FC2ブログ
2018年 09月 18日
ゴーシュが作り出した新型の実験態体は、埋め込まれた五つの金庫が連動していて五つを同時に開錠しなければならないという。
すなわち警察の協力が無ければコレクションは奪取できない。

警察は警察で、コレクションが無い方が倒しやすいという利点はあるものの、以前の共闘時とは違いコレクションを奪わなくても倒す方法が見つかる可能性もあるため、容易に呉越同舟は出来ない。
ならば決闘で決めようと、ノエルと圭一郎が戦う事に。

コレクションを回収して失った人を取り戻す事、今ある市民の生活を守る事、その両方をあきらめないというのが快盗であり警察でもあるノルの信念であると圭一郎にぶつける。
圭一郎はここで初めて快盗がコレクションを回収する狙いに触れる。

今回は警察が苦虫噛み潰して快盗に協力するカタチなので、警察官としての葛藤が前面に出る。快盗はコレクションを回収した後にいつも相手を爆殺してるし、人助けのため警察に協力しても何か信念を捻じ曲げるとかそういうのではないので。
警察がギャングラーさえ倒せたらコレクションは盗まれてもいいと割り切れたらトントンですが、そうするとドラマも生まれないか。

前々回同様、圭一郎が快盗に対して理解を示しだす話。
逆に、快盗が人助けの為にコレクションをあきらめるといった話なぞが今後あって近づいたりするのだろか。

信念をバチバチとぶつけあう話で面白いと同時に、7話ぶりのグッドクルカイザーVSX登場で、販促のし辛さが気になってしまったりも。
これだけ頻度が少ないからスーツじゃなくて3DCGオンリーなのか…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :