FC2ブログ
2018年 10月 22日
相手を強制的に自宅へ帰してしまう強制帰宅ビームに苦戦する両戦隊。ならば自宅の無いキャンプ生活をすればビームは実質無効化されるはずだと奇しくも双方考える事に。

強制帰宅ビームとかいうふざけたネーミングの出だしから、魁利にビームが効かないコト、帰る家が無いという闇を見せつける話が描かれます。
透真や初美花でさえレストランの下宿を自宅と認識しているというに、魁利はそうは思っていない。以前、圭一郎を介抱した際に登場したあのベッド以外に何もない部屋が魁利の部屋だとすると、その闇深さは前から提示されていたというコトになろうか。

自宅というのを「帰る場所」と考えると「過去」、「住んで居る場所」と考えると「今」の象徴であると捉えられて、快盗警察の双方のテーマで考えることは出来そう。
マグナムを手に入れた回では兄の幻影を撃った魁利。過去を取り戻したいはずなのに過去を捨て去り、とはいえ未来志向でもなく、闇落ち必至という印象でしたが(快盗の時点で闇落ちしているという説あり)、自宅が無いというのはやはり「過去」も「今」も存在しない者であると言っているかのよう。

魁利が「過去」「今」どちらも欠けていると仮定した場合、「過去」を取り戻したい快盗、「今」を守りたい警察、そのどちらも揃うことでやっと魁利を救えるのだというコトになりそう。
ドラマ面での共闘の道が見えて来るような…。
なるほど、繋がって来たかも…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :