FC2ブログ

HUGっと!プリキュア #42「エールの交換!これが私の応援だ!!」


闇落ちするか否かが気になる回でOPを変えるヤツがあるかーと思わせてまんまと踊らされる回。
■アンフィニ

フィギュアスケートの大会が迫る。それは輝木さんにとっても若宮くんにとっても大事な試合。
しかも足に爆弾を抱える若宮アンリにとっては、これが最後の大会となるだろうと…。
そんな大会当日、若宮アンリの乗る車は事故に遭い、ケガで大会に出る事すら叶わなくなる。

ここぞというタイミングで事故が起きる大映ドラマ感。
幾らなんでも残酷すぎる…と思わせつつ、プリティーリズムの監督と作家が連なっている回なので、あまりに納得の展開でもありました。プリティーリズムなら仕方ない…。

自分の頑張りでどうにか出来るコトではない絶望的な壁にぶち当たっている相手に対し、他者が「ガンバレ」と言うのは、無力を通り過ぎて残酷が過ぎるのではないか…という状況が作られる。劇場版ハピネスチャージでも描かれていた状況ですね。
応援がテーマの主人公に、応援しても叶わぬ絶望を見せつける。
これドラマ的にはラスボス級の壁なのでは…。

絶望の未来なら消してしまえと囁くリストルさん。
闇落ちはアンリ本人が望んだことであり、それを否定するのは第三者の望んでいない若宮アンリを受け入れられないからでは、とも。
つまり、そうであってほしい若宮アンリ像を押し付けているに過ぎないのではないかと。
選手に「がんばれー」と期待をかけ、望まぬ結果であれば落胆するファン。応援とは所詮、自分たちの思いを勝手に押し付けているだけではないかと暗に語る。

応援なんて無意味だ…と初登場した際のアンリ君は言っていたかと思います。
若宮アンリにとって大切なのは自分の心であり、他者がどう思うかは関係なく、自分のやりたい事をただやる。他者にも既成概念にも縛られず、自由である者として描かれていた。

しかして、若宮アンリは観客を笑顔にするコトこそがスケートをやる一番の理由だったという。
ひたすらに「自分の為」を追求していたのかと思いきや、実は「観客の為」に滑っていたのだと語られるのです。

初めに否定から入るけど実は受け入れてくれる、抱きしめてくれる心がある…とは野乃さんのアンリ評。
応援を否定しつつ、その実、観客を笑顔にしたいという、観客へエールを贈る為にスケートをしていたアンリ。実は野乃さんとはとても近しい人なのでした。

「若宮アンリの身体であっても若宮アンリの心を縛ることは出来ない」
心の中の宇宙はいつだって自由である。
応援というのは束縛の鎖ではなく、成りたい自分に成る為の、自由のための「翼」をくれるモノ。
自由を追求する若宮アンリにとっても、応援は無意味ではないと描かれる。

若宮アンリは野乃はなという主人公にとって、敵ではないながらも、相当に強いボスキャラとして対峙する存在。
真っすぐな主人公に対して、それは欺瞞ではないかと投げかけてくる。しかも殴って黙らせるワケにもいかないのが辛い(辛くない)。
お当番回でのまとめ回が作られ、1回だけとはいえプリキュアさんにもなれてしまうアンリ君。野乃さんにとってのカウンター役だので、今回で番組テーマはかなり昇華された気がします。

とはいえ、トラウムさんの言うように一度の奇跡で何とかなった風に見えているだけ…とも思える。
では、プリキュアになれない絶望した人はどうすればいいのか…という問いに対してがプレジデント・クライへ繋がっていくのかもしれない。
いや、おじさんでもプリキュアになれる!とまで言い張ればいけるか…?


■ツバサ

「若宮アンリの身体であっても~」は足の事を言いつつ、ジェンダー論的な捉え方が出来るようにもなっていて、上手い台詞やなぁと膝を打ちます。
明確に男子としてプリキュアを冠するお話であるからこそだし、そもそも男子とか女子とかどーでもええやろという所に行きつく。
今回もアンリ君はお姫様抱っこされる側なのだ。

プリキュア 各話レビュー
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック

HUGっと!プリキュア テレ朝(12/02)#42

第42話 エールの交換!これが私の応援だ!! 若宮アンリくんが出場するフィギュア・スケート大会が近い。はなも応援したいと応援グッズ制作。 でもどんな応援をすれば良いのか迷ってしまう。そんな時にチャラリートが逆に応援してくれる。 はなの応援は心に届いたから、自分の思うままの応援で良い。 考えた衣装をアンリに直接見せてみる。最初は否定から入るアンリ、でもアリかもね。...

HUGっと!プリキュア 第42話 エールの交換!これが私の応援だ!!

スケート大会を前に、女子生徒に大人気の若宮アンリ。 花束を渡そうとする女子たちを遮る、独占欲の強いお兄様について、えみるがどう思っているか知りたい。 クライアス社はクライアス社で、ジョージ社長がリストルさんにアゴクイ、敵も味方もガチ●モだらけだわ。。 足首を傷めている若宮クンは、交通事故のダブルパンチ、足を骨折(?)復帰は絶望ということで。 リストルさんに誘われて、思わず...

HUGっと!プリキュア 第42話「エールの交換!これが私の応援だ!!」

キュアアンフィニ、降臨! アンリきゅんの投げキッスこうげき! 猛オシマイダーちゃんはメロメロだ!^^; このあとマザーハートできっちりばっちりしっかり浄化ww ついに現実のものとなった男の子プリキュア。 ミライクリスタルのちからってすげー!\(゜□゜)/ アンリがフィギュアスケーターだからこそ実現した感じですね。 他のスポーツだとこの話の流れは難しかったと思...

HUGっと!プリキュア 第42話感想

 今話の名セリフ:「時間はかかるかもしれないけど、たとえ、若宮アンリの身体でも、若宮アンリの心を縛る事はできないんだ・・・。」(若宮アンリ)  「HUGっと!プリキュア」第42話「エールの交換! これが私の応援だ!!」の感想です。

HUGっと!プリキュア第42話感想&考察

OPに驚愕!! HUGっと!プリキュア第42話 『エールの交換!これが私の応援だ!!』 の感想です。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事