FC2ブログ
2018年 10月 08日
ギャングラー怪人によって善人・悪人・元の人格と三つに分裂してしまったコグレさん。6時間以内に戻さなければ死んでしまうと分かり、快盗たちは東奔西走、散り散りになったコグレさんを探し回る。

普段ふらりとやって来ては快盗らを利用している怪しげなコグレさん。どういった思惑で動いてるのかも見えない為、実は邪悪な存在なのではと勘ぐるのは視聴者的に必至なのですが、今回の話の中でコグレさんの頑張り、善人の一面も見える。

個人的には、善人の一面が見えるという以上に、人間だったのか…というコトが驚きポイントでもありました。快盗たちの頑張りを見てほだされる一面もあれば、青春時代に不良に憧れる面もあったという。
今回の話を見てしまうと、コグレさんが普通のおじさんと同じだと感じられてしまいます。なんてことだ…。

どこかでコグレさんは裏切ると期待(?)していたのですが、今回の話で少なくとも劇中悪にはなり得ない人なのだというコトが提示されました。
コグレさんの中にも善と悪の感情があって、魁利たちに対して申し訳ないという気持ちを持っている。そして、善と悪のどちらも無ければ人間として存在し得ないのだと体現された話。
善と悪、快盗と警察の双方が必要であると。

今回はルパンマグナムの巨人形態も登場。
ほぼ同じポーズでスイーと滑るだけなのに楽しい。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :