FC2ブログ
2018年 11月 12日
前回ザミーゴに凍結粉砕されたはずのエビ怪人が復活して街で暴れ出す。この事から魁利達の取り戻したい人たちも死んだわけではなかったというコトが分かり、一縷の希望が見えてくる。
同時に、ノエルがザミーゴとその能力を知らなかったコトから、ノエルの取り戻したい人はザミーゴの被害とは関係ないと分かる。知らないという事も情報の一つ…。

ビクトリーストライカーを使う事で魁利はスーパールパンレッドになることが出来る。
単純に強くなるだけでなく、相手の動きを先読みできるようになるのだとか。
どちらかというと敵さんが使用して「チートやんけ!」と文句つけたくなるような能力を主人公が手に入れてしまいました。いや、警察から見れば悪党ではあるが。

その能力で追い詰められたザミーゴですが、即座に対応している所を見ると、その先読み能力は絶対未来視では無いというコトでしょうか。
敵さんも相当の能力を持ってこないと対抗出来なさそうです。時間停止ぐらいは持ってこないと…タイムレンジャーのアイテムで何とかなるやろう。

過去を取り戻したい快盗、今(未来?)を守りたい警察という対立軸の物語で、主人公が未来視の能力を手に入れたコトをどう捉えるか…。
敵さんが使いそうな能力だと上で書きましたが、これは敵さんが未来を先読みする事によって主人公側に「未来は変えられる」とテーマ性を帯びた打開案が立てやすい、という意味で敵さん向きの能力なんですよね。
だとすると、この場合は警察サイドに「未来は変えられるんだ(過去は変えられないけど)」と言わせるために、ルパンレッドにこの能力を持たせたのかもなーと思えなくもない。

諸事情で全然装備が強化されない国際警察なのですが、テーマ部分においては快盗に負けてないし、勝機はあります。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :