FC2ブログ
2019年 03月 11日
スーパー戦隊の最強決定戦。
マーベラスが求めていた宝とは行方不明になっていたルカ、つまり仲間。スティンガーは宇宙大統領の命を受けて潜入捜査の為にやって来ていたという。
大和は既に亡くなった子どもの魂を少しだけ呼び戻す時間を求めて、カグラは実家のレストランで自分が再建するまでの時間を求めてトーナメントに参加しているという。
天晴は…まぁたぶん強い奴と戦いとか、そんなんでしょう。

トーナメントの主催者であるリタは、英雄なき星で生まれ育ち、その絶望から宇宙を滅ぼそうとしている。
このトーナメントも、スーパー戦隊を終わらせるためのモノでしかないという。

色々と大変だった年を経ているだけに、「スーパー戦隊が終わってしまうかも」という危機感はメタ的にもかなり真に迫ります。というか、わざわざ4週の特別番組を作ってレジェンドが大挙出演しているという企画は、まさにお話で描かれているように大きなピンチにスーパー戦隊が皆で立ち向かうという状況そのものなのです。

戦隊を終了させようというリタに対し、死者の魂を少しだけ呼び戻すとか、もう少しだけ時間が欲しいとか、大和やカグラの願いはスーパー戦隊というシリーズの存続を願うモノです。
存続の為に死者(過去作)を呼び戻して時間を貰いたい。
大和たちの願いは作中では叶っていませんが、実はこの4週連続SPこそが、大和たちの願いが叶えられた番組だと言えるのです。

トーナメントをかき乱していたガイソーグさん。
鎧を拾う者の姿から、どうやらリュウソウジャーにも引き続き出演される様子。

お祭り…ではあるのですが、内容的にもかなり危機感が詰まっていた特番であったかなと思います。
しかし、このようにピンチの時には過去の仲間達が救いに来てくれるというのは実にスーパー戦隊らしいと言えます。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :