FC2ブログ
2018年 09月 23日

こんにちわんこ。

■CATEGORY

いつの間にやら事務所に所属してアイドル活動をしている愛崎さんとルールーさん。
しかして耳目を浴びれば辛辣な言葉も浴びる事となり、アイドルとしてもロックとしても中途半端な歌だという声を聞く。
歌は自身の魂、自分自身を中途半端と言われたも同義で、歌を作った愛崎さんはめちょっくなのです。

そんな折、若宮アンリへの取材というお仕事。
自分を貫くために勝ち続けなくてはならないと、勝利が自身のアイデンティティの補間になると答えるアンリ。

性別は違えどライバルとして意識している輝木ほまれは、最近やけに乙女らしさが増している。
他の皆さん同様に幼い頃は何でもなれると思っていたアンリも、肉体は成長する度に男性らしくなっていく。男だ女だのカテゴライズではなく、自分らしくある事をモットーとするアンリの意識とは裏腹に、肉体は勝手に男へとカテゴライズされていくのです。

「男」だ「女」だのカテゴライズに辟易とする一方で、「男でも女でもない美しさ」という評に心を寄せている…ワケでもなさそうです。それはそれで結局他人からカテゴライズされているコトには違いない。他者が求めるストーリーを勝手に当てはめられているだけ。

では若宮アンリ自身はどのように自己認識しているかというと、本人もよく分からないでいる…ように見える。
どっちつかずでいる自分に不安もありつつ、今のまま時間を停めてしまいたいという気持ちをリストルさんに見透かされる。

アンリは登場時から「みんなの為」な野乃さんとは対になる、「自分の為」という行動原則を持っている人物。
他者の既成概念に興味なく、ただ自分の思うがままにしている。自分というモノを最も確立している人…であったはずですが、ここに来て不安を見せる。自分の意図とは関係なく成長する肉体との齟齬から…なのでしょうかね。
自己愛によって自己を確立していたのだけど、同時に他者に理解されたいとも思っている。だから、分かってくれる友が一人でも居れば良いのではと落ち着く。

自分は他人の為に頑張るという柄ではないとしつつ、「フレフレ、プリキュア!」と声を上げ、応援するアンリ。自分には出来なくとも、そうやって頑張る人たちを応援する事ぐらいなら出来る。
応援は無責任だと言っていたアンリが、自らエールを送ることが出来るようになっているというのは大きな変化ですね。

信じるのは自分のみと思いつつ、理解者が欲しいと思ってしまう矛盾を抱えているアンリ。それはそれでカテゴライズ出来ない「どっちつかず」なのだけど、人として当たり前の気持ちでもある。
その自分の中のカオスをあるがまま受け入れていくのか、あるいは…。
あるがままの自分で生きて行くにはまだまだ行き辛い現代。
アンリははぐたんを抱えて、未来への希望を願う。

アンリと同期した不安を抱えていた愛崎さんの方は悩みが解消されたのに対し、アンリは不穏な布石として終わっている。

ただのゲストキャラだと思っていた愛崎さんが実は重要キャラだったことにも驚きだったのですが、若宮アンリもまさかの今後にネタが用意されているというコトでしょうか…。
てことは同様に一条蘭世にも何らかのあれがあるんでしょうか…残ってるのは真ラスボスぐらいかと思うが…。


■分かり易さで零れ落ちる

分かる…が、これまた難しいトコを切り取っているなぁ…と思わせる話でもある。
明確な解答を提示できるわけでも無いけど、あるがまま見せようとしている姿が果敢で、ようこれをやろうと思ったと実に勇壮にも見える。
やるわい…。

次回はキュアエールさんの後援会のお話のようですが、前回のように予告の印象よりシリアスな可能性もあるので、油断はできない。
ただし(カテゴライズされた)ギャグ回はいつでもウェルカムなのですが。

プリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 新四十路男の失敗日記 at 2018-09-24 02:08
タイトル : HUGっと!プリキュア 第33話 要注意!クライアス社の採用活動!?
今週も、ふるたん健在でホッとしたところで以下次週(違 えみルーは、どうやらパップルさんの事務所になあなあで入った模様。 しかし、テレビのコメンテーターに「ツインラブはアイドルなのかロックなのかわからませんねぇ(笑)」 などと酷評され、えみる落ち込む。 アイドルとロックのボーダーラインの歌手って、珍しくないんじゃないの?90年代はそういうの多かった(古 そんなえみルーのところ...
Tracked from のらりんすけっち at 2018-09-24 16:01
タイトル : HUGっと!プリキュア 第33話「要注意!クライアス社の採用活動!?」
アンリ回と思いきや、えみルル回の面もあり、ほまれ回になりそうだったり。 いろいろ詰め込みすぎて中途半端な印象を受けた。 リストルにクライアス社に来ないかと誘われるアンリ。 キッパリ拒絶も、ラストで闇落ち要素が。 足の怪我を押してずっと滑っていたようで、思いっきりつけ込まれそう。 このえみルルが可愛かった(^^) 結局折れてパップルさんの事務所からアイドルデビューしたよ...
Tracked from Msk-Mtnのブログ at 2018-09-24 16:25
タイトル : HUGっと!プリキュア 第33話感想
 今話の名セリフ:「フレフレ! プリキュア! 輝く未来を・・・、僕達に!」(若宮アンリ)  「HUGっと!プリキュア」第33話「要注意! クライアス社の採用活動!?」の感想です。
Tracked from ぬるーくまったりと 3rd at 2018-09-24 19:05
タイトル : HUGっと!プリキュア テレ朝(9/23)#33
第33話 要注意!クライアス社の採用活動!?えみるとルールーのツインラブは人気急上昇。でもアイドルなのかロックなのか分からない。 心無いコメンテーターの中傷に落ち込んで悩んでしまうえみる。 パップルが若宮アンリ密着レポートの仕事を任せる。 しかし現状のえみるでは撮影は難しい。 アナウンサーに憧れていたはなとさあやが代行する。 パップルはいい人...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2018-09-25 08:31
タイトル : HUGっと!プリキュア 第33話「要注意!クライアス社の採用活動!?」
HUGっと!プリキュアの第33話を見ました。 第33話 要注意!クライアス社の採用活動!? えみるとルールーのユニット・ツインラブが大人気だったが、アイドルなのかロックなのか中途半端だと言われてえみるはショックを受けてしまう。 そんな中、2人にアンリの密着取材のお仕事が入るも上手く笑えなくなってしまったえみるに代わって、はなとさあやがスケートの取材をお手伝いする。 だ...
Tracked from あおいろ部屋 at 2018-09-30 18:17
タイトル : HUGっと!プリキュア第33話感想&考察
一週遅れの感想失礼します(;^_^A HUGっと!プリキュア第33話 『要注意!クライアス社の採用活動!?』 の感想です。