FC2ブログ
2019年 03月 18日
43作目のスーパー戦隊となる「騎士竜戦隊リュウソウジャー」。

三人のリュウソウジャーが師匠から剣を継承し、新たな戦士となる所から物語は始まります。
古代人の末裔リュウソウ族が恐竜を模したメカ・騎士竜のチカラを用いて、かつて地球から去ったドルイドン族に対抗するというのは基本設定とのことです。
ファンタジー系の戦隊らしい始まり方ですが、はっきり騎士竜はメカであるとも明言されていたりするのですね。

1話はとにかくテンポが早い早い。

騎士の継承の儀、ドルイドン襲撃、神殿だけは守れ、神殿に侵入される、死にそうなマスターが案の定死ぬ、いきなりの巨大戦…。
めちゃくちゃ駆け抜けた印象の第1話です。
この神殿の攻防戦を1年間繰り広げるんだなと思ったらいきなり壊れるし、合体シークエンス無しで早速ロボ戦までやってのけますし、詰め込んでますなぁ。

スーツ主体でありながら物凄い動きを見せて驚かせてくれた巨大戦も感動なのですが、1話でロボ戦までやりたいが為、あえて恐竜型メカの登場をすっ飛ばしている手法は膝を打ちました。
恐竜メカが出てくる物語内の驚きよりも、まずはロボ戦まで見せたい!という意気込みの方が勝っているというのは感心しましたし、実際のロボ戦も新しさに溢れていて、自信の表れなのだなと感じられました。

恐竜とロボ、チビッコにおいてどちらが人気あるのかは分かりませんが、制作陣が見せたいのはロボだ!とよく分かるのです。

今作で使われるのはリュウソウルなるアイテム。

ソウルの名で思い出すゴーオンジャー“炎神ソウル”は、劇中でのドラマとアイテムの有機的繋がりが見事だったのを覚えています。ソウルと名付ける事によって「心」「魂」と意味付け出来て、ドラマの流れと使いどころが噛み合いやすかったのです。
てなことを鑑みて、リュウソウルにもドラマとの繋ぎを期待してしまいます。

主人公たちの師匠であるマスター達、いかにも途中で死にそうだなと思えましたが案の定お亡くなりになられました。2~3話ぐらい期待していたのだけれど。
そのマスター達の魂がリュウソウルに宿るというのが1話のお話。

リュウソウジャーは代々受け継がれる戦士なので、リュウソウルは過去の騎士たちの想いが受け継がれているというコトになりますなぁ。
過去戦隊リュウソウル出しやすいじゃん…とかしょうもないコトが即座に浮かんでしまう…。
しかしま、スーパー戦隊最強バトルのバトンを受け取っているコトを考えると、多くの過去戦隊の想いを受け継いでのリュウソウジャーという見方も当然出来るのであります。

先代が死んだところから始まるのもメタ的に…いや、それは意地悪すぎる…。

関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :