FC2ブログ
2018年 10月 08日
アナザーフォーゼを倒したかと思いきや、中から現れたのはアナザーファイズ。事件が始まったのは2011年より前の2003年だと分かり、更なる調査が進む中、被害者の少女が既に死んでいるはずだと突き止める。

タイムスリップと歴史改変があるので、ただでさえややこしいとされる「ジオウ」。今回のエピソードはフォーゼだけでなくファイズも扱う為、2018年・2011年・2003年と三つの時間軸が描かれて更に複雑。
ですが、その二つのアナザーライダー能力を巡る複雑な話が、クライマックスではソウゴとゲイツの協力という展開に至って、今回のテーマであった「仲間」をしっかり描いた映像に昇華されていたなぁと思いました。

二つのアナザーライダーを描くのは二つのライドウォッチ販促の為なのでしょうけど、それがきっちり「ジオウ」の話でやりたい事に繋がっていて、構成的に見事だなと。
でもって、ちゃんとフォーゼからは「仲間」、ファイズからは「死者復活」というモチーフを引用して一つの話になっている。
番組としてやるべき事がとても多い中で、今回のエピソードは最後のぎゅうっと収束してくれたなという印象で、とても良く出来ているなぁと感心なのでした。

そして坂本監督お馴染みの主題歌演出も良い。
構成厨的には満足度の高い5~6話です。

あえて気になるトコいえば、巧と草加の仲悪そうな二人が「仲間」という意味深さはオリジナルの「555」を見ていないと伝わらないだろうという点でしょうか。やはり過去番組を見てないと分からないというくだりは、この手の番組でどうかなーと思ってしまうので。
やはりここは「同じ番組の仲間」というメタ解釈が丁度いい。便利。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ジオウ
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :