッターを付ける意味が分かりません。


初回は、真墨が明石を超える為にボウケンジャーになるという話だった訳ですから、最終回は何かしら明石と真墨の話に決着をつける必要がありますので、やけに真墨がフィーチャーされています。
今までのおざなり感を取り戻すかのように…

でも、結局超えてないんだよね。
かといって、明石なんかどうでもイイ、自分は自分だ!と開き直った描写も特に無く。
とりあえず、二代目チーフに納まったってだけだし。

真墨は… どうなりたいんだろうねぇ… はぁ…


エピローグは何故か半年後。こういうのは1年後が東映さんの定石じゃないんですかね。
ま、高丘さんが加入してちょうど1年というコトなのかとも思うんだけど。
いきなりゴーゴーVでしたね… う~む、懐かしい。

明石はさくら姐さんと宇宙へプレシャス探索。
イイんじゃないですか、産めよ増やせよで。
つか、目的地も無く広大な宇宙へ飛び出す無謀さは…

で、それはあれですか、かつてNASAにいった赤い人のオマージュなんですか。
何て作品だったかなぁ。個人的には、NASAに行ったのは銭形愛なんだけど…(え?)
あぁ、そういやそれに関連してボイスが「レッド君にはNASAに~」とかいうネタもありましたねぇ。懐かし…


この辺のさくら姐さんの芝居が妙だったのは、後でなるほど!て感じでしたね。
アトランティスについて言及していたのも、その所為だったとはねぇ。
2回目見て、普通に感心した。


いや、まあそんな事より、ボイスについては何も教えてくれないんですか?
正体は少女でしたー… て、それだけ?

いやいや、じゃなくてさ、その少女の正体を教えろよッ!
何ゆえ少女がサージェスのトップにいるのかを。
てゆーか、普通に少女なの? 家が金持ちだとか、大天才だとか、そんな理由なの?
本当はプレシャスの力で少女にされたオッサンだとか、そういう楽しいエピソードは無いンすか?

とゆうか、ボイスが少女だったという伏線はこの1年であったのだろうか…
時々、可愛い一面を覗かせたとか、その程度か。フッ。

うむぅ、やはりサッパリしてる気がする。


「スーパー戦隊30作目記念」と銘打たれ始まった「轟轟戦隊ボウケンジャー」は、記念作らしく、例年より明らかに予算が増えている気がしてならない、そんな作品でした。

敵組織が4組もいたとか。
ロケは街中よりも山とか谷ばかりだったとか。
例年ならばもっと先にやるであろうパワーアップイベントを、惜しげも無く前半期に集中させていたとか。

まあ、そのおかげで比較すると後半期は失速感が否めないんですけどね。
個人的には、明石が消えてスーパーダイボウケンが登場する件がマックスハート!

また、30作目らしくこれまでのスーパー戦隊の集大成的な部分も多かったですね。

デザインがビミョ~に80年代チックであるとか。
強いレッドがリーダーだとか。
スパイアクションだとか。
顔だしの敵さんとか。
(一人だけの)強化プロテクターだとか。

最近の流れには無い、かつての要素を結構取り入れていました。
さらに、その名の通り今までに無いボウケンもやっています。

画角が16:9。
シルバーの素材。
ロボで等身大の敵をつぶす。(味方も)
結構えげつないコトも普通にやってた。(横取り)
民間組織が駆逐艦。

その、どれもこれもが皆総て
「ボウケンジャー」という番組のプレシャスなのだよ――




…さ、見事にまとめ上げましたね。(ええー!?)

というわけで。
「轟轟戦隊ボウケンジャー」に携わった総てのスタッフ・キャストの皆さん、お疲れ様でございました。
番組を観る以外の楽しみ方というのも体験させて頂きましたし。
まさか、あんなに末永嬢の顔が小さいとはねぇ…(またそれ?)

そして、「轟轟戦隊ボウケンジャー」という番組と、このブログを通じても色々と楽しませて頂きました。
毎週我がブログをご覧になられている方も、間違えて迷い込んでしまった方も、ありがとうございました。
また、毎度アップの遅い記事にTB等でお付き合い頂いた皆さんにもご面倒おかけしました。どうもお世話さまです、ありがとございました。




とゆーコトで…

「轟轟戦隊ボウケンジャー」レビュー、ここに完結!!

スーパー戦隊 各話レビュー

あぁ、菜月の予知能力…そういやあったね、そんなの…
関連記事

コメント

大団円

コンパクトに纏めた最終回でした。
私はラス前を思いっきり見逃したのであの娘が何者か説明あったのかと思っていたのですがなかったのね・・。

カブトなどと違うエピソード単位で観る作品だったわけですが、敵の組織をバラバラにして趣向を凝らせた、故に様々な工夫のある話を観る事ができたという点では非常に楽しめる及第点のシリーズだったと思います。
というわけで私のベストは「虹の反物」(で選んだのがコスプレ・パンチラか!いや・・猫かわいいもの、猫。)
とこういう話をベストにして良し(良いのかなあ)なのが戦隊のいいところかと思います。

◇コメントありがとうごっざいます!!◇

>大阪さん
コンパクト過ぎる気がしてならないんですが…
まぁ、でも総合的にはボクも及第点です。ボクの観た日笠戦隊の中では… 3番目ぐらいかなぁ。うわ、イイのか悪いのか分かり辛ッ!

戦隊って、正直言って戦隊の方では大してバリエーション作れないんですよね。だから、割と自由に作れる敵組織の方で毎年バリエーションを謀るじゃないですか。
その組織が4つもあって、それぞれに個性が違うってのは好いアイディアでしたね。ま、金がかかるんで今後はやらないんだろうけど…

カブトだって、別に黒包丁がベストだ!と叫んでもイイ筈なんです! いえ、ボクは間違ってもベストだとは思わんけどね。
てゆーか、思い返すと黒包丁の話ばかりがスゲー記憶に焼き付いているのって、どーなん!? 何この脳内パラサイト!?

黒包丁とどうでもいいかもしれない追伸

そうですね・・。
「虹の反物」がベストなら「黒包丁」がベストでもおかしくない。ないない。
私ですか?「黒包丁」?そんなわけない!

日笠戦隊のランキングって・・
タイム→ハリケン→ボウケン→アバレ→ゴーゴー→ガオ
・・なのかなあ・・。
一般的にはどうなんでしょうか。
私はハリケン一番でもいいですけれど・・。

お疲れ様でした

TJ-type1さま、はじめてコメントさせていただきます。
いつも楽しみにブログを拝見し、TBも送信させていただいてました。
1年間のレビュー、お疲れ様でした。
楽しい内容とイラストを楽しみに、まだかなまだかなとお待ちしておりました。
ラストはあっさり目でしたが、久しぶりに燃えて毎週視聴した作品でしたので、最終回を見てさびしい限りです。
そして、TJ-type1さんのボウケンイラストとレビューもこれが最後かと思うと、やっぱりさびしい限りです。
改めて、ありがとうございました。

◆コメントありがとうございます!◆

>大阪さん
カブトを観た人間の中では「黒包丁」という単語一つで、ある種の共通認識が得られるのが面白いですね。
これからも「黒包丁」という単語は、番外編的脱線的エピソードの代名詞として便利に使えそうです。否、使っていかねば!(え?)
「あの番組の×話って、黒包丁だよね~」みたいな使い方、推奨。

ま、ンなコトはどーでもよくて。
ボクの日笠戦隊ランキングは…
①ゴーゴー(特撮が好かった)②ハリケン(何となくイイ印象)③ボウケン④ガオ(商業的過ぎ)⑤アバレ(まぁ…)
ってな感じですか。何か、ファンタジー系が弱いな…
あ、評判のすこぶるイイ「タイム」は観てないんですよねぇ…そんなにエエのんかえ?


>風水さん
毎度お世話になっておりますです、はい!

≫楽しい内容とイラストを楽しみに、まだかなまだかなとお待ちしておりました

(゚A゚)

≫まだかなまだかなとお待ちしておりました

(;゚A゚)

≫まだかなまだかなと

アワワワ(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

ひ、ひえええ、すすす、すいませんでしたぁぁぁぁ!!!
わ、分かってるんですけどね、自分でもめがっさ遅いの。
皆さん当日中にアップしている中、月曜はまだしも、火曜とかにアップしてますから…ヒドイ時は水曜とかも…
えろうすんまへんでした。
しかし、今後も改善される予定はございません。orz

それでも毎週ご覧頂くだけの何かがあったのならば幸いでございます。こちらこそ、ありがとございます!!
非公開コメント

トラックバック

ボウケンジャー: Last Task

轟轟戦隊ボウケンジャー Last Task「果て無き冒険魂」。人間それ自身が尊いプレシャス。 以下ネタバレあり。

ボウケンジャー Last Task

1年間にわたって放送された「ボウケンジャー」も、49回目となる今回で最終回です。Last Task 果て無き冒険魂☆脚本:會川 昇/監督:諸田 敏☆あらすじ:ボウケンジャーに変身できぬまま、デスペラートに追い詰められた5人の冒険者──しかし、自分だけのプレシャスを見

『轟轟戦隊ボウケンジャー』Last Task(第49話)、「果て無き冒険魂」の感想。

★TBさせていただきます★『轟轟戦隊ボウケンジャー』Last Task(第49話)、「果て無き冒険魂」の感想ですっ!!ブワハハハハ、ま、牧野せんせー(爆笑)・・。

ボウケンジャー LastTask「果て無き冒険魂」

お、普通にオープニングが始まりました。

轟轟戦隊ボウケンジャー Last Task「果て無き冒険魂」

Last Task「果て無き冒険魂」

轟轟戦隊ボウケンジャー LastTask「果て無き冒険魂」

轟轟戦隊ボウケンジャーの最終話を見ました。LastTask 果て無き冒険魂『“ゴードムの心臓”を奪われ、変身も禁じられて追われる4人。だが自分だけの宝を守りたいという気持ちで再び結集した時、ボウケンブラック・伊能真墨も復活した。そして、デスペラートとの死闘の中...

さくらさん、お幸せにー!

▼轟轟戦隊ボウケンジャー  【Last Task】果て無き冒険魂気づけば最終回。 一度は描いておきたかったアルティメットダイボウケン。なんたってこの番組を観る動機の5割がコイツみたいなものでしたから。放送から間もなくしてバンダイの玩具商談カタログの画像が流出。10台

ボウケンジャー「果て無き冒険魂」

「冒険スピリッツ」と読んで欲しかったと思うのは俺だけ? ついに終わりましたか。 牧野さんってすごい人なんだな。たった一日で 18 機のメカを改造してしまうなんて。 しかも、ごっつい変装能力高いし(笑)。ピンクのユニフォームの上に斉木しげるの顔が覗いている、と

Boukenger Last task(Task49)[Final]

遂に迎えた最終回。これで30番目の戦隊も完結と言うことになりました。最終回と言うことで、今回のBGMは2枚組のアルバム「轟轟戦隊ボウケンジャー プレシャスアルバム4&5 SGSサウンドアーカイブ」からDISC 2(プレシャスアルバム5に相当する方です)としました。 前回

今週の冒険者 #49

今回の主役は全員?最終回なので、誰かにスポットが当たるということはありませんでした。まぁ、勝利の立役者は牧野先生でしたが…(^o^;)前回のラストシーンを引き継いで、初っぱなからオイシいチーフでしたが、真墨のチーフぶりっこは止まりませんでした。前回から続くこの

轟轟戦隊ボウケンジャーLASTTASK「果て無き冒険魂」

【最初モノクロで描いたらものすごく怖かったので色をつけました。】ガジャのその後が気になってしかたがないファンの方には「ウィザードリィ4 -THE RETURN OF WERDNA-」を全力で推奨したいです。著しく非ユーザーフレンドリーなゲームなので、やるのは非常につらい...

今週のスーパーヒーロータイム

マキノ先生が一晩でやってくれました。だよな・・・マキノ先生ジェバったねぇwそれはそうと轟轟戦隊ボウケンジャーは最終回!【轟轟戦隊ボウケンジャー】おぉ、普通にOPがある。OP曲をEDに使うとばかり思っていたのでこれは意外でした。巨

【感想】轟轟戦隊ボウケンジャーTask.49

Last Task「果て無き冒険魂」終わっちゃった…。なんか、あっという間の1年だったなぁ。本放送の視聴以外、ボウケンジャーに割いた時間が少なかったからかもしれません。結局、劇場版も1回しか見てないですし。舞台挨拶は行ったけど(笑ということで...

人間がプレシャス - ボウケンジャー #049 (Last Task) 果て無き冒険魂

轟轟戦隊ボウケンジャー Last Task 「果て無き冒険魂」.2007年02月11日放映.毎回レビューは出来なかったけれど,最終回くらいは〆ということで.毎回欠かさずレビューしたみなさま,お疲れ様でした. ここのところ見なかったりしていたのですが,雰囲気が変わらず,さすが

ボウケンジャー Last Task

とうとう迎えてしまいました、最終回です。とりあえず、ズバーンが破壊されていなくて、しかもちゃんと活躍があって本当に良かった(苦笑)。そして最終回を終えて、やはりボウケンジャーは気合いで勝負だったなというのが笑えないけど笑える実話でしたね。

ボウケン:LastTask.「果て無き冒険魂」

まー綺麗にまとまったんじゃないでしょうか。さくら姐さんが報われそうなラストで良かったですw以下ツッコミの羅列前回でメンバーに自分のプレシャスを語らせておき、ゴーゴービークルが「人間の夢もプレシャス」という「気」の力で動くように改造されたのは強引さを感じ..

轟轟戦隊ボウケンジャー 「Last Task 果て無き冒険魂」

『ボウケンジャーの冒険は、無限だ!』

轟轟戦隊ボウケンジャー Last Task 果て無き冒険魂

プレシャス保管庫の爆発に巻き込まれた明石を救ったのはズバーンだった・・・って、リュウオーンは? 見捨てたの?巨大化したデスペラートの前にダイボイジャーで立ちはだかり、倒すボウケンジャーたち。あっさり倒されるのがどうも。パンドラの函から生まれたデスペラード

ボウケンジャー最終話

ふっ、横にズバーンがいたんだから、チーフがピンピンしているのは分かってましたがね

ボウケンジャーLastTask「果て無き冒険魂」

あ~とうとう終わってしまった…悲しい~~ラストは…そーですか。チーフは宇宙へ旅立っちゃいましたか。。ってチーフ、その服、どーみても宇宙へ飛び立つカッコには見えないのですが…。。(コラコラ)さくらねーさんも最後まで冒険者でした!!(笑)どーやらどこまでもチーフ..

ボウケンジャー Last Task お疲れ様っした!

ボウケンジャー1年間お疲れ様でした![画像]クリックして原寸大で見て下さい轟々戦隊ボウケンジャー・・・今日が最終回でした。1年間、色々あったけど、本当感慨深いです。俳優の皆様、SAの皆様、そしてスタッフの皆々様お疲れ様でした。ガジャ様がラスボスで・・・とか

轟轟戦隊ボウケンジャー LastTask 「果て無き冒険魂」

最終回を迎えたボウケンジャー、結局ラスボスを勤めたのはガジャでしたがその決戦の場所は1話で封印を解いてしまったあのゴードム文明の跡地と因縁を感じさせました。プレシャス保管庫の爆発の中から生還したチーフ、ズバーンによって救われていましたがリュウオーンに関し.

轟轟戦隊ボウケンジャー #49 「果て無き冒険魂」

最終回。 おおむね問題無し。1年観てきて満足のいく締めであった。 「トンガリ野郎」の正体が少女だった謎が残されてはいるけど。 ただ、スーパー戦隊シリーズ自体が成熟しきってしまい、新しい発想が感じられなくなっているのも確か。 本来の対象視聴者である子供たちは意

【ヒーロー】轟轟戦隊ボウケンジャー Last Task(Task.49) 「果て無き冒険魂」

赤はズバーンに助けられ、おやっさんとネオパラレルエンジンの改造をしていたようだ。そのため、残りの5人による時間稼ぎが必要だったようだ。みんなの気持ちがネオパラレルエンジンに伝わり、ダイボイジャーはパワーアップ。ズバーンでデスペラートを撃破。あっけないな。

轟轟戦隊ボウケンジャー Last Task

轟轟戦隊ボウケンジャー Last Task 「果て無き冒険魂」。 前回、ダイボイジャーでオイシイ復活を遂げたチーフ。 そりゃあ、主人公は死なないよね。 さすが、不滅の牙といったところか?。 とりあえず、他のメンバーもダイボイジャーに搭乗。 「アタック!!」って、ま

1年間、お疲れ様でした。

遂にボウケンジャーも最終回。1年間、楽しませていただきました。というわけで、Last Task『果て無き冒険魂』。巨大化した魔神デスペラートの前に、ダイボイジャーで駆けつけたチーフ。[画像]「おい、お前達! 俺を一人で戦わせる気か?」「よし、総員ダイボイジ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事