FC2ブログ
2019年 06月 21日
本日放送は「ガワラオニ」「チョージャワラシベ」でした。

「ガワラ~」は、家から災いを遠ざけてくれる魔よけのお守り。
ネズミの発生や雨漏り、その他etc...といった野比家の災いを追い払うため、鬼型のロボットが全ての災いに対処してくれる。まさに一家に一台の必需品たりえる道具です。
野比家に災いをもたらしていたのは実はのび太であったと分かり、ガワラオニはのび太を災いと判断して追い出す。
因果の巡りでもあり、行い次第で幸不幸は変わるという風にも見える。謎の災いとして恐れられていた事も、科学的に検証されて理由が分かると実は大したことではなかったりしますが、これもまたそういう面を描いているのかな。「ドラえもん」らしいと言える。

「チョージャ~」は、物々交換して自分の望みの物が手に入れられるワラシベ。
新しいグローブが欲しいとワラシベを持って歩きまわるのび太。ワラシベから同人誌の詩集、詩集から飲み物、飴玉、新聞紙と交換されて、最後にグローブを手に入れる。
原作ではワラシベをシャボン玉のストローとして渡すのですが、これは原作を読んでいても「いや、藁とストローは違うだろ…いや、藁はたしかにStrawだけど…違うじゃん!」となるくだりなので、アニメ化における尺の兼ね合いとストローへの自然な流れが作られていたのはとても腑に落ちました。
また、最後にジャイアンがモデルガンを手に入れる(?)くだりも、悪事への因果応報という流れが出来て分かり易い。
ワラシベの交換は改めて確認すると、全て人助け、親切心によって繋がっているんですよね。
つまり優しさを持たぬ者は求めるモノを得られはしないという…教訓深いアイテムなのだ。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :