FC2ブログ
2019年 06月 04日
やけにメタっぽいギャグが多い…(好き…)。

前回、幻を見せていたマイナソーさん、実は幻術ではなくミストに映像を映写していたのだと判明します。
ディメボルケーノさんが見た目に惑わされず相手を捉えるようにと言っていたコトがここで役に立つ…のかと思いきや当のディメボルケーノさんがその幻影に騙される始末です。おま…。

マイナソーを生み出したのは、親の意向を汲んで消防学校に入ったものの本当は映画監督になりたい青年。マイナソーさんの「ホンバーン」は青年の心の底を具現化しているモノでもある。
マイナソーというのが人間の抱えている本心をカタチにしたモノといえるわけで、これも一つの「ソウル」の姿なんですね。

人間の心が乗り移ったマイナソーという獣と、リュウソウジャーのソウルが乗り込んだ騎士竜。両者は近しい存在ではあるけれど、マイナソーが人の生気(心?)を喰うのに対し、騎士竜は人と心を通わして戦う。人が騎士竜に従うわけでも、従わせるわけでもなく、対等な仲間であることが現時点でマイナソーとの大きな違い…だろうかな。
お前が一番! 必要なのは騎士と騎士竜の信頼、愛情!

そしてまたお久しぶりの、本放送ではお初の、ガイソーグさんが参上しました。
元々「リュウソウジャー」登場予定の方なのか、せっかくなので本編でも登場させちゃおうというノリなのか、はてさてな…。

関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :