FC2ブログ
2019年 08月 09日
本日放送は「ゾクゾク!?学校の七不思議」「人食いハウス」でした。

「ゾクゾク~」は、学校の七不思議に合わせて怪奇現象が巻き起こるお話。
珍しく序盤を録画ミスしていてたいそう落ち込み気分です。TVerで配信しろ…。
自分の脳内のイメージをホログラムとして再現する“空想ディスク”を使って、ピアノの先生を驚かそうと一計を案じる。
イタズラ目的であった道具が最後にほろっとした話を展開するアイテムへと変わる。しかし、当初の目的がしずちゃんを泣かせた先生をこらしめる(改心させる)ことだったと考えると、その本来目的は達成されたというコトになるのですね。
新たに出てきたゲストキャラのイイ話を見せられて移入出来るかどうかは置いておいて、この十何分かの尺中で展開させてココまで描き切っているのは見事だなぁとも感じました。

「人食い~」は、謎の簡易小屋が次々と人を食らってゆく夏らしい一編。
いつものように部屋に危険な秘密道具を忘れていくドラえもんと、それをいつも通り勝手に使うのび太
小屋に近づくとふらふらと吸い寄せられるように人間は中に入ってしまう。そして、そこから出てくることはない…。
ここで、しずちゃんが「この前怖い映画を見たの。家が入って来た人を食べちゃうの」とホラー映画の話をします。
この原作の連載時期を把握しておりませんが、素直に考えれば大林宣彦監督の「HOUSE ハウス」だろうと推定されます。
どちらかというとマニアックな部類の映画なので、「元ネタそこ!?」と結構驚いて読んだ記憶が…。気に入っていたのかな…。
映画だけでなくアイドルやアニメなど、連載時にあったモノのパロディは結構仕込まれているのだけど、後世の人間なのでまだまだ気付いていないモノが潜んでいるのだろうなぁ。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :