FC2ブログ
2018年 07月 31日
幸運を呼ぶネックレスを付けていた人たちが植物にされる事件が発生し、案の定ギャングラーの仕業と分かる。
しかし、攻撃を回避するコレクションの能力で倒すことが出来ない。
魁利はネックレスの幸運を活かして攻撃し、透真と初美花がコレクションを奪い取る。

コレクションが欲しいとはいえ、命までかけるコトかよ…とルパンレンジャーにドン引きするつかさ。事情を知る視聴者的にはすんなり見る部分でもあるけど、これまで快盗に是々非々で対応していた常識人の感覚が光るご指摘。
自分の身を挺してという部分が圭一郎とも重なるんですよね…。
これは仲間が助けてくれると信じているからなのか、自分が死んでも仲間が遺志を継ぐからなのか…ルパレンの約束の事を考えると後者というコトになるか。

圭一郎に魁利の兄を重ねる描写がありましたが、この回では魁利とつかさが似たような境遇であるとされる。しかし、魁利が失った過去を取り戻したいとするのに対し、つかさは今を守りたいと願い、その進む道は違う。
つかさが守りたいと思うモノは自分も含めた「今」なので、圭一郎と違って過度な危険に賭けたりはしてない。

快盗と警察は背負っているテーマが違うのだけれど、圭一郎と魁利、結果的に似たような行動に行きついてしまう事で共感性が発生するのだろうか…。この事でどう展開するのかしら。ふむふむ。


ライモンさんの持つゴールドの金庫は、通常の方法では開けない。
ノエルの調べによって2台のビークルがあれば開けられることが判明する。一人では絶対に開けられない金庫というコトになる。

ノエルの事は信用せず、ただ互いにうまく利用し合えればイイと思っていた魁利は、ノエルの決死の行動を見て信用するコトに。
そして警察はライモンさんを倒す為、快盗のコレクション奪取に協力する。

呉越同舟が大変盛り上がって面白いです。
共闘はしても仲良くなったわけではないという、対決を主軸にしているので譲れない部分と、しかし全合体ロボを出さなくてはならない宿命をどう成立させるのかというお題がしっかりドラマに乗っていて好いですねぇ。
あと、単純にこの番組でも全合体ロボあるんだ…というちょっとした驚き。

当然のことだけど、例年のシリーズよりも全合体を出すハードルが高いわけですが、今後これをどう見せるのかという部分もちょっと気になる。毎回使えるパターンじゃないだけに。

快盗と警察、互いに信用しているわけでも無い、でもあいだに居るノエルのことは双方信用している。だからこそ呉越同舟が適ったし、合体も可能になる。
エックスは追加戦士なんだけど、対立を軸にしたドラマにおいて必要不可欠なパーツになり得ているってワケですね。合体という販促面だけでなく、両者をつなぐドラマ部分もノエルがいなければ成立しない。
いやぁ、なるほどです。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :