FC2ブログ
2019年 04月 01日

シノビを感じる…

■RING

プルンスが実は栄養士であった事が判明する中、香久矢さんが商店街に行ったことが無いという驚愕の事実が庶民たちの耳に入って来る。
身の回りの事は面倒を見てくれる人がいるし、お菓子は料理人が作ってくれるのだとか。
これが上流階級か…驚きを感じますが、それは外界との交流をシャットアウトしているとも言える。

そして、香久矢さんは今日も今日とてお父上からのプレッシャーを一身に背負う日々。
宇宙人を発見した事を隠しているコトもあり、父親の期待する、より完璧な自分であり続ける事を自らに課します。
完璧な自分でいなくては、プリキュアではいられなくなってしまうから…と。

プリキュアというのはイマジネーションによって生まれる姿・未来の自分であるとすれば、それは“完璧な自分でいなければ未来が無くなってしまう”という強迫観念に強いられているのだと読める。
そして、何をもって完璧か否かを判断するのかというと、自分が…ではなく父親が判断するそれ。
「他者の為に頑張る」と振り切ってしまって、「自己」が消失している状態…と言える。
自分ではなく他者が描く未来では、冒頭で言っている「自分だけのイマジネーション!」とはならない。

そんな折、香久矢さんは星奈さんから商店街に誘われる。寄り道、と。
完璧さを求める中において不必要である“寄り道”ですが、そこで新たな世界に触れ、星のドーナツも初めて食べることが出来ました。

色んなお店の集まる商店街が“多様性”の象徴として置かれている事を思うと、香久矢さんの家庭環境は“画一性”的な価値観として描かれている。
輪っかのカタチをしたドーナツは、人の輪を象徴するモノとして過去シリーズでも幾度と使用されておりますが、そのドーナツに対して香久矢さんは、こんなに美味しいとは知らなかったと言う。
寄り道という名の“人の輪”を味わった事が無い香久矢さんは、いつも人に囲まれてはいるけれど、その実、友達は居ないのだと分かる。哀しみ…。

完璧でなくてはプリキュアでいられなくなると香久矢さんは考えていたのですが、寄り道という完璧さからは離れた行動によって、むしろプリキュア強度は高まる。完璧でなくとも未来は存在し得る。

いつも誰かの為に頑張っている香久矢さんですが、困った時はみんなに頼ってもイイのだと天宮さんから助言が与えられる。
お馴染みの「幸福の王子」論で、人を助けるばかりでは自分がいつか潰れてしまうから。

そんなこんなあってのダークペン争奪戦では、「みなさんが困った時は私が助けます!」と援護に回る。
自分だけではなく、みんなでやる。香久矢さんは仲間を守ろうとする時は的を外さない。
他方、結局“他者を助ける側”になっているので香久矢さんの爆弾は解除されていないと見るコトも出来るような…。
今回はあくまで布石であって、これが解消されるのはまだ先のお話になるのだろうか…それだと、お当番回の度に時限爆弾が増えている事になるけど。


■刃の心

姫ノ城さんがいつぞやに増しておかしいという回でもありました。
一般市民が忍者になっているという「仮面ライダーシノビ」と世界観を共有している可能性がある…。

関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from のらりんすけっち at 2019-04-01 20:47
タイトル : スター☆トゥインクルプリキュア 第9話「友情のリング!スタードーナツ☆」
カンペキ主義を強いられ刷り込まれのまどかパイセン。 内に抱え込んじゃうタイプみたい。 もっと気持ちを楽にしていいのよん。しかしこれは… ポンコツ化フラグかもしれない^^; 毎日びっしりがんじがらめスケジュール。 まどかパイセンおつかれモード。 寄り道しちゃいましょう! 商店街に連れ出したのはひかるちゃん。 ひかる&ララのエスコートで商店街を満喫! まどか...
Tracked from Msk-Mtnのブログ at 2019-04-02 00:05
タイトル : スター☆トゥインクルプリキュア 第9話感想
 今話の名セリフ:「だからさ、まどかが困った時は、アタシ達を頼ってよ! 友達でしょ?」(天宮えれな)  「スター☆トゥインクルプリキュア」第9話「友情のリング! スタードーナツ☆」の感想です。
Tracked from ぬるーくまったりと 3rd at 2019-04-02 11:28
タイトル : スター☆トゥインクルプリキュア テレ朝(3/31)#09
第9話 友情のリング!スタードーナツ☆ 無事に地球に帰って来られて一安心。プルンスはドーナツ製造機の味が気に入らないので本物で再調整したいらしい。 でも勝手に名前を付けたらしい。 まどかはドーナツを知らない、それどころか商店街に行ったことがない。 まどかは父親から香久矢家の人間として恥ずかしくない行いを求められてきた。 弓道、茶道、華道に家庭教師で放課...
Tracked from 新四十路男の失敗日記 at 2019-04-03 18:50
タイトル : スター☆トゥインクルプリキュア 第9話 友情のリング!スタードーナツ☆
香久矢様はカプられたい。 ゴム製のリングのことかと思った(チゲーヨ 勉強、習い事、生徒会長、プリキュアと、全て完璧にこなそうとして空回り気味の香久矢まどかパイセン。 お家というか、父上にも圧力をかけられている上に抱え込みがちなパイセンをほぐしてやろう。 星奈:   「今日は楽しもう」 下卑た笑いを浮かべてパイセンを拉致る星奈。 なにしろ商店街へ行ったこともな...