FC2ブログ
2019年 02月 14日
龍騎編…でありつつ、その実はソウゴが成長を見せジオウが強化される回。

絶対に倒せない相手というアナザーリュウガ。
本来なら歴史から消えているハズである13ライダーの一人。
アナザーリュウガを倒すにはリュウガウォッチが必要であろうが、そもそもミラーワールドに入ることの出来ないソウゴ達にはそれも不可能。
「シノビ」「クイズ」と同様にこの時代には存在しないし、手も届かないはずである「龍騎」の歴史。
記憶もあいまいですが、リュウガって真司が子どもの頃に分裂したんでしたっけかな? それなら神崎士郎が最終的にライダーバトルをしないと決断するよりも以前のコトだから、リュウガもとい裏・真司だけ存在するコトになっていてもおかしくはないかも。

アナザーリュウガは、ウォッチが無いので倒せないコトとは別に、喰らった攻撃を反射して跳ね返すという能力が厄介なのです。
つまり、それは自分自身と戦っているのと同じ。
アナザーリュウガは一瞬前の、過去の自分自身と同じ。

話は、自分の中にある邪悪な一面を見つめる方向へ。
城戸真司の中にあった、OREジャーナルの読者に対する僅かな恨みを増幅させた裏・真司。
ソウゴの中にある、危険な力にも頼ろうとする魔王の才覚。

龍騎編とは言いつつ、鏡の中の「もう一人の自分」というモチーフを利用して、ソウゴが自分の中にある闇を受け止めるコトで成長するお話。過去ライダーが幾ら出てきても、あくまでこれは「ジオウ」の話なのです。

アナザーリュウガは闇の自分であり、過去の自分。
ソウゴは最善の王になりたい未来と、魔王になるかもしれない未来の双方を受け止める。
魔王オーマジオウが誕生する未来と、救世主ゲイツリバイブが誕生する未来、二つの未来が分岐する時代にソウゴは居る。

そんな二つの時間が合わさっているジオウⅡは、オーマジオウと同じ時間操作能力すら持っているという。
ソウゴはそのまま魔王になるのか、あるいは三つ目の未来を作れるのか。

また、白ウォズが来た未来は魔王が誕生せず、現代と同じ、時が停まったように平和な世界が続いていると言及されます。
それ、HUGプリと同様に進化しない世界になってしまった…というコトなのかもしれない。

龍騎編…ならぬリュウガ編。
龍騎が出て来ない寂しさもありつつ、せっかくライダーバトルが無くなった世界が覆されなくて良かったなぁとも思えます。
関連記事
TAGS : ジオウ
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :