FC2ブログ
2018年 07月 08日

歴史を塗り替えろ。

■部長出張

いつの間にやら10個のミライクリスタルが現れ、想定より数が多いにも関わらずクリスタルのホワイトは覚醒してくれない。キュアホワイトの大いなる力を貰っておけば…惜しい事です。

とはいえ、はぐたん自体はすこぶる成長している様子。
明確な言及はありませんが、ミライクリスタルが揃ったらはぐたんが覚醒するのではと思われていただけに、動きが無いとなるとこの先どうしたものかと行き詰まります。
まぁはぐたんが覚醒して大きくなりでもしたら販促も出来ませんから、痛し痒しです。

雨の中でまたもYシャツおじさんジョージに遭遇する野乃さん。前も雨の日だった記憶が。
傘は嫌いだから持ちたくないのだと、雨合羽派である事を言及(たぶん違う)。
そんなおじさんの夢は、誰もが心穏やかな王国を作る事だという。さりげなくわざわざ民主制ではないと言っている所がミソなんですね。

クライアス社からの新たな刺客ダイガンさん…はものの数分でリタイア。同僚のドクタートラウムさんに背後から襲われ散ってしまう。まさかカブキマンより早く消える幹部がいるなんて…。
そんなワケで更に新たな敵幹部はドクタートラウムさん。何やら幹部というよりはエンジニアっぽい。シリーズ構成がタツノコプロと懇意なのを良い事に喧嘩を売りまくる。

これまでの幹部さんが“世代”モチーフなのに対し、ドクターは“トラウマ”と内面的テーマから来ていて、他の方とは立ち位置が違うのかもしれないなぁ。
まぁ、世代モチーフも子どもから見れば“過去”の事だし、“過去”モチーフであるコトは一貫しているのかしら。
となると、実は社長だったというジョージさんは何なのかしら…。“常時”だとしたら過去も未来も超越した存在というコトにもなりそうだが、はてさて。

ジョージさんが作ろうとしていた穏やかな王国とは、時間が停止して誰も不幸にならない世界とのコト。
ミライクリスタルが集まってから奪う、大きな希望が出来上がってから奪い取ることで、より大きな負の力が生まれて時間停止に至るらしい。
今回から放送された後期EDで“屈んだ方が高く跳べる”といったコトが歌われているんですが、敵さん側も同じ理屈を逆ベクトルで使って来ているってワケですね。

どんよりと時間停止した中、自身のトラウマの記憶が蘇る野乃さん。以前いた学校で孤立し、それを救ってくれたのは母親だった。
止まった時間を動かす、未来へ動かすことを母親は後押ししてくれる。だので、はぐたんさんの母親役である野乃さんにも時間停止を突破する能力があるのは必然なのだと言える。言えてしまう。

これまで過去のトラウマが語られてきた各位に対し(愛崎さんはそうでもないけれど)、野乃さんの過去は「前髪を切り過ぎた」という…言っちゃなんですが小さな失敗しか語られていなかったのですが、ここに来て大きなトラウマ(転校の理由?)が明らかとなる。

転んでもすぐに立ち上がる立ち上がるコトが長所の野乃さんなワケですが、いつでもそのように出来ていたワケはなく、母親に救ってもらった過去があるからこそ今の野乃はなが出来ているのだなぁと描かれる。
野乃さんは母親に教えてもらった事を周囲の人へと伝えていたのだと分かり、それは近年のプリキュアの体現でもあるのだなぁと。

となるとジョージさんの方は、そういった経験の際に救ってもらえず絶望した人なのかなと思える。プレジデント・クライだもんな。ずっと泣きはらしている人なのだろうと…。母親になってくれるかもしれない人を探している…のかも。

クライアス社の社長さんと対面し、コレまで通り楽しい思い出を作っていくことが明るい未来への道だと決意新たにする一同。
インスタもどきのSNS、流行ってるから取り入れたんやろうなぁぐらいに思ってましたが、上手い事テーマに落としこんでいて感心でした。ははぁ。


■虎馬ハクビシン

予想通りのラスボス森田順平さんと、新キャラの続々登場。ヘボット。そこにOP・EDもあって情報量が多いですね…。
久しぶりに焦点は主人公へと戻り、戦うべき敵はトラウマという自分自身の過去にあるのだと、テーマが高ぶるお話でした。
ダイガンさんは「ありがとう」をすぐ言える大人でしたが、何故こんなに…敵はトラウマであってオジサンじゃないんだよというコトなのかしら…うむむ。

次回は近年恒例の水泳回。
ナイトプールとかいう知らない文化が覗き見える…。

プリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by アメ猫 URL at 2018-07-21 21:38 #- Edit
Title : 久々にコメントします
さあや・ほまれの失敗に対してはなの失敗がショボすぎると思っていたので
過去が明らかにされたのは良かったですがもっと序盤で訳がありそうな描写はほしかったと思ってしまいました。
ジョージ=常時はなるほどですね!

ダイガンさんは本格的に動き出してからの活躍時間は最短ですけど
ほら、放送開始当初からちょこちょこ出番はあったから・・・(震え声)
それとピーサードさんの通り名がカブキマンになってしまっているのが彼の不遇さを物語っている気がします。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2018-08-13 22:08 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>アメ猫さん
すいません、原稿作業中で全然チェック出来ておりませんでした…。申し訳ないです。

野乃さんの失敗はちゃんと描くとそこそこ重いだけに、今後、シリーズ後半でその失敗に向き合うような展開があったときどうするのかなという気はしますね。いや、重そうだなという意味で…。
ピーサードさんは思い出そうとするたび「カブキマン…が本名じゃない…あの人だよほら…」となるので、そろそろ公式でカブキマンを認めてくれると助かります(暴言)。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 新四十路男の失敗日記 at 2018-07-09 00:20
タイトル : HUGっと!プリキュア 第23話 最大のピンチ!プレジデント・クライあらわる!
今週は、なんだかはぐさんの子育てネタをねじこんでくるな…と思ったら前フリ? 野乃の学校の男子生徒どもが「おまえ、どのプリキュアが好き?」「キュアエールさん!」とかキモい会話をしております。露出度高いプリキュアを選ぶのが、烏賊くさい中学生男子っぽいなと(ぇ アイドル的な人気があるというのは、新しいかも。 放課後、ひとりお絵かきしている野乃。雨が降り出して、ガゼボに駈け込んだ...
Tracked from ぬるーくまったりと 3rd at 2018-07-09 00:25
タイトル : HUGっと!プリキュア テレ朝(7/08)#23
第23話 最大のピンチ!プレジデント・クライあらわる!ほまれ、さあやは目標に向かって精進中。ルールーとえみるはギターの練習。はなは夢はあるが、未だ選定中。 そんな時、突然の雨、雨宿りするとジョージと遭遇。彼も理想の世界を計画中らしい。 遂に5分でプリキュアを倒せると豪語するダイガンが出動。 オシマイダーを発注するがドクター・トラウムに処分されてしまう。キュアアン...
Tracked from のらりんすけっち at 2018-07-09 08:06
タイトル : HUGっと!プリキュア 第23話「最大のピンチ!プレジデント・クライあらわる!」
大きく話が動いた今回、それに合わせてOPEDも変更。 OPは映像にえみルル追加。マシェリとアムールのバトルシーンがあればもっとよかった。 EDは新曲に。最近影が薄かった感の^^; メロディタンバリンを振って踊るハグプリ娘。 まだまだタンバリンも売っていきますよー!の熱意を感じる(^^) HUGっと!プリキュア OP2? 【HUGっと!プリキュア】後期エンディング「HUGっと!YEL...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2018-07-11 23:35
タイトル : HUGっと!プリキュア 第23話「最大のピンチ!プレジデント・クライあらわる!」
HUGっと!プリキュアの第23話を見ました。 第23話 最大のピンチ!プレジデント・クライあらわる! はぐたんできることがどんどん増えて、すくすく成長していたり、さあやとほまれは撮影と大会に向けて大忙し、えみるとルールーはいつもふたりでギターの練習をやっていた。 私の夢はまだ考え中だけど未来に向かって頑張るみんなを応援しようとするはなの前にクライアス社の社長が現れ、理想...
Tracked from あおいろ部屋 at 2018-07-13 17:56
タイトル : HUGっと!プリキュア第23話感想&考察
OP&EDにえみるとルールー追加! HUGっと!プリキュア第23話 『最大のピンチ! プレジデント・クライあらわる!』 の感想です。
Tracked from Msk-Mtnのブログ at 2018-07-14 00:10
タイトル : HUGっと!プリキュア 第23話感想
 今話の名セリフ:「大丈夫! はなは間違ってない! もう、我慢しなくていい!」(野乃すみれ)  「HUGっと!プリキュア」第23話「最大のピンチ! プレジデント・クライあらわる!」の感想です。